イベントログ記録へ戻る

アミス先生の空飛ぶ教室「アルマたちと絆の樹」 ログ
9時間目「いたずらとなかなおり」 [edit]

イベント開始前 - アップタウン [edit]

旧お化け屋敷横に悩める芸術家

悩める芸術家[/話す]:
 あぁ~……
 調子でないなぁ……。
 この天才芸術家の僕様ともあろうものが
 スランプに苦しめられるとは……。
 いや、凡人はきっとスランプにも
 ならないに違いない。
 きっとそうだ、今決めた、僕様が。
 ……ふ、やはり僕様は天才だな。
 
 ……決まったからと言って、
 絵筆は踊らず、心は揺れず……。
 具体的に言うと、さぼりてぇ……

オープニング - アップタウン [edit]

中央西噴水前に守護魔・キクヅキ。

名声が足りない場合 [edit]

守護魔・キクヅキに話しかける↓
キクヅキがプレイヤーに向き直る

オコジョ:
 きゅっ?
 ……きゅい。きゅっ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 えっ?
 そうなの?
 
 ……あの、おれのお父さんがさ、
 若者よ、もう少し経験を積み、
 世間と人々の信頼を得ることだ。
 ……って言ってるんだ。
 酒屋さんとかでクエストを受けて、
 街の人たちからもっと信頼を
 受けるようになったら、
 また来てくれないかな。
 
 あなたなら、きっとすぐできるよ!
 おれ、まってるからね!

前年イベント「ヒトトセのフシギな卵」経験時 [edit]

守護魔・キクヅキに話しかける↓

守護魔・キクヅキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 ……あ!
 ○○さん!
 ごぶさたしてます!
 
 ……あれ、どうしたの?
オコジョ:
 きゅっ?
 きゅきゅー。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あ、そうか。
 おれ、たまごの力を借りて
 ちょっと大きくなったんだ!
 守護魔のキクヅキだよ!
守護魔・キクヅキ[元の姿になる]:
 ……でも、まだまだ届かないなぁ。
オコジョ:
 きゅきゅっ。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 しょせんは借りている力、
 自分の力と思わないように、って?

 うん、それはわかってるよ!
 いつか自分の力で……
 背が伸びるといいなぁ。
守護魔・キクヅキ[人型に戻る /話す]:
 そういえば、アミス先生の
 学校のお手伝いをしてるんだよね?
オコジョ:
 きゅ。きゅー。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うん、若い女の人なのに、
 すっごい頑張ってるよね。
 最近忙しいらしくて、
 ちょっと心配なんだけど……。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あ、そうだった!
 ○○さんに
 逢いたがってる人がいるんだ。
 庭に来てくれる?

選択肢

アミスの飛空庭にのぼる?
 >今はやめておく
 >アミスの飛空庭にのぼる

前年イベント「ヒトトセのフシギな卵」未経験時 [edit]

守護魔・キクヅキに話しかける↓

守護魔・キクヅキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 ねぇねぇ、冒険者さん!
 おれたちの学校でお手伝いしてくれる
 人を探してるんだけど、
 よかったら……

続く→

今までのイベントに参加している場合 [edit]

→続く

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ……あ、あなたが
 ○○さん?
 アミス先生から名前聞いてるよ。
 おれは、守護魔・キクヅキ!
 おれも学校の生徒になったんだ、
 今後ともよろしく!
 そうそう、肩に乗っているのは、
 おれのお父さんなんだ!
オコジョ:
 きゅ。きゅー。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 お父さんが、あなたの事を
 「見どころのある奴だ」だって!
:
 きゅきゅ?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あ、そうだった!
 ○○さんに
 会いたがってる人がいるんだ。
 庭に来てくれる?

選択肢

アミスの飛空庭にのぼる?
 >今はやめておく
 >アミスの飛空庭にのぼる

>今はやめておく↓

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うん、了解!
 時間ができたら、
 教室にも来てよね。

>アミスの飛空庭にのぼる↓

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 よーっし、ひもをおろすよ!
 むむむむ……とぅ!
 お父さん、お願い!
オコジョ:
 きゅきゅ!

→アミスの飛空庭へ移動。

※誰かに憑依されている場合
>アミスの飛空庭にのぼる↓

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あれ? 誰か憑依してる?
 憑依していると、
 教室に入れないからね。
オコジョ:
 きゅきゅ!

再度キクヅキに話しかける↓

守護魔・キクヅキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 ○○さん!
 みんな待ってるから、
 アミス先生の教室に行こうよ!

選択肢

アミスの飛空庭にのぼる?
 >今はやめておく
 >アミスの飛空庭にのぼる

>今はやめておく
→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」>今はやめておく に同じ。

>アミスの飛空庭にのぼる
→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」>アミスの飛空庭にのぼる に同じ。

先月までにイベントに参加していない場合 [edit]

続く→

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ……あ、そうだ。
 まず自分から名乗るのが礼儀だっけ、
 おれ、守護魔・キクヅキです。
 肩に乗っているのは、
 おれのお父さん!
オコジョ:
 きゅきゅー。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 お父さんが、あなたの事を
 「見どころのある奴だ」だって!
 あと「よろしくな」だって!
 
 あなたのお名前は?
 ……へぇ、いい名前だね!
 ○○さんは
 アミス先生って知ってる?
 この上の飛空庭で、
 秘密のある子たちを集めて
 学校を開いてる偉い人なんだ!
 この前、おれも生徒になったんだ。
オコジョ:
 きゅ。きゅー。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うん、まだ若いけれど、
 すっごい頑張ってるよね。
 最近忙しいらしくて、
 ちょっと心配なんだけど……。
 それもあってさ、
 ○○さんにも
 手伝ってもらえると嬉しいな!
 
 それに、今日の給食は特別メニュー!
 一緒に食べにおいでよ!

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

オープニング - アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはキクヅキのみ。

絆の樹に話しかける↓

:
 絆の樹は、
 枝をいっぱいに伸ばして
 あたたかい光を浴びている。

※守護魔の数が多い場合
絆の樹に水色の花びらが散るエフェクト。

:
 アルマたちと守護魔たちの
 想いの力で
 満たされているようだが
 まだ少し足りないようだ……。

※ネコマタの数が多い場合
絆の樹に桃色の花びらが散るエフェクト。

:
 アルマたちとネコマタたちの
 想いの力で
 満たされているようだが
 まだ少し足りないようだ……。

※守護魔・ネコマタがいない場合
絆の樹に黄色の花びらが散るエフェクト。

:
 アルマたちの
 想いの力で
 満たされているようだが
 充分ではないようだ……。

黒板に話しかける↓

黒板:
 日直:キクヅキ
 つよくなりたい!

ピアノに話しかける↓

:
 ずいぶん古いけど、
 立派なピアノだ。

先月までにイベントに参加していない場合 [edit]

キクヅキに話しかける↓
暗転。
明けるとアミスが学校から歩いてくる。キクヅキがアミスに向き直る。

アミス[教鞭を持って説明する]:
 あら、
 キクヅキちゃんのお友達ね?
 ようこそ、
 わたしの飛空庭へ!
 わたしはアミス。
 この飛空庭を学校にして、
 勉強を教えてるの。
 体育はちょっと苦手だけど、
 国語、算数、理科、社会、
 なんでも教えてあげるわ。
 今は外に勉強しに行ってるけど、
 キクヅキちゃん以外にも
 生徒は24人いるわ。
 きっと、あなたとも
 いいお友達になれると思うの。
 それと、街の人たちには
 まだ秘密なんだけど……
 この学校の生徒には、
 人と同じ優しい心を持ってて、
 人と同じ姿になれるけれど、
 元々はモンスターだった
 子たちもいるの。
 わたしは、
 あの子たちが人の社会で
 生きられるようにしてあげたい。
 いやなことや苦しいことがあっても
 人として乗り越えられる強さを、
 あの子たちに教えたいの。
 もしよかったら、
 あの子たちと
 友達になってくれないかしら?
 …あ、いけない。
 書類作ってる途中だったわ。
 最近学校の事務仕事が増えて……
 今日中に提出しないといけない
 書類があるから、申し訳ないけど
 私は教室にもどってるわね。

アミスが立ち去る。暗転。明けるとアルマ達とカスミ、アカネ、ヤヨイがいる。

→イベントに参加している場合の展開につながります。

今までのイベントに参加している場合 [edit]

キクヅキに話しかける↓
暗転。明けると、正面に菫ハートがおり、その周りをアルマたちが囲んでいる。
操舵輪の右手側にはアカリとヤヨイ、左手側にはぷるぷるがいる。
カスミが「話す」モーション。(以降アカリの「ふぅ、いうと思った。」まで継続)

カスミ[/話す継続]:
 はい、一人ずつ取り分けるから、
 あわてないでね。
 無くなったりはしないから、
 もう少し待っていてね。
ペペン[/話す]:
 すごいです……!
 アミス先生のごはんもおいしいけど、
 カスミさんのごばんすごいです……!
 漂う香りだけでお腹がすきます……!
ぷるぷる:
 ぷるぷるっ♪
カスミ[/話す継続]:
 アカリちゃん、深皿をいくつか
 持ってきてくれる?

カスミの話すモーション終了。

アカリ[/話す]:
 ふぅ、いうと思った。
 あらかじめ持ってきておいたわよ。

アカリがダークフェザーの南隣に移動する。
カスミに向き直り、「present」モーション。

アカリ[/present]:
 はい、姉さん。
守護魔・ヤヨイ[/*びっくり1 /話す]:
 あのアカリさんがここまで素直に……
 カスミさんはすごい方だ……

アカリが元居た場所(ヤヨイの北隣)に戻り、向き直る。

カスミ[/話す]:
 あぁ、いらっしゃい。
 ちょうどよかった、もうすぐ食事ですよ。
 良ければ、みんなで食べましょ?

カスミが「話す」モーション継続。

守護魔・キクヅキ[カスミに向き直る /話す]:
 やった!
 おれ、給食が楽しみだったんだ!

キクヅキが「喜び」モーション。
暗転。明けると、キクヅキ以外が操舵輪に注目している。


条件不明(ネコマタ(菫)装備または所持時?)

カスミ[/話す 継続]:
 あら、あなたはもしかして……
 ……あら、ごめんなさい。
 ○○さん、でしたね。

 私の知っている方に
 よく似ていたものだから、つい……

カスミのモーションなし。
アミスが校舎から出てきて、ゆっくり歩いてくる。

→アミス「ふぅ……。」に接続。


カスミ[/話す]:
 ○○さん、でしたね。
 あなたがこの世界の……
 
 あ、いえ、こちらの事情です。
 私はカスミと申します。
 姉妹や弟がお世話になったようで……。

間。   (メモ:カスミが何かモーション?←/お辞儀?)

アミス[/話す]:
 ふぅ……。

アミスがカスミに向き直る。

アミス[教鞭を持って説明する]:
 あら、いい匂い。
 カスミちゃん、ありがとう。
 お料理が上手だから、
 とっても助かるわ♪

アミスが近くのうえきばちを避けていつもの位置へ移動(カクカク移動…)。

アミス[カスミに向き直る 教鞭を持って説明する]:
 ○○ちゃん、お疲れ様。
 カスミちゃんが今日の
 給食を作ってくれたから、
 みんなで一緒に食べましょう?

選択肢(一択)。

:
 >はい

はい↓
暗転。
明けると、カスミがヤヨイの南隣に移動している。

バウ[/話す]:
 最近アミス先生は大変そうです。
 むずかしい“しょるい”と、
 ずっとにらめっこしてるです。
 でも、むずかしいから
 ぼくはお手伝いできないです……。
シャボタン[/話す]:
 先生は、今何のお仕事を
 してるんですか?
ダークフェザー[/話す]:
 確かに、気になるわね。
 アミス先生、最近疲れてるし。
 だいじょうぶなの?
アミス[教鞭を持って説明する]:
 大丈夫よ、ありがとうね。
 ……ごめんね、最近授業の時間も
 ちょっと短くなってしまっていて。
 実は、来年の事でいろいろと
 手続きをしているのよ。
 もしかしたら、来年はみんなに
 もっとたくさんのお友達が
 できるかもしれないわよ。
ローキー[/話す]:
 おおっ!?
 それはどういう事なのじゃ?
 私たちみたいなアルマが
 いっぱいやってくる、というのは
 あまりなさそうな話なのじゃ?
バルル[/話す]:
 ……もしかして、人間の子供が
 この学校に来る、ってことです?
アミス[教鞭を持って説明する]:
 バルルちゃん、正解!
 ……もちろん、
 まだできるかはわからないし、
 人が集まるかもわからないけど。
 でも、みんなには、
 人間の子供たちと交流して、
 一緒にお勉強して、
 お互いに仲よくなって……
 お互いをよく知ってほしいの。
サラマンダー[/話す]:
 人間の子供かぁ……
 へーっ、あたしたちと同じくらいの
 人間って、あまり知らないからな。
 気になるね!
シーホース[/話す]:
 確かに、ここにはわたくし達より
 少し先輩にあたる方々が
 いっぱいいてくれますけれど、
 同年代の人はあまり……
 ちょっと、緊張します……
シャボタン[/話す]:
 でも、楽しそうだね!
 みんなでお勉強したり、
 お絵かきするの、
 楽しそう!
バウ[/話す]:
 みんなでかけっこするです!
バルル[/話す]:
 ……どんな奴が来るんですかね。
ローキー[/話す]:
 うむ。来年が待ち遠しいのじゃ♪
守護魔・ヤヨイ[/話す]:
 (……カスミさん、アカリさん、
  守護魔・キクヅキ、ご隠居、
  そして、○○さん。
 
  いくらなんでも、その交渉と
  事務手続きはアミス先生一人では
  厳しいのではないでしょうか?)
守護魔・キクヅキ[操舵輪に向き直る /話す]:
 (……確かに、去年お世話になった
  エレキテルラボでも、トロン博士が
  書類の山を抱えて困ってたっけ)
アカリ[/話す]:
 (大変だとは思うけど、私たち
  書類作る手伝いとかは難しい
  と思うわよ……?)

カスミが「話す」モーション(以降暗転までまで継続)

カスミ[/話す継続]:
 (そこは、先生に頑張ってもらうしか
  ないかもしれないけれど、どこかで
  私たちにできるお手伝いをするしか
  ないわね……)
オコジョ:
 ……きゅ。
ダークフェザー[/話す]:
 ねぇ、みんな難しい顔で
 何をお話ししてるの?
 内緒話はいやよ。
 ねぇ、ウィリー・ドゥ。
ペペン[/話す]:
 (ぐぅぅぅぅ)
 ……みなさん!
 もうペペンガマンできないです!
 おいしいごはんを目の前にして
 待っているのはそろそろつらいです!
守護魔・キクヅキ[ペペンに向き直る /話す]:
 確かに!
 おれもおなかすいたーっ!
カスミ[/話す継続]:
 それもそうね。
 じゃぁみなさん、
 冷める前にご飯にしましょうか?
アミス[教鞭を持って説明する]:  
 配膳、お手伝いするわね。
 
 ……あ、みんな。
 ご飯を食べる前に、ちゃんと
 手を洗ってくるのよ?
みんな:
 『はーい!』

暗転。
明けると、プレイヤーを含め全員座っている。(キクヅキのみ「リラックス」)

カスミ[-]:
 今日の給食は、秋の季節の
 食材を使ったお料理よ。
 たーんとおたべなさい♪
みんな:
 『いただきまーす!』
サラマンダー[-]:
 ひゃぁぁ、うまーい!
 アミス先生の料理もいけるけど、
 カスミちんの料理もうまい!
守護魔・キクヅキ[-]:
 わぁ、秋の実りがいっぱいだ!
 おいしそう!
バウ[-]:
 “あきのみのり”って何です?
ダークフェザー[-]:
 このお料理の中に、
 あきのみのり、っていう
 食べ物が入ってるの?
カスミ[立ち上がる /話す]:
 うーん、決して間違ってはいないけど
 どう説明したものかしらね……。
アミス[立ち上がる 教鞭を持って説明する]:
 秋というのは、穀物や果物が、
 いっぱい実をつける季節なの。

 色々な物がおいしい季節だから、
 秋の実り、って言うことがあるのよ。
 食べ物だけじゃなくて、
 木々が紅葉する地域に行楽……ええと、
 山や自然の中に遊びに行ったり、
 景色を楽しむことにもいい季節なのよ。
 涼しくなるから運動もしやすいし、
 本を読んだり、絵をかいたりする事も
 色々とやりやすい季節なのよ。
守護魔・キクヅキ[-]:
 へぇ~、そこまでは知らなかった!
 まだ勉強しなきゃなぁ。
守護魔・ヤヨイ[-]:
 あぁ、そうだ。
 アミス先生、せっかくの秋です。
 午後の授業はみんなで班を作って、
 秋にちなんだことを行ってみる
 自由研究にしてみる、というのは
 いかがでしょう?
アカリ[-]:
 あぁ、それはいいわね。
 シャボタンは何かしたいことはある?
シャボタン[-]:
 えっと……お絵かきしに行きたい!
 風景とか、建物とか。
 スケッチって言うんだって、
 この前先生に教えてもらったの!
アミス[教鞭を持って説明する]:
 午後は算数の授業の予定だったんだけど
 ……たまには、いいかしらね。
 最近、みんなとお出かけすることも
 減ってしまっているから、
 お外でいろいろな物を見せるのも
 できていなかったし……。
カスミ[/話す]:
 じゃぁ、決まりね。
 さぁ、みんなで班を作るわよ。
守護魔・キクヅキ[立ち上がる /話す]:
 学校の中にいるみんなにも、
 声をかけておくよ!
アミス[/話す]:
 一緒に行けなくてこめんね。
 先生は、学校でお仕事をしながら
 みんなの自由研究を楽しみにしてるわ。
 ……ぷるぷるは、みんなと一緒に
 自由研究に行ってきてね。

 ずっとわたしのお供じゃ退屈でしょ?
ぷるぷる[/びっくり1]:
 ぷるっ!?

 ……ぷる。
アミス[教鞭を持って説明する]:
 じゃぁ、みんな、
 他の人とお話しするときは
 ちゃんとごあいさつすること。
 街の皆さんに迷惑をかけないこと。
 けがをしたり、させないこと。
 先生との約束よ?
みんな:
 『はーい!』

間。
暗転。
明けると、アミスがおらず、アルマたちが半円を作って立っている。
ぷるぷるが操舵輪の近くにいて、アルマたちと向かい合っている。

ダークフェザー[/話す]:
 ノーザンにすっごいおおきな
 本がいっぱいの場所があるらしいの!
 シャノワールが調べ物したいって
 言ってたから、そこに行くわ。
 私たちに読める本が
 いっぱいあるといいわね。
 ねぇ、ウィリー・ドゥ?
バウ[/話す]:
 こうらくに行くです!
 キサラギさんとみるくちゃんに聞いたら、
 アマスさんって人のショーを
 こうらくすることになったです!
 ショーはこうらくに含まれるですか?
 バナナはおやつに含まれないですか?
 こうらくはむつかしいです……
ローキー[/話す]:
 私たちの班は紅葉狩りなのじゃ。
 紅葉を眺めに行くのじゃ!
 楽しみなのじゃぁ~♪
 ウヅキが言うには、
 果実の森にかっこよい雰囲気の
 場所があるらしいのじゃ!
 ……しかし、あさにゃーが
 なんだかそわそわしておった
 ような気もするのだけれど、
 一体どうしたのかの……?
バルル[/話す]:
 最近体がなまっちまいそーなんで、
 ちょっと運動してきますね。
 ヘタレーもサツキもあんまり運動を
 しないんで、ちょっと鍛えてやります。
 なんでも、ステップ砂漠に冒険者が
 腕試しに使う場所があるとか。
 そこに行ってみよーと思うですよ。
カスミ[/話す]:
 バルルちゃん、
 そこはちょっと危ないかも……
 無理しちゃだめよ?

 あと、無理させても駄目よ?
バルル[/*汗1 /話す]:
 ……う。そうなんですか?
 そ、そこは気を付けますよ。
シーホース[謡う]:
 わたくしは、この世界の歌について
 色々調べてみることにしました。
 ミナ様が、守護魔のご友人の
 音楽にたいへん詳しい方を
 紹介してくださるそうなんです。
 歌のレッスンもつけてくださる
 そうなので、とても楽しみです♪
ペペン[/話す]:
 ペペンたちは秋の味覚を調べるです!
 おいしくいただく前に、まずは
 相手を知っておくことが重要です!
 マオさんの情報によると。
 ウテナ湖の近くの貸本屋さんに
 それはそれはきれいで、本の中に
 入り込めそうなくらい素敵な
 おさかなさんの図鑑があるらしいです!
サラマンダー[/話す]:
 運動も踊りもいいな……って
 思ってたんだけど、
 ハッちゃんから先生を紹介されて、
 織物を習ってみる事にしたんだ!
 ちょっと遠いみたいだけど、
 ぱぱっと行ってくるよ!
 確か、「おしゃれ職人」さんって
 言ってた気がするなぁ。
シャボタン[/話す]:
 私たちの班は、私の希望で
 スケッチに行く予定なんだけど……
アカリ[/*怒り1 /話す]:
 だから、アミス先生の故郷でもあるし、
 トンカに行くのが一番いいじゃない!
 風光明媚だし、広場のピーノ像は
 スケッチするには一番よ!
守護魔・ヤヨイ[/怒り2 /話す]:
 否定するわけではありませんが、
 ECO温泉のキリオン像も
 造形としてはなかなかのものです。
 それに、比較的早く行けます!
シャボタン[/話す]:
 どっちに行くか、
 まだ行先が決まって無いの……
 二人とも真面目なんだけど
 意見がぶつかっちゃうのよね。
 そういえば、
 ○○さんと
 ぷるぷるはどうするの?
ぷるぷる[-]:
 ぷる……?

ぷるぷるがキクヅキに向き直る。
選択肢

どうする?
 >ぷるぷるを誘う
 >ぷるぷるに誘われるのを待つ

>ぷるぷるを誘う↓

:
 ぷるぷるを誘ってみた
ぷるぷる:
 ……ぷるっ♪

→キクヅキの台詞へ続く

>ぷるぷるに誘われるのを待つ↓

ぷるぷる:        (メモ:プレイヤーに向き直る?)
 ……ぷる?
:
 ぷるぷるが「一緒に行く?」
 と言っているような気がする……

→キクヅキの台詞へ続く

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ○○さん、
 おれたちも一緒に班を組もうよ!

カスミがキクヅキとシャボタンの間に移動し、立ち止まってキクヅキに向き直る。

カスミ[/話す]:
 じゃぁ、私も入れてもらおうかしら。
 何をするか……は決まって無いけど、
 アップタウンに行ってから
 相談しましょうか?
ぷるぷる:
 ぷるぷるっ♪
:
 ぷるぷるは
 ○○の頭に
 乗ろうとしたが、
 慣れていないのか、うまく
 バランスが取れないようだ。
カスミ[/話す]:
 流石に慣れないと乗るのは無理ね。
 慣れたら普通に乗れそうだけど、
 今は懐に入れてあげてね。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 じゃぁ、アップタウンに行ったら
 カスミさんに相談する、ってことで!

→アップタウンへ移動

日常 - アップタウン [edit]

守護魔・キクヅキに話しかける↓

守護魔・キクヅキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 んー、自由研究、かぁ。
 おれ、勉強はあまり得意じゃないけど
 きらいなわけじゃないんだ。
 でも、何するか思いつかないや……。
 カスミさん、何か秋に関して
 自由研究のテーマないかなぁ?

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

日常 - アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはキクヅキのみ。
守護魔・キクヅキに話しかける↓
暗転。明けると、アルマたちがいない。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 みんな行っちゃったね。
 アミス先生はお仕事中だし、
 カスミさんが下で待ってるから、
 おれたちもはやく行こうよ!

会話終了後もアルマたちは戻らず。
以後同様。

アルマ登場 - アップタウン [edit]

キクヅキのそばにカスミ。
カスミに話しかける↓
案内矢印がでる。

カスミ[/話す]:
 さて、他のみんなは色々と
 目的が決まっていたけど、
 私たちはどうしましょう?
ぷるぷる:
 ぷるぷるっ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うん、何か秋っぽい事か……
 あ、それならお月見なんか
 どうかな?
 お団子も食べたいね!
オコジョ:
 きゅ。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うん。ツクヨミ様も来てるはずだから
 後で一度くらいは顔を出して
 あげないとなー、って。
 
 ……あれ?

BGMが無限回廊のものになる。
黒の聖堂(WPのさらに奥)からミニー・ドゥ・アルマが駆けてきて、立ち止まる。

???[黒の聖堂から駆けてくる]:
 ふふん、ここがニンゲンたちの
 そーくつ、アップタウンね。
 ……想像していたよりも、
 ずいぶんと広いわ……
 ううん、弱気になっちゃだめ、
 ミニー負けない!
 ふくしゅーを成しとげて、
 ニンゲンたちをぜつぼーのどん底に
 叩き落としてあげちゃいますよ!
 さぁ、そうと決まれば、
 ふくしゅーは急げです!

ミニー・ドゥ・アルマが裁縫おばさんの家の方向に歩き去る。
暗転。BGMが元に戻る。
暗いまま話している。

守護魔・キクヅキ:
 ……なんだろ、あの子。
カスミ:
 ……変わった子もいるのね。
 言っていることは、やたらと
 物騒に聞こえなくもなかったけど、
 ウヅキちゃんみたいに、
 「そういう設定」なのかしら?

明ける。

オコジョ:
 ……きゅっ?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あっ!
 ぷるぷるがいない!?
カスミ[/話す]:
 あら、さっきまで
 ○○さんの懐で
 のんびりしていたはずなのに。
 どこに行っちゃったのかしら?
ぷるぷる:
 ぷるっ!
 ぷるぷるっ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ぷるぷるの声だ!
 北の方かな?
 ……これじゃ、秋を探すんじゃ
 なくって、ぷるぷる探しだよ~

 

???:
 あなた、そんなところで
 何してるのよ!
カスミ[/話す]:
 あら、何か起きてるみたいね。
 ぷるぷるもそっちにいるかしら……?

暗転。明ける。

カスミに話しかける↓
案内矢印がでる。

カスミ[/話す]:
 北の方から聞こえたわね。
 割と近くだとおもうわ、
 行ってみましょう?

キクヅキに話しかける↓
案内矢印がでる。

守護魔・キクヅキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 ぷるぷるも気になるけど、
 北側から聞こえた声も
 気になるよ!
 どうしよう!?

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

アルマ登場 - アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはキクヅキのみ。
守護魔・キクヅキに話しかける↓
暗転。明ける。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ここからだと、アップタウンを
 見おろすことができるんだね。
 ……アミス先生に見つかると
 危ないって怒られるけど。
 さっきの声は、あの辺から
 聞こえた気がするんだよね……
 はやく行ってみようよ!

接触1 - アップタウン [edit]

裁縫おばさんの家の西脇に青い服の女の子と家庭菜園。
青い服の女の子に話しかける↓
案内矢印がでる。暗転。
明けると、キクヅキとカスミがおり、
段差の下からミニーが青い服の女の子と向かい合っている。

青い服の女の子[/話す]:
 どうしてこんなひどい事するの!?
ミニーと名乗る女の子[/話す]:
 邪魔しないでくださーい!
 これはミニーのふくしゅーなんです!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 復讐……?
 ずいぶんとおっかないこと
 言ってるけど、
 一体何があったんだろう?
カスミ[/話す]:
 ふくしゅー……って、
 あなたは一体そこで、
 どんな復讐をしたのかしら?
ミニーと名乗る女の子[/話す]:
 ふっふっふ……
 よくぞ聞いてくれました!

 ひょーろー攻めは基本中の基本、
 この家庭菜園のニンジンは
 全部引っこ抜いてやりました!
 あぁ、なんて恐ろしい!
青い服の女の子[/話す]:
 だから、なんでそんなことを
 するのかって聞いてるんだけど……
守護魔・キクヅキ [/話す]:
 やってることはよくないこと、
 なんだけど、なんだかなぁ……
オコジョ:
 きゅきゅっ。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うん、理由はわからないけど、
 悪いことをしてるなら止めないとね。

暗転。暗いまま話している。

???:
 ……なんだい、騒々しいねぇ?

明けると、キクヅキの南東に裁縫おばさんがいる。

裁縫おばさん[/話す]:
 なんだい、人の家の庭で騒々しい。
 
 ……おや、ずいぶんとかわいらしい
 お客さんたちが来たもんだねぇ。

BGMがなにかやばそうなものになる。終了で元のBGM続行。

ミニーと名乗る女の子[/話す]:
 あっ、ミニーピーンチ!
 早速攻撃対象のニンゲンに
 発見されてしまいましたっ。
 しかーし、ふくしゅーはもう
 完遂済みです、ミニーの勝利ですよぅ!

間。

裁縫おばさん[/話す]:
 あぁ、家庭菜園かい……

間。
ファンファーレのようなBGM(クエ達成とは別)。終了で元のBGM続行。

裁縫おばさん[/話す]:
 ちょうどよかった♪
 あたしも姪っ子も、家庭菜園を
 作ってみたはいいけど、
 裁縫ばかりでとんと忘れてたよ。
 収穫しといてくれてありがとうね、
 お嬢ちゃんたち。
 いくつか持って行っていいわよ。
 なんなら、葉物野菜も持っていく?
ミニーと名乗る女の子[/*はっ アピール]:
 うわぁ……よく見たら、
 おいしそうなニンジン……
 おばさん、ありがとう!
裁縫おばさん[/話す]:
 まぁ、お嬢ちゃんたちが
 いなかったら、きっと忘れてて
 しなびさせちゃっただろうからねぇ。
 
 おいしいときに食べてあげるのが
 食べ物への一番の感謝だよ。
ミニーと名乗る女の子[/話す]:
 おいしそー♪
 これはお得だわ……
 って、ちっがーう!
 これじゃぁ、ふくしゅーに
 ならないじゃない!?
 もう、きみたちが話しかけるから
 ミニーの計画がくるっちゃうのよぅ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 おれたち、何か計画を
 狂わせるようなことした……?
ミニーと名乗る女の子[/話す]:
 もう、おぼえてなさいよー!
 ぷんすかぷーっ!

ミニーが北の方に歩き去っていく。

青い服の女の子[/話す]:
 ねぇ、アルマって知ってるよね。
 今の子も、たぶんアルマなんだよ!
 あの子、人間に復讐する、
 って言ってたの。
 
 何か大変なことをしちゃう前に
 あの子を止めたいの。
 おねがい、力を貸して!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 言われなくっても、さすがに
 あれはほおっておけないよね。
カスミ[/話す]:
 何が原因かはわからないけれど、
 止めてあげた方があの子のためにも
 よさそうね……
 まずは、それでいいわよね?
裁縫おばさん[/話す]:
 なんだか、変わった子だったねぇ。
 
 でもまぁ、助かったわ。
 あたしはまだやることがあるから、
 野菜は持って行っていいわよ。

暗転。暗いまま話している。

:
 みんなで手分けして、
 ミニーと名乗った少女を探すことにした。
青い服の女の子:
 いた! こっちだよ!
 「白の聖堂」の北側の、
 民家の裏側に来て!

明けると、誰もいない。
家庭菜園も消える。

カスミに話しかける↓
案内矢印がでる。

カスミ[/話す]:
 あの子が見つかったみたいね、
 白の聖堂の北……か。
 悩んでもしょうがないし、
 まずは行ってみましょ?

キクヅキに話しかける↓
案内矢印がでる。

守護魔・キクヅキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 さっきの子の声は、
 白い聖堂の北側の方から
 聞こえたみたいだね。
 行ってみようか?

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

接触1 - アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはキクヅキのみ。
守護魔・キクヅキに話しかける↓
暗転。明けると、アルマたちがいない。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 んーっと……
 この下にあるのが黒い聖堂、
 あれがギルド元宮で……
 白い聖堂って、あの柱をはさんで
 向こう側の建物だね。
 はやく行ってみようよ!

接触2 - アップタウン [edit]

白い聖堂北の空き家の裏のスケッチボードの前に青い服の女の子。
青い服の女の子に話しかける↓
案内矢印がでる。
暗転。明けると、スケッチボードの前にミニー、
その右手方向にキクヅキとカスミがいる。
無地のスケッチボードにタイニーの絵が現れる。

青い服の女の子[/話す]:
 いた!

ミニーが「びっくり1」エモーション」。
その後、キクヅキたちから離れるように歩き、
立ち止まって振り返る。

ミニー[/*笑い /話す]:
 またきやがりましたね!
 ミニーのふくしゅーの邪魔は
 絶対にさせませんよ!
 
 なぜならば、もう完了したからです!
 えっへん!
 誰のかわからないけど、
 ここに置いてあったキャンバスに
 置いてあった絵具と筆を勝手に使って
 渾身の落書きをしてやりました!
ミニー[/*笑い /話す]:
 あぁ、なんてひどい!
 これがふくしゅーです!
青い服の女の子[ミニー側に向き直る /話す]:
 だから、なんでそんなことをするの?
 なんで復讐しなきゃいけないの?

悩める芸術家がキャンバスの横まで歩いてくる。

悩める芸術家[/話す]:
 んー?
 僕様の仕事道具に何してるのさ?

悩める芸術家が「痛っ!」モーションと共に「びっくり2」エモーション。

悩める芸術家[-]:
 お、おお? おおおぉ!?

BGMがなにかやばそうなものになる。終了で元のBGM続行。
ミニーが1歩前(芸術家の横)に出て、芸術家に向き直る。

ミニー[ののしり]:
 うっ、またもミニーピーンチ!
 でも、ふくしゅーはひじょーなもの、
 さぁ、ぜつぼーに顔を
 ゆがめるのですよぅ!

悩める芸術家がミニーに向き直る。

悩める芸術家[/話す]:
 この絵を描いたの、誰様?
 そこにいる君様?

間。
ファンファーレのようなBGM(クエ達成とは別)。終了で元のBGM続行。

悩める芸術家[/拍手]:
 ……いやぁ、イイネぇ!
 君様、いいセンスしてるよ!
 ブラボー、おぉワンダホー!
 これはいっぱしのアートだね!

ミニー、青い服の女の子、カスミ、キクヅキが「汗1」エモーション。

ミニー[/*汗1 /話す]:
 ……へ?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ……なんか、妙な方に行ってるよ?
 あれって、すごい絵なの?
青い服の女の子[/話す]:
 うーん……私にはさっぱり……
カスミ[/話す]:
 ポップなイラストだとは思うけど、
 アートかどうかは……
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 アートって、よくわからない……
ミニー[/*はっ アピール]:
 そ、そりゃトーゼンですよぅ!
 ミニーが全力で描いたんです!
 ブラボーでワンダホーに決まってます!
悩める芸術家[/*笑い /話す]:
 いや、ちょっと困った依頼で
 最近スランプ気味でさ……
 うん、これ、使わせてもらうよ!
 僕様の依頼人も、これなら満足
 するにちがいないさ!
 ありがとうね君様!
 あー、気が楽になった!

悩める芸術家が元の場所に歩き去っていく。

ミニー[/話す]:
 アートの才能があったのね……
 知らなかったわ、ううん、
 目覚めてしまったのよぅっ!
ミニー[/*怒り2 /話す]:
 って、これもちっがーう!
 もうもう! もうがまんできない!
 君たちがいると、よくわからないけど
 ミニーの完璧なふくしゅーが
 なぜか失敗しちゃうじゃない!
 
 ぜーったい、許さないんだから!
 覚えてなさいよ!

ミニーが悩める芸術家と同じ方向に歩き去っていく。
青い服の女の子、カスミ、キクヅキが「汗1」エモーション。

カスミ[/話す]:   (メモ:エモーションと同時?)
 ……要するに、本人が悪事に
 これっぽっちも向いてないのね……
青い服の女の子[/話す]:
 それはいいんだけど……
 万が一、何かの間違いで、
 ってこともあるかもしれないから
 またあの子を探そうよ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 そうだね、おれもあの子は気になる。
 あの耳、どこかで見た気が
 するんだよね……
 しかも、割と最近……
オコジョ
 きゅきゅ。きゅー。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あ、そうか!
 ツクヨミ様のところの人たちだ。
 ちょっと似てるよね。
カスミ[/話す]:
 知り合いなの?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 いや、別の人だけど、
 ちょっと似てるなー、って。
青い服の女の子[/話す]:
 へぇ……意外と女の子の
 知り合いが多いのね。
 
 さぁ、またあの子を探しましょ!

暗転。暗いまま話している。

:
 その後、街の至る所で
 ミニーは「ふくしゅー」という名の
 いたずらを繰り返し……
 
 ことごとく上手くいかなかった。
 彼女のいたずらは、意図せずに
 誰かの利益になることだったり、
 結果的に人助けになっていた。
 
 そして……
青い服の女の子:
 見つけたよ! こっち!
 街の中央の広場の、
 タイニーのぬいぐるみの前に
 来てちょうだい!

明けると、誰もいない。
キャンバスの絵だけが残されている。

悩める芸術家に話しかける↓

悩める芸術家[/話す]:
 んー、いやはや、調子が出ない。
 やっぱりさ、ノリのよくないときに
 無理に物を作るってのは
 どだい無理な話なんだよね。
 芸術作品てものは、そう、なんというか、
 誰にも邪魔されずに、自由で……
 なんというか、僕様がもっと豊かで……
 
 なんて言っても、締め切りは
 容赦なく迫ってくるんだよねぇ……。
 頼まれた絵、後何枚あったっけなぁ……

カスミに話しかける↓
案内矢印がでる。

カスミ[/話す]:
 やっと見つかったみたいね。
 アップタウンとダウンタウンを、     (メモ:ダウンタウンも…?)
 ずいぶん元気に駆け回ってるのね。
 
 それにしても……あの子、
 どうやってアップタウンに
 入ったのかしら?

キクヅキに話しかける↓
案内矢印がでる。
キクヅキがプレイヤーに向き直る

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 さっきの子の声は、
 街の真ん中の広場の方から
 聞こえたみたいだね。
 行ってみようか?

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

接触2 - アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはキクヅキのみ。
守護魔・キクヅキに話しかける↓
暗転。明ける。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 さっきの声は、たぶんあの広場の
 辺りから聞こえたよね……。
 あ、いたいた!
 ほら、あそこの
 タイニーのところだ!

追跡 - アップタウン [edit]

青い服の女の子に話しかける↓
暗転。明けると、キクヅキとカスミがいる。

青い服の女の子[/話す]:
 大変大変!
 さっき、このタイニーの前で
 見かけたと思ったんだけど、
 ちょっと目を離したすきに
 ミニーがいなくなっちゃった……
タイニー[/話す]:
 ん?
 もしかして、あたまのところから
 耳が生えたウサギみたいな子?
タイニー[/話す]:
 ……あれ、また君?
 女の子が飛び込んでくると、
 決まって君が来るような
 気がするんだけど……
 詳しいこと、わからないけど。
 なんだか大変そうだねぇ……。
タイニー[/話す]:
 その子なら、
 「かくなるうえは最後の手段です!」
 なんて言いながら行っちゃったよ?
 
 え、どこにって?
 タイニーアイランドさ。
青い服の女の子[/話す]:
 タイニー……アイランド……?
 なにそれ?
 ……っ、あ、ごめん。
 もう時間切れになっちゃう。
 さっきの子、事態が落ち着いたら
 アミスの飛空庭に連れてきてよね!
 絶対だよ! お願い!

青い服の女の子が西噴水方向へ走り去っていく。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あっ……行っちゃった。
 あの子も誰なんだろう?
 
 ……そうそう、そこのタイニーに
 お願いするとタイニーアイランドに
 連れてってもらえるんだよ。
カスミ[/話す]:
 ○○さん、
 そういえばさっきあの子、
 アミス先生の名前を出したけど、
 学校の関係者なのかしら?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 んー、どうなんだろう?
 学校では見たことないなぁ。
オコジョ:
 きゅきゅっ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 おっと、そうだ。
 まずはミニーを探そう!
カスミ[/話す]:
 じゃぁ、私は先に行くわね。
 キクヅキ君は、状況を確認してから
 追ってきてもらえるかしら。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うん、おれ、後から追いかける!
 すぐに追いつくよ!

カスミがタイニーに歩み寄り、消える。
同時にキクヅキが定位置にワープ。

中央西噴水前にキクヅキ。
キクヅキに話しかける↓
案内矢印が出る。

守護魔・キクヅキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 タイニーアイランドかぁ……
 あのミニーって子の
 騒ぎを解決したら、
 ツクヨミ様にも顔を見せに
 行かないとなぁ……。
 ぷるぷるも探しに行かないと
 いけないし……

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

追跡 - アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはキクヅキのみ。
守護魔・キクヅキに話しかける↓
暗転。明ける。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ねぇ、早いところ
 タイニーアイランドに行って
 ミニーを探そうよ?
 あ、それとも何か
 秘密の技の準備とか
 したりするのかな?

追跡 - タイニーアイランド [edit]

タイニー近くにカスミ。
カスミに話しかける↓
案内矢印が出る。

カスミ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 あぁ、来てくれたわね。
 あの子は砂浜沿いに走って
 行ったみたいなの。
 行きましょう。

カスミが南に走り出す。
暗転。明けると、カスミはいない。

海岸南端付近にミニー。
ミニーに話しかける↓
暗転。明けると、ミニーの後ろにジャグラー・ドゥが2体いる。
ミニーと対峙するようにキクヅキとカスミがいる。

ミニーと名乗る女の子[ののしり]:      (注:ここで再び「と名乗る~」が付いていました)
 もーっ!
 しっつこーい!
 しつこい人は嫌われるんですよ!
 知らないんですか、もう!
 
 ね、ジャグラー君たちも
 そう思うでしょ!?
 そもそも、なんであなたたち
 ミニーのふくしゅーの
 邪魔をするの?
 すごーい迷惑なのですよぅ!
カスミ[/話す]:
 それはまぁ……あれだけ大声で
 復讐だなんだって騒いでれば
 目立つし、気にもなるし、
 止めざるを得ないわね。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 色々な意味で心配になるしね。

BGMが何かやばそうなものになる。終了で元のBGM続行。

ミニーと名乗る女の子[/話す]:
 うるさいうるさーい!
 もう、あったまきました!
 ミニーの恐るべき正体を
 目の当たりにして、
 きょーふにおびえて
 這いずりまわるといいですよっ!

間。
ミニーがモンスター形態になる。
同時に、ファンファーレのようなBGM(クエスト達成とは別)。終了で元のBGM続行。

ミニーと名乗る女の子:
 みー!(どやっ!)

ミニーが人間形態に戻る。

ミニーと名乗る女の子[/話す]:
 あははははっ!
 どうです、おそろしーでしょう!
 ミニーはこの力でニンゲンに
 “ふくしゅー”するのよ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あ、ウサギだったんだね。
 ……かわいいなぁ。
カスミ[/話す]:
 あら、何かと思ったら
 ミニー・ドゥだったのね。
 かわいらしくていいわね♪

間。
ジャグラー・ドゥに「汗2」エモーション。

ミニー・ドゥ[/*汗1 /話す]:
 ……あれ?
 ちょっとー!?
 どういうことなの?
 反応うっすーい!
 うっすいんですけどー!
 この人たち反応
 ちょー薄いんですけどぉっ!
 ふつう、モンスターを見たら
 キャーとかワーとか言って
 逃げ惑うものじゃないですか?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ……いや、ミニー・ドゥじゃないけど
 モンスターに変身できる子、
 あるいは人間に変身できる
 モンスターなのかな?
 
 ……ええと、見慣れててさ。
カスミ[/話す]:
 身の回りにいっぱいいるから、
 正直今更言われても、
 新鮮味が薄いのよね……
ミニー・ドゥ[/*汗1 /話す]:
 ショックだわ……
 まさかミニーの一世一代の
 名演技が無に帰すなんて……
 ミニー、国へ帰ります……
カスミ[/話す]:
 両脇にお友達をつれてきて、
 今更そんなこと言われても……
 ……ねぇ?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 そもそも、なんで人間に
 復讐なんてしようと思ったのさ!
ミニー・ドゥ[ののしり]:
 ふっふっふ、
 よくぞ聞いてくれました!
 それはこの前の冬のことだったわ……。
 ミニーの大切なおともだちが、
 ある日突然、玉だけを残して
 いなくなっちゃったの!
 どこに行ったのかもわからない、
 話は何も聞いてない、
 周辺にはニンゲンっぽい足跡が
 残されていただけ……
 
 つまり!
 犯人はニンゲンだってことなのです!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 そんな、むちゃくちゃだよ!
 友達がいなくなったってのは
 たいへんだと思うし、
 それはとっても辛いことだと思う……。
 それでも、犯人も分からないのに、
 無差別に人間にイタズラするのは
 絶対に間違ってるよ!
 何も知らない人にも迷惑がかかるし、
 本当に犯人がいても分からない!
カスミ[/話す]:
 復讐すること自体の良し悪しは
 一度おいておくとして、あなたは
 本当に復讐をする覚悟はあるの?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ミニーはいつでも覚悟できてますよ!
 痛い目にあっても我慢しますし、
 お腹がすいても泣き言は
 人には言わないつもりです!
カスミ[/話す]:
 ミニー、あなたは、自分が苦労する
 事の覚悟はしているかもしれないけど、
 その犯人があなたにしたような事……
 友達を奪ったり、暴力をふるったり
 することができるの?
ミニー・ドゥ[/汗1 /話す]:
 う……その、ええと……
:
 会話の勢いは、キクヅキと
 カスミの方が優勢のようだ。
 現状は、ミニーが追いつめられて
 しまっているようにも見える。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 そーんな色々言って
 ミニーを惑わそうったって
 むだむだの無駄なのよぅ!
 
 ミニーはむつかしいこと
 よくわからないのよぅ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 こ、この子……
カスミ[/話す]:
 開き直った、ですって……?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 でもでも、ミニーの
 ふくしゅーをやめさせたいっ!
 っていう気持ちは
 よぉくわかったわ!
 
 だから、勝負なのよぅ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 勝負? どうして?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ミニーはニンゲンに
 ふくしゅーしたい、
 あなたたちはふくしゅーをとめたい。
 ずっと付きまとわれたら
 そりゃもうすごい迷惑だから
 決着をつけるのよぅ!
カスミ[/話す]:
 なるほど、
 勝負にわたしたちが勝ったら
 あなたは復讐をやめる、
 勝負にあなたが勝ったら
 わたしたちは邪魔をやめる……
 そういうことが言いたいのね?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 そうそうそう!
 その通りなのですよぅ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 よーし! それなら……
 かけっこで勝負だ!
 この島を一周して、
 はやくゴールについた方が
 勝ちっていうのは?
カスミ[/話す]:
 クイズで勝負しましょうか。
 私が出す難しい問題を、
 あなたが解けたら勝ち……
 っていうのはどう?
カスミ[/話す]:
 (かけっこやクイズなら、
  誰かがけがをすることも
  ないでしょうし……ね)

選択肢

どうする?
 >キクヅキの提案を支持する
 >カスミの提案を支持する

>キクヅキの提案を支持する→キクヅキ(守護魔)ルートへ接続。

>カスミの提案を支持する→カスミ(ネコマタ)ルートへ接続。

勝負 - アップタウン [edit]

キクヅキに話しかける↓
キクヅキがプレイヤーに向き直る

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 よくわからないまま
 勝負することに
 なっちゃったけど、
 負けてられないよね!

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

勝負 - アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはキクヅキのみ。
守護魔・キクヅキに話しかける↓
暗転。明ける。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うーん、何とかあの子を
 落ち着かせてあげないと……
 とはいっても、あの調子じゃ
 一度勝負で勝たないと、
 こっちの話を聞いてくれそうに
 ないよね……。
 準備できたら、早いところ
 タイニーアイランドに戻ろうよ!
 まだ勝負は継続中だよ!

勝負 - タイニーアイランド [edit]

キクヅキ(守護魔)ルート [edit]

案内矢印が出る。

ミニー・ドゥ[/*汗1 /話す]:
 ちょ……ちょっとまってよ!
 それって、明らかにあなたが
 得意そうな分野じゃない!?
 
 条件をそろえなきゃダメよ!
 そう、そこのあなたが出なさい!
 かけっこともクイズとも
 言ってないあなたよ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 えー……まぁ、しょうがないか。
 ○○さん、
 ごめん、よろしくお願い!

暗転。明ける。

ミニードゥ[/話す]:
 さぁ、しょーぶを始めるわよ!
 どっちに転んでも、
 このミニー様の勝利は
 決まったも同然!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 じゃぁ、ルールを説明するよ!
 始まったら、誘導はするから
 それにしたがって進んでね。
 「手伝いネイティブ」、
 「手伝いタイニー」、
 「手伝いパイレーツ」が
 それぞれお手伝いしてくれてて、
 そこがチェックポイント!
 全部回って、ゴールは
 カスミさんにお願いしたよ!
 ……全部回らないとダメだよ!
 
 途中でタイニーアイランドから
 出ちゃだめだから、気をつけてね!    (←注:「だめ」ひらがなでした)
カスミ[/話す]:
 商売上手なタイニーちゃんに
 お手伝いの確保を頼んだの。
 手が足りなくて困っていたから、
 ちょうどよかったわ♪

※ミニー・ドゥ・アルマ装備時

ミニー・ドゥ[/話す]:
 あれっ、あたし?
:
 あれっ、あなた、あたし?
 ねぇねぇ、あなた、
 うちのマスターにケンカ売るなんて
 無茶してますね!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 同族がいくら止めたって、
 ミニーは絶対負けないわよ!

カスミ[/話す]:
 じゃぁ、私たちは
 準備に回るわね?
 通信機を渡すから、
 合図はこれでやるわよ?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 じゃ、用意してくるね!

キクヅキとカスミが北東へ走り去っていく。
暗転。明けると、キクヅキとカスミはいない。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 こ、怖かったら逃げても
 いーんですからね!

 

守護魔・キクヅキ:      (注:暗転ありませんでした)
 そうそう、言い忘れてた!
 ペットを装備している場合、
 勝負が終わるまでは
 付け替えしないでね!
 無いとは思うけど、
 条件は一定にしないと
 不正な行為でもしているの?
 ……なんて疑われちゃうしね。
 じゃぁいくよ、
 よーい……
 ドーン!

ミニー・ドゥに話しかける↓

ミニー・ドゥ[/話す]:
 ふっふーん。
 ミニーはとってもすごいから、
 ちょっとハンデを上げます。
 先に行ってていいですよ♪
 (にやり)
:
 ミニーは何やら
 企んでいるようだ……

ネイティブタイニーの集落に手伝いネイティブ、
西の湖近くに手伝いタイニー、
北のトンネルを抜けた先に手伝いパイレーツがいる。

※勝負棄権、反則時
(リログイン時、またはタイニーアイランド出入り時、キクヅキとカスミがいる。) (←注:ミニーに話しかける前にすでに表示)
ミニー・ドゥに話しかける↓
暗転。明ける。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 あ、かえってきたわね!
 てっきり泣きながら逃げたと
 思っていたわ!
 
 さぁ、勝負のやり直しよ!
カスミ[/話す]:
 じゃぁ、私たちは
 準備に回るわね?
 通信機を渡すから、
 合図はこれでやるわよ?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 じゃ、用意してくるね!

(キクヅキとカスミが北東へ走り去っていく。)
暗転。明けると、キクヅキとカスミはいない。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 こ、怖かったら逃げても
 いーんですからね!

 

守護魔・キクヅキ:      (注:暗転ありませんでした)
 そうそう、言い忘れてた!
 ペットを装備している場合、
 勝負が終わるまでは
 付け替えしないでね!
 無いとは思うけど、
 条件は一定にしないと
 不正な行為でもしているの?
 ……なんて疑われちゃうしね。
 じゃぁいくよ、
 よーい……
 ドーン!

タイニー近くにカスミ。
カスミに話しかける↓

カスミ[/話す]:
 どこ行ってたの?
 まっていたわよ。
 
 早く戻らないと、あの子の
 気が変わっちゃうかもしれない。
 
 さぁ、急ぎましょ。

カスミが南に走り出す。
暗転。明けると、カスミはいない。

(メモ:失格時、順路に従わない場合の手伝いたちの台詞はカスミルートと共通。)

手伝いネイティブに話しかける↓

手伝いネイティブ[/話す]:
 よく来た。ここ、チェックポイント。
 ネイティブ、記録する。
 お前、通る。
 
 ……ただでは通れないかも。

ジャグラー・ドゥ2体が出現。
同時に、BGMがなにかやばそうなものになる。終了で元のBGM続行。

:
 ジャグラー・ドゥが
 突然とびだして来た!
 
 道をふさいでいる!

※ユニオンペット装備時

:
 △△が
 ジャグラー・ドゥを
 逆に妨害してくれた!
 さぁ、先に進もう。

間。
→「通過、確認した。」へ。


選択肢

どちらによける?           (←「よける」ひらがなでした)
 >黙って右に避ける
 >素早く左に避ける

>黙って右に避ける↓
ジャグラー・ドゥたちが「アピール」?モーション。
同時に、BGMがクエスト失敗時のものになる。終了で元のBGM続行。

:
 ジャグラー・ドゥの妨害で
 時間をロスしてしまった……

>素早く左に避ける↓
案内矢印が出る。
ジャグラー・ドゥたちが「ぐったり」?モーション。

手伝いネイティブ[/話す]:
 通過、確認した。
 次、手伝いタイニー、
 待ってる。よい旅を。

ジャグラー・ドゥたちがワープして消える。

(メモ:再度話しかけた時の台詞はカスミルートと共通(誤字まで同じ))

手伝いタイニーに話しかける↓

手伝いタイニー[/話す]:
 いらっしゃーい♪
 ここはチェックポイントだよ。
 通過を確認するから、
 ちょっと待っててね。

ジャグラー・ドゥ2体が出現。
同時に、BGMがなにかやばそうなものになる。終了で元のBGM続行。

:
 ジャグラー・ドゥが
 ちょっとぜいぜい言いながら
 道をふさいでいる!

選択肢

どちらによける?
 >強引に突き進む
 >一歩引いて迂回して進む

>強引に突き進む↓
案内矢印が出る。
ジャグラー・ドゥたちが「ぐったり」?モーション。

手伝いタイニー[/話す]:
 はい、お疲れ様~。
 次は……
 パイレーツのところだね。
 割と手前にいるからね~♪

ジャグラー・ドゥたちがワープして消える。

>一歩引いて迂回して進む↓
ジャグラー・ドゥたちが「アピール」?モーション。
同時に、BGMがクエスト失敗時のものになる。終了で元のBGM続行。

:
 ジャグラー・ドゥの妨害で
 時間をロスしてしまった……
手伝いタイニー[/話す]:
 はい、お疲れ様~。
 次は……
 パイレーツのところだね。
 割と手前にいるからね~♪

ジャグラー・ドゥたちがワープして消える。

手伝いパイレーツに話しかける↓
(ネコマタ(菫)装備時、案内矢印が出る。)

手伝いパイレーツ[/話す]:
 お前、実はネイティブの
 スパイじゃないだろうな……。
 それはともかく、ここは
 チェックポイントなんだぞ!
 
 ……ええと、なんだっけ?
 あ、そうだ、通過を確認するぞ。

ジャグラー・ドゥ2体が出現。
同時に、BGMがなにかやばそうなものになる。終了で元のBGM続行。

:
 息切れ気味のジャグラー・ドゥが
 がんばってとびだして来た!
 フラフラしながら妨害してくる!
 ……大変そうだ。

※ネコマタ(菫)装備時

:
 △△が
 疲れ切ったジャグラー・ドゥに
 冷えた麦茶を差し出した。
 ジャグラー・ドゥは
 麦茶を飲み干すと
 のんびり休憩を始めた……
 
 ……先を急ごう。

間。

手伝いパイレーツ[/話す]:
 チェックは完了だぞ。
 次はいよいよ最後、
 カスミさんのところなんだぞ。

ジャグラー・ドゥが何のエフェクトもなく消える。


選択肢

どちらによける?
 >慎重に隙を見て右へ回避
 >力押しで左へ回避

>慎重に隙を見て右へ回避↓
ジャグラー・ドゥたちが「アピール」?モーション。
同時に、BGMがクエスト失敗時のものになる。終了で元のBGM続行。

:
 ジャグラー・ドゥの妨害で
 時間をロスしてしまった……
手伝いパイレーツ[/話す]:
 チェックは完了だぞ。
 ……って、なんでそんなに
 疲れているんだ?
 
 とりあえず、次は
 カスミさんのところなんだぞ。

ジャグラー・ドゥたちがワープして消える。

>力押しで左へ回避↓

手伝いパイレーツ[/話す]:
 チェックは完了だぞ。
 次はいよいよ最後、
 カスミさんのところなんだぞ。

ジャグラー・ドゥが何のエフェクトもなく消える。

※妨害を回避できなかった場合
カスミに話しかける↓
暗転。明けると、カスミの両脇にキクヅキとミニーがいる。
BGMが情けなくて不安定なものになる。終了で元のBGM続行。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 あははは! ミニーの勝ちね!
 つまりあなたの負けよ!
 ふっふ~ん♪
 予想通りでしたけど、
 ミニーの圧勝じゃないですか。
 
 かわいそうだから、なんなら
 もう一回勝負してあげても
 いいですよ?
 まぁ、何度やっても
 ミニーに勝てるわけ
 ないんですけどねー、だ!
カスミ[/話す]:
 ううん……
 負けちゃったわね……。
 何が敗因だったのかしら……?
 
 今の経験をもとに、
 対策を練るしかなさそうね。
キクヅキ[/話す]:
 ミニーは今妙に機嫌がいいから、
 まだ勝負は挑めるよ!
 次は頑張って勝たなきゃね!

暗転。明けると、キクヅキとミニーはいない。
→リログイン時、または出入り時に同じ。

※妨害を全て回避した場合
カスミに話しかける↓
暗転。明けると、カスミの脇にキクヅキがいる。
ミニーが後から駆け寄ってくる。

ミニー・ドゥ[駆け寄る]:
 えええっ……!?
 ミニーが、負けた……?
 うそ、信じられない……。

ミニーが「トホホ」モーション。

カスミ[/話す]:
 まぁ、あなたは十分頑張ったけど
 相手が悪かったわね。
 それに……自分が間違っていること、
 うすうす気が付いているんじゃないの?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うん、わかってるんだよね。
オコジョ:
 きゅっきゅー!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 「大方、友達がいなくなって、
 犯人も分からず、           ←(注:インデントありませんでした。)
 何をすればよいのかわからず、
 それでも……何かをせずには
 居れぬのだろう?」
 ……って言ってるよ。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 うう、好きに言えばいいんですよぅ。
 どーせミニーは負けたドゥです。
 ルーザー・ドゥですよぅ……。

BGMがウェストフォートのものになる。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 そうじゃないよ!
 勝った負けたじゃないんだってば!
 ミニーは何がしたかったのさ。
 おれたちに勝ちたかった、
 いたずらをして回りたかった、
 それだけじゃないでしょ?
 ともだちがいなくなったのが、
 悲しくって、悔しくって、
 だからあんなことしたんだよね?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 だって、あなたたちがミニーの
 ふくしゅーの邪魔するから……
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 そりゃ、邪魔だってするよ!
 だって、ミニーがしてるのは
 復讐でも仕返しでもなくって、
 ただ暴れてるだけなんだもん。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 へ?
 
 そ、それはどういうことなの!?
 ミニーはふくしゅーを
 してるじゃないですか!?
オコジョ:
 きゅっきゅ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 「目を逸らしてはいかん」
 ……だってさ。
 ……おれ、そういう子を
 もう一人知ってるんだ。
 
 自分が誰かわからなくて、
 誰かになりたかったけど、
 どうすればいいのかも
 わからなくって、暴れて……
 誰かに相談することもできなくて、
 嫌われて、傷ついて……
 最後は、自分自身を全部
 なくしちゃった……

 

ミニー・ドゥ[/話す]:
 そ、その子は結局
 どうなっちゃったの……?
 (ごくり)
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 その時は、いろんな人が
 助けてくれたからよかったけど……
 
 いつだってそうだとは、
 限らないから、さ。
 復讐するっていうけど、
 いったい誰にするのさ?
 君の友達はさらわれた……
 かもしれない。
 犯人は人間……かもしれない。
 それだけで、人間すべてを
 憎むようになるのは、
 何か間違っているんじゃないか。
 ……おれ、そう思うんだ。
オコジョ[キクヅキが「話す」モーション]:
 きゅ。きゅきゅー。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 お父さんは
 「お前は、そもそも
 復讐に向いてない」だって。
 
 おれも、正直そう思う。
カスミ[/話す]:
 そこは同意するわね。
 ミニー、あなたはどうにもこうにも、
 根っこがお人よしなのよ。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 お人よしってなんなのよぅ!
 あたしは頑張ったじゃない、
 何が、どこが間違ってたって
 言うのよぅ……。
オコジョ:
 きゅっきゅきゅーきゅっきゅ
 きゅきゅい、っきゅー!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 「人捜しをすることが目的なのに、
 復讐、という手段を選んだのが
 そもそもの間違いだ」
 「友を心配する気持ちは当然、
 捜したい想いもまた然り……。
 だが、例え犯人を見つけようとも
 彼の者に仕返しを果たそうとも、
 決して、その友は帰ってこぬぞ」
 って言ってるよ。

 

ミニー・ドゥ[/話す]:
 そ……そいつが捕まえてるかも
 しれないじゃないですか!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うーん、おれは
 いたずらをたくさんしても
 絶対、犯人は捕まえられないし、
 情報も手に入らないと思うんだ。
 それに、間違った方法だと、
 いつか悲しいことが起こる。
 だから、
 ○○さんは
 君を止めるために
 手を貸してくれたんだよ。
カスミ[/*音符 /話す]:
 ……ふふ♪
 どうやら、私が口をはさむ
 必要はなさそうね。

 

ミニー・ドゥ[/話す]:
 ……なら……てよ。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 え、ごめん。今なんて?
ミニー・ドゥ[/*バイバイ]:
 だったら……。
 だったら、
 ウィリーを見つける方法を
 教えてよぅ……っ!
 
 むつかしいこと
 よくわかんないから、
 どうやったら見つかるのか
 全然、ぜんぜんわからないの。
 あたしは負けたから、
 約束通り、ふくしゅーは
 やめるわ!絶対よ!
 
 だから、「ただしいやりかた」を
 教えてください……っ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 泣かないでよ、ミニー。
 もう勝負はおしまいなんだから、
 これからはともだちだよ!
 
 ともだちのことは
 おれ、絶対手助けするんだ!
カスミ[/*笑い /話す]:
 ふふ♪
 これで無事に仲直り……ね。
 ○○さんが
 頑張ってくれたおかげで、
 上手くいったわね。
 本当に、あなたは
 こっちでも変わらないわね……。
 
 ……あ、ごめんなさいね。
 いまの独り言は忘れておいて。

BGMが"Hope in infinity"(bgm_1154)に変わる。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 ふ、ふんだ!
 さぁ、ミニーがわざわざ
 頭を下げておねがいしてるんだから、
 ちゃんと力を貸してくれなきゃ
 ミニー、泣いちゃうわよぅ!
 あ、そうだ、あなたも!
 ○○……さん、にも
 手伝ってもらうんだからね!
 忘れないでよぅ!?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うーん、でもどうしよう。
 おれ、人探しなんてこと
 したことないしなぁ……。
 
 そうだ、
 ○○さんは
 人探しのいい案ある?

選択肢

:
 >皆に聞いてみよう
 >高いところから探してみる?

>皆に聞いてみよう↓
>高いところから探してみる?↓  (どちらを選んでも同じ)

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 そうだ、学校!
 みんなや先生に聞けば
 なにかわかるかも!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ???
 ガッコウってなんなんです?
カスミ[/話す]:
 たくさんの人が色々なことを
 学ぶ場所……かしら?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 うーん、

暗転。明けると、誰もいない。

カスミ(ネコマタ)ルート [edit]

案内矢印が出る。

ミニー・ドゥ[/*汗1 /話す]:
 ちょ……ちょっとまってよ!
 それって問題を出すあなたが
 すっごく有利じゃない!?
 
 条件をそろえなきゃダメよ!
 そう、そこのあなたが出なさい!
 かけっこともクイズとも
 言ってないあなたよ!
カスミ[/話す]:
 ふむ、確かに一理あるわね。
 ○○さん、
 ……じゃ、よろしくお願いね♪

暗転。明ける。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 さぁ、しょーぶを始めるわよ!
 どっちに転んでも、
 このミニーの勝利は       (←メモ:ミニー様ではなくミニー?)
 決まったも同然!
カスミ[/話す]:
 じゃぁ、説明するわね。
 始まったら、誘導はするから
 それにしたがって進んでね。
 「手伝いネイティブ」、
 「手伝いタイニー」、
 「手伝いパイレーツ」が
 チェックポイントを
 作ってくれているから、
 それぞれ話しかけていくこと。
 それぞれクイズを
 出題してくるから、
 全部回らないとダメよ?
 
 あと、途中でタイニーアイランドから
 出てしまってはだめよ?        (←注:「だめ」ひらがなでした)
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ねぇ、カスミさん。
 そのクイズって、
 一体どこから持ってきたの?
カスミ[/話す]:
 最初は簡単な数学や物理の問題を
 考えてたんだけど……
 商売上手なタイニーちゃんが
 「なら、これがいいよ♪」って
 問題集を貸してくれたのよ。
カスミ[/話す]:
 じゃぁ、私たちは
 準備に回るわね?
 通信機を渡すから、
 合図はこれでやるわよ?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 じゃ、用意してくるね!

キクヅキとカスミが北東へ走り去っていく。
暗転。明けると、キクヅキとカスミはいない。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 こ、怖かったら逃げても
 いーんですからね!

暗転。明ける。

カスミ:
 そうそう、言い忘れていたわ。
 ペットを装備している場合、
 勝負が終わるまでは
 付け替えしないでね。
 無いとは思うけど、
 条件は一定にしないと
 不正な行為でもしているのか、
 ……なんて疑われちゃうしね。
 じゃぁ、始めるわよ?
 よーい……
 どん!

再度ミニー・ドゥに話しかける↓

ミニー・ドゥ[/話す]:
 ふっふーん。
 ミニーは頭がいいから、
 ちょっとハンデを上げます。
 先に行ってていいですよ♪

ネイティブタイニーの集落に手伝いネイティブ、
西の湖近くに手伝いタイニー、
北のトンネルを抜けた先に手伝いパイレーツがいる。

※勝負棄権、反則時
ミニー・ドゥに話しかける↓
暗転。明ける。
(リログイン時、またはタイニーアイランド出入り時、キクヅキとカスミがいる。)

ミニー・ドゥ[/話す]:
 あ、かえってきたわね!
 てっきり泣きながら逃げたと
 思っていたわ!
 
 さぁ、勝負のやり直しよ!
カスミ[/話す]:
 じゃぁ、私たちは
 準備に回るわね?
 通信機を渡すから、
 合図はこれでやるわよ?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 じゃ、用意してくるね!

(キクヅキとカスミが北東へ走り去っていく。)
暗転。明けると、キクヅキとカスミはいない。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 こ、怖かったら逃げても
 いーんですからね!

暗転。明ける。

カスミ:
 そうそう、言い忘れていたわ。
 ペットを装備している場合、
 勝負が終わるまでは
 付け替えしないでね。
 無いとは思うけど、
 条件は一定にしないと
 不正な行為でもしているのか、
 ……なんて疑われちゃうしね。
 じゃぁ、始めるわよ?
 よーい……
 どん!

タイニー近くにカスミ。
カスミに話しかける↓

カスミ[/話す]:
 どこ行ってたの?
 まっていたわよ。
 
 早く戻らないと、あの子の
 気が変わっちゃうかもしれない。
 
 さぁ、急ぎましょ。

カスミが南に走り出す。
暗転。明けると、カスミはいない。

手伝いネイティブに話しかける↓

手伝いネイティブ[/話す]:
 ……む。
 お前、途中で島を出たか、
 何か事情があったみたいだな。
 ネイティブ、なんとなくわかる。
 もう一度、ミニーと話す。
 もう一度、挑戦する。

※順路に従わない場合1(ネイティブ無視)
カスミに話しかける↓

カスミ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 あら?
 ネイティブタイニーのところを
 通過していないんじゃないかしら。
 
 ちゃんと全部のチェックポイントを
 通過してきてね。

手伝いタイニーに話しかける↓

手伝いタイニー[/話す]:
 ネイティブのところ、まだだよ?
 ずるになっちゃうから、
 ちゃんと通過してきてね♪

手伝いパイレーツに話しかける↓

手伝いパイレーツ[/話す]:
 あっ、お前、ネイティブの
 所とおってないだろ!
 ずるっこはだめなんだぞ。
 だめなんだぞ!
 だから、ちゃんとネイティブの
 所に行くんだぞ!

手伝いネイティブに話しかける↓

手伝いネイティブ[/話す]:
 ここ、チェックポイント。
 お前、クイズに挑戦する。
手伝いネイティブ[/話す]:
 では、出題する。
 正解だと思う方、選ぶ。
 問題は、お前の魂の向きに
 合わせて出る。がんばれ。
手伝いネイティブ[/話す]:
 1問目。
 「背負い魔・ネコマタを
  手に入れる為に
  ゴミ箱をあさった時
  聞こえてくる声は?」

選択肢

:
 >にゃん♪
 >ニャン♪

>にゃん♪
→「ふむ、では、次。」へ。

>ニャン♪↓

手伝いネイティブ[/話す]:
 では、結果を占う。
 ネイティブ、採点厳しい。
手伝いネイティブ[/話す]:
 ふむ、では、次。
 ネイティブ、2問出す。
手伝いネイティブ[/話す]:
 2問目。
 「背負い魔・ネコマタ(藍)を
  つれているときに
  レベルアップすると
  たまにくれるのはどっち?」

選択肢

:
 >緑茶
 >ほうじ茶

>緑茶↓


※ユニオンネコマタ(菫)装備、不正解時
>緑茶↓
案内矢印が出る。

手伝いネイティブ[/話す]:
 では、結果を占う。
 ネイティブ、採点厳しい。
手伝いネイティブ[/話す]:
 うーむ……。
 占いの結果、でた。
 間違いあった。やり……
:
 △△が
 何かを訴えている
手伝いネイティブ[/話す]:
 ……ふむ。
 ネイティブ、不正はしない。
 だが、情には弱い。
 特別に今回だけは
 次に行っていい。
 手伝いタイニー、待ってる。

※全問正解時
>ほうじ茶↓
案内矢印が出る。

手伝いネイティブ[/話す]:
 よし、問題ない。
 次へむかえ。
 手伝いタイニー、待ってる。

再度手伝いネイティブに話しかける↓
案内矢印が出る。

手伝いネイティブ[/話す]:
 さぁ、次に迎え。         (←注:「向かえ」ではなく「迎え」でした)
 手伝いタイニー、待ってる。

※順路に従わない場合2(タイニー無視)
カスミに話しかける↓

カスミ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 あら?
 手伝いタイニーのところを
 通過していないんじゃないかしら。
 
 ちゃんと全部のチェックポイントを
 通過してきてね。

手伝いパイレーツに話しかける↓

手伝いパイレーツ[/話す]:
 あっ、お前、手伝いタイニーの
 所とおってないだろ!
 ずるっこはだめなんだぞ。
 だめなんだぞ!
 だから、ちゃんと
 手伝いタイニーの所に行くんだぞ!

※勝負棄権、反則時
手伝いタイニーに話しかける↓

手伝いタイニー[/話す]:
 あれっ?
 なんだかわからないけど、
 記録がなくなってるや。
 悪いけど、もう一度ミニーに
 やり直すよって言ってきて!

手伝いタイニーに話しかける↓

手伝いタイニー[/話す]:
 いらっしゃーい♪
 ここはチェックポイントだよ。
 通過を確認する……
 じゃなかった、クイズだね♪
手伝いタイニー[/話す]:
 じゃぁ、クイズを出すよ~
 正解だと思う方を
 選んで答えてね~♪
 え、人によって問題が違う?
 気のせい気のせい、
 気にせずにいこう!
手伝いタイニー[/話す]:
 1問目だよ~
 「背負い魔・ネコマタ(杏)の
  ネコ魂はどこに入っていた?」

選択肢

:
 >壷
 >ゴミ箱

>壷
→「ふふ~ん。」へ。

>ゴミ箱↓

手伝いタイニー[/話す]:
 おつかれさまー♪
 採点するから、
 ちょっとまっててね。
 さぁって……と……
手伝いタイニー[/話す]:
 ふふ~ん。
 じゃぁ、次の問題いくよっ♪
手伝いタイニー[/話す]:
 2問目だよ~
 「背負い魔・ネコマタ(山吹)の
  ネコ魂はどこに宿った?」

選択肢

:
 >裁縫おばさんの三角巾
 >ゴルドーさんの汗拭き

>裁縫おばさんの三角巾↓

手伝いタイニー[/話す]:
 おつかれさまー♪
 採点するから、
 ちょっとまっててね。
 さぁって……と……

→不正解時>ゴルドーさんの汗拭き に同じ。

※不正解時
>ゴルドーさんの汗拭き↓
BGMがクエスト失敗時のものになる。終了で元のBGM続行。

手伝いタイニー[/話す]:
 うーん……残念。
 この答えじゃぁ
 次にはいかせられないなぁ
 もう一回やりなおしだねっ!

→手伝いタイニーに話しかける へ戻る。


※全問正解時
>ゴルドーさんの汗拭き↓
案内矢印が出る。

手伝いタイニー[/話す]:
 おお、すっごーい!
 問題ないよ!
 次へどうぞー!
 
 次はパイレーツのところかな?

再度手伝いタイニーに話しかける↓

手伝いタイニー[/話す]:
 あれれっ?
 ここはもう通過済みだよ~。
 パイレーツのところに
 向かってちょうだい!

※順路に従わない場合3(パイレーツ無視)
手伝いネイティブに話しかける↓

手伝いネイティブ[/話す]:
 もう、ここ、通過済み。
 パイレーツ、待ってる。

カスミに話しかける↓

カスミ[/話す]:
 あら?
 パイレーツタイニーのところを
 通過していないんじゃないかしら。
 
 ちゃんと全部のチェックポイントを
 通過してきてね。

※勝負棄権、反則時
手伝いパイレーツに話しかける↓

手伝いパイレーツ[/話す]:
 なんだなんだ、怪しい奴だぞ。
 途中で変なことになっちゃった
 みたいだな。
 ここを通すわけにはいかないぞ。
 ミニーのところに行って、
 最初っからやり直すといいぞ!

手伝いパイレーツに話しかける↓

手伝いパイレーツ[/話す]:
 お前、実はネイティブの
 スパイじゃないだろうな……。
 それはともかく、ここは
 チェックポイントなんだぞ!
 
 ……ええと、なんだっけ?
 あ、そうだ、クイズをだすんだ。
手伝いパイレーツ[/話す]:
 じゃぁ、クイズを出すぞ
 正解だと思う方を
 選ぶんだからな!
 間違った方を選ぶなよ!
手伝いパイレーツ[/話す]:
 1問目だぞ
 「8時間目:ほしのはなびから問題。
  グリと一緒に消火活動に
  行ったとき、一緒に出てくる
  アルマ達の組み合わせは……
  ・ダークフェザー
  ・バウ
  ・シャボタン
  ・ペペン
  であってる?」

選択肢

:
 >あってる
 >違う

>あってる↓

>違う↓

手伝いパイレーツ[/話す]:
 ふふん、採点するぞ。
 はてさて、どうなることやら
 ……ええっと、これでよかったっけ。
手伝いパイレーツ[/話す]:
 よっし、次だ次!
 次の問題いくぞ。
手伝いパイレーツ[/話す]:
 2問目だぞ
 「6時間目:ゆずれないねがいから問題
  想い合うウィリアムとテスが
  幸せになれるよう
  ブランが提案したのは?

選択肢

:
 >偽者のお嫁さん
 >嘘の結婚式

>偽者のお嫁さん↓


※ユニオンネコマタ(菫)装備、不正解時
>偽者のお嫁さん↓
案内矢印が出る。

手伝いパイレーツ[/話す]:
 ふふん、採点するぞ。
 はてさて、どうなることやら
 ……ええっと、これでよかったっけ。
手伝いパイレーツ[/話す]:
 ぶっぶー! ダメダメだ!
 これじゃぁ、ここを通すわけには
 行か……
:
 その時、誰かが解答用紙を
 こっそり取り替えたようだ。
手伝いパイレーツ[/話す]:
 行かないなぁ……あれっ?
 見間違えたかな?
 正解だった……てへ。
 じゃぁ、通っていいよー。
 次はカスミさんのところだぞ!

>嘘の結婚式↓

再度手伝いパイレーツに話しかける↓

手伝いパイレーツ[/話す]:
 あっ、お前また来たのか?
 ここはもう通過済みだぞ!
 さぁ、さっさとカスミさんの
 所に行くといいんだぞ。
 えっ?
 なんでカスミ「さん」かって?
 ……その、なんというか。
 おやつ差し入れしてもらったし、
 なんか、逆らえない感じで……。

※順路に従わない場合4(カスミ到達前)
手伝いネイティブに話しかける↓
案内矢印(手伝いパイレーツ向き)が出る。

手伝いネイティブ[/話す]:
 もう、ここ、通過済み。
 カスミ、待ってる。

手伝いタイニーに話しかける↓
案内矢印(手伝いタイニー向き)が出る。

手伝いタイニー[/話す]:
 あれれっ?
 ここはもう通過済みだよ~。
 カスミさんのところに
 向かってちょうだい!

タイニー近くにカスミ。

(メモ:失格時未記入)

カスミに話しかける↓

カスミ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 それでは……
 最後のクイズは
 私から出題するわね。
 2つ正解したらクリア。
 いいわね?
カスミ[/話す]:
 1問目
 「ネコマタ(新緑)の魂を集めるために
  使用したアイテムの名前は?」

選択肢

:
 >黒き聖杯
 >黒の聖杯

>黒き聖杯↓

>黒の聖杯↓

カスミ[/話す]:
 ふふっ、正解よ♪
 じゃぁ次の問題ね
カスミ[/話す]:
 2問目
 「鬼斬りガドゥの息子の名前は
  次の内どっち?」

選択肢

:
 >メロ
 >リロ

>メロ↓

カスミ[/話す]:
 う~ん。
 残念!
 もう一度クイズに
 挑戦してね

クエスト失敗時のBGM。終了で元のBGM続行。

>リロ↓
暗転。明けると、キクヅキがいる。
ミニーが西から駆け寄ってくる。

ミニー・ドゥ[西から駆け寄ってくる]:
 えええっ……!?
 ミニーが、負けた……?
 このかんっぺきなミニー様が
 勝負で負けちゃうなんて……
カスミ[/話す]:
 まぁ、あなたは十分頑張ったけど
 相手が悪かったわね。
 それに……自分が間違っていること、
 うすうす気が付いているんじゃないの?
オコジョ:
 きゅっきゅー!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 「大方、友達がいなくなって、
 犯人も分からず、           ←(注:インデントありませんでした。)
 何をすればよいのかわからず、
 それでも……何かをせずには
 居れぬのだろう?」
 ……って言ってるよ。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 うう、好きに言えばいいんですよぅ。
 どーせミニーは負けたドゥです。
 ルーザー・ドゥですよぅ……。

BGMがモーグのものになる。

カスミ[/話す]:
 ねぇ、ミニー?
 
 世の中そんなに甘くないの?
 甘えちゃ、だめよ。
 あなたはちゃんと話ができるし、
 頭も悪くないでしょ。
 勝った負けたで逃げているだけじゃ、
 何も変えられないわよ。
ミニー・ドゥ[/*びっくり1 /話す]:
 えっ……?
 
 ど、どどど、どういうこと!?
 ミニー、甘えてなんかないわよ!
カスミ[/話す]:
 甘ったれてるわね。
 だって、あなたは今、
 「勝負に負けたから」っていう理由で
 お友達を探すことを
 あきらめようとしてるじゃない?
オコジョ[キクヅキが「話す」モーション]:
 (きゅ、きゅー)
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 (きついけどいい女だ、って?
  お父さんのいう事はたまに
  むずかしいなぁ……。
  でも、カスミさんのいう事は
  ちゃんと筋は通ってると思うよ)

 

ミニー・ドゥ[/話す]:
 だって、ミニーは勝負に負けたのよ!
 賭けをした勝負に負けたのに、
 約束を破るのは悪いことじゃない!
ミニー・ドゥ[/話す]:        (←注:重複?)
 だって、ミニーは勝負に負けたのよ!
 賭けをした勝負に負けたのに、
 約束を破るのは悪いことじゃない!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ここで聞くのも悪いんだけど……
 
 カスミさんたちは、この世界の
 人じゃない……よね?
 ハヅキは言いにくそうにしてたけど、
 なんとなくわかるんだよね。
カスミ[/話す]:
 ……ええ、そうよ。
 でも、一応秘密にしておいてね。
 それがわかってしまう事で、
 何かまた別の影響が出てしまうかも
 しれないから。
 私たちは、エミル世界でも、
 タイタニア世界でも、
 ドミニオン世界でもない世界。
 それでいて、ここによく似た世界から
 この世界に流れ着いた……
 というべきかしらね。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 知り合いも、お友達も、
 誰もいなくなっちゃったの?
カスミ[/話す]:
 友達や知り合いからすれば、
 私たちがいなくなってしまった、
 という事になるんでしょうけどね。
 
 それでも、私たちは諦めないの。
 絶対に、みんなで再会して、
 一緒に帰るんだって決めたから。
ミニー・ドゥ[/*怒り2 /話す]:
 な……何えらそーにしてるんですか!
 ミニーに勝ったのは、あなたでも
 そこの親子連れでもなくって、
 そこの……、あれ?
 そういえば名前聞いてなかった。
 ええと……ふんふん。
 ○○さん、ね。
 ……じゃないの!
 
 いわば、勝負はまだついてないのよぅ!
カスミ[/話す]:
 そうね、あなたも私も、
 いなくなった誰かを探してる。
 
 でも、あなたは今諦めかけて
 いるんじゃないかしら?
 だったら、あなたの負けよ?
ミニー・ドゥ[/*怒り2 /バイバイ]:
 だったら……。
 だったら、
 ウィリーを見つける方法を
 教えてよぅ……っ!
 
 むつかしいこと
 よくわかんないから、
 どうやったら見つかるのか
 全然、ぜんぜんわからないの。
 あたしは負けたから、
 約束通り、ふくしゅーは
 やめるわ!絶対よ!
 
 だから、「ただしいやりかた」を
 教えてください……っ!

BGMが"Hope in infinity"(bgm_1154)に変わる。

カスミ[/*音符 /話す]:
 じゃぁ、お友達を探すのは
 諦めないのね?
 
 ……なら、きっとみんな、
 あなたの事をお手伝いしてくれるわ。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ぜーったい、あきらめたりなんか
 しませんよーだ!
 いいですよ、ふくしゅーは
 今日この場でおしまいにします!
 謝罪だって、仲直りだって
 なんでもしてやります!
 友達を取り戻すために、
 あなたたちを利用してやるんです!
カスミ[/*音符 /話す]:
 あら、そうなの。
 ……じゃぁ、あなたと私は
 今日からライバルね。
 どっちが勝つってことはないけど、
 諦めた方が負けよ?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ふんだ、ミニー、絶対に
 負けませんからねっ!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 さぁ、ミニーがわざわざ
 頭を下げておねがいしてるんだから、
 ちゃんと力を貸してくれなきゃ
 ミニー、泣いちゃうわよぅ!
 あ、そうだ、あなたも!
 ○○……さん、にも
 手伝ってもらうんだからね!
 忘れないでよぅ!?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 うーん、でもどうしよう。
 おれ、人探しなんてこと
 したことないしなぁ……。
 
 そうだ、
 ○○さんは
 人探しのいい案ある?

選択肢

:
 >皆に聞いてみよう
 >高いところから探してみる?

>皆に聞いてみよう↓
>高いところから探してみる?↓  (どちらを選んでも同じ)

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 そうだ、学校!
 みんなや先生に聞けば
 なにかわかるかも!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ???
 ガッコウってなんなんです?
カスミ[/話す]:
 たくさんの人が色々なことを
 学ぶ場所……かしら?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 じゃぁ、仲直りだね!
 ……けんかしてたわけでも
 ないんだけどさ。
 学校のみんなや、
 街のみんなに聞けば
 何かわかるかもしれないし。
 
 まずは学校に戻ろう!
カスミ[/話す]:
 なら、ミニー。
 これからよろしくね♪

暗転。明けると、誰もいない。
BGMが元に戻る。

エンディング - アップタウン [edit]

カスミに話しかける↓
案内矢印がでる。

カスミ[/話す]:
 お疲れ様♪
 ……とわいえ、ミニーの
 お友達を探すのは
 まだ終わってないわね。
 
 戻ったら、アミス先生にも
 相談してみるべきかしら……?

キクヅキに話しかける↓
キクヅキがプレイヤーに向き直る

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あぁ、疲れたぁ!
 でも、まだ終わってないよね。
 いなくなっちゃった
 ミニーの友達を探すために、
 みんなに相談してみようよ!
 ぷるぷる、帰ってきてるかなぁ……
 ちょっと心配なんだけど……
ぷるぷる:
 ぷるっ!
カスミ[/話す]:
 あら、ぷるぷるちゃん。
 だめよ、勝手に一人で行動したら。
 あなたが怪我したりしたら、
 みんなも、アミス先生も
 とっても悲しむんだからね。
ぷるぷる:
 ぷる……
 ぷるっ!
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ぷるぷるも反省したみたいだね。
 それにしても、無事でよかった!

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

エンディング - アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはキクヅキのみ。
守護魔・キクヅキに話しかける↓
暗転。明けると、カスミとぷるぷるがおり、アルマたちが半円を作っている。
プレイヤーが操舵輪の前に移動する。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ただいまー!
みんな:
 おかえり!
ペペン[鼓舞]:
 お帰りなさいですみなさん!
 自由研究はどうでしたか?
 ペペンたちはばっちりです!
 ……まさか、本を読んでいたら
 本当に海の中にいるような
 気分になってしまうとは
 思いもしなかったのです……。
 ペペンとフミちゃんは
 平気でしたけど、マオさんが
 溺れそうになって大変でした……

サラマンダーが「決めポーズっ」モーション。

サラマンダー[/話す]:
 こっちは大変だったー!
 この前知り合った人たちの紹介で
 おしゃれ職人さんに会いに
 行ったはいいけれど……
 縫い物のやり方習ってたら、
 窓の外からでっかい角が生えた
 怪人がのぞきこんでてさー!
 ドロボーかと思ったけど、
 職人さんのお友達なんだって!
 あれはほんとーに驚いたよ!
 縫い物の腕は……
 まぁ、あたしは初心者ってことで……
シーホース[謡う]:
 こちらはいろいろ教わって
 たくさんの歌があることがわかりました♪
 
 人間は、さまざまな想いを乗せて
 歌を謡うのですね……。
 ミナ様から
 紹介していただいた歌の先生は
 本当によい方でした。
 発声練習から、感情の込め方、
 正しい姿勢まで手取り足取り
 教えていただいたんですよ。
シーホース[こんらん]:
 そういえば、ブランさんは
 レッスンの間、先生と距離を
 置いていらっしゃったのですが
 なぜなのでしょう?
バルル[/*はっ /話す]:
 こっちは、いい運動になりました。
 ステップ砂漠の遺跡とやらに
 行ってみようと思ったんですけど、
 ヘタレーはあっという間にばてるし、
 サツキは干からびそうになるし。
 とはいえ、前とは違って
 ちゃんと準備はしていったんで、
 ステップ砂漠まで行ったことは
 行ったんですけど……
 なんだかバカでっかい
 イソギンチャクに
 出っくわしちゃって、一目散に        (←注「出くわし」ではなく「出っくわし」でした)
 逃げ帰る羽目になりました。
 
 まぁ、それなりに楽しかった
 です……けど。
シャボタン[/話す]:
 わたしたちは、結局どこに行くかで
 口論になって……
 ヤヨイさんとアカリさんが
 行先の決定権をかけて、
 アクロニア平原でずーっと
 スポーツの勝負をしてたの。
 かけっこ、はば跳び、借り物競争、
 後なんだっけなぁ……。
 とにかく、たくさーん勝負してたの!
 
 え、スケッチはどうなったか?
シャボタン[/*笑い /話す]:
 えへへ、大丈夫。
 二人のスケッチを
 たーっくさん描いたんだよ!
バウ[/*はっ /話す]:
 すごかったです!
 ふわふわが、ひらひらで、
 ふぁさーっとなって!
 すっごくきれいだったです……
 キサラギさんとみるくちゃんが
 みんなでアマスさんの
 サインをもらいに行こうって、
 がくやをほうもんしたですけど……
 みるくちゃんがうっかり
 ステージ用のセットとまちがえて
 しゃるろっとちゃんの足をふんで、
 おおさわぎになったです……
 でも、ごめんなさいしたら
 アマスさん許してくれたです!
ダークフェザー[/*はっ /話す]:
 こっちもただいま。
 久しぶりのノーザンは
 涼しくてよかったわ。
 ……でも、シャノワールが
 案内してくれた、
 「としょかん」っていう
 所は本当に本ばかりで
 おどろいちゃったわ。
 でも、私たちには難しい本が
 多かったから、ムツキにお願いして
 絵本を読んでもらったの。
 
 へんな人もいたけど、
 とっても面白かったわ♪
サラマンダー[/話す]:
 で、あたしたちの自由研究は
 こんな感じだったけど、
 そっちはどうだった?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 いや、それがさぁ……

選択肢

どうする?:
 >ミニーを紹介する
 >ぷるぷるがいなくなったことを話す

>ぷるぷるがいなくなったことを話す↓
ミニー・ドゥの王冠を入手。

:
 ぷるぷるの件を話そうと
 したとき、ぷるぷるが素早く動いて
 背後にいたミニーを
 みんなの前に押し出した。

暗転。明けると、操舵輪横にミニー・ドゥがいる。

ぷるぷる:
 ぷるぷるっ♪
ミニー・ドゥ[/話す]:
 う、うわわあ、
 押さないでくださいよぅ!
シャボタン[/話す]:
 ええと……こんにちは。
 初めまして、かな?

→選択肢「どうする?」>ミニーを紹介する に続きます。

>ミニーを紹介する↓
ミニー・ドゥの王冠を入手。
暗転。明けると、操舵輪横にミニー・ドゥがいる。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 ううっ、なんでしょう
 このアウェー感……
 ううん、負けちゃだめよ……!
 ミニーはあの子を見つけ出すために
 この子たちを利用しちゃう
 悲劇のヒロインなんですから
 ここで逃げちゃ駄目ですよぅ……!    (←「駄目」漢字でした。表記ゆれパネェ)
バルル[/話す]:
 あの、どちら様か知らねーですけど、
 その独り言、おもいっきり
 聞こえてますよー……
:
 ミニーを連れてきた理由を
 みんなに説明した。
シーホース[/話す]:
 つまり……
 ○○様たちは、
 街の皆さんのお手伝いをして
 秋を満喫して……
サラマンダー[/話す]:
 その上、新しいアルマまで
 見つけて連れてきたのか!
 すっげー!
ミニー・ドゥ[/話す]:
 勝負に負けたからには
 潔くここで労働するのよぅ!
 ここでほりょにでもおとりにでも
 好きにしたらいいんです!
 ミニー、絶対に負けないもん!
 ぷんすかぷー!
シャボタン[/話す]:
 ええと、ミニーちゃん、でいい?
 ここは学校だから、
 捕虜とかおとりとか、
 そういう関係はないよ?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 えっ?
シャボタン[/話す]:
 やっぱり勘違いしてたんだね。
 大丈夫、学校は怖いところじゃないよ。
バウ[/話す]:
 ここにいるみんなはおともだちです!
ローキー[/話す]:
 そうなのじゃ、おぬしもアルマなら
 わかるとは思うが、私たちも
 アルマなのじゃ♪
 ほれっ♪

ミニー以外のアルマたちがモンスター形態になる。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 ぅふぇえええ!?
 ……ニンゲンに
 変身できるの、
 ミニーだけじゃなかったのっ!?
 ……そういえば、
 勝負の前にそんなこと
 聞いていた気がしましたけど
 何のことだかさっぱーり
 意味がわかんなかったですよぅ……。

アルマたちが人間形態に戻る。

ダークフェザー[/話す]:
 あなた、ミニー・ドゥなのね。
 じゃあ、私と同じ、
 ノーザンの出身ね。
 仲間が増えたわよ、
 ウィリー・ドゥ。

ミニーが「びっくり1」エモーションを出しながらダークフェザーに駆け寄る。
立ち止まり、ダークフェザーに向き直った後「トホホ」モーション。   (メモ:その後何か?)

ミニー・ドゥ[]:
 ……あーーーーーーーっ!!?
 ウィリー!
 ああ、間違いない……
 こんなところに居たのっ!?
ペペン[/話す]:
 うにゅ?
 どういうことです?

ミニーがさらにダークフェザーに1歩近づく。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 まさかこんな早くに
 再会出来るなんて!
 ミラクル!
 奇跡そのものだわ!
 
 ……もしかして
 あなたがウィリーの
 ゆーかいはん?
ダークフェザー[/話す]:
 わたしが人間の世界に来るときに、    (←注:「わたし」ひらがなでした)
 ……え、えーと一緒について来て
 くれたのよ!
ミニー・ドゥ[トホホ]:
 あーん、もうだったら
 ミニーのことも誘ってくださいよぅ!
 一人でボール転がすのは
 それなりにさびしかったんですよー!
ダークフェザー[/話す]:
 わたし、その時はあなたの事
 知らなかったんだもの。
 
 ウィリーの友達だって
 知っていたなら、
 ぜったいに誘っていたわ。
バルル[/話す]:
 あのウィリー・ドゥは
 ぬいぐるみじゃないんですか……?
シーホース[/話す]:
 私も、そう思っていましたけど……。
 もしかして……
ダークフェザー[/話す]:
 みんな、何言ってるの?
 ウィリー・ドゥは
 ぬいぐるみじゃなくて
 私の大切なお友達よ?
みんなの声:
 ……。
 ……えーっと。

シャボタン他に「びっくり1」エモーション。    (メモ:要チェック)

みんなの声:
 えーっ!?
ミニー・ドゥ[トホホ]:
 なにはともあれウィリーも見つかったし
 もうミニーのふくしゅーおーしまいっ!
 完全無欠でこれにて一件落☆着!
 やったー♪

暗転。明けると、アミスが戻っている。

アミス[/話す]:
 あらあら、みんなどうしたの?
 自由研究はうまくいったかしら?
 あら、初めて見る子ね。
 あなたもアルマなのかしら?

ミニー・ドゥがアミスに歩み寄る。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 はぁい、はじめまして!
 あたし、ミニー・ドゥって言うの。
 今日から学校でお世話に
 なることになったのよぅ!
アミス[/話す]:
 あら、あなたウィリー・ドゥちゃんの
 おともだちなの?
 私はアミス、この学校の先生よ。
 ここにいるみんなは、
 ここで色々と勉強をしているの。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 あなた、すごい人なのね!
 ううん、先生だけじゃないわ。
 そこにいる三人……特に
 ○○さん!
 この完璧なあたしに
 勝っちゃったんだから
 ニンゲンってすごいのね……。
アミス[/話す]:
 ふふふ、
 ○○ちゃんは、
 私の専門外の「冒険」に関することを
 みんなに教えてくれる冒険者だから
 色々と経験を積んでいるの。
 だから、すごいのは当然なのよ?
 私があなたに教えられるのは……
 そうね、お勉強全般と
 お料理やお菓子の作り方、
 後はちゃんとした大人になるための
 マナーくらいかしら?
ミニー・ドゥ[/*笑い /話す]:
 ちゃんとした大人!?
 それってもしかして
 レディーのことっ?
 あなた、レディーにしてくれるの?
 とっても素敵だわ!!
 ミニー、いつかレディーになりたいなぁ
 ……って、ずーっと思ってたのよぅ!
 
 お願い、アミス先生!
 ウィリーと同じみたいに
 ミニーにもいろぉんなこと
 教えてくださぁい!
アミス[/話す]:
 ええ、いいわよ。
 名前はミニーちゃんね、よろしく。

ミニーが操舵輪に向き直る。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 ○○さぁん!
 とぉっても素敵なところに
 連れてきてくれてありがとう!
 
 ウィリーにも会えたし、
 あこがれのレディーにも……
 むふふ♪
 ミニー、今ものすっごぉく
 しあわせです♪
 あなたはとっても見所があって、
 将来家来にするには
 最っ高ぉのニンゲンになりそうだから
 ミニーの宝物、あげちゃいます!
ぷるぷる:
 ……ぷるっ!?
シャボタン[/話す]:
 ……あれっ?

ミニーと絆の樹に煌き舞い広がる光。同時に絆の樹が大きくなる。
全員が絆の樹に向き直る(ただしミニーとキクヅキは明後日)。

シャボタン[]:
 絆の樹が成長してる……!
バウ[/話す]:
 うわぁ……おっきいです……
 すごいです!
サラマンダー[/話す]:
 おー、でっけー!
 すっごいなぁ!
ペペン[/話す]:
 なんか、とってもいい気分です……
 この樹、優しいですね。
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ふわぁぁああ……!
 これはきっとミラクルだわ!
 ううん、きっとみんなとの
 出会いもミラクルなのよ!
 
 これからの素敵な日々を
 祝福してくれてるに
 違いないのよ……っ!
 そこのペンちゃん!
ペペン[ミニーに向き直る /*汗2 /話す]:
 ……ふぇぇえっ!?
 ペンちゃんってペペンのことですか?
ミニー・ドゥ[/話す]:
 ペンちゃんは一人しか居ないわ!
 あなたもどーきょーのしでしょ?
 今度ウィリーたちみたいに、
 ぎゅっとしてダンスしましょ!
 
 レディーはうれしいときに
 ワルツが必須なのよぅ♪
ペペン[/*汗2 /話す]:
 お、おとなな感じがするです……!
 これが立派なレディーって
 ものなのですかーっ!?
カスミ[/話す]:
 ……まぁ、なんと言いますか。
守護魔・キクヅキ[-]:
 やっぱり心配だなぁ……。
アミス[/話す]:
 (なんだか、元気な子ね……
  というわけで、この子がみんなと
  うまくやっていけるように、
  フォローしてあげてね。
  急に決めちゃって悪いけど、
  よろしくね)
アミス[/話す]:             (←注:重複・・・)
 (なんだか、元気な子ね……
  というわけで、この子がみんなと
  うまくやっていけるように、
  フォローしてあげてね。
  急に決めちゃって悪いけど、
  よろしくね)
ミニー・ドゥ[操舵輪に向き直る /話す]:
 ウィリー! みんな!
 これからのミニーに
 こうご期待!
 なのよぅ!

ミニーが「決めポーズっ!」モーション。

※守護魔ルート

カスミ[-]:
 ふふふ♪
 これでとりあえずは一安心……ね。
 じゃぁ、わたしは一度
 アップタウンに戻って
 捜し物を続けるわね。

※ネコマタルート

守護魔・キクヅキ[-]:
 ふぅ、これで一安心だね!
 ……あ、おれ、まだ宿題が
 終わってなかったんだっけ……
 戻って、宿題やってくるね!
 早く大きくなりたいなぁ……

後日談 - アップタウン [edit]

着物姿のカスミとキクヅキが立っている。
キクヅキ、カスミに話しかける↓

守護魔・キクヅキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 ○○さん
 お疲れ様!
 
 ミニーの誤解も解けて、
 これで一安心だね。
 ……でも、おれとフミは
 宿題やらなきゃなぁ……。
カスミ[/話す]:
 ちょっと衣装を落ち着いたものに
 替えてみたんだけれど……
 こっちの方が落ち着くわね。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 どっちも似合ってるよ、
 カスミさん、美人だもん。
 何着ても似合うって!
カスミ[/話す]:
 あら、お上手。
 どうもありがとう♪
 でも、女の子に優しすぎるのは、
 ときどき思いがけない
 火傷することになるから、
 もう少し気を付けた方がいいかもね。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 ……そうかなぁ?
 本当にそう思っただけなんだけど。
オコジョ:
 きゅ、きゅー。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 もっと大人になったらわかる?
 あー、おれも速く大人になって
 立派な守護魔になりたいなぁ。
 そうだ、忘れてた。
 夏休みの宿題で、自分の身の回りの
 物を作ってみよう……っていう
 工作の宿題があったんだ。
 それで、この「キクヅキの扇子」を
 作ったんだけど……
 結構よくできてると思うよ!
 
 もしよかったら、
 EXイベントチケット3枚と
 交換するよ!
カスミ[/話す]:
 あら、本当によくできてるわね。
 割と似合うんじゃないかしら?

選択肢

どうする?
 >特に用事はない
 >飛空庭にのぼる
 >EXイベントチケットと交換する

>特に用事はない
→台詞なし。

>飛空庭にのぼる
→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」>アミスの飛空庭にのぼる に同じ。

後日談 - アミスの飛空庭 [edit]

アミスに話しかける↓

アミス[プレイヤーに向き直る 教鞭を持って説明する]:
 結果はともあれ、ミニーちゃんは
 他の人に悪い事を
 しようとしたんだから、
 一緒に謝りに行ったんだけど……
 皆、迷惑どころか、
 ちょうどよかった……って
 言われちゃったわ。
アミス[教鞭を持って説明する]:
 みんなを幸せに出来るなら、
 その能力を悲しい事じゃなくて、
 みんなが喜ぶ方に活かせれば
 いいわね……
アミス[/疲れ?]:
 ……あっ。
ぷるぷる:
 ぷるぷるっ!?
アミス[/疲れ?]:
 大丈夫よ、ぷるぷる。
 ちょっと疲れてるだけ。
アミス[教鞭を持って説明する]:
 来年になれば、ここにも
 多くの子供が来てくれるの。
 みんなと仲良くできると
 いいなぁ……
アミス[教鞭を持って説明する]:
 ○○ちゃんも、
 良ければまだしばらく
 力を貸してちょうだいね。
アミス[教鞭を持って説明する]:
 ○○ちゃん、
 今日はどんな
 お勉強をしましょうか?

ミニーに話しかける↓

  • パターン1
    ミニー・ドゥ[立ち上がりプレイヤーに向き直る /話す]:
     ○○さん……
     ……ええと……、あの。
     マスター……?
ミニー・ドゥ[/バイバイ]:
 あぁっ、やっぱこれ
 結構恥ずかしいですよぅ!?
 
 引かないでっ!
 ミニーだってちょっぴり
 恥ずかしいんですよぅ!
  • パターン2
    ミニー・ドゥ[立ち上がりプレイヤーに向き直る /話す]:
     ○○さん、
     こんにちは!
     ミニーに会いに来てくれたんですか?
  • パターン3
    ミニー・ドゥ[立ち上がりプレイヤーに向き直る /話す]:
     ○○さん、
     ミニーにおみやげはないんですか?
     せっかくいい子にしてるのにぃ……。
     (くすん)
ミニー・ドゥ[/座る]:
 ……あ、バレバレ?
 むむぅ……。通じませんか……。

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。

ミニー・ドゥ[/話す]:
 ううう、皆様には迷惑を
 おかけしました……。
 いっぱいいっぱいになって、
 とにかく誰かに仕返ししなきゃ!
 ……って思い込んでたけど、
 
 それって結局、
 考えることをやめて
 何かに逃げていただけだよね……。
 ウィリーも無事だったし、
 ミニー、もう自分に負けないっ!

ミニーが座る

カスミに話しかける↓

  • パターン1
    カスミ[立ち上がりプレイヤーに向き直る /話す]:
     たまには私も
     遊んで来なさい……なんて
     言われたのはいいのだけれど。
 いざとなると、
 なかなか思いつかないわね……
  • パターン2
    カスミ[立ち上がってプレイヤーに向き直る /話す]:
     動きやすいのはいいけど、
     やっぱりこういうふわふわした
     かわいいお洋服よりは、
     和装の方が落ち着くわね……。
 ……あら、やだ。
 ○○さんったら
 いまの聞いてたの?
  • パターン3
    カスミ[立ち上がってプレイヤーに向き直る /話す]:
     あら、いらっしゃい。
     ○○さん。
     ご飯はもう済ませました?

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。

カスミ[/話す]:
 ミニー、誤解が解けて
 よかったわね……。
 仕返しをすることの是非は、
 私が決めることではないけれど……
 あの子にそんなことは、
 正直似合わないものね。
 それにしても、クイズにしても
 運動にしても、誰も怪我したり
 しない方法ではあったけど、
 本当にお疲れ様。
 いてくれて本当に助かったわ。
 それにしても……
 ミニーの今回のいたずら、
 結果的にいたずらされた人は
 全員が何らかの得をしてるのよね。
 あの子、もしかして何かすっごく
 運が良かったりするのかしら?

カスミが座る

キクヅキに話しかける↓

  • パターン1
    守護魔・キクヅキ[立ち上がりプレイヤーに向き直る /話す]:
     ○○!
     今度は、どんな冒険してきたの?
     お話、聞かせてよ!
  • パターン2
    キクヅキが立ち上がりプレイヤーに向き直る /話す
    オコジョ:
     きゅっきゅー?
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 あっ!
 ○○!
 お父さんが、
 「元気にしてるか?」だって!
  • パターン3
    守護魔・キクヅキ[立ち上がりプレイヤーに向き直る /話す]:
     ○○!
     元気だった?
     おれは、元気!

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。

守護魔・キクヅキ[/話す]:
 とにかく、人騒がせな話……
 だったよね。
 ミニーは勘違いから先走って
 復讐を始めようとするし、
 その復讐は何をやっても
 上手くいかなくて、町の人たちに
 なぜか感謝される始末。
 理由を聞くまでに、あれだけ
 走り回ったり、勝負したり
 するなんて考えてもいなかったよ!
 
 ……でも、今回は
 ○○さんが
 いてくれて本当によかったよ!
 ミニーもどうやら
 ○○さんには
 ずいぶんなついてるみたいだし、
 誤解されやすそうな子だから
 フォローしてあげてほしいな!

キクヅキが座る


Last-modified: 2014-11-05 (水) 22:57:56