イベントログ記録へ戻る

なんでもクエストカウンター、心象風景での対話(ロア装備時編) [edit]

※空いているところは、順次埋めていってください。ロアを所持している方のご協力お願いします。

○○にはプレイヤーの名前、△△にはパートナーの名前が入ります。
頭の[△△:]の部分には実際は名前は出ませんが、混乱防止の為にこの形式にしてあります。

アルカード・ロア装備時 [edit]

アルカードと会話 [edit]

アルカード[/話す]:
 あら、なかなか趣味のいい
 相手を連れているのね、
 ◯◯さん
アルカード:
 わたくしを差し置いて、他の……
 あら? わたくしにそっくり。
 あなたも、もしかして……
△△[/話す]:
 あなたが、アルカードね?
 わたくしは……
 △△。
△△[/話す]:
 詳しいことはわからないけれど、
 どうやら、わたくしたちは非常に
 よく似ているようね?
アルカード[/話す]:
 そうね、わたくしに双子の妹は
 いませんし、偶然にしてはできすぎね。
アルカード[/待機]:
 それにしても……
 ◯◯さん  
 覚悟なさってくださいね?
△△[/話す]:
 そうですわ。
 あなたが魂に刻み込み、
 覚えているべき吸血鬼は……
 ここに二人いるのですからね。

清姫と会話 [edit]

清姫[/話す]:
 ◯◯様、
 来ていただけてうれしい♪
 今、お飲物の準備を
 しますからね♪
△△[/話す]:
 ……清姫、あなた
 わたくしと話す時と比べて、
 ずいぶんと態度が
 違ってますのね……?
清姫[/話す]:
 ……。
 △△も
 歓迎しますよ♪
△△[/話す]:
 ……清姫、無理しなくても
 いいですわよ……?
清姫[/話す]:
 む、無理なんかしてないわよ?
 私はいつも明るく元気な
 清姫……な……の、よ……?
△△[/話す]:
 ……(ふるふる)
 ◯◯、
 清姫にあんまり無理させちゃダメよ?

エンジェルフェザーと会話 [edit]

エンジェルフェザー[/話す]:
 △△さん、
 ◯◯さんと
 ご一緒で、とっても楽しそうです♪
△△[/話す]:
 そうね、悪くはないですわよ?
 ◯◯と
 一緒なら、喉が渇くことも
 退屈することも……
 忘れられることも有りませんしね。
△△:
 そういえば、あなたはここで
 何をしているのかしら?
エンジェルフェザー[/話す]:
 アンジュは、人間の社会が
 まだよくわからないんです。
 ここでいろんなお仕事のお手伝いをして
 人間界の事をお勉強するんです。
エンジェルフェザー:
 アンジュは天使だから、
 小鳥さんたちや、お友達や、
 大事な人たちが幸せになるよう
 いっぱいがんばるんです♪
△△[/話す]:
 ……ねぇ、
 ◯◯、
 この子、わたくしよりも
 おとぎ話の中が似合いそうね。
△△:
 でも、この子タイタニアとも
 少し違いますわよね……
 純真な子なのかしら。

モーモーと会話 [edit]

モーモー[/話す]:
 ども、お疲れ様ですー!
 △△さんは
 紅茶好きなんでしたっけ?
△△[/話す]:
 ええ、そうだけれど?
 紅茶は飲むのも好きだし、
 自分で淹れるのも好きですわね。
△△:
 最近は
 ◯◯がいるから、
 淹れる回数も増えたかしら?
モーモー[/話す]:
 紅茶にはレモン入れる方ですか?
 それとも牛乳?
 うちとしては牛乳を入れて
 ミルクティーがおすすめですよ。
△△[/話す]:
 茶葉によって何が合うかは
 変わるから、時と場合によるけど……
 なに、あなた牛乳屋もやってるの?
モーモー[/話す]:
 うちの実家が牧場なんで、
 牛乳の売れ行きが上がると
 家族や牧場主さんも楽できるかなー
 って……。
 ◯◯さんも
 どうですか?
△△[/話す]:
 ……今度、サンプルを少し
 持ってきなさいな。
 気に入ったら使ってあげますわ。

清姫・ロア装備時 [edit]

アルカードと会話 [edit]

[/話す]:

清姫と会話 [edit]

[/話す]:

エンジェルフェザーと会話 [edit]

[/話す]:

モーモーと会話 [edit]

[/話す]:

ル・フェイ・ロア装備時 [edit]

ル・フェイと会話 [edit]

△△ [/話す]:
 ここ、家具の趣味はいいけど、
 意外と広々としてるのよね。
 もうちょっと家具が欲しいなぁ……
ル・フェイ[/話す]:
 そこにいるのは、もう一人の私?
 うーん、鏡に映る顔が目の前で
 動いてると、意外とやりにくいかも
 ……なんて思っていたけど、
 案外気にならないものよね。
△△ [/話す]:
 まぁ、お互い自分みたいなもの
 なんだから、考えることも
 だいたい同じでしょうしねぇ♪
ル・フェイ[/話す]:
 物語……だったらしい過去の記憶は
 同じものを持っているっぽいけれど、
 そこから先の各自の経験や記憶は
 共有できてないみたいなのよね……
△△ [/話す]:
 そこは確かに不便よねえ……
 とはいえ、体が二つあるのに記憶が
 混ざっちゃうとかえって問題だから、
 そこは仕方ないと思うわよ?
ル・フェイ[/話す]:
 そうなのよねぇ……
 都合のよいところだけ共有できたら
 いいなぁ、って思うんだけどね。
ル・フェイ:
 心を共有する妙薬……とか
 研究してみる価値はあるかも、ね。

バステトと会話 [edit]

△△[/話す]:
 あら、バステト。
 今日は機嫌がいいのね。
バステト[/話す]:
 ○○と、
 りんご姉さんなら、
 ……わりと、快適。
△△[/話す]:
 まぁ、どっちも気が向いた時にしか
 お互いに干渉しないのは事実ね。
 他の子はどうなのかしら。
バステト[/話す]:
 猫はかわいい……
 けど、ずっと構われると、
 うっとおしくなる……から、
 要注意……。
△△[/話す]:
 ……ですって。
 今の所、私たちは及第点みたいね♪
△△:
 で、バステト。
 今日の気分は?
バステト[/話す]:
 ……二人だけでお話してないで、
 もっと私を構うといいと思う。
△△[/話す]:
 うふふ、素直でよろしい♪
 猫ちゃんは気まぐれだものね。

ネクロアーマーと会話 [edit]

△△[/話す]:
 あら、騎士様お疲れ様。
 お勤め大変ね、りんごをあげるわ♪
 そんな重そうな鎧を身に着けて
 ずっと生活しているの?
ネクロアーマー[/話す]:
 ああ、魔女か。
 りんごはありがたくもらっておく。
 でも別に僕は疲れてなんかいないぞ?
ネクロアーマー:
 そもそも、僕はむしろこっちが本体で
 この肉の体はアルマになってから
 新しく出てきた部分だから、
 手入れするときに大変で……
 って、そういう話題はやめよう。
△△[/話す]:
 あら、ちょっとお待ちなさい。
 騎士であっても女の子である以上、
 お肌のお手入れと洋服の選択は
 手を抜いちゃダメよ。
△△:
 女の子の柔肌と素敵なドレスは
 舞踏会での剣と鎧みたいなものよ?
ネクロアーマー[/話す]:
 え?
 いや、そういうものなの!?
 僕は騎士の方がメインであって
 舞踏会で踊るとかは他の女の子に
 任せておけばいいじゃないか!?
△△[/話す]:
 へぇ~、そうかしら?
 たとえば、もし大事な用事があって
 みんながパーティに出席する時。
 そこで、あなただけ逃げるなんて、
 真面目な騎士様にはできないわよね~♪
ネクロアーマー[/話す]:
 う!?
 ぼ、僕は逃げたりなんかしないぞ!
ネクロアーマー:
 ……おかしい、何かおかしい。
 ○○、
 僕は魔女にだまされていないか……!?

アンブレラと会話 [edit]

△△[/話す]:
 あら、傘のお嬢さん、
 ご機嫌いかが?
アンブレラ[/話す]:
 あら、魔女じゃない。
 あたしの機嫌は悪くないけど、
 そうよくもない……ってところかしら?
アンブレラ:
 ダウンタウンって、
 天井があるから雨が降らないじゃない。
 傘をさすことがあまりないから、
 ちょっとつまんないのよね~
△△[/話す]:
 雨が好きなの?
 あなた、植物や農作業を……
 あぁ、そうか。
△△:
 お気に入りの傘があるのね?
 あるいは長靴かしら?
アンブレラ[/話す]:
 ……ふ、ふん。
 そんなのあたしの勝手でしょ?
 別に畑とかには興味ないしぃ。
アンブレラ:
 そんなに植物やら農作物が
 気になるなら、青汁でも飲んでれば
 いいじゃない?
△△[/話す]:
 あら、図星だったみたいね?
 可愛くていいじゃない、
 傘とお揃いの長靴があれば、
 きっととっても似合うわよ?
△△:
 そうだ、
 ○○、
 今度このお嬢さんと一緒に
 可愛い傘でも探しに行って来たら?
アンブレラ[/話す]:
 もう! そういう気の使われ方が
 好きじゃないのよ!
 あたし、もう子供じゃないもん!
アンブレラ:
 ……でも、まぁ
 ○○は悪くないし、
 買い物くらいだったら
 付き合ってあげるけどさ……

バステト・ロア装備時 [edit]

ル・フェイと会話 [edit]

ル・フェイ[/話す]:
 あら、
 バステト。
 今日は遊びに来たの?
△△[/話す]:
 ……会議、する。
 ○○も一緒。
ル・フェイ[/話す]:
 ……会議?
 あぁ、何かの相談があるのね。
 ○○も?
△△[/話す]:
 ……でも、その前に。
 りんご姉さんは、
 わたしをしばらく構うといい。
ル・フェイ[/話す]:
 ふふ、いいわよ♪
 最近来てくれなかったから、
 飽きられたかと思ってたわ。
ル・フェイ[/話す]:
 ……そうなのよー、
 尽くしても尽くしても
 放っておかれちゃうようだと、
 拗ねちゃうのよ?
 ね、○○?
ル・フェイ[/話す]:
 ……ところで、
 バステト。
 会議はいいの?
△△[/話す]:
 ……ごろごろ。
 また今度……。

バステトと会話 [edit]

バステト[/話す]:
 ……あがめても、いいよ?
バステト[/話す]:
 ……猫、可愛い。
△△[/話す]:
 ……うん、可愛い。
バステト[/話す]:
 ……今月の、広報活動……
 報告……。
 はじめる。
△△[/話す]:
 ……昼寝してる子供に、
 こっそり猫耳を付けてみた。
バステト[/話す]:
 ……ポイント、高い。
 こちらは受付の文房具箱に、
 にくきゅうのハンコ置いた。
△△[/話す]:
 ……なんて、狡猾。
 ポイント、高いね。
バステト[/話す]:
 今月の報告、おしまい。
 ……猫の認知度は、日に日に
 上がってるに違いない……
△△[/話す]:
 ○○も
 もっと活動しても、よい。
バステト[/話す]:
 あと、もっと褒めてくれても、
 ……よい、よ?

ネクロアーマーと会話 [edit]

[/話す]:

アンブレラと会話 [edit]

[/話す]:

キャプテンキッド・ロア装備時 [edit]

キャプテンキッドと会話 [edit]

[/話す]:

玉藻と会話 [edit]

[/話す]:

ココッコーと会話 [edit]

[/話す]:

タランチュラと会話 [edit]

[/話す]:

玉藻・ロア装備時 [edit]

キャプテンキッドと会話 [edit]

[/話す]:

玉藻と会話 [edit]

[/話す]:

ココッコーと会話 [edit]

[/話す]:

タランチュラと会話 [edit]

[/話す]:

ローレライ・ロア装備時 [edit]

ローレライと会話 [edit]

[/話す]:

パラケルススと会話 [edit]

[/話す]:

ベアと会話 [edit]

[/話す]:

フライフィッシュと会話 [edit]

[/話す]:

パラケルスス・ロア装備時 [edit]

ローレライと会話 [edit]

[/話す]:

パラケルススと会話 [edit]

[/話す]:

ベアと会話 [edit]

ベア[/話す]:
  お、きたなー!
  ◯◯と
  えーと、名前は……
  パラちゃん!
  ふっふっふ、かんぺきに覚えた!
△△[/話す]:
  んむ。
  まぁ大体において
  意図は通じるから、
  問題は無かろうなのだ。
△△[/話す]:
  さて、マドモワゼル。
  我輩は熊のアルマである貴女に
  確認せねばならぬ事があるのだよ。
ベア[/話す]:
  んむんむおもしろいな!
  で、あたしにききたいことって?
  すりーさいずはれでぃーの
  秘密らしいぞ?
△△[/話す]:
  なに、それをこの場で聞くほど
  デリカシーがないわけではないさ。
  我輩が知りたいのは、
  熊全般が大好きらしい蜂蜜のことだ!
ベア[/話す]:
  はちみつか!
  あまいな!  そしておいしい!
  でも知ってるか、ビンからそのまま
  おててでとって舐めてたら、
  先生に怒られたんだぞ。
  せめてスプーンを使いなさい、って。
△△[/話す]:
  んむぅ、それはその先生に理があるな。
△△[/話す]:
  我輩が知りたいのは、
  熊たちはどこでそんなにおいしいい、
  質の良い蜂蜜を見つけてくるかだ。
  
  それがあれば、我輩の脳にまた良質な
  糖分がいい感じに補給できてな?
ベア[/話す]:
  んー、よくわかんないけど、
  あたしは町の露店をくるくるまわって
  ビンに入った甘そうな奴を買うぞ?
  いい匂いの奴は大抵おいしいんだ。
△△[/話す]:
  ……んむぅ、目利き、か。
  野生とは一体なんだったのか……
ベア[/話す]:
  いや、ちがうぞ。
  前に蜂蜜を巣ごと持って帰ったら、
  ものすごく怒られたから……
  あれ以来、「てんねんもの」には
  手を出さないようにしてるぞ。
△△[/話す]:
  ……んむ。文明社会で生きるには
  仕方ない事なのかもしれんなぁ。

フライフィッシュと会話 [edit]

フライフィッシュ[/話す]:
  パラケルススちゃん
  いらっしゃいなのー♪
  ◯◯さんも、
  いらっしゃいなのー♪
フライフィッシュ[/話す]:
  あのね、フィッシュ今ね、
  おいしーいお菓子を作ってるから、
  出来たら食べさせてあげるの♪
  ちょっと待ってて欲しいのー♪
△△[/話す]:
  んむ、小さなマドモアゼル、
  それは非常に魅力的な提案だ。
  
  我輩は待つことに異論はない、
  いや、むしろここを動く気はないぞ。
  我が主人はいかがかな?
フライフィッシュ[/話す]:
  でっきたー♪
  さー食べて食べてーっ♪
  そして感想を二十文字以上
  二十一文字以内で聞かせるのー♪
△△[/話す]:
  んむ?
  んむむ、もごもご、
  んむっ、うまい。
フライフィッシュ[/話す]:
  むむむ……!?
  
  二十一文字ぴったりなのーっ!
  すっごいのー!
△△[/話す]:
  んむ、それはともかくとして、
  マドモアゼルはいい錬金術師に
  なれる素質はありそうであるな。
  
  なにせこんなに美味しいお菓子を
  創り上げることができるのだ。
△△[/話す]:
  ……んむ?
  怪訝な表情をしなくてもよいのだぞ?
  そも、料理というのは錬金術に
  通じる所も大いにあるのだよ?
△△[/話す]:
  料理のレシピというものは、
  過去に積み重ねられた様々な実験に
  裏打ちされた成功するための手順だ。
  そして調理の技術は薬品を調合し、
  素材をさばき、手際よく無駄なく
  加工するための……
フライフィッシュ[/話す]:
  え?
  フィッシュ、良くわからないけど
  なんとなくこうしたら美味しくなるって
  感じたとおりに作るよー?
フライフィッシュ[/話す]:
  材料をそろえてー、
  なんかいい感じに楽しくなったら
  やーってやって、ドーンとして、
  バーンってつくると、美味しいのー♪
△△[/話す]:
  ……んむぅ。
  これが、天賦の才能と言うものか……
  それを定量化してレシピに出来たら
  どんなにいい事か……
△△[/話す]:
  どれ……んむ、うまい。
  下手なプロ顔負けの絶妙な味わいだ。
  ……まぁ、我輩たちはこの天上の果実を
  食べる事が出来ることで、今のところは
  満足をしておくとしようか。

ワーウルフ・ロア装備時 [edit]

ワーウルフと会話 [edit]

ワーウルフ[/話す]:
  ……む、そこの貴様は……
  △△、か。
ワーウルフ[/話す]:
 どうやら、心の中にいる俺と。
  外側でいる俺で分かれてしまった、
  という事なの……か?
ワーウルフ:
  その辺、どうなんだ?
  ○○。
  何かわからないか?
△△[/話す]:
  まぁ、紙芝居屋以外にも俺の物語を
  知っている奴がいたんだ、一人増えても
  今更驚く必要もない、か。
△△:
 ……いや、驚かなくても困るか。
  食費だのなんだの、負担が増えるし……
  いくらなんでもこれ以上、
  ○○に迷惑を
  かけるわけにも……
ワーウルフ[/話す]:
 あと、一つ言っておくと、
  ○○は
  俺の群れの仲間……だ。
  ……だよな?
△△[/話す]:
 ……む。まて、それはおかしい。
  ○○は
  俺の群れの仲間だ。
  こうして一緒にいるし。
ワーウルフ[/話す]:
 待て、俺は心の中に住んでいるぞ?
  そこはどうなるんだ?
△△[/話す]:
 ……実際のところ、主人である
  お前の意見はどうなんだ?
  ……え、あぁ、そうか。
  群れのリーダーはお前だな……
ワーウルフ[/話す]:
 む?
  ……あ、俺も、そこの俺も、
  お前の群れの構成員か……
  いや、それでいい……はずだ。

メフィストフェレスと会話 [edit]

メフィストフェレス[/話す]:
  あら、犬。
  ご主人様と散歩なの?
△△[/話す]:
 ……?
メフィストフェレス[/話す]:
  ねぇ、犬。
  聞いているの?
  ○○、
  犬の躾がなってないわよ。
△△[/話す]:
  ……俺の事か?
  俺は犬ではなく狼なんだが。
メフィストフェレス[/話す]:
 そうなの?
  まぁ、どちらでもいいわ。
  仲良く散歩中悪いんだけど、
  あなた、力自慢と聞いたわりに
  動作に無駄な動きが多すぎないかしら。
  ……うん、あまり効率が良くないわね。
△△[/話す]:
 ……む。
  確かに、特定の師について
  戦いを習ったことはないが……
メフィストフェレス[/話す]:
 なら、矯正してあげるわ。
  私の肩に手を置き、親指をあてて、
  そう、傷をつけないように。
  軽く沈み込む程度に力を加えて、
  力を抜きすぎない様にまわして……
△△[/話す]:
 ……む、こうか?
  案外、難しいものだな……
メフィストフェレス[/話す]:
 ちょっと強いわね、もう少し弱く。
  ……そうそう、そのくらいよ。
  その感覚を忘れないように、
  もうしばらく反復練習なさいな。
メフィストフェレス:
 ……あら、どうしたの
  ○○、
  そんなに微妙な表情をして。
  ……気がつかないようだから、
  そろそろこの犬、あなたに返すわね?

テンタクルと会話 [edit]

△△[/話す]:
  ……なぜ、俺を見て
  奇妙な笑みを浮かべるのか
  聞いていいか、テンタクル。
テンタクル[/話す]:
 えー、奇妙な笑みなんかじゃ
  ありませんよぉ。
  お二人が来てくれて、本当に
  嬉しいなぁ……って。
  そう思っていただけですよ?
△△[/話す]:
  で、その両手に持った
  湯気を立てている料理はなんだ?
テンタクル[/話す]:
  あぁ、やっぱり気が付いてくれました?
  いいですよ、ぜひとも新作の味見を
  お願いしたいと思っていたんです♪
テンタクル:
 これはですね……
  (ごにょごにょ)
△△[/話す]:
 お、おい!?
  そんなものを料理に使うのか!?
テンタクル[/話す]:
 えー……?
  △△君は
  お気に召しませんか?
  せっかく愛情を込めて作ったのに……
テンタクル[/話す]:
 わかりましたよー、だ。
  では、味見は心優しい
  ○○さんに……
  うふ、うふふふ……
△△[/話す]:
 ま、まて、それを
  ○○に
  食べさせるわけには……
  ええい、ままよっ!
△△[/話す]:
 ……あれ、食える?
  俺は、なぜ倒れていない?
テンタクル[/話す]:
 もー、ひどいですねぇ。
  いくら食材に毒性があるからって、
  お料理する時にはちゃんと
  毒のある部分は切り取って
  処理してますよ?
テンタクル:
 まぁ、ぎりぎりのところが
  一番おいしい、っていう人も
  いますけど……うふふ?

マミーと会話 [edit]

△△[/話す]:
  ……む?
  ○○、
  この子は怪我しているのか?
  どうした、痛むのか?
マミー[/話す]:
 ……うるさい。
  マミ、怪我なんかしてない。
マミー:
  お前、邪魔。
  ○○、
  なんでそんなやつ連れてるの?
  そんなのより、マミともっと遊べ。
△△[/話す]:
  ……く、口の悪い奴だな。
  しかし、ずいぶんと懐かれてるな、
  ○○。
マミー[/話す]:
 うるさいうるさい。
  でっかいからってえらそーにするな。
  そいつはマミのだもん、
  お前なんかにあげない。
△△[/話す]:
 いや、その。
  そういう事を言われても
  俺はここを離れることは
  出来ないわけでな……?
マミー[/話す]:
 ○○、
  抱っこ、して。
  ぎゅー、して。
  その後は、お医者さんごっこ。
  マミが包帯巻くから。
マミー:
 ……そこのでっかい奴も、
  ついでにやってやるから、
  ○○を
  独り占めするな。

メフィストフェレス・ロア装備時 [edit]

ワーウルフと会話 [edit]

[/話す]:

メフィストフェレスと会話 [edit]

[/話す]:

テンタクルと会話 [edit]

[/話す]:

マミーと会話 [edit]

[/話す]:

ルチフェロ・ロア装備時 [edit]

ルチフェロと会話 [edit]

[/話す]:

ステラと会話 [edit]

[/話す]:

ドラッキーと会話 [edit]

[/話す]:

ブーフと会話 [edit]

[/話す]:

ステラ・ロア装備時 [edit]

ルチフェロと会話 [edit]

[/話す]:

ステラと会話 [edit]

[/話す]:

ドラッキーと会話 [edit]

[/話す]:

ブーフと会話 [edit]

[/話す]:

Last-modified: 2017-09-02 (土) 19:20:20