イベントログ記録へ戻る

アクロニアミニ劇場 第02話 【失われたネコを求めて】 [edit]

始まりの会話 [edit]

【紙芝居屋アイリス】
 さあ、みなさん。
 行く人、来る人、お暇な人、
 是非是非足を止めて
 お聞きになってくださいな。
【紙芝居屋アイリス】
 みんなの紙芝居屋さんですよー♪
 長い取材期間を終えて、この街で
 営業再開となりました。
 ……もちろん、騒ぎを起こすような事は
 いたしませんよ?
 
 世間で話題のあの人この人、
 知られていないこんな話。
 いろいろまとめて小箱に積めて、
 皆にお届けしちゃいますよ♪
 
 ……という訳で、聞いていって
 ください!

第一週 [edit]

【紙芝居屋アイリス】
 まず現れたるは、猫を布教する者、
 つまるところはバステトちゃんです。
 どうやら気になる人がいるみたい……?
【バステト】
 あなたこそ、猫の化身。
 むしろ七割くらい猫になって欲しい。
 猫だよね?
【守護魔・ハヅキ】
 ……ええと。だれ?
 ハヅキは、知らない……。
 あと、ネコもよくわからない。
【バステト】
 ……!
 
 そんな……そんなにも愛らしい猫に
 良く似た風貌なのに……。
 
 失われた猫を探し求めて幾星霜。
 暖かい日だまりを選んで彷徨っていた
 私が見つけた小さな希望は
 脆くも消え去った……。
【守護魔・ハヅキ】
 ごめんなさい……。
 でも、ハヅキは、ネコ……というもの
 ではなくて、守護魔だから。
【バステト】
 ……あ、白の聖堂前の噴水の所で
 イベント案内してるのは見たことある。
 
 ねこ、かわいいよ……?
【守護魔・ハヅキ】
 その、ネコっていうのは、
 たしか、むかしむかしの、生き物……?
【バステト】
 知ってる? 興味ある? 才能ある。
 きっとあなたは猫を知るために
 生まれたに違いない。ぜひ猫について
 詳しく知って……
【守護魔・ハヅキ】
 あの、その前に……おねえさんは、
 だれ……?
【紙芝居アイリス】
 ハヅキちゃん、確かに外見に猫っぽい
 モチーフがあるのは確かですね。
 果たして本当にネコがモチーフなのか
 どうかはわかりませんけれど、
 バステトちゃん、自分の名前も言わずに
 飛び込んでいたんですね……。
 
 さて、始まったばかりではありますが
 このタイミングで次回へ続くんです♪
 次回はこの話はもう聞けないから、
 お友達にも教えてあげて下さいね!

第二週 [edit]

【紙芝居アイリス】
 猫っぽい外見の守護魔・ハヅキを
 見つけたバステトが大興奮!
 話しかけたが相手は猫を知らなくて……。
 というのが、前回までのあらすじです♪
 ……うん、勢いって大事ですよね。
【守護魔・ハヅキ】
 あの、その前に……おねえさんは、
 だれ……?
【バステト】
 通りすがりの猫好き……でもいいけど、
 ちゃんと名乗った方がいい。
 私はバステト。ロアって言う
 なんか妙な生き物で、猫をこの世界に
 広めることが目的。
 猫、崇めて?
【守護魔・ハヅキ】
 あがめる……ネコって、
 えらい……の?
【バステト】
 えらい。
 むかし、人々は猫を崇め、猫は気ままに
 人々を統治していた。
 具体的には何もしなかった。
 おこたでぬくぬくしたり、陽だまり
 集まってお昼寝したりしてた。
 でも、人間を幸せにした。
【守護魔・ハヅキ】
 すごい……。
 ネコって、もしかしてすごい力を
 持っている……?
【バステト】
 戦う力はない。
 凄い力を持っている。
 具体的には、かわいい。
【守護魔・ハヅキ】
 かわいい、は、強い……?
【バステト】
 とても。
 ハヅキは猫の才能があると思う。
 この街の人達の猫の認知度は少しづつ(原文ママ)
 上がっているけれど、まだ足りない。
 
 今年の夏は、猫の守護魔としても
 活動することを強く推奨……。
【守護魔・ハヅキ】
 ええと……バステトおねえちゃん。
 ハヅキは、怖がりだから……。
 もっと強くなれたら、「こわい」も
 平気になる……かな?
【バステト】
 それは、わからない。
 けれど、猫はかわいいし、強い。
 ハヅキは猫になれば強くなれる……。
 
 だから、猫の守護魔としての活動、
 試してみて?
 ……だめ、かな。
【守護魔・ハヅキ】
 ……まだ、よくわからないけど、
 バステトおねえちゃんがとても真剣に
 おはなししてるのは、わかる……。
 
 ハヅキ、やってみる……。
 ネコって、どうすればいいのか、
 おしえて?
【バステト】
 これで猫の認知度は跳ね上がること
 間違いなし、素晴らしい……。
 では、今から猫になる特訓……。
【守護魔・ハヅキ】
 ……特訓?
【紙芝居アイリス】
 どうやらお話はまだ続くみたいです。
 けど……バステトちゃん、大丈夫かな。
 やりすぎなければいいんですけど……。
 保護者……ではないけど心配です。
 という訳で次回へ続く、ですよ!

第三週 [edit]

【紙芝居屋アイリス】
 バステトちゃんが策を弄して
 ハヅキちゃんを猫の守護魔に……?
 というのが、前回までのあらすじです♪
 はてさて、一体どうなる事やら……。
【バステト】
 レッスンその1。
 猫の鳴き声まね。
【守護魔・ハヅキ】
 えっ。
【バステト】
 ……なにか、おかしなことでもあった?
【守護魔・ハヅキ】
 ネコって、泣くの……?
 泣き真似をすることに、どんな意味が?
【バステト】
 えっ。
 
 ……ハヅキはもしかしたら猫について
 勘違いをしているかも。
 猫は、人の赤ん坊くらいの大きさで、
 肉球がぷにぷにで、にゃぁと鳴いて
 とてもかわいい生き物……。
【守護魔・ハヅキ】
 もしかして、小動物……?
 ハヅキは、なんだかすごく大きなものか
 エミルやタイタニアやドミニオンとかの
 種族の一種かと思ってた……。
【バステト】
 ……だれにも、間違いはある……。
 ハヅキ、こう、ポーズをとって、
 「にゃん」って。甘えるように、
 でも心は許していない感じで。
【守護魔・ハヅキ】
 ……にゃん?
 難しい……。にゃん。にゃーん?
【バステト】
 ……素晴らしい、これなら間違いなく
 猫の認知度は日に日に上昇……。
【守護魔・ハヅキ】
 でも、ハヅキは小動物ではないから。
 バステトおねえちゃん、ネコって
 生き物はこの辺りにはいないの……?
 むかしの生き物という事は……。
【紙芝居屋アイリス】
 ハヅキちゃん、かわいい……!
 正直それはいいのかなって疑問も
 ありましたがまぁ不問に処しましょう。
 ですが、ついに気が付いてしまった
 ようですね、何故猫はこの世界に
 いないのか……。
 それは次回のお楽しみ、です!

第四週 [edit]

【紙芝居屋アイリス】
 バステトちゃんがハヅキちゃんに
 猫の真似をさせるのに成功した。
 というのが、前回までのあらすじです♪
 うん、前回のお話を聞きのがした人は
 残念でした。あれは……うん、危険かも
 しれません……。
【守護魔・ハヅキ】
 ハヅキは、小さいけど小動物のサイズに
 なることはできないし、見た目は人間に
 近い。バステトおねえちゃんもそう。
 
 本物のネコは、どこにいるの?
 むかしむかしの生き物だって、
 前に少しだけ聞いた事があるけど、
 ネコは見たことがないから。
【バステト】
 私は、猫が幸せだった世界から
 この世界にやってきた。
 でも、この世界には猫が居なくて、
 ようやくわかったのは、はるか昔に
 絶滅してしまったらしいって事だけ。
 
 絶望した。とても、悲しかった。
 でも、優しい人たちが教えてくれた。
 なら、私がみんなに猫のことを教えれば
 皆が猫を覚えていてくれるし……
 世界のどこかには、猫がまだ生きている
 かもしれないって。
【守護魔・ハヅキ】
 だから、そんなにネコの事を?
【バステト】
 ……そう。
 いつか、猫が帰ってきた時に、
 皆が猫のことを覚えているように。
【守護魔・ハヅキ】
 ええと。バステトおねえちゃん。
 ハヅキ、ネコは知らないけど……、
 ネコマタって人達なら、知ってる……。
 
 バステトおねえちゃんとも違うけど、
 別の世界から来たって言ってた……。
 友達のグリと、その家族。
 一度帰っちゃったけど、たまに遊びに
 来ることが……。
【バステト】
 ネコマタ……?
 私の知らない、猫の亜種……。
 知りたい、ぜひ知りたい。
 どこに行けば会えるの?
【守護魔・ハヅキ】
 アミス先生の学校なら、たまに。
【バステト】
 それって、飛空庭の学校……?
 あれ、受付嬢のかよってるとこ?
【守護魔・ハヅキ】
 受付嬢……97%の確率で、
 デス・アルマと判断……。
 多分、その人はハヅキ知ってる……。
【バステト】
 と……灯台下暗し……?
 でも、家族でいるのはいい。
 猫は大家族。
 一人でもいっぱいでも可愛い。
 
 ……家族と言えば、猫ではないけど
 鳥っぽい家族は見た事がある。
 ほんの少し、狩猟者としての本能が
 目覚めそうになったけど……。
 
 浮き輪を付けて歩いてる鳥っぽい
 雰囲気の女の子と、親鳥……じゃなくて
 母親を見たことがあった。
 猫の布教をしたら、微妙に怖がられた
 のは納得いかない……。
【守護魔・ハヅキ】
 その子は、お話しした事がある……。
 確か、ニドって言う名前の子。
 あの子も、アルマの一人。
 ……親子だったはずだけど、
 お母さんもアルマ……なのかな?
【紙芝居屋アイリス】
 なんとなんと、ロア以外にも異世界から
 ……いえ、むしろ純粋な異世界からの
 訪問者がいるなんてびっくりです!
 そっちも気になりますが、次の話題は
 先ほど話に出た親御さん……。
 
 ええと、取材ノートによるとですね、
 アクロポリス在住のギーゴさん!
 御話の相手は、トンカにお住いの
 ホウオウさんになります。ぜひぜひ、
 次回も紙芝居を聞きに来て下さいね♪

Last-modified: 2017-03-03 (金) 12:05:51