イベントログ記録へ戻る

アミスの飛空庭での対話(アルマ装備時編) [edit]

※空いているところは、順次埋めていってください。アルマ所持している方のご協力お願いしますm(_ _)m

○○にはプレイヤーの名前、△△にはパートナーの名前が入ります。
頭の[△△:]の部分には実際は名前は出ませんが、混乱防止の為にこの形式にしてあります。

ダークフェザー・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

:
(ダークフェザーが
  △△に
  話しかけた。)
ダークフェザー[/話す]:
 ねぇ、そっちの私。
 何か素敵なこと、あった?
△△[/話す]:
 ○○と
 一緒にいると、
 毎日素敵なことばっかよ。
ダークフェザー[-]:
 私の方も、
 素敵なことばっかよ。
 アミス先生たちが
 いろんなことを教えてくれるの。
△△[/話す]:
 話したいこと、たくさんあるの。
 お話ししよう?
ダークフェザー[-]:
 ええ、ゆっくりお話ししましょう。
 いいわよね、
 ○○。

バウと会話 [edit]

:
(バウが
  △△に
  いきおいよくじゃれついた!)
バウ[-]:
 わうわう!
 あそんであそんで!
△△[痛っ!]:
 きゃっ……
 もう、くすぐったいわ!
 あそんであげるから、
 そんなになめないで!
△△[むくれる]:
 ……もう!
 ウィリー・ドゥが
 よだれだらけに
 なっちゃったわ!
 むー……
バウ[-]:
 わぅ……
 ぼくは、だめなバウですか?
△△[-]:
 まあ、いいわ。
 ウィリー・ドゥも
 あなたと遊びたい、って。
 それっ、取ってみなさい!

PARTNERのダークフェザーが[攻撃!]モーション(ウィリー・ドゥを投げつける)

バウ[-]:
 わんわんわんわん!!

シャボタンと会話 [edit]

:
(△△が
 シャボタンに
  話しかけた。)
△△[/話す]:
 ねぇ、シャボタン。
 こないだの絵、見せてくれる?
シャボタン[/話す]:
 いいよ、
 △△ちゃん。
△△[/話す]:
 えへへ……
シャボタン[-]:
 そんなに気に入ったなら、
 △△ちゃんに
 あげるよ?
△△[/話す]:
 いいの。
 ○○と一緒に
 冒険してるから、
 絵がボロボロになるかも
 しれないもん……。
シャボタン[-]:
 ボロボロになっちゃっても、
 ○○さんと
 △△ちゃんが
 一緒に来てくれれば、
 また描いてあげるよ!
 あ、今描いてあげよっか?
△△[/話す]:
 ありがとう。
 でも、この絵も大事なの。
シャボタン[-]:
 △△ちゃんは
 ○○さんが
 すきなんだね!
△△[むくれる]:
 そっ、そんなことにゃいっ!
 ……ないもん!
 むー……。

ローキーと会話 [edit]

:
(ローキーが
  △△に
  話しかけた。)
ローキー[/話す]:
 △△の羽は
 いつみてもふわふわじゃの。
 もふもふさせて欲しいのじゃ!
△△[/話す]:
 むー……
 あんまり強くさわらないでね。
ローキー[-]:
 心得ておるのじゃ!
 ……ふふっ、
 もふもふなのじゃー♪!
△△[/話す]:
 ……私も、しっぽを
 もふもふしていい?
ローキー[-]:
 もちろんなのじゃ!
 よぉく手入れしておるからの!
ローキー[-]:
 ○○様も、
 どうぞ遠慮せず、
 好きなだけもふもふするのじゃ!
△△[/話す]:
 ……もふもふ。
 うふふ……。

バルルと会話 [edit]

:
(△△が
 バルルに
  話しかけた。)
△△[/話す]:
 ねぇバルル。
 ウィリー・ドゥが
 少し疲れたって言ってるの。
 膝を貸して頂戴。

ダークフェザーとバルルが一緒に[/座る]モーション

バルル[/座る]:
 ……ま、いいですけど。
 大人しくしてて下さいよ?
:
(△△が
 バルルの膝の上に
  ちょこんと座った。)
バルル[-]:
 ひゃんっ!?
△△[-]:
 どうしたの?
 急に大きな声を出したりして。
バルル[-]:
 羽根、ちゃんとたたんで
 欲しいんですけど!
 しっぽがくすぐったいんで!
△△[-]:
 ごめんなさい。
 ちゃんとたたむから。
バルル[-]:
 ひゃあんっ!?
△△[-]:
 (……くすっ)

シーホースと会話 [edit]

:
(△△が
 シーホースに話しかけた。)
△△[/話す]:
 ねぇシーホース、
 あなたのいた世界のこと、
 教えてくれる?
 ウィリー・ドゥも
 教えて欲しいって。
シーホース[/話す]:
 はい、△△様。
 わたくしのいた海底洞窟は、
 ほの暗く、冷たい水に
 満たされた場所でした。
シーホース[-]:
 人が訪れることも少なく、
 皆、長生きで……
 決まった時間に水の流れが
 変わる以外には、
 何の変化も起こらなかった……
△△[/話す]:
 ふ~ん……
 すぐに退屈しそうな場所ね。
△△[-]:
 私がいたノーザンダンジョンも、
 いつも氷漬けで退屈だったわ。
 でも、
 ○○と
 会ってからは、
 毎日素敵なことばっかよ。
シーホース[-]:
 わたくしも、
 アミス先生の生徒にしていただき、
 皆様と一緒に学んでいる今は、
 毎日が新しい発見に満ちています。

ペペンと会話 [edit]

:
(ペペンが
  △△に
  話しかけた)
ペペン[/話す]:
 ノーザンからきたですか?
 ペペンもノーザンからきたですよ?
△△[/話す]:
 本当?
 私、ノーザンダンジョンから
 こっちに来る途中に、
 いっぱいあなたの仲間を見たけど
 あなたみたいになる子には
 一度も会えなかったの。
ペペン[-]:
 んー。ペペンよくわからないです。
△△[/話す]:
 私とあなた、どこかで会った
 ことはなかったのかしら?
ペペン[-]:
 ぱたぱたしてて、ふわふわ……
 あ、ウィリー・ドゥの近くにいた
 あの白い羽根の子だったですね!
△△[/話す]:
 むー……。その子、違うわ。
ペペン[-]:
 ……日焼けして黒くなったです?
△△[踏みつけ]:
 日焼けじゃないもん!
 むー……。

サラマンダーと会話 [edit]

:
(サラマンダーが
  △△に
  話しかけた)
サラマンダー[/話す]:
 なぁなぁ、羽ちん!
 羽ちんの住んでたとこって、
 氷ばっかで寒いって本当!?
△△[/話す]:
 ええ、氷と雪ばっかり。
 あなたがいたら、それだけで
 ぐったりしちゃうと思うわ。
 ……あなたの住んでいたのは、
 どんなところなの?
サラマンダー[-]:
 え?
 ドミニオン世界は……
 ごつごつしてて、暗くて、
 ときどきある小さな岩山が
 火をふいてて……
△△[/話す]:
 ……なんだか、すごいところね?
 お昼は明るくならないの?
サラマンダー[-]:
 あ、わたし夜行性だから、
 眠くってさー、あんまり
 昼間は起きてらんないんだよねー。
△△[/話す]:
 ……あきれた。
 それ、ただのお寝坊さんじゃないの?
サラマンダー[-]:
 ちがうよ!
 単に夜の方が元気なんだ。
 夜の方が、火は明るく
 見えるしさー。
△△[/話す]:
 ……わたし、夜になったら
 見えなくなっちゃうじゃない。

ミニー・ドゥと会話 [edit]

白い使い魔と会話 [edit]

オートメディックと会話 [edit]

デスと会話 [edit]

守護魔・ムツキと会話 [edit]

:
(△△が
 守護魔・ムツキに
 話しかけた。)
△△[/話す]:
 私、この街の近くで、
 あなたに似てる子を
 見たことがあるわ。
 そうよね、ウィリー・ドゥ。
守護魔・ムツキ[/話す]:
 それはきっと、
 私たちと同じ、
 1月の守護魔の方ですね。
△△[/話す]:
 そうなの?
 ピンク色で、
 風船を持ってて、
 「夢」とか「島」とか
 言ってたわよ?
守護魔・ムツキ[-]:
 ……あ。
 その方は守護魔ではないです。

シャノワールと会話 [edit]

:
(△△が
 シャノワールに
 話しかけた。)
△△[/話す]:
 あなた、私とは違うけど
 人でもないわよね。
 あなた、なんなの?
シャノワール[/話す]:
 そうだな……
 それを探すために、
 私はここにいるのかもしれない。
△△[むくれる]:
 どうして自分のことが
 わからないの?
 あなた、ばかなの?
シャノワール[-]:
 ふふっ……
 君だって、
 ここに答えを探しに
 来たのだろう?
△△[むくれる]:
 私は自分が
 ダークフェザーだって
 ちゃんと知ってるわ。
シャノワール[-]:
 そうか。
 ……いつか君が道を見失ったら、
 その気持ちを思い出すといい。

バウ・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

ダークフェザー[/話す]:
 ねぇ、バウ。
 あなたの持ってる看板は、
 なんて書いてあるの?
△△[/話す]:
 ぼくの名前がかいてあるです!
 ……ほかの字は、むずかしいです。
ダークフェザー[-]:
 でも、自分の名前はわかるのね。
 それって、すごいことだと思うわ。
△△[アピール]:
 ぼくは、すごいバウですか!?
 わうわう!
ダークフェザー[-]:
 私も、自分の名前が書けるのよ。
 ほら……!
ダークフェザー[-]:
 ダータヘエザー
△△[アピール]:
 わうぅ!
 すごいすごい!

バウと会話 [edit]

:
(△△が
  バウに話しかけた。)
△△[/座る]:
 ここ、すてきななわばりです!
 ぼくもごろごろしていいです?
バウ[-]:
 バウちゃんだったら
 ごろごろしていいです!
バウ[-]:
 ぼく、
 バウちゃんの
 ご主人さまと
 あそんでいいです?
△△[-]:
 ……ちょっとだけなら、
 ぼくのご主人さまと
 あそんでいいです。

シャボタンと会話 [edit]

:
(△△が
 シャボタンに
 いきおいよくじゃれついた!)
△△[/話す]:
 わうわう!
 シャボちゃん、
 だぁいすき!
 (ぺろぺろぺろぺろ)
シャボタン[照れる]:
 きゃんっ、
 くすぐった~い!
シャボタン[-]:
 わたしも、
 バウちゃんのこと
 大好き!
△△[/話す]:
 なにしてあそぶです?
 ぼくはおっかけっこがいいです!
シャボタン[/話す]:
 う~ん、わたしは、
 ひなたぼっこがいいなぁ……
△△[/話す]:
 くぅ~ん、
 ぼくはおっかけっこがしたくて、
 シャボちゃんは
 ひなたぼっこがいいです?
 こまったです!
シャボタン[-]:
 それじゃあ、
 間をとって、お絵かきしない?
△△[-]:
 わんわんわんわん!!
 ぼく、いろをつけるの
 とくいです!

バウとシャボタンが一緒に座る

シャボタン[-]:
 一緒だと、
 楽しいね!
△△[-]:
 わうわう!
 たのしいです!
△△[-]:
 ……かみのけ、動いてるです?
 気になるです……
 (うずうず)
△△[-]:
 つかまえるです!
 (かぷっ)
シャボタン[照れる]:
 きゃっ!?
 わたしのお下げをかまないで~!

ローキーと会話 [edit]

:
(ローキーが
 △△に
 話しかけた。)
ローキー[/話す]:
 わんこ、
 元気そうでなによりなのじゃ!
 毛もつやつやしておるの。
△△[/話す]:
 わうわう!
 えっと、えっと……。
 (そわそわ)
ローキー[-]:
 ○○様と
 私とお主とで、
 一緒に散歩行くのじゃ!
 楽しいのじゃー♪
△△[/座る]:
 いっしょはうれしいです!
 わうわう!
△△[-]:
 (ぼくも、
 のじゃちゃんみたいに
 どきどきするくらい
 きれいになりたいです……!)

バルルと会話 [edit]

:
(△△が
 バルルに
 いきおいよくじゃれついた!)
△△[アピール]:
 わうわう!
 あそんであそんで!
バルル[/話す]:
 わかった、わかったから!
 ほら、取ってこーい!
(バルルが
 ボールを投げると、
 △△は
 ジャンプしてキャッチした。)
バルル[-]:
 ったく、
 何が面白いんですかね……
△△[/話す]:
 わうわう!
 今度はバルルちゃんの番です!
バルル[-]:
 えっ!?
 おっとっ……!

バルルが飛空庭の端まで走って移動

:
(バルルはボールを
 キャッチしそこなった。)
△△[/話す]:
 わうわう!
 ぼくのかちです?
バルル[-]:
 も、もう一回!

バルルが元の位置に走って戻ってくる

:
(バルルも
 なんだかんだで
 楽しんでいるようだ。)

シーホースと会話 [edit]

:
(△△が
 シーホースに
 いきおいよくじゃれついた!)
△△[アピール]:
 クンクン……
 シホちゃんは
 「海」のにおいがします!
△△[-]:
 ぼくも「海」で
 およいでみたいです!
 わうわう!
シーホース[/話す]:
 それなら、
 今度みんなで
 泳ぎに行きましょうね。
△△[/話す]:
 でも、海に入ろうとすると
 インスちゃんたちに
 「ウミハ ハイッチャダーメ」
 っていわれるです……。
シーホース[-]:
 まぁ……
 海は誰のものでもない、
 みんなのもののはずなのに……
△△[/話す]:
 みんなのものは、
 みんなでなかよくつかうです!
 インスちゃんともなかよくしたら、
 海に入らせてもらえるです?
シーホース[-]:
 そうですね……
 インス様とも心を通わせて
 仲良くできるようになれば、
 きっと……。
シーホース[-]:
 そのためにも、
 わたくしたちはこの世界のことを
 たくさん勉強しなければ
 いけませんね。
△△[/話す]:
 わうわう!
 ぼくはいっぱいいっぱい
 べんきょうするです!

ペペンと会話 [edit]

:
(ペペンが
 △△に
 いきおいよくじゃれついた!)
△△[/座る]:
 わうわう!
 もこもこです!
 ふかふかするのです!
ペペン[/話す]:
 しっぽがぶんぶんです。
 なんでぶんぶんするです?
△△[/話す]:
 わう?
 んー、よくわからないですけど、
 ぼく、うれしいとしっぽがぶんぶん
 ゆれちゃうんです。へんです?
ペペン[-]:
 ほんとです?
 うれしいです、変じゃないです!
 また来るといいです!
 いっぱい来るです!
 何度も来るです!
△△[アピール]:
 わうわう!ご主人さま!
 ぼくもいっぱい遊びにくるです!
 また連れてきてくださいです!

サラマンダーと会話 [edit]

:
(サラマンダーが
 △△に
 いきおいよくじゃれついた!)
サラマンダー[/話す]:
 わんこぉぉーー!
 わんこだわんこ、わんこぉぉー!
 (なでなでなで)
△△[/座る]:
 サラちゃん!
 サラちゃんサラちゃぁぁぁん!
 (はぐはぐはぐ)
サラマンダー[-]:
 あはははははは!
△△[-]:
 あははははは!
:
二人のじゃれあいは
泥んこになっても
まだしばらく続いた……
サラマンダー[-]:
 はーっ、はー、はー。
 あっ、ダンナだ!
 どしたの?
△△[/話す]:
 はーっ、はー、はー。
 ご主人さま、すごく楽しいけど
 いまのぼくは疲れたバウです……

ミニー・ドゥと会話 [edit]

ミニー・ドゥ[/話す]:
 あ、ちみっこ2号!
 きましたねー!
△△[/話す]:
 わう、ミニーちゃんです!
 一緒に遊ぶです!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ミニー、キミと遊ぶときは
 絶対に容赦しないって
 決めてたんですからねっ!
△△[-]:
 よーしゃむよーです!
 いくです!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 それっ!
 とってくるのよ!
△△[-]:
 とやっ!
 やったです!
 ミニーちゃん、
 途中でキャッチです!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 くっ……
 ならば、このミニー様特製の
 ボールをくらうといいわ!
 
 とやっ!
△△[-]:
 わ、わわわ!?
 でっかいボールです!
 負けないですよっ!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 うふふ……ちみっこ2号は
 もうミニーの言う事を
 何でも聞いてくれそうです!
△△[-]:
 とってきたです!
 えいっ!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 あっ、ちょっ、それはっ!?
:
ボールごと飛びつかれ、
ミニーは派手にひっくり返った。
ミニー・ドゥ[-]:
 ああああああ……
 お気に入りのお洋服が
 泥んこに……
 
 まだまだ甘かったです……

白い使い魔と会話 [edit]

△△[/話す]:
 シロちゃんです!
 こんにちはです!
 ふわふわのひらひらです!
白い使い魔[/話す]:
 ええ、こんにちは。
 ……ふわふわのひらひら?
 私の服の事ですか?
△△[/話す]:
 そうですそうです!
 ふわふわして、ひらひらして、
 ふわふわの、ひらひらで……
 とても気になるです!
白い使い魔[/話す]:
 えっ?
 ちょ、ちょっと……!?
 わわわっ、あの、私のスカートの
 中に潜り込むのはやめてください!?
△△[/話す]:
 ああっ、ごめんなさいです。
 ふらふらがふわふわだと
 つい我慢できずに……
 うう、ぼくはまだばかです……
白い使い魔[/話す]:
 ええと、その……
 怒ってはいないんですけど、
 私も恥ずかしいので……
△△[/話す]:
 何か恥ずかしいですか?
 シロちゃんはとっても
 いい甘いにおいがするです。
 くんくん。
白い使い魔[/話す]:
 え、あの、その……
 ええええっ!?

オートメディックと会話 [edit]

デスと会話 [edit]

守護魔・キサラギと会話 [edit]

守護魔・キサラギ[/話す]:
 子犬ちゃんも元気そうね。
 ○○ちゃんに
 可愛がってもらってる?
△△[アピール]:
 はい!
 ご主人さまは
 いっぱいいっぱい
 かわいがってくれるです!
守護魔・キサラギ[-]:
 ご主人さまのこと、
 好きになっちゃった?
△△[アピール]:
 はい!
 ぼくご主人さま、だぁーいすきっ!
守護魔・キサラギ[-]:
 ふふっ、
 子供は無邪気でいいわね。
守護魔・キサラギ[-]:
 ……あ、でも
 邪気いっぱいのウヅキも
 似たような感じだわ。

みるくと会話 [edit]

:
(△△が
 みるくに
 いきおいよくじゃれついた!)
△△[アピール]:
 わうわう!
 あそんであそんで!
みるく[/いやいや]:
 きゃあっ!
 こわ……こわ……
△△[/座る]:
 こわくないですよ?
 ぼくはいいバウです!
みるく[/照れる]:
 きゃっ……
 あははっ、
 くすぐったいよぉ~
みるく[/話す]:
 ねぇねぇ、
 リリアンで遊ぶ?
△△[-]:
 ぼくは
 おっかけっこが
 したいです!
 わんわんわんわん!!
みるく[-]:
 (……やっぱり、
 ちょっとこわいかも……)

シャボタン・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

:
(△△が
  ダークフェザーに
  話しかけた。)
△△[/話す]:
 ダークフェザーちゃん、
 こんにちは!
 ウィリー・ドゥちゃんも、
 こんにちは!
ダークフェザー[/話す]:
 こんにちは、
 △△。
△△[/話す]:
 ダークフェザーちゃん、
 一緒にお絵かきしようよ!
 ね、いいでしょ?
ダークフェザー[/話す]:
 いいわよ。
 ウィリー・ドゥも
 お絵かきしたいって。

2人とも座る

△△[-]:
 ○○さん。
 ダークフェザーちゃんって、
 羽でお絵かきするのが
 すっごく上手なんだよ~!
ダークフェザー[-]:
 △△。
 ピンクのクレヨン、
 使わせて頂戴。
ダークフェザー[-]:
 それと、
 あんまり動かないで?
 描きにくいから。

バウと会話 [edit]

:
(バウが
  △△に
  いきおいよくじゃれついた!)
バウ[-]:
 わうわう!
 △△ちゃん
 だぁいすき!
 (ぺろぺろぺろぺろ)
△△[照れる]:
 きゃんっ
 くすぐった~い!
△△[-]:
 わたしも
 バウちゃんのこと大好き!
バウ[-]:
 なにしてあそぶです?
 ぼくはおっかけっこがいいです!
△△[-]:
 う~ん、わたしは
 ひなたぼっこがいいなぁ……
バウ[-]:
 くぅ~ん、
 ぼくはおっかけっこがしたくて
 △△ちゃんは
 ひなたぼっこがいいです?
 こまったです!
△△[-]:
 それじゃあ
 間をとって、お絵かきしない?
バウ[-]:
 わんわんわんわん!!
 ぼく、いろつけるの
 とくいです!

△△座る

△△[-]:
 一緒だと、
 楽しいね!
バウ[-]:
 わうわう!
 たのしいです!

シャボタンと会話 [edit]

:
(△△が
  シャボタンに話しかけた。)
△△[/話す]:
 ねぇねぇ!
 一緒にお絵かきしよっ?
シャボタン[-]:
 うんっ!

二人とも座る

シャボタン[-]:
 わたしは、
 ダークフェザーちゃんと
 バウちゃんを描きたいなぁ。
 あなたは?
△△[-]:
 わたしは、
 ○○さん!
△△[-]:
 ここはぽかぽかしてて、
 きもちいいねぇ。
シャボタン[-]:
 うん!
 わたし!ここが大好き!

ローキーと会話 [edit]

:
(△△が
  ローキーに話しかけた。)
△△[/話す]:
 ローキーちゃん、
 こんにちは!
ローキー[/話す]:
 こんにちは、なのじゃ♪
ローキー[-]:
 △△は、
 しっかりあいさつが出来る
 よい子じゃの。
 きっと将来、
 ひとかどの人物になるのじゃ!
△△[/話す]:
 大きくなったら、
 ○○さんみたいな
 すてきな人になりたいの!
ローキー[-]:
 うむ!
 主様は、ほんに素敵な
 お方じゃからの。
ローキー[-]:
 主様のように
 立派なお方になりたければ、
 ゆめゆめ、努力を、
 怠らぬことじゃ!
△△[-]:
 うんっ!
 わたし、がんばる!

バルルと会話 [edit]

:
(バルルが
  △△に
  話しかけた。)
バルル[/話す]:
 △△、
 元気です?
△△[/話す]:
 うん、元気だよ!
 あの、これ……
 (△△が
 バルルに
 何か差し出した。)
バルル[-]:
 これ……あたし?
△△[/話す]:
 うん、バルルちゃんだよ?
 ……どうかなあ?
バルル[-]:
 ……まあ、
 よく描けてるんじゃ
 ないですかねぇ。
△△[-]:
 えへへ、やったぁ!
バルル[-]:
 (いくらあたしでも
 バットを両手に一本ずつ
 振り回したりは
 しないんですけどねぇ……)

シーホースと会話 [edit]

シーホース[/話す]:
 △△様と
 ○○様は
 いつも仲良しでいいですね。
 まるで、本当の
 姉妹みたいです。
△△[照れる]:
 えへへ……!
 姉妹、かぁ……。
△△[-]:
 ……早く大きくなりたいなぁ……。
シーホース[-]:
 わたくしもしっかり学んで、
 ○○様の
 立派な花嫁になりたいです。
 (ぽっ)
△△[/話す]:
 わたしだって、がんばるもん!
 お掃除とかお洗濯とか
 しっかりできるようになって
 お嫁さんになる!
シーホース[-]:
 立派な花嫁になれるよう、
 共に学びましょうね。

ペペンと会話 [edit]

:
(ペペンが
  △△に
  話しかけた。)
ペペン[/話す]:
 あ、この前話した魚の本、
 いまここにあるですよ!
△△[/座る]:
 え、本当? この前聞いた
 お魚のおはなししてくれる?
ペペン[-]:
 おやすいごようです!
 実際に見たことはないけど、
 本で見て、夢にまで見たから
 ばっちりです!
:
 ペペンは
 △△に
 いろいろと説明している
△△[-]:
 その「にじいろのおさかな」って
 どんな鳴き声なのかなぁ?
ペペン[-]:
 水の中にいるから、なきごえは
 ちょっとわかんないですけど……
 きっとすっごく大きくて、
 きっとすっごくおいしいに
 ちがいないです!
△△[-]:
 ……あ、そうか。水の中だと、
 音が伝わらない……のかなぁ。
 不思議だね?
ペペン[-]:
 不思議です……知りたいです……
 どんな味がするのですか……?
 
 ペペン、このおさかなが
 食べてみたいです……
△△[/話す]:
 もう、ペペンちゃんったら、
 食べ物の話ばっかりなんだから。

サラマンダーと会話 [edit]

:
(サラマンダーが
  △△に
  話しかけた。)
サラマンダー[-]:
 おいっす。元気してる?
 ○○のだんなと
 いっつも一緒だな。
 妬けるねぇー。
△△[/話す]:
 えへへ……。
 ご主人さんと一緒だと
 あったかくて、楽しいよ。
サラマンダー[-]:
 くっそー、あったかいなら
 わたしだって負けないぞー!
 だんな、勝負だ!

サラマンダー決めポーズっ!をする 

:
 サラマンダーは気合を込めて
 周囲に温風を放出している
△△[-]:
 わぁ、あったかい……
 というか、これは暑いよぅ!
 ……あ、でも冬場は近くにいると
 温かくていいのかも……
サラマンダー[-]:
 あれっ?
 わたしとだんなって、
 ストーブや暖炉の代わりなの?
△△[-]:
 そ、そうじゃなくって……
 もう、からかわないでよ。

ミニー・ドゥと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ねぇねぇ、ミニーちゃん!
ミニー・ドゥ[-]:
 なんでしょう、ちみっこ3号。
 あたしは優しいので
 お話聞いてあげちゃいますよぅ?
△△[-]:
 うん、ありがと!
 あのね……
 レディーになるための
 お勉強って、やっぱり大変?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 その通り、すーっごく大変なのよ!
 きれいなレディーになって
 いつの日かあこがれの
 お姫様に……!
△△[-]:
 おひめさま?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 そう!
 いつの日か
 立派な白い球を乗りこなす
 王子様が迎えに来てくれるのよぅ!
△△[-]:
 うわぁ、王子様いいなぁ……♪
ミニー・ドゥ[/話す]:
 もしかして、ちみっこ3号も
 レディーになりたかったり
 しちゃうんですか?
△△[-]:
 え、うん……レディーというか、
 すてきな女の人になりたいな
 ……って。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 じゃあ、一緒にたまのこしを
 目指すのよぅ!
△△[-]:
 うん、がんばる!
 
 (……たまのこし?)
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ふっふっふ……
 将来のライバルの予感ですね……
 末恐ろしい子……っ!

白い使い魔と会話 [edit]

白い使い魔[/話す]:
 お疲れ様です。
 今日も楽しそうですね。
△△[/話す]:
 シロちゃんも、学校に来てから
 明るくなったよね♪
白い使い魔[/話す]:
 ええ、本当に……
 最初は、みんな知らない人だから
 緊張してしまってましたが……
 
 みなさん、とても親切に
 していただきましたから……。
△△[/話す]:
 よかった……。本当に、
 会えてよかったね。
△△[/話す]:
 シロちゃんも知っていると思うけど、
 わたし、今もそうだけど、
 知らない人が多いところだと
 緊張しちゃうの。
△△[/話す]:
 だから、シロちゃんには、
 親近感がわくんだ♪
白い使い魔[/話す]:
 ……仲間、ですね。
 私が来た時から、
 いろいろ心配してくれて、
 お世話して貰っていたから、
 ちょっと意外でしたけど。
△△[/話す]:
 えへへ、私の場合は、
 ご主人さんが一緒にいてくれる
 から……ちょっとだけ強くなれるの♪

オートメディックと会話 [edit]

△△[/話す]:
 あ、あのね。
 メディックちゃん、
 ちょっといい?
オートメディック[/話す]:
 ん。どうした?
 〇○ではなく、
 アタシに?
△△[/話す]:
 この前話してた雑貨なんだけど、
 偶然分けてもらえたから、
 おすそわけするね♪
 
 もちろん、
 ○○さんにも。はい!
オートメディック[/話す]:
 え、アタシにも?
 あ……かわいい……
 薬入れに使おう。
 え、アタシにも?
 あ……かわいい……
 薬入れに使おう。
△△[/話す]:
 えへへ、気に入ってくれた?
 よかった、きっと似合うって
 思ってたんだ。
 ○○さんと、
 メディックちゃんと、
 私の三人でお揃いなんだよ?
 えへへ、気に入ってくれた?
 よかった、きっと似合うって
 思ってたんだ。
 ○○さんと、
 メディックちゃんと、
 私の三人でお揃いなんだよ?
オートメディック[/話す]:
 うん……大事にする。
 絶対に壊さないように
 ずっとしまっておく。
 うん……大事にする。
 絶対に壊さないように
 ずっとしまっておく。
△△[/話す]:
 ちゃんと使ってあげなきゃ
 だめだよ!?
 ちゃんと使ってあげなきゃ
 だめだよ!?
△△[/話す]:
 小物だし、あまり丈夫な物でも
 ないだろうから、いつか壊れたり
 無くなっちゃったりするだろうけど、
 その時まで大事にしてもらえたら、
 きっと嬉しいと思うの。
 小物だし、あまり丈夫な物でも
 ないだろうから、いつか壊れたり
 無くなっちゃったりするだろうけど、
 その時まで大事にしてもらえたら、
 きっと嬉しいと思うの。
オートメディック[/話す]:
 嬉しい……それは、
 シャボタンが?
 嬉しい……それは、
 シャボタンが?
△△[/話す]:
 それだけじゃないよ。
 作った人も、送ったわたしも、
 使ってもらった道具も!
 きっと、大事に使ってもらえて
 嬉しいと思うの。
 それだけじゃないよ。
 作った人も、送ったわたしも、
 使ってもらった道具も!
 きっと、大事に使ってもらえて
 嬉しいと思うの。
オートメディック[/話す]:
 ……そう、だな。
 シャボタンは、すごいな……。
 ……そう、だな。
 シャボタンは、すごいな……。

デスと会話 [edit]

デス[/話す]:
 あぁ、そなたらか……いいね。
 その立ち回り、しぐさ。
 自分の魅力が何かを良くわかっている。
 ○○も、
 そう思うだろう?
△△[/話す]:
 え、え、え?
 一体何の話題なの?
 デスちゃんは一体
 わたしの何を見ているの?
デス[/話す]:
 もう少し時間がたてば、
 そなたも自覚できるように
 なる……かな?
 ふふふ、今からその時が楽しみだ。
 つぼみが色付き、花開く直前に
 自分が花だったのと気づく
 その瞬間が! 見たい!
△△[/話す]:
 デスちゃん、落ち着いて!
 わたしはシャボタンだから
 もう花は咲いてるよ!?
デス[/話す]:
 おっと、余としたことが
 若干落ち着きをうしなったか。
 しかし、ゆめゆめ忘れるではないぞ。
 数年後が楽しみだ……

守護魔・ヤヨイと会話 [edit]

:
(守護魔・ヤヨイが
  △△に
  話しかけた。)
守護魔・ヤヨイ[/話す]:
 こんにちは、
 △△。
△△[話す]:
 ヤヨイさん、
 こんにちはっ!
守護魔・ヤヨイ[-]:
 うん、元気なあいさつですね。
 〇○さんの
 言うことを
 ちゃんと聞いてますか?
△△[/話す]:
 うんっ!
 ちゃんとお手伝いも
 できるんだよっ!
△△[-]:
 それに
 お荷物の整理整頓は
 わたしの方が
 得意なんだぁ♪
ヤヨイ[-]:
 ふふっ、
 △△は
 えらいですね!
△△[照れる]:
 えへへ♪

アカリと会話 [edit]

:
(△△が
  アカリに話しかけた。)
△△[/話す]:
 アカリさん、
 こんにちはっ!
アカリ[/話す]:
 ふふっ、ちゃんと
 あいさつできるのね。
 いい心がけよ!
アカリ[-]:
 ねぇ、あなたも
 あたしの弟子にならない?
 あなたは見どころがあるわ!
△△[照れる]:
 えっ?あの……
 わたしは、
 ○○さんと
 一緒がいいなぁ。
アカリ[-]:
 ○○も一緒?!
 ま、まあ、あなたが
 どうしてもって言うなら、
 あたしの弟子にしてあげても……

ローキー・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

:
(△△が
  ダークフェザーに話しかけた。)
△△[/話す]:
  お嬢とウィリー・ドゥは
  いつもなかよしじゃの!
ダークフェザー[/話す]:
  ええ、勉強する時も、
  遊ぶ時も、寝る時もなかよしよ。
ダークフェザー[/話す]:
  ローキーと
  ○○も
  いつもなかよしね。
△△[/話す]:
  冒険の時も、休む時も、
  病める時も健やかなる時も
  いつもなかよしなのじゃ♪

バウと会話 [edit]

:
(△△が
  バウに話しかけた。)
△△[/話す]:
  わんこ、
  元気そうでなによりなのじゃ!
バウ[-]:
  わうわう!
  えっと、えっと……。
  (そわそわ)
△△[/話す]:
  ふふっ、
  時間はた~んとある。
  何をしてあそぶのじゃ?
バウ[-]:
  えっと、えっと、
  おっかけっこ!
  かくれんぼ!
  だっこ!
  わうぅ、きめられないです……。
△△[/話す]:
  ならば、
  ぜ~んぶやればいいのじゃ♪
バウ[-]:
  わうわう!
  のじゃちゃんは
  あたまいいです!

シャボタンと会話 [edit]

:
(△△が
  シャボタンに話しかけた。)
△△[/話す]:
  しゃぼりんは、
  大きくなったら
  絵を描く人になるのかの?
シャボタン[/話す]:
  う~ん、
  絵描きさんにもなりたいし、
  花屋さんにもなりたいけど、
  一番なりたいのは、
  アミス先生みたいな
  すごい先生かなぁ?
△△[/話す]:
  しゃぼりんは
  皆のことをちゃんと考えられる、
  しっかり者じゃからの。
  きっと、立派な先生に
  なれるのじゃ!
シャボタン[照れる]:
  えへへ……
  なれたらいいな~……!
△△[-]:
  私は、主様の
  立派なお嫁さんになるのじゃ!
シャボタン[/話す]:
  ローキーちゃんは、
  一緒にいると元気になれるから、
  立派なお嫁さんになれると思う!

ローキーと会話 [edit]

:
(△△が
  ローキーに話しかけた。)
△△[/話す]:
  つつがなく過ごしておるかの?
ローキー[/話す]:
  うむ!
  人の社会の掟や知識、
  礼儀作法などを学ぶ日々は、
  充実しておるのじゃ。
  ただ……
△△[-]:
  何か、心配ごとがあるのかの?
ローキー[/話す]:
  ○○様にもっと足しげく
  私に会いに来てくれるよう、
  お主からも言って欲しいのじゃ。
ローキー[/話す]:
  主様に会えないと、
  私はさびしいのじゃー!
△△[/話す]:
  主様は、何かと忙しいお方での。
  だからこそ、
  こうして会えた時に
  思う存分甘えるとよいのじゃ!
ローキー[/話す]:
  ○○様……♪

バルルと会話 [edit]

(バルルが背筋を
  しゃんと伸ばして、
  △△に
  話しかけた。)
バルル[/話す]:
  ローキーさん!
  お疲れ様です。
△△[-]:
  うむ、
  苦しゅうないのじゃ。
バルル[/話す]:
  今度はどんな冒険を
  してきたんです?
△△[/話す]:
  ○○様と共に、
  様々な人助けをして来たのじゃ。
△△[-]:
  お主の方も、
  アミス先生の言いつけを守り、
  小さな子たちの世話を
  しっかりとしておるかの?
バルル[/話す]:
  ええ、まあ……
  あたしを何かと子ども扱いするのは
  いただけねーですけど。

シーホースと会話 [edit]

シーホース[/話す]:
  ロキ様は
  ○○様と
  いつも一緒で、
  うらやましいですのじゃー。
△△[/話す]:
  シホたん、それは
  私の口真似かの?
シーホース[/話す]:
  そうですかの、じゃー。
△△[-]:
  ふふ、シホたんは
  意外とお茶目じゃの!
シーホース[/話す]:
  ロキ様の
  言葉遣いは
  難しいですじゃの……。

ペペンと会話 [edit]

:
(ペペンが
  △△に
  話しかけた。)
ペペン[/話す]:
  わーい、しっぽがふさふさです♪
  ふさふささんの
  しっぽ、ペペンにも一つ欲しいです。
△△[/話す]:
  これこれ、私の尻尾はお主の
  枕ではないのじゃぞ?
ペペン[/話す]:
  ううう、まくらにしたいくらい
  このふさふさしっぽは
  きもちいーぃのです!
  ペペンもこんなしっぽが
  欲しかったのです!
△△[/話す]:
  いくらお主でも、このしっぽを
  あげるわけにはいかないのじゃ~♪
  この尻尾を好きにしていいのは……
△△[/話す]:
  あ、その。なんでもないのじゃ。
ペペン[/話す]:
  うにゅ。
  おさかながいくつあったら、
  しっぽと交換してもらえるですか?
△△[/話す]:
  いや、それはのぅ……
  そういうことではなくってじゃな?

サラマンダーと会話 [edit]

:
(サラマンダーが
  △△に
  話しかけた)
サラマンダー[/話す]:
  おーっす!
  のじゃじゃはいっつも
  ○○のだんなに
  べったりだなぁ。
△△[/話す]:
  うむ、もちろんなのじゃ!
  主様にふさわしい妻になると
  決めたのじゃから、
  私のほうからおそばを
  離れるなんてことはないのじゃ♪
サラマンダー[/話す]:
  あー、それでか。
  ばるちんに料理ならうって、
  しゃぼちんとシーたんも
  相談してたしなぁ。
 
  だんな、人気者だな!
△△[/話す]:
  う、うむ……
  料理……料理は……
 
  なぜ、思った通りのものが
  出来上がらんのじゃろう……?
サラマンダー[/話す]:
  あれ?
  でも、この前作ってた
  アップルパイ、かなーり
  おいしかったじゃん?
△△[/話す]:
  あ、それは主様には秘密じゃと……
 
  ううう、あれは……
  カレーライスを作ろうと
  練習しておったのじゃ……
サラマンダー[/話す]:
  ……え?

ミニー・ドゥと会話 [edit]

ミニードゥ[/座る]:
  ……はっ、姫さま!
  ご、ご機嫌麗しゅう?
△△[/話す]:
  わたしはこの通り
  元気なのじゃー♪
△△[/話す]:
  それにしても、姫さまなどと
  言われると照れてしまうのじゃ。
 
  そちらもひらひら可憐で
  お姫様のような服ではないかの。
ミニー・ドゥ[/話す]:
  うぬぬ、さすがは
  我がライバル、
  気配りも振舞いも
  プリンセス級だわ……!
ミニー・ドゥ[/座る]:
  やっぱりその、はかな~い
  オリエンタルびゅーてぃーな感じも
  あたしには必要なのかも……!?
△△[/話す]:
  おりえんたる、というのは
  よくわからぬのじゃが、
  悩むよりひなたぼっこの方が
  素敵なのじゃ♪
 
  ほれ、ウサこも一緒に
  ひなたぼっこでもしておくかの?
ミニー・ドゥ[/話す]:
  ひなたぼっこ!?
  わぁい!ひなたぼっこ!
  あったかくて大好き!
 
  ……はっ!?、
  敵の手に落ちてしまって
  いるような……
ミニー・ドゥ[/座る]:
  でも、このおひさまのにおい、
  た、たまらなぁい……♪
△△[/話す]:
  ほれ、主様も一緒に
  ひなたぼっこなどは
  いかが……なのじゃ♪

白い使い魔と会話 [edit]

△△[/話す]:
  おお、シロ。
  どうやら機嫌がよいようなのじゃ♪
  一緒に遊ぶのじゃ~♪
白い使い魔[/話す]:
  そちらも、お元気そうですね。
  この学校はお日様もあたたかくて、
  とってもいいところ……。

  その分、ちょっと眠く
  なってしまう事もありますけど……
△△[/話す]:
  シロはあまり体力が
  無いようじゃから、
  無理は禁物なのじゃ♪
白い使い魔[/話す]:
  そういえば、この前は
  ごめんなさい……
  一緒に遊んでくれていたのに、
  気が付いたら、私、あなたの
  しっぽの上で寝てしまって……
△△[/話す]:
  他の仲間もたまにやるのじゃ♪
  自慢のしっぽなので、
  嫌ではないのじゃ~♪
白い使い魔[/話す]:
  ……くす。
  では、今度疲れたときには
  またお願いするかもしれません。
△△[/話す]:
  うむ、どんとこいなのじゃ♪

  あ、でも唯一、
  主様がご所望の時だけは
  主様最優先なのじゃ♪
△△[/話す]:
  ……なので、ご所望の際は
  いつでも申し付けてほしいのじゃ♪
  のう、主様?

オートメディックと会話 [edit]

△△[/話す]:
  おお、トメさん。
  遊びに来たのじゃ♪
オートメディック[/話す]:
  あぁ、こんにちは。
  ……いらっしゃい?
  まぁ、どっちでもいいか
  ……くしゅん!
△△[/話す]:うむ。
  トメさんは私や
  ばるるんが近づくと、
  ふさふさした部分に反応して
  くしゃみが出てしまうようじゃのぅ。
オートメディック[/話す]:
  しっぽ、ふさふさ……
  ちょっと、もふもふしたいかも。
  くちゅん!
△△[/話す]:
  うむ、どうぞどうぞなのじゃ。
  主様専用の自慢の尻尾なのじゃが、
  トメさんならば特別なのじゃ♪
オートメディック[-]:
  ふさふさ、もふもふ……
  ふぁ、ふぁ……
  くしゅん! くしゅん!
オートメディック[-]:
  ……やっぱダメだ。
  とてもさわり心地がいいけど、
  くしゃみ、とまんない。
△△[/話す]:
  ……うむうむ。
  いい顔をするようになったのじゃ♪
オートメディック[-]:
  ……?
△△[/話す]:
  来た当初はあまり笑わないと
  聞いておったのじゃが、
  何のことはない。見よ、
  口元がにっこりとほほ笑んでおる。
  とても魅力的な笑顔なのじゃ♪
△△[/話す]:
  ……あ、でも、主様のお嫁さんの
  座を譲るつもりはないからの?

デスと会話 [edit]

デス[/話す]:
  おや、姫君もご一緒か。
  華やかで良いものだな。
  ○○も、
  姫様に負けず劣らず、か。
△△[/話す]:
  姉御もご機嫌いかがか、なのじゃ。
  見た限りでは元気そうで
  なによりなのじゃが。
  何分、お主も薄物だけを
  羽織っておるように見えて
  たまに心配なのじゃ♪
デス[/話す]:
  なに、そこは心配ない。
  元々風邪をひくような
  体質でも無いようだし、
  そなたらの可憐な姿を眺めていれば
  元気になろうというものさ。
△△[/話す]:
  ふむ……
  姉御はいつも主様や
  アミス先生と同様に
  学校の皆を見守ってくれておる。
  その辺は感謝しておるのじゃ。
△△[-]:
  じゃが……
  時々目つきがおっかないのは、
  何故なのじゃ?
デス[/話す]:
  ふむ、美しいものを愛でるのは
  余の常だと思っていたが……
  すまんが、その行動を改める気は、
  あまりないな。
  目つきは生まれつきだと思ってくれ。

守護魔・ウヅキと会話 [edit]

守護魔・ウヅキ[/話す]:
  あ!
  のじゃーじゃない!
  元気してた!?
△△[-]:
  ○○様と
  一緒にいられて、
  幸せなのじゃー♪
守護魔・ウヅキ[/話す]:
  ○○と
  のじゃーは
  仲良しでいいねっ!
△△[-]:
  とはいえ、
  主様の冒険のお供をするには
  まだ力が足りないと感じるのじゃ。
  お主のように、「力」を
  使えるようになりたいのじゃ!
守護魔・ウヅキ[/話す]:
  ダメだよ
  のじゃー!
  この「力」は、とっても危険なのっ!
△△[-]:
  ちゃーんと練習すれば、
  きっとだいじょうぶなのじゃ!
  お主だって、使いこなせるよう
  練習したのじゃろ?
守護魔・ウヅキ[/話す]:
  こんな「力」に頼らなくっても、
  のじゃーは
  もっと強くなれるよっ!
  そうだよね、
  ○○!

浅葱と会話 [edit]

:
(△△が
  浅葱に話しかけた。)
△△[-]:
  のう、あさにゃー。
  立派なお嫁さんになるには、
  どうすればよいのじゃ?
浅葱[/話す]:
  ぬし様がいつも
  気持ちよくいられるよう、
  身の回りのお世話を
  しっかりなされば
  よろしいかと……。
△△[-]:
  身の回りのお世話?
  毛づくろいなら
  得意なのじゃ!
浅葱[/話す]
  中でも、
  ぬし様においしいものを
  召し上がっていただけるよう、
  お料理の腕を磨くことが
  大事でございますね。
△△[-]:
  お料理は、むずかしいのじゃ……。
  教えて欲しいのじゃ!
浅葱[/話す]:
  はい、よろしゅうございますよ♪

バルル・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

:
(バルル・アルマは、
 ダークフェザーの持つ
 ウィリー・ドゥを
 じっと見つめている。)
ダークフェザー[/話す]:
 バルル、
 あなたもウィリー・ドゥと
 遊びたいの?
△△[/話す]:
 べっ、別に、
 あたしはそーゆーの、
 卒業してますから。
ダークフェザー[話す]:
 ウィリー・ドゥは、
 あなたと遊びたいって言ってるわ。
△△[/話す]:
 ま、フェザが
 そこまで言うなら
 遊んでやりますけど。
ダークフェザー[-]:
 ○○は、
 私と遊びましょ?
:
 ダークフェザーと遊びながら
 バルル・アルマを
 横目で盗み見てみると……
 バルル・アルマは
 満面の笑顔でウィリー・ドゥを
 抱きしめて頬ずりしていた。
△△[/話す]:
 !
 も、もういい、返す!

(以下、9時間目「いたずらとなかなおり」実装後に変更された会話)

:
(バルル・アルマは、
 ダークフェザーの持つ
 ウィリー・ドゥを
 じっと見つめている。)
ダークフェザー[/話す]:
 バルル、
 あなたもウィリー・ドゥと
 遊びたいの?
△△[/話す]:
 や、そーじゃなくて……
 ずっとぬいぐるみだと
 思ってたもんですから……
ダークフェザー[話す]:
 ウィリー・ドゥは、
 あなたと遊びたいって言ってるわ。

 わたし、ちゃんと言ったじゃない?
 聞いてなかったの?
△△[/話す]:
 ……それはそーなんですけど……。
 ま、フェザ子が
 そこまで言うなら
 遊んでやりますけど。
ダークフェザー[-]:
 ○○は、
 私と遊びましょ?
:
 ダークフェザーと遊びながら
 バルル・アルマを
 横目で盗み見てみると……
 バルル・アルマは
 困ったような笑顔で
 ウィリー・ドゥに何か
 話しかけていた。
△△[/話す]:
 !
 も、もういい!
 えと、今までのあれは
 黙っててくださいですよ!?

バウと会話 [edit]

:
(バウが
  △△に
  いきおいよくじゃれついた!)
バウ[-]:
 わうわう!
 あそんであそんで!
△△[痛っ!]:
 わかった、わかったから!
 ほら、取ってこーい!
:
(バルル・アルマが
 ボールを投げると
 バウは全速力で追いかけた。)

バウが飛空庭の端まで走って移動

△△[/話す]:
 ったく。
 何が面白いんですかね……
:
(バウはジャンプすると
 空中でボールをくわえて
 キャッチした!)

バウが元の位置に走って戻ってくる

△△[/話す]:
 おっ!?
バウ[-]:
 わんわんわんわん!!
△△[/話す]:
 バウ子、なかなかやりますね。
 それっ、もう1回!

再びバウが飛空庭の端まで走って移動

(バルル・アルマも
 なんだかんだで
 楽しんでいるようだ。)

バウが元の位置に走って戻ってくる

シャボタンと会話 [edit]

:
(バルル・アルマが
 シャボタンに話しかけた。)
△△[/話す]:
 シャボ子、
 また絵ぇ描いてたんです?
シャボタン[/話す]:
 うんっ!
 バルルちゃんも、
 一緒にお絵かきしない?
△△[/話す]:
 あたしは、
 そーゆーのは
 性に合わねーんで。
シャボタン[/話す]:
 バルルちゃん……。
△△[/話す]:
 ……ったく、
 勘弁して欲しいっすねぇ……。
△△[/座る]:
 で、何を描けばいいです?
シャボタン[/話す]:
 バルルちゃんのお母さん!
△△[-]:
 あたしの母ちゃんですね?
 母ちゃんは、こう、
 耳が大っきくて、
 目が大っきくて、
 口が大っきくて、
 顔が大っきくて……
:
(バルル・アルマは
 夢中になって
 絵を描いている。)

ローキーと会話 [edit]

:
(△△が
  ローキーに話しかけた。)
△△[/話す]:
 ローキーさん!
 聞いて下さいよ、
 ○○のやつ……
 (ごにょごにょ)
ローキー[/話す]:
 ほほう、
 そのようなことが?
△△[/話す]:
 そうなんですよ!
 ローキーさんからも、
 ビシッと言ってやって下さい!
ローキー[/話す]:
 ○○様、
 めっ!
 なのじゃ!
 じゃが、
 バルル・アルマも
 ○○様に
 改めて欲しいことがあるのなら、
 素直にお願いしてみねば、の。
△△[/話す]:
 ……はぁ~い。

バルルと会話 [edit]

:
(△△が
 バルルのそばに座った。)

PARTNERのバルルが座る

△△[-]:
 …………。
バルル[-]:
 …………。
:
(しっぽとしっぽが
 触れ合った。)
バルル[-]:
 少し運動します?
△△[-]:
 いいですね。

バルル2匹が通常攻撃モーション、バットを振り回す

バルル[-]:
 っしゃあっ!
△△[-]:
 そんなもんです!?
:
(2人は楽しそうに
 じゃれ合い始めた)
バルル[/話す]:
 ……こんなとこですかね。
△△[/話す]:
 お互い、
 もう子供じゃねーですから。

シーホースと会話 [edit]

シーホース[/話す]:
 あら……。
 ルル様、
 ちょっと動かないでください。
△△[/話す]:
 な、なんです?
シーホース[/話す]:
 ほっぺに汚れが……
(ごしごし)
 はい、きれいになりました。
△△[/話す]:
 ……すみません。
シーホース[/話す]:
 ○○様も、
 ほっぺに汚れが……
△△[/話す]:
 あ、そいつは
 あたしがきれいにするんで!
 まあ、ありがとう、です。

ペペンと会話 [edit]

:
(ペペンが
 △△に
 話しかけた。)
ペペン[/話す]:
 ばるばるさん!
 しっぽふかふかしていいです!?
 ペペン、ふかふかしたいです!
△△[/話す]:
 え?
 い、いや。あたしのしっぽは
 あんたのオモチャじゃねーですし、
 ローキーさんみたいなふかふかでも
 ねーですけど?
ペペン[/話す]:
 あ、ほんとです。
 さきっちょがふさふさですけど
 細くてしなやかです。
△△[/話す]:
 え?
 あ、こら! ペン子!
 勝手に人にのぼるなってんです!?
ペペン[/話す]:
 こっちはふさふさです!
△△[-]:
 ひゃぁぁんっ!?
 み、耳になにしやがるです!?
ペペン[/話す]:
 ばるばるさんの耳、ふーふーすると
 ぴくぴく動くです!
△△[-]:
 ちょっと、こら、やめて!
 ふーっ……次やったら
 ただじゃすまねーですよ?
ペペン[/話す]:
 うにゅ……ペペンざんねんです。
△△[-]:
 ペン子ぉ~。おかえしですっ!
 その耳をぱたぱたさせてやります!
ペペン[/話す]:
 この耳は帽子なのです。
 取れても問題ないのです。
 えっへん!
△△[/座る]:
 うぬぬ……
 なんか逆襲できないっすかね……

サラマンダーと会話 [edit]

ミニー・ドゥと会話 [edit]

白い使い魔と会話 [edit]

△△[/話す]:
 シロ子、元気にしてます?
白い使い魔[/話す]:
 ええ、ここに来てからは
 安定しています。
 ごはんを食べて、睡眠をとって
 魔力の補充はできていますし
△△[/話す]:
 ん。よしよし。大丈夫そーですね。
 あ、そうだ。
 この前シロ子が作っていた
 あのでっかいニシンのパイ、
 あのつくり方をのコツを
 教えてほしーんですよ。
白い使い魔[/話す]:
 構いませんよ。
 でも、私よりあなたの方が
 料理の手際も腕前も優れていると
 思うのですけれど……
△△[/話す]:
 や、手早くできる料理を
 ざっくりたっぷり作るのは
 慣れたもんなんですけどね。
 ああいう手の込んだ奴は
 なかなか恐れ多くてですね……
白い使い魔[/話す]:
 ああ、なるほど。
 ○○様に
 作って差し上げたいんですね?
△△[/話す]:
 えっ、なっ!?
 そ、それをばらさなくたって
 いいじゃねーですかっ!
 あー、その……
 上手くいくかわからないですから、
 期待しないで下さいよ?
白い使い魔[/話す]:
 ……くす。

オートメディックと会話 [edit]

デスと会話 [edit]

デス[/話す]:
 おお、猫娘も一緒か。
 よく来たな、お嫁さんにしたい生徒
 ランキングトップ。
△△[/話す]:
 はぁ、なんですかそのランキングは。
 それはともかく……
 その、なんというか。
 デスって死神です?
 つまり、なんだ。その……
 お、お、お……
デス[/話す]:
 ……知ってしまったのか。
 余が、お化け……
△△[/話す]:
 え、ちょ、その。
 ちょっとまって、えええ!?
デス[/話す]:
 ……ではないぞ。
 足があるのも見えるだろうに。
 お化けが怖いのか、
 可愛いところがあるものだな。
△△[/話す]:
 あ、いや、その。
 実体がないのは苦手で
デス[/話す]:
 なに!?
 実体がない方がだめなのか?
 実体があるとアンデッドだぞ!?
 ちゃんと魂が抜けたはずなのに
 なんで動くんだあいつら、
 ありえない!恐ろしすぎる!
 泣くぞこっちも!
△△[-]:
 え!?
 そっちなんです!?

守護魔・サツキと会話 [edit]

ヘタレーと会話 [edit]

シーホース・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

バウと会話 [edit]

シャボタンと会話 [edit]

ローキーと会話 [edit]

バルルと会話 [edit]

シーホースと会話 [edit]

ペペンと会話 [edit]

サラマンダーと会話 [edit]

ミニー・ドゥと会話 [edit]

白い使い魔と会話 [edit]

オートメディックと会話 [edit]

デスと会話 [edit]

守護魔・ミナヅキと会話 [edit]

ブランと会話 [edit]

:
(△△が
  ブランに話しかけた。)
△△[/話す]:
 ブラン様は、
 「ネコマタ」なのですよね?
ブラン[/話す]:
 ええ、わたしたちは
 「ネコマタ」ですよ♪
△△[/話す]:
 ブラン様は、
 わたくしの知っている
 「ネコマタ」の方と、
 少し違うように感じます。
ブラン[/話す]:
 そうですねぇ。
 すこ~しだけ違いますし、
 けっこう同じですね♪
△△[/話す]:
 はい。その方も、
 「少し違う」と。
△△[-]:
 その「少し」というのは、
 どのくらいなのでしょう?
△△[-]:
 わたくしと、
 他のシーホースたちとの
 違いくらいなのか……
 それとも、わたくしと
 シードラゴンたちとの
 違いくらいなのか……。
△△[-]:
 さもなくば、
 わたくしと
 ○○様との
 違いくらいなのでしょうか?
ブラン[/話す]:
 そうですねぇ……。
 世界の大きさと比べれば、
 取るに足らない違いかも
 知れませんわね♪  

ペペン・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

バウと会話 [edit]

シャボタンと会話 [edit]

ローキーと会話 [edit]

バルルと会話 [edit]

シーホースと会話 [edit]

ペペンと会話 [edit]

サラマンダーと会話 [edit]

ミニー・ドゥと会話 [edit]

白い使い魔と会話 [edit]

オートメディックと会話 [edit]

デスと会話 [edit]

守護魔・フミツキと会話 [edit]

マオと会話 [edit]

サラマンダー・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

バウと会話 [edit]

シャボタンと会話 [edit]

ローキーと会話 [edit]

バルルと会話 [edit]

シーホースと会話 [edit]

ペペンと会話 [edit]

サラマンダーと会話 [edit]

ミニー・ドゥと会話 [edit]

白い使い魔と会話 [edit]

オートメディックと会話 [edit]

デスと会話 [edit]

守護魔・ハヅキと会話 [edit]

グリと会話 [edit]

ミニー・ドゥ・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

ダ-クフェザー[/話す]:
 ねぇ、気になっていたんだけど
 あなた、ウィリー・ドゥとは
 どんな関係だったの?
△△[/話す]:
 ふふん、
 いい質問だわ!
 
 あたしとウィリーは
 親戚で幼馴染なのです。
 ずっとずっとなかよしの
 らぶらぶガールズだったのよぅ!
ダークフェザー[-]:
 ウィリー・ドゥに
 あなたの事知ってるか
 聞いてみたの。
 
 人間のかっこのときは
 誰かわからなかったけど、
 相変わらずで良かったって。
△△[/話す]:
 でしょー?でしょー?
 ウィリーとのゆーじょーは
 えいきゅうふめつなのですよぅ!
ダークフェザー[-]:
 ウィリー・ドゥは
 私ともお友達よ?
△△[/話す]:
 もちろんリサーチ済みに
 決まってるじゃない!
 
 だから、
 ミニーも抱っこしてください♪
ダークフェザー[-]:
 ……えっ?
△△[/話す]:
 ちみっこ1号が
 抱っこじょーずの
 らぶドロボーだってことは
 ウィリーから聞いちゃってますよ!
 
 だーかーらー
 ミニーも抱っこ、抱っこぉ~!
ダークフェザー[-]:
 ちょっとあなた、
 何してるの? ばかなの?
 あなたは私より大きいのよ?
△△[/話す]:
 らぶに大きさなんて
 関係ないですよぅ♪
△△[-]:
 お友達のお友達は
 当たり前に
 おともだちなのよぅ♪
ダークフェザー[-]:
 ちょっとあなた、
 何してるの? ばかなの?
 あなたは私より大きいのよ?
 
 むー……。でもあなたのほうが
 背が高いから上手に抱っこできないわ。
ダークフェザー[-]:
 そうだわ、
 ○○、
 この子を抱っこしてあげて。
 あなたのほうが背が高いから
 ずっと上手に抱っこできると思うわ。
△△[/話す]:
 ちみっこ1号ナイスアイディア!
 ねぇねぇマスター、
 抱っこ抱っこぉ~!

バウと会話 [edit]

シャボタンと会話 [edit]

シャボタン[/話す]:
 ねぇねぇ、ちょっといいかな?
△△[/話す]:
 なんでしょう、ちみっこ3号。
 あたしは優しいので
 お話聞いてあげちゃいますよぅ?
シャボタン[-]:
 うん、ありがと!
 あのね……
 レディーになるための
 お勉強って、やっぱり大変?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 その通り、すーっごく大変なのよ!
 きれいなレディーになって
 いつの日かあこがれの
 お姫様に……!
シャボタン[-]:
 おひめさま?
△△[/話す]:
 そう!
 いつの日か
 立派な白い球を乗りこなす
 王子様が迎えに来てくれるのよぅ!
シャボタン[-]:
 ええと……その王子様の役は
 ○○さん?
△△[/話す]:
 それはですね……って、
 えっ?えええっ!?
 あ、あの、その、マスターは……
 け、決して悪くはないですし、
 能力的にもお買い得ですけど……
△△[/話す]:
 そ、そうだ!
 もしかしたら、ちみっこ3号も
 レディーになりたいの?
シャボタン[-]:
 え、うん……レディーというか、
 すてきな女の人になりたいな
 ……って。
△△[/話す]:
 じゃあ、一緒にたまのこしを
 目指すのよぅ!
シャボタン[-]:
 うん、がんばる!
 
 (……たまのこし?)
△△[/話す]:
 ふっふっふ……
 将来のライバルの予感ですね……
 末恐ろしい子……っ!

ローキーと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ……はっ、姫さま!
 ご、ご機嫌麗しゅう?
ローキー[/話す]:
 私はこの通り
 元気なのじゃー♪
ローキー[-]:
 それにしても、姫さまなどと
 言われると照れてしまうのじゃ。
 
 そちらもひらひら可憐で
 お姫様のような服ではないかの。
△△[/話す]:
 うぬぬ、さすがは
 我がライバル、
 気配りも振舞いも
 プリンセス級だわ!
△△[-]:
 やっぱりその、はかな~い
 オリエンタルびゅーてぃーな感じも
 あたしには必要なのかも……!?
ローキー[-]:
 おりえんたる、というのは
 よくわからぬのじゃが、
 悩むよりひなたぼっこの方が
 素敵なのじゃ♪
 
 ほれ、ウサこも一緒に
 ひなたぼっこでもしていくかの?
△△[/話す]:
 ひなたぼっこ!?
 わぁい!ひなたぼっこ!
 あったかくて大好き!
△△[-]:
 ……はっ!?、
 敵の手に落ちてしまって
 いるような……
 
 でも、このおひさまのにおい、
 た、たまらなぁい……♪

バルルと会話 [edit]

シーホースと会話 [edit]

ペペンと会話 [edit]

サラマンダーと会話 [edit]

ミニー・ドゥと会話 [edit]

ミニー・ドゥ[/話す]:
 えへへ、いらっしゃーい!
 あたしがあたしを歓迎するわよぅ!
 ○○さんもね!
△△[/バイバイ]:
 あ、だめよ!あたしの
 マスターとっちゃやだよぅ!
△△[/話す]:
 ……まぁ、あたしの魅力に
 マスターはきっとメロメロ……
 のはずなのよぅ!
ミニー・ドゥ[決めポーズ!!!]:
 さすがはもう一人のあたし、
 もぅ完っ璧ね!
ミニー・ドゥ[/座る]:
 でも、その辺実際どうなのかしら。
 ミニーと、あなたとが
 レディーとしての魅力を
 比べあったら……
△△[決めポーズ!!]:
 やだ、可愛すぎて困る♪
ミニー・ドゥ[決めポーズ!!!]:
 そうよね!
 もぅ完っ璧よぅ!
 ○○さんも
 メロメロに違いないのよぅ!
△△[/話す]:
 マスターはどう思います?
 ミニーはただでさえ可愛いですけど、
 何かお好みがあるなら、
 あたし頑張って合わせますよぅ!

白い使い魔と会話 [edit]

オートメディックと会話 [edit]

デスと会話 [edit]

守護魔・キクヅキと会話 [edit]

カスミと会話 [edit]

白い使い魔・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

△△[/話す]:フェザー。
  ……その、ただいま。
ダークフェザー[/話す]:
  あら、おかえりなさい。
  今日は何かいいことあったの?
△△[/話す]:
  え……?
  フェザー、なんでそういうことが
  わかるのでしょうか?
ダークフェザー[/話す]:
  私、あなたの先輩だもの。
  それくらいわかるわ。
  だって、あなた……
ダークフェザー[/話す]:
  今、すっごく嬉しそうだもの。
  ○○と一緒なのが
  そんなに楽しいのね。
△△[/話す]:
  え……
  あ、その……はい……。
  ご主人様と一緒にいられるのは、
  すごく、嬉しい……です。
ダークフェザー[/話す]:
  うん。素直でよろしい。
  ……アミス先生って、だいたい
  こんな感じでお話するわよね。
  私も先生みたいに見えたかしら?
△△[/話す]:
  ええ、とっても。
  フェザーは、将来は先生に?
ダークフェザー[/話す]:
  ……考えたこと、なかった。
  でも、それもいいわね。
△△[/話す]:
  フェザーならきっと、素敵な先生に
  なれると思います……。

バウと会話 [edit]

△△[/話す]:
  こんにちは、バウ。
  ……何を、しているのですか?
バウ[-]:
  えっへん!
  お花の種を埋めているです!
  来年になったら、芽が出るって
  アミス先生に聞きました!
△△[/話す]:
  お花の種……素敵ですね。
  私も、お手伝いしていいですか?
バウ[-]:
  大歓迎です!
バウ[-]:
  あっ!
  その下はちょうど種を植えるのに
  よさそうです!
  (こそこそ)
△△[/話す]:
  えっ?
  ちょ、ちょっと、バウ……!?
  わわわっ、あの、私のスカートの
  中に潜り込むのはやめてください!?
バウ[-]:
  なんです?
  (がばっ)
バウ[-]:
  わっ!?
  まっくらです!
  何があったです!?
△△[/話す]:
  ちょっと、まって、バウ、あの、
  落ち着いてーっ!?

シャボタンと会話 [edit]

シャボタン[/話す]:
  えへへっ、お疲れ様♪
  ○○さんと
  一緒のときは、
  不安そうな顔はしないんだね。
△△[/話す]:
  シャボ……その、あまり
  からかわないでください。
  はずかしい……
シャボタン[/話す]:
  からかってなんかないよ。

  だって、わたしも知らない人が
  多いところだと、緊張しちゃうもの。
  なんだか、親近感がわくなぁ……
  ってそう思ったの。
△△[/話す]:
  シャボも緊張するんですか?
  私が来た時から、いろいろと
  お世話してもらっていたから、
  ちょっと意外です……。
シャボタン[/話す]:
  わたしも最初は、自分から
  意見が言えなかったんだ。

  アミス先生やみんなのおかげで
  大事な気持ちは自分で伝えなきゃ、
  って、思えるようになったんだ。
  でも、そう思ってもらっていた
  ってことは、わたしもちょっと
  成長できたのかなぁ……えへへ♪
△△[/話す]:
  ええ、とても頼りがいがいがありますよ。
  おかげで、フェザーとシャボには
  いつも頼ってしまってばかりです。

  ……いつも、ありがとう♪
シャボタン[/話す]:
  えへへ、どういたしまして♪

ローキーと会話 [edit]

△△[/話す]:
  ローキー、元気ですか?
  ……聞かなくても、
  近くにいるだけで元気な
  魔力が伝わってきますけど♪
ローキー[/話す]:
  ふむ、せっかく
  ◯◯様と
  お主が来てくれたから、
  とても元気になったのじゃ♪

  と言おうと思っていたのに
  これでは返答できないのじゃ♪
△△[/話す]:
  ふふっ♪
  ごめんなさい、ローキー。
ローキー[/話す]:
  なんのなんの。
  見ただけでわかってくれるのだから、
  それはそれでとっても嬉しいのじゃ♪
  それに、私よりもお主の方が
  体力はなさそうなのじゃ。
  ◯◯様、その娘を
  よろしくお頼みもうしますなのじゃ。
△△[/話す]:
  え……あ、ありがとう。
  そんなに甘えてしまって、
  いいのでしょうか……?
ローキー[/話す]:
  同じ学校の仲間同士、
  遠慮はいらないのじゃ♪

  この前みたいに、私の尻尾で
  お昼寝してしまっても
  よいのじゃ♪
△△[/話す]:
  え、あ、それは、その……
  ……はずかしいから、
  できれば秘密に……

バルルと会話 [edit]

△△[/話す]:
  あ……バルル、ちょっといいですか?
  この前教えてもらった
  調理の方法なんですけど……
バルル[/話す]:
  おぅ、何でも聞いてくださいよ。
  そっちの料理のコツも
  教えてもらってますからね。
△△[/話す]:
  バルルは手際が良くって、
  見ていてすごいな……って。
  私は時間がかかってしまって……
バルル[/話す]:
  まぁ、うちはチビがいっぱいいるし、
  そもそも母ちゃんの手伝いで
  ぱぱっとやることだけ
  覚えたみたいなもんですから……。
△△[/話す]:
  バルルは、お姉さんなんですよね。
  いいなぁ……ちょっとだけ
  あこがれます。
バルル[/話す]:
  まぁ、あれはあれで大変ですけど
  ……チビ達の世話も、わりと
  嫌いじゃねーですよ。
△△[/話す]:
  (くすっ)
△△[/話す]:
  バルルは、ご家族の事が
  大好きなのですね。
バルル[/話す]:
  なっ!

  ……ま、まぁ、その……
  確かに、嫌いだったら、そもそも
  ここに来たりしてねーです。
バルル[/話す]:
  もぅ、なんでこう……
  直球に物事を聞いてきますかね。

シーホースと会話 [edit]

△△[/話す]:
  あ……シーホース。
  今、大丈夫ですか?
シーホース[/話す]:
  あら、
  使い魔様も、
  お疲れ様です♪
  この前はありがとうございます。
  ようやく、包丁の使い方が
  理解できた気がします……。
△△[/話す]:
  ……私も、包丁の背で
  素材を切る人は初めて見ました。
  怪我しなくてよかった……
  アミス先生から、あまり
  刃物を扱わないように、と
  言われていますので、できるだけ
  ナイフや包丁は使わない
  料理の方法を覚えましょう。
シーホース[/話す]:
  では、この前言ってた
  クッキーやパンの作り方を
  教えていただけるのですね♪
△△[/話す]:
  本当は、お菓子だけはアミス先生に
  習うのが一番なのですが……
  お忙しいようですし。

  でも、シーホース。
  私は、思うんです。
  ……ちょっと味見を、
  した方がいいかな……って。
シーホース[/話す]:
  それは、やはりこの前
  お砂糖とお塩を間違えたのが……
△△[/話す]:
  バルルにも聞きました……
  歌いながら調理場に立つ姿は、
  あんなにも似合っているのに、
  どうしてなのでしょう……

ペペンと会話 [edit]

ペペン[/話す]:
  おかえりなさいなのですよ!
  ペペンは歓迎するのです♪
△△[/話す]:
  ただいま、ペペン。
  ……歓迎してくれて、ありがとう。
ペペン[/話す]:
  なんのなんの、なのです。
  ◯◯さんも
  一緒ですし、歓迎しない
  理由はどこにもないのです♪

  それに……
△△[/話す]:
  それに?
ペペン[/話す]:
  使い魔さんの
  作るお料理は、この学校内でも
  3本の指に入るおいしさなのです!
  味見の達人である
  ペペンの言う事です。
  信用してもいいですよ?
△△[/話す]:
  ……くす。
  ほめてくれて、ありがとう。
  お祖母さまに習った、
  数少ない自慢なの。

  こんど、またお料理を
  作らせてもらいますね。
ペペン[/話す]:
  今のところ、ご飯系のお料理で
  上位に食い込むのは、あとは
  カスミさんとばるばるさんです。
  ジャンルがお菓子になると、
  アミス先生がここに入ってきて
  トップ争いに加わるですね。
△△[/話す]:
  ……アミス先生のお菓子は、
  ちょっと懐かしい味がします。
  先生も、お祖母さまから
  習ったりしたのかな……。

サラマンダーと会話 [edit]

△△[/話す]:
  サラマンダー、お疲れ様です。
  ……ええと、元気でしたか?
サラマンダー[/話す]:
  おっす!
  しろちんも一緒だね!
  いっつも仲が良くて羨ましいなー!
△△[/話す]:
  え、ええと、あの、その。
  ご主人様とは、その……
  ええと、ちょっと恥ずかしいです……

  サラマンダーは、なぜそんなに
  物事を素直に言えるのでしょうか。
サラマンダー[/話す]:
  えっ?
  そうかな……。
  気を悪くしたらゴメンな、
  わたし、ガサツだからさー。
△△[/話す]:
  いえ、そうではなくて……
  私は、すぐに口ごもってしまって、
  あまりそういうことが言えないから、
  サラマンダーはかっこいいな、って。
  ……そう、思ったんです。
サラマンダー[/話す]:
  えっ、いや、その。
  わたしもかっこいいなんて
  言われ慣れてないから、
  なんだろう、やはは、

  ……ちょっと照れるね♪
△△[/話す]:
  ……くす。
  照れているサラマンダーは、
  急にかわいくなるんですね。
サラマンダー[/話す]:
  え、あ、あーもぅ。
  もしかして、私で遊んでる!?
  ◯◯、
  ちょっとこっちにも肩入れしてよ~
△△[/話す]:
  あ……
  ご主人様は、私のご主人様です。
  そこだけは、譲れません……
サラマンダー[/話す]:
  ひゅー♪
  さっすがぁ、熱いね!
  にひひ、一本取った♪
△△[/話す]:
  ……あう。
  逆襲されました……

ミニー・ドゥと会話 [edit]

ミニー・ドゥ[/話す]:
  来たわね、レディ!
  ミニー負けないわよぅ!
△△[/話す]:
  え……?
  負けない、って……?
ミニー・ドゥ[/話す]:
  だって、あなたは可愛くて
  儚げで、見るからにレディーって
  感じなんだもの。

  現時点では完璧に
  ミニーの負け越しなのよぅ!
  でも、そう思っていられるのも
  今のうちだけなのよぅ!
  アミス先生にいろいろ教わって、
  ミニーも完璧なレディーになるもの!
△△[/話す]:
  ええと……ミニー?
  レディーの定義が
  よくわからないのですけれど……
ミニー・ドゥ[/話す]:
  決まってるじゃないですかぁ!
  たまのこしですよぅ!
  た・ま・の・こ・し!

  いつか素敵な白い玉に乗った
  王子様がやってきて、
  お姫様のように……
△△[/話す]:
  ……ええと……
  レディーとお姫様は、
  何か、違うの……?
ミニー・ドゥ[/話す]:
  ……!!

  この純粋無垢な質問、
  欲望もないような、
  人に尽くすために生まれたような
  純粋でピュアな心……
  王子様を期待するミニーには
  届かない領域だというの?
  くぅ、納得いかないわよぅ!?
△△[-]:
  (……ピュアと純粋って同じ意味では……?)
△△[/話す]:
  あの……私、レディーというものが
  どういうものか、よくわからないの。
  良ければ、教えてくれると
  嬉しいのだけど……?
△△[/話す]:
  むむむ、その研究熱心さ、
  レディーを目指して一緒に
  勉強する資格ありなのよぅ!

  ちみっこたちもそうだけど、
  これからはあなたも一緒に
  お勉強しましょ♪

白い使い魔と会話 [edit]

△△[/話す]:
  ……こんにちは、私。
白い使い魔[/話す]:
  こんにちは、私。
  ◯◯様も、
  ごきげんよう。
△△[/話す]:
  ここでの生活は、慣れた?
白い使い魔[/話す]:
  時々、寂しくなるけど……
  フェザーや、先生や、
  皆がいてくれるから。

  あなたは、大丈夫?
△△[/話す]:
  ……ええ。
  あなたには学校の皆が
  新しい家族であるように。
  私にはご主人様という
  家族がいてくれるから。

  優しくて、本当の家族みたい
  だな……って、思う。
白い使い魔[/話す]:
  私も、あなたも、
  今は幸せなのね。

  この幸せをみんなに
  お返しできるように、
  私達、もっと勉強しないと……
△△[/話す]:
  私も……泣き虫なのを
  直さないと……。

オートメディックと会話 [edit]

オートメディック[/話す]:
  ◯◯、
  今日は二人なんだな。
  ……えと、よく来てくれた。
  大したおもてなしもできないけど……
△△[/話す]:
  いえ、お構いなく。
  ……ふふ、ちょっと困った顔の
  オートメディックも可愛いですね。
オートメディック[/話す]:
  え、そんなこと……
  ない、と、思う……。
△△[/話す]:
  いいえ、可愛いと思います。
  最初に会ったときは、見た感じ
  冷たそうに見えたのですけど……
  あなたの心も、とっても温かいんです。

  ご主人様もそう思いませんか?
オートメディック[/話す]:
  あたたかい……
  本当、かな。
  そうだったら、嬉しい。
  アンタは、いい子だな。
  まっすぐで、素直で。
  アタシが触ったら、
  汚してしまいそう……
  だから、
  ◯◯、
  しっかり、守ってあげなよ。

デスと会話 [edit]

デス[/話す]:
  使い魔も一緒か。
  よく来たな、さぁ、おいで。
  ◯◯も一緒にくつろぐといい。
△△[/話す]:
  ええと、あの……
  (こそこそ)
  ご主人様、私、デスは
  なんとなく怖いです……
デス[/話す]:
  んん……いいね。
  使い魔、そなたのその
  怯えた表情がとてもそそるものだ、
  という事には気がついているのかな?
  それを愛でるために、
  そなたを怖がらせたくて
  たまらない……と言うのが
  正直な気分なのだよ。
△△[/話す]:
  え、ええ……と。
  そ、そんな事をいわれても
  我慢してくださいと言うしか……
デス[/話す]:
  あぁ、そなたはまじめだな。
  そしてそれが弱点でもある。
  このようなことにまともに取り合って
  丸め込まれている時点で
  問題なのだと覚えた方が……
  ふむ、なるほど。
  それ故に使い魔には
  ◯◯と言う主がいるのだな。
  ……惜しい。
△△[/話す]:
  ……私、ご主人様の使い魔で
  本当によかった……

守護魔・カミア・カンナと会話 [edit]

△△[/話す]:
  ところで……
  カミアさんとカンナさんは
  双子の姉妹なのですか?
守護魔・カミア・カンナ[/話す]:
  そうですよ♪
  そうですね♪

  私たちは、二人で一人の
  守護魔なんです♪
  双子よりも、半身という方が
  ふさわしいかもしれませんが、
  わかりやすく双子でいいと思います。
守護魔・カンナ[/話す]:
  同一のものであり、双子でもありますが
  ここで敢えて姉妹というのなら、
  カミアがお姉さんで、私が妹です♪
守護魔・カミア[/話す]:
  えっ!?
  そうなんですか?
△△[/話す]:
  ……仲がいいんですね。
  (くすっ)
守護魔・カミア・カンナ[/話す]:
  あ、笑いましたね♪
  微笑んでくれましたね♪

  △△様には、
  いまではダークフェザー様
  というお姉さまがいますよね?
△△[/話す]:
  ……はい。
  フェザーは私のおねえさんに
  なってくれるみたいです。

  ……ちょっと、うれしいです。
  それに……
守護魔・カミア・カンナ[/話す]:
  それに?
△△[/話す]:
  (ちら)
  ……その……
守護魔・カミア・カンナ[/話す]:
  あ、なるほど♪
  優しいご家族は、
  白い使い魔様のすぐそばに
  もう一人おられますからね♪
△△[/話す]:
  ……はい。
  私、ご主人様の使い魔になれて
  本当に、幸せです……。

リリアンと会話 [edit]

△△[/話す]:
  リリアンさん、こんにちは。

  ……?
リリアン[/話す]:
  ……ん。
  白い使い魔ちゃん、来てくれたの♪
  手が埋まってるけど、歓迎するの♪
△△[/話す]:
  リリアンさん、一体
  何をされているんですか……?
  糸と……棒?
リリアン[/話す]:
  ん。組みひもを作ってるの。
  これも、リリアン……っていうの。
  やってみる?
△△[/話す]:
  え……いいんですか?
  じゃぁ、ちょっとだけ……
(△△は
  慣れていないなりに、
  リリアンに教わりながら
  がんばって紐を組もうとしている)
リリアン[/話す]:
  うふふ。
  これが上手になると、
  マフラーとか、セーターとか、
  作れるようになるかもよ♪
△△[/話す]:
  え……。マフラー……。
  わ、私、がんばります。
リリアン[/話す]:
  ……ん。
  誰にあげるの?
△△[/話す]:
  え……!?

  (ちら)
  ……その……
  ひ、秘密……です。

オートメディック・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

△△[/話す]:
  ……ダークフェザー、
  何か、あたしに用?
  視線を感じる……
ダークフェザー[/話す]:
 ……ねぇ、聞いていいかしら?
 なんであなたの体は
 凸凹が大きくて、
 わたしの体は小さいの?
 
 なんだか大人っぽくて
 うらやましいわ?
△△[/話す]:
 え。
 そんなこと聞かれても、困る……
 元の体はそうデザインされていたけど
 この体は誰がデザインしたのかも
 わからないし……
ダークフェザー[/話す]:
  ミニーが言うには、あなたの体は
  ダイナマイトでぼーん、
  なんですって。
  レディーになるために必要なのかしら?
△△[/話す]:
  別に、アタシはレディーじゃないし
  ダイナマイトなんていわれても……
  その、別に……
  ○○さえよければ。
ダークフェザー[/話す]:
  いつまでも子供だと思われるのは、
  あまりうれしくないんだけど……
  私もあんな大人の体になれるかしら?
  ……なれる気がしないわね。
  なぜかしら?

バウと会話 [edit]

バウ[/話す]:
  わう、こんにちわです!
  二人はいつも仲良しで
  うらやましいです!
△△[/話す]:
  あぁ、バウ……
  くしゅん。
  こんにちは……元気?
バウ[/話す]:
  ぼくは元気です!
  ちょうどさっきまで
  ボール遊びしていたです。
  今度はみんなで遊びたいです!
△△[/話す]:
  いいわね……くしゅん!
  あ、ごめん……
  ちょっと、くしゃみが。
  ◯◯、
  バウと遊んであげて……
バウ[/話す]:
  ボクやのじゃちゃんが近づくと
  くしゃみするです?
  何故です?
△△[/話す]:
  アタシも……みんなと
  遊びたいんだけど……くしゅん!
  なんでか、近づくと
  くしゃみが出て……
バウ[/話す]:
  ちょっとさみしいですけど、
  くしゃみはしかたないです……
△△[/話す]:
  ◯◯に近づいても
  くしゃみがでなくて良かった……。

  あ、いや、その。
  ……離れたら、許さないから。
  ……アタシを傍に置いておいて。

シャボタンと会話 [edit]

ローキーと会話 [edit]

バルルと会話 [edit]

シーホースと会話 [edit]

ペペンと会話 [edit]

サラマンダーと会話 [edit]

ミニー・ドゥと会話 [edit]

白い使い魔と会話 [edit]

オートメディックと会話 [edit]

デスと会話 [edit]

守護魔・シモツキと会話 [edit]

ミカと会話 [edit]

デス・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

ダークフェザー[/話す]:
 あら、今日は二人なのね。
 いらっしゃいませ……
 って、なんでそんなに近寄るの?
△△[/話す]:
 良いではないか。黒いの。
 そなたの髪はきれいだな。
 ○○も
 そうは思わぬか?
ダークフェザー[/話す]:
 褒めてくれるのは嬉しいけど、
 なんだか身の危険を感じるのは
 気のせいかしら……?
△△[/話す]:
 そう、警戒するでない。
 余はただ、色々と仲良くしたいだけだ。
ダークフェザー[/話す]:
 ○○とは、
 色々仲よくしているの?
△△[/話す]:
 え……うん、まぁ。
 そうだなぁ……
 ○○が
 望むなら、それはそれで……
ダークフェザー[/話す]:
 ○○、
 大丈夫なの……?

バウと会話 [edit]

:
(バウが
  △△に
  いきおいよくじゃれついた!)
バウ[-]:
 あっ、ふわふわです!
 わうわう……
 あ……またやっちゃったです。
△△[/話す]:
 ん?
 どうした、犬娘。
 余の服が気に入ったようだが。
バウ[-]:
 ふわふわひらひらを見ると、
 ついついじゃれたくなるです……
 ガマンしようとしてるですけど、
 気が付くとつい……
 ううう、ぼくはまだまだばかなバウです。
△△[/話す]:
 まぁ、そう卑下するな。
 そなたのその元気で瑞々しい魂は
 たいそう美しく、美味そうなのだぞ?
バウ[-]:
 ぼくはおいしそうなバウですか?
 ……食べられちゃうのは
 確かに困るです……
△△[/話す]:
 いや、まぁ直接的な意味では、
 ないのだがな……ふふふ。
 それはともかく、犬娘、
 そなたはそのままでよい。
 そうは思わぬか、
 ○○?

シャボタンと会話 [edit]

シャボタン[/話す]:
 いらっしゃい!
 二人とも、ようこそ♪
△△[/話す]:
 シャボ、遊びに来たぞ。
 ふふふ……よくできた娘だ。
 ○○も、
 そう思うであろう?
シャボタン[/話す]:
 ちょっと気になるんだけど……
 なんで半笑いでわたしの後ろを
 ついて来るの……?
 なんか、変わってるよね。
△△[/話す]:
 なに、気にするでない。
 これは余の趣味みたいなものだ。
 ○○、
 そなたも一緒にどうだ?
 シャボはやはり数年後が
 かなり期待できるとおもうが……
シャボタン[/話す]:
 え、え、えええ!?
 どういうこと、っていうか
 わたしの何をみてそういう
 評価をしているの?
シャボタン[/話す]:
 と言うか趣味ってどういうこと!?
 ○○さぁん!

ローキーと会話 [edit]

:
(ローキーが
  △△に
  話しかけた。)
ローキー[/話す]:
 おお、姉御ではないか。
 ○○様と
 仲が良くていいことなのじゃ♪
 私も混ぜてほしいのじゃ~♪
△△[/話す]:
 あぁ、歓迎ありがとう、姫君。
 そなたの歓迎は時々怖い事も
 有るかもしれんのだがな。
 ふふふ……油断ならぬ。
 だが、それがいい……
ローキー[/話す]:
 お主はいつも
 ○○様や
 アミス先生と同様に
 学校の皆を見守ってくれておる。
 その辺は感謝しておるのじゃ♪
△△[/話す]:
 なに、暇つぶし程度のものだ。
 感謝されるほどのことではない。
 それに、余が学校によく来るのは
 ○○が
 学校によく来ているからに
 他ならんのでな。
ローキー[/話す]:
 おお、確かにそのとおり♪
 ○○様、
 もっと頻繁に遊びに来ても
 よいのですじゃ~♪

バルルと会話 [edit]

:
(△△が
  バルルに話しかけた。)
バルル[/話す]:
 今日はデスも一緒ですか、
 二人並ぶとなんだか
 妙な迫力が有りますね。
△△[/話す]:
 ふふふ……気付いてしまったか。
 流石はお嫁さんにしたい生徒
 ランキングトップだな、猫娘。
バルル[/話す]:
 なんですか、そのランキングは……
 ともあれ、まぁなんというか
 ○○は
 まだわかるんですが
 デスはなんだか妙な……
 その、なんというか。
 デスって死神です?
 つまり、なんだ。その……
△△[/話す]:
 幽霊……
 と、いう事かなぁぁぁぁ!?
バルル[/話す]:
 うわっ!?
 お、お、脅かさないで下さいよ!
 ○○も、
 笑ってないで怒ってくださいよ!
 こっちは笑えないんですから!
△△[/話す]:
 ふ、お化けがこわい……か。
 なかなかかわいいではないか。
 ははは、はははは……
△△[-]:
 ……ふぅ。
バルル[/話す]:
 ……?
 なんか、反応がへんですね……。

シーホースと会話 [edit]

:
(△△が
  シーホースに話しかけた。)
シーホース[/話す]:
 あら、お疲れ様です。
 ○○様と
 ご一緒なのですね。
 こちらの世界に来る際は
 大変お世話になりました……
△△[/話す]:
 あぁ、何。気にするな。
 大したことではないし、
 それはたぶんこの学校にいる方の
 余が行ったことだろう。
シーホース[/話す]:
 あら、そうでしたか。
 それでも、お世話になった身としては
 感謝している事にはなんら
 変わりありませんわ♪
△△[/話す]:
 あぁ、それでいい。
 余としてはそなたを後ろから
 のんびりと眺めていることが
 出来れば、それで満足だ。
 ○○も、
 そうは思わんか?
 眼福眼福。
シーホース[/話す]:
 あら♪
 あなた様は本当に
 欲のないお方なんですね。
△△[/話す]:
 ……なに、そうでもないさ。

ペペンと会話 [edit]

:
(ペペンが
 △△に
 話しかけた。)
ペペン[/話す]:
 あ、死神さんですー♪
 いらっしゃいです、
 今日はあのお菓子はあるですか?
△△[/話す]:
 おお、ペンギン娘は
 今日も食欲旺盛だな。
 よしよしよし、ちょっとまて。
 ……ほら、これを食べるといい。
ペペン[/話す]:
 わーい♪
 あ、そうだ。
 レディーとしては、ペペン一人で
 食べるのはもってのほかなのです!
 ○○さんも、
 死神さんも一緒に
 お菓子を食べるですよ!
△△[/話す]:
 ふふふ……
 一心不乱に甘いものをほおばる
 その姿、その笑顔。
 愛らしいな……
ペペン[/話す]:
 ん?
 死神さん、こっちたべたかったですか?
 ペペンのと交換しますか?
△△[/話す]:
 いや、そなたが全部食べていいぞ。
 余はもうお腹いっぱいだ。
 ふふふふふふ……

サラマンダーと会話 [edit]

サラマンダー[/話す]:
 あっ、姉御も来てるじゃん!
 おっつかれさーん!
 みんなであっそぼーぜ!
△△[/話す]:
 おお、蜥蜴娘。
 いつも通り元気でいいな。
 その熱い魂、良いものだ。
サラマンダー[/話す]:
 んー?
 とりあえず褒められたっぽいな。
 わたし、元気くらいしか
 取りえないからさー♪
 そこを褒めてもらえるのは
 割と嬉しいな。
△△[/話す]:
 そなたのようにまっすぐに
 物を見て、素直にものを言えるのは
  この世の中では希少な才能さ。
 その長所はなくすのはもったいない、
△△[-]:
 しょげることがあっても、
 己を曲げる必要はないぞ?
 ○○も
 そう思うであろう?
サラマンダー[/話す]:
 旦那まで使ってくるのは
 ちょっとずっこいよ、姉御ぉ!
 そこまでされたら、わたし
 調子に乗っちゃうよ♪
 えへへへへ。
△△[/話す]:
 おっと、近づきすぎると
 マントに火が付きそうだ。
 ……ちょっと褒めすぎたかな?

ミニー・ドゥと会話 [edit]

ミニー・ドゥ[/話す]:
 今日は千客万来ね!
 ミニーががっちりみっちり
 歓迎してあげるのよぅ!
△△[/話す]:
 兎の歓迎という事は、
 踊りでも見せてくれるのかな?
 恥じらいがないのも、
 また、いいものだな。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ふふん♪
 あなたのまとうオーラも
 なんだかセレブな感じだけど、
 ミニーだってレディーのお勉強は
 しっかりしてきてるもの♪
ミニー・ドゥ[-]:
 てきどなはじらいは
 レディーのお色気をぐれーどあっぷする
 サイキョーの調味料なんですって!
△△[/話す]:
 ああ、そうだな。
 その通りだ。兎は良い子だな。
 ……だから、ちょっと余と
 あっちで楽しいことを……
△△[-]:
 ……てっ!
 ○○、
 罪のない戯れではないか、
 そんな顔をするでない。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 何かしら……
 ミニー、今何かのピンチを
 すり抜けた気がするわよぅ!
 何かレベルアップしたりしないかしら?
△△[/話す]:
 わかったわかった、
 ○○、
 そなたも一緒ならいいのだろう?

 ……冗談だ、冗談。
 そう怖い顔をするな。

白い使い魔と会話 [edit]

白い使い魔[/話す]:
 あ……あの、いらっしゃい。
 ええと……歓迎します。
 いま、お茶を……
△△[/話す]:
 ふふふ、そう怯えるな。
 あぁ、良いな。
 とても美味そうな魂だ。
 許されるならば、一口だけ
 味見をしてみたいものだよ。
白い使い魔[/話す]:
 ええと、その……
 あの、
 ○○……
△△[/話す]:
 む、普段はいとおしいが、
 こういう時になるといささか
 邪魔に感じるな、余の主殿。
 ……一緒にするか?
白い使い魔[/話す]:
 あ、あの、するって
 一体何を……?
△△[/話す]:
 それを言ってしまっては
 味気なくなってしまうではないか。
 仕掛けの割れた手品ほど
 続きを見るのがつらいものはないぞ?
白い使い魔[/話す]:
 いや、その……
 そもそも、何かわかりませんけど
 しなくていいです……
△△[/話す]:
 ふむ、残念。
 しかし、おびえた表情が
  たまらぬな……そうは思わんか?

オートメディックと会話 [edit]

オートメディック[/話す]:
 ……今日は客が多い。
 ○○と
 一緒か。ようこそ……歓迎する。
△△[/話す]:
 ああ、看護師。
 無理はしなくていいぞ。
 この学校には慣れたか?
オートメディック[/話す]:
 ……ああ。そう、だな。
 ……なんで、アタシをこの街まで
 導いて、途中でいなくなった?
 そこは、聞きたい。
オートメディック[-]:
 これは、甘え?
 わからない、けれど、気になる。
 でも、それを気に病んでいる
 自分が許せない……
△△[/話す]:
 気まぐれ、だよ。
 世はそなたの想像もつかぬほど
 気まぐれで、わがままなのだ。
 そなたを拾ったのも、
 その魂をかわいらしいと思ったのも、
 この学校に案内したのも、
 全て気まぐれであって、
 それ以上の理由はない。
オートメディック[/話す]:
 ……
 ○○と
 一緒にいるのも……気まぐれ?
△△[/話す]:
 ……そう、だな。
 最初は気まぐれにすぎなかった。
 だが、気が付いたら
 お互いの魂が共にあるように
 なっていたよ。余も自分で
 驚いている所さ。
オートメディック[/話す]:
 ……なら、いい。
 でも、今度、そこから
 勝手にいなくなったら……
 許さない……

デスと会話 [edit]

デス[/話す]:
 なんだ、余か。
 わかりきった相手だと、
 面白みにはやや欠けるかな?
△△[/話す]:
 まぁ、そういうな。
 学校にいるそなたと、
  ○○の
 傍らにいる余では、
 ある程度の差が出てくるものだろう。
デス[/話す]:
 ふむ、一理ある。
 そちらは最近どうだね?
  ○○の
 恥ずかしいシーンなどは
 愛でることはできたかな?
△△[/話す]:
 ふむ、それは秘しておく方が
 花という事にしておこう。
 そなたを悔しがらせることも
  出来るかもしれぬしな。

 そちらこそ、学校のアルマ達は
 どうだね?
デス[/話す]:
 ああ、とてもよい。
 皆美しくかわいらしい魂で、
  時々こっそりと味わいたくなるな。
  あぁ、ここは誘惑が多くて
 退屈しなくて済むのは、とてもいい。
△△[/話す]:
 ふむ……
  ○○よ、
 そなたはもっと余を誘惑しても
 罰は当たらないと思うのだがな?

守護魔・ロウゲツと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ふむ、どうした執事?
 余の顔に何かついておるか?
守護魔・ロウゲツ[/話す]:
 いえ、別に……
 敢えて申し上げるのであれば、
 あなた様と、その主人である
 ○○様の
 関係性はいかなものなのかと
 考えておりました。
△△[/話す]:
 余と、
 ○○か?
 ふふ、まぁ一緒にいて退屈はせん。
 それだけでも、価値はあるぞ?
守護魔・ロウゲツ[/話す]:
 ○○様、
 先日こっそりとお伺いした
 のろけ話と言うのは、
 真なのでございましょうか?
△△[/話す]:
 なん……だと……!?
 ○○、
 貴様何かいらんことを
 この腹黒執事に
 漏らしたのではあるまいな?
守護魔・ロウゲツ[/話す]:
 ○○様は
 そのような残念なお方では
 ございませんが……
 語るに落ちた、とは
 こういう事では?
△△[/話す]:
 ……腹黒め。

スモモと会話 [edit]

スモモ[/話す]:
 おおっと~♪
 今日は二人で来たんだ、
 仲好さそうで羨ましいなぁ~♪
△△[/話す]:
 ふふふ、そういう事もある。
 ○○の
 魂は余のものだ。
 余の魂は、同様に
 ○○の
 物であるようにな。
スモモ[/話す]:
 んー、物おじしないなぁ。
 その物言い、あたしは好きだよ。
 人によっては砂を吐くかも
 しれないけどね~。
 ○○は
 どう思ってるの?
スモモ[/話す]:
 大きな声で言いにくいなら
 小声でこっそり教えてよ♪
△△[/話す]:
 あ、こら、そこのモモネコ。
 余を外して密談とか
 それはちょっとずるくないか。
スモモ[/話す]:
 いつもの偉そうな面だけじゃなくて
 そんな可愛い面ももっと
 見せてあげたらいいのにな~?
△△[/話す]:
 いやいや、こういうのには
 様式美と言うものがあってだなぁ……
 
 ……って、そなたは
 聞いておらんでいいから!

プルル・アルマ装備時 [edit]

ダークフェザーと会話 [edit]

バウと会話 [edit]

シャボタンと会話 [edit]

ローキーと会話 [edit]

バルルと会話 [edit]

シーホースと会話 [edit]

ペペンと会話 [edit]

サラマンダーと会話 [edit]

ミニー・ドゥと会話 [edit]

白い使い魔と会話 [edit]

オートメディックと会話 [edit]

デスと会話 [edit]

アミスと会話 [edit]

[]:
 

Last-modified: 2017-09-02 (土) 20:20:15