イベントログ記録へ戻る

なんでもクエストカウンターでの対話(基本編) [edit]

※空いているところは、順次埋めていってください。埋められる方のご協力お願いします。

ロア、アルマを装備していると、追加台詞があります。

エンジェルフェザーと会話 [edit]

  • パターン1
    エンジェルフェザー [/話す]:
     ○○さん、
     こんにちは♪
  • パターン2
    エンジェルフェザー [/話す]:
     アンジュ、もっと人の事を
     お勉強するんです♪
  • パターン3
    エンジェルフェザー [/話す]:
     シアターのお姉さんから、
     ポップコーンをいただきました♪
     アンジュはワッフルが好きですけど、
     なんだかこれもほわほわしてて
     いいですよね♪

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

1月のイベント終了後 [edit]

エンジェルフェザー[/話す]:
 ところで、アルカードさんの
 身に着けていた髪飾りに
 似たものを作ってみたんですけど、
 割と上手にできたかなぁ、って
 思うんですよね♪
 うふふ、学校の先輩たちにも
 お手伝いしてもらったんですけど、
 アンジュもがんばったんですよ?
 
 あ、それでですねー。
 もし良かったら、
 EXイベントチケット3枚と
 「アルカードの髪飾り」を
 交換しませんか?

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「アルカードの髪飾り」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

エンジェルフェザー[/話す]:
 アルカードさん、消えずにすんで
 本当によかったですね♪
 ○○さん、
 ちょっとかっこよかったです。
 わたしも見習わなきゃ……!

>「アルカードの髪飾り」と交換したい↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

エンジェルフェザー[/話す]:
 あの、あの……
 EXイベントチケットが
 たりないです~。

モーモーと会話 [edit]

  • パターン1
    モーモー [/話す]:
     アクロポリスとファーイーストは
     近いようで意外と遠いなぁ……
     みんな元気かな?
     手紙とか書こうかなぁ……
  • パターン2
    モーモー [/話す]:
     うーん……農場経営には
     何が必要なんだろう……
     人間も大変だー……って、
     ○○さん、
     来てたんですかー!?
  • パターン3
    モーモー [/話す]:
     ○○さん、
     お疲れ様でーす!
     冒険者の生活って、
     どんな感じなんですか?
     興味はあるんですよー。

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

2月のイベント終了後 [edit]

モーモー [/話す]:
 ○○さん、
 お疲れ様です~♪
 清姫さんが大蛇だったのは
 正直びっくりしましたよー。
 世の中って不思議なことが
 いっぱいあるんだなーって
 思いました、はい。
 あ、そうそう。
 清姫さんをいろんな人が
 覚えていられるように、
 あの蛇の人形を作ったんですよ。
 細かい仕上げは学校のみんなにも
 手伝ってもらいましたけど、
 大雑把に何かを作るのは
 けっこう得意なんですよー♪
 
 ……なんか、みんな凝り性なんで
 妙に迫力も出ましたけど。
 EXイベントチケット
 5枚で交換できますけど、
 この「清姫の大蛇」と
 おひとつ交換してみませんか?

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「清姫の大蛇」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

モーモー [/話す]:
 今回の依頼人は、
 アップタウン在住のザッハさん。
 彼女さんとのデートでモーグが
 今アツい! という事でしたが
 どうも彼女さんが大蛇を見た、
 とのことでモーグの大蛇退治が
 今回の依頼でしたねー。
 ○○さんとは、
 うちとザッハさんの三人で
 モーグに行きましたよね♪
 そしたら、最初に聞き込みした
 清姫さんがねー……すごかった。
 一目ぼれしちゃって、気づけば
 デートしてるような雰囲気に……
 いろいろあって、ザッハさんの
 彼女さんが転んでぶつかって、
 清姫さんが浮気されたって
 誤解して怒っちゃって……
 その背後に燃え盛る大蛇が!
 後でわかったんですけど、
 清姫さん、モーグで紙芝居屋さんが
 広めた話の中から実体化した
 ロアっていう存在だったみたいですね。
 あの時はもう正直何が何やら
 わからない状況でしたけど、
 ○○さんの
 説得で清姫さんも落ち着いて、
 何とかなったんですけど……
 ロアって、一体何なんでしょうね?

>「清姫の大蛇」と交換したい↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

モーモー [/話す]:
 あれー?
 EXイベントチケットが
 足りないですよー。

ネクロアーマーと会話 [edit]

  • パターン1
    ネクロアーマー [/話す]:
     騎士たる者、鎧の手入れは
     常日頃から欠かすべからず……
     うむむ、アルマになってから、
     肉の体がある分手入れ方法が
     ややこしくなったなぁ……
     
     お、キミか。どうした?
  • パターン2
    ネクロアーマー [/話す]:
     誰か紅茶を淹れてくれないか。
     自分で淹れるのは騎士として、
     あまり見栄えが……
     キミに頼むのも何か違うなぁ。
     いや、仮にも僕の主君役に雑用を
     頼めるわけないだろう?
  • パターン3
    ネクロアーマー [/話す]:
     礼儀作法に四則演算、
     文字の読み書きに土木建築……
     騎士ってこんなに色々覚えないと
     いけないものなのか!?
     学校ではここまでは習ってないけど、
     騎士の学校ではないからな……
     もしかして、僕は受付嬢の奴に
     何か騙されているんじゃなかろうか……

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

3月のイベント終了後 [edit]

ネクロアーマー [/話す]:
 そういえば、受付嬢の奴の話では
 フェイのような耳の形は可愛いから、
 それっぽくなるアクセサリを作れば
 みんな喜んでくれるに違いない!
 ……って話でな?
 慣れないながらも、作ってみたよ。
 我ながらなかなかうまくいった
 ……と、思うんだ!
 実は、学校の先輩たちにも
 手伝ってもらったんだけどな。
 それで、だ。
 もし良かったら、
 EXイベントチケット3枚と
 「半妖の耳」を交換しないか?
 もちろん、強制はしないけどな。

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「半妖の耳」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

ネクロアーマー [/話す]:
 ヒトの世界で騎士として生きるために
 こっちに来た僕は、受付嬢から
 いつか人間の主君を得た時のために、
 訓練が必要だろう、と言われて
 見聞を広めるために、ここで
 なんだかんだと手伝いをしていた。
 で、主君役の冒険者を紹介して
 もらったのはいいんだけど……
 よりによって、騎士にはふさわしくない
 仕事をその相手に振って、僕を
 そこに同行させる……なんて言う
 卑劣な手を使ってきた。
 そこで僕のかりそめの主君として
 やってきたのが、キミだったのは……
 唯一の救いだったかな。
 畑を荒らす動物退治なんて、
 平和すぎて騎士にはふさわしくない
 仕事だとは思ったけど……キミが依頼を
 受けたなら、騎士はそれに従うだけだ。
 それにしても、あの事件は未だに
 僕にはよくわからない事ばかりだ。
 魔女が何故悪いものになっていたのか。
 元々悪いものじゃなかったのに、
 いつの間にかそうなっていたのか。
 まるで、りんごが不老不死の秘訣に
 勝手にされた話みたいだ。
 ル・フェイは、一番初めは
 どんな魔女だったんだろうな?
 ○○、キミはどう思う?

>「半妖の耳」と交換したい↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

ネクロアーマー [/話す]:
 む……
 EXイベントチケットが足りないぞ。
 結構苦労して作ったんだ。
 その分の価値は認めてほしいな。
 断固として値引き交渉には
 応じないぞ! ほんとだぞ!

アンブレラと会話 [edit]

  • パターン1
    アンブレラ [/話す]:
     雨、降らないかなぁ……
     せっかく集めた可愛い傘の
     コレクションなのに、
     なかなか出番がないのよね。
     ……次は日傘を集めよっかな。
     可愛くてぇ~、おしゃれ~な
     デザインの奴、あるかしら?
  • パターン2
    アンブレラ [/話す]:
     アンタ、こーひーと紅茶だったら
     どっちが好き?
     あたしはどっちも行けるんだけど、
     大人の女としてはこーひーの方が
     それっぽいのかしら……?
  • パターン3
    アンブレラ [/話す]:
     ふ~ん♪
     ふんふふ~ん♪
     ……ん?
     あっ、来たなら声くらい
     かけなさいよ!

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

4月のイベント終了後 [edit]

アンブレラ [/話す]:
 そういえば、この前会った
 トンカの商人さんに頼んでた
 「ネコミミヴェール」の試作品が
 届いたわよ!
 うまいこと人気が出たら、
 あたしもデザイナーとして
 デビューしちゃおうかしら?
 ……ってことで、せっかくだから
 アンタにも融通してあげていいわよ?
 EXイベントチケット3枚で
 「ネコミミヴェール」一つと
 交換してあげるわ。
 
 それとも、何かあたしに御用?

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「ネコミミヴェール」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

アンブレラ [/話す]:
 正直びっくりしたわよね。
 トンカに変なものがあるって言われて
 見に行ったらそこらじゅうに
 ネコの置物……まぁその時はまだ
 それがネコだって知らなかったけど、
 それがどーんと置いてあるんだもの!
 で、その置物を設置した犯人を
 捜しに行ったら出っくわしたのが
 あのバステトね。
 身軽だから捕まえにくくて苦労したわ。
 まぁ、あたしにかかれば
 いずれ追いつめられるのは
 確実だったけど。
 でも、そんな事ばかりも
 言ってられなかった。
 ネコっていう生き物を
 宣伝してみんなに知らせようとしてた
 バステトだけど、ネコってそもそも
 昔の時代に絶滅していた動物なのよね。
 それを知った時、
 あの子、泣いてたの。
 バステトはネコの化身だったみたいで、
 世界にたった一人取り残されたような
 気分になったのかもしれないわね……
 で、そこで何とかすべく
 あたしとアンタが協力して、
 あの子を説得……でいいのかしら、
 したんじゃない。
 もう忘れちゃったの?
 結果、あの子はアンタと契約して
 世界中でネコを捜しつつ
 ネコの良さを広めるために
 活動を始めた……って事ね。
 でも、この前聞いたら
 「町の人に猫耳をつけさせる」とか
 「トンカのマリオネット工房で
 猫型のマリオネットを作らせる」
 とか、ろくでもない事考えてたわよ?
 実行する前に、ちゃんと保護者である
 アンタが責任とって止めなさいよ?

>「ネコミミヴェール」と交換したい↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

アンブレラ [/話す]:
 ええっとね……
 色が黒、白、赤、青の4種あって、
 髪の毛を隠すタイプと、
 隠さないタイプがあるの。
 どっちも、チケット3枚で交換よ?
 髪を隠すタイプは、
 「髪変更」って書いてあるから
 選ぶときは気をつけなさいよ?
 返品は効かないんだからね!

ココッコーと会話 [edit]

  • パターン1
    ココッコー [/話す]:
     しゅくだい、むずかしい……
     おてつだいしてほしいなぁ。
  • パターン2
    ココッコー [/話す]:
     にーたん、げんきかな……
     おとーたん、おかーたん、
     げんきかな……
     ……ぴ!?
     な、なんでもないよっ!
  • パターン3
    ココッコー [/話す]:
     ぴ♪
     どこかあそびにいくの?

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

5月のイベント終了後 [edit]

ココッコー [/話す]:
 ぴ♪
 ○○ねーたん
 今日はどーするの?
 あのね、あのね。
 キッドねーたんと、この前
 川までおさんぽにいったの。
 
 そしたら、キッドねーたん
 いっぱい水着だしてくれたの。
 おさいほう、とくいなんだって!
 すごーい!
 それでね、ひくうていを手に入れる
 足しにするからって、かいぞく仲間の
 ぴいがお店屋さんしてあげるの♪
 「キャプテンキッドの水着」は
 えーっと……、ちょっとまってね。
 EXイベントチケット5枚と
 交換できるんだって!

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「キャプテンキッドの水着(碧)」と交換する
 >「キャプテンキッドの水着(オレンジ)」と交換する
 >「キャプテンキッドの水着(黒)」と交換する

>もっとお話ししたい↓

ココッコー [/話す]:
 ぴい、こわいのいや……
 だから、知らない人とおはなしするの、
 すっごくこわかったの。
 いまでも、やっぱりこわいの。
 デスねーたんにいわれて、
 知らない人のおてつだいするの、
 むりだと思ったの……
 ぴい、知らない人とおはなしすると
 ことばが出てこないの。
 おひざががくがくして、
 どこかにかくれたくなるの。
 お手伝いするあいてが
 ○○ねーたん
 で、本当によかった。
 ちがうひとだったら、ぴい、
 きっとむりだったと思うの。
 いらい人のロバートにーたんは、
 がんばってやさしくしようとして
 くれたけど、やっぱりどこか少し
 こわいところがあったの。
 キッドねーたんは、おふねを探して
 ずっと大変なぼうけんをしてたの。
 つらいことがいっぱいあって、
 キッドねーたん、あきらめかけてたの。
 でも、そのときだったよね。
 ○○ねーたん
 いろいろお話してくれて……
 キッドねーたん、元気になったの♪
 その後で、みんなでかいぞくの
 おはなしを聞いたの。
 キッドねーたんがいうには、
 かいぞくって、こわいこともあるけど、
 すごく楽しいってきいたの。
 ぴい、楽しいのは好き……♪
 でも、こわいのはだめなの。
 ぴい、かいぞくになれるかなぁ……

>「キャプテンキッドの水着」と交換する↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

ココッコー [/話す]:
 あ……あのね、
 ○○ねーたん
 EXイベントチケットが
 たりないの……

タランチュラと会話 [edit]

  • パターン1
    タランチュラ [/話す]:
     え、普段何をしているか、ですか?
     仕事と勉強以外で?
     
     ええと、たとえば……
     た、大したことはしていないですね。
     普通に本を読んだり遊んだりしている
     だけですよ? 本当ですよ?
  • パターン2
    タランチュラ [/話す]:
     わたし、うまくやれてるかな……。
     ○○さんは、
     いい人だけど、世の中良い人ばかりじゃ
     無いだろうし、もっと頑張らなきゃ……
     あ……でも、今度遊びに行く約束
     しちゃったし、あのお店のお菓子も一度は
     食べてみたいし、どうしよう……
     ……って、いつからこちらに?
     え、ほぼ最初から?
     わ、忘れてください!
     いいですね? いいですね!?
  • パターン3
    タランチュラ [/話す]:
     ○○さん、
     お疲れ様です!
     受付嬢さんがしっかりしないと
     みんながだらけちゃうのに……
     何とかならないですか?

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

6月のイベント終了後 [edit]

タランチュラ [/話す]:
 ○○さん、
 改めて、お疲れ様でした!
 被害が出ないですんで、
 本当に良かった……。
 あの事件の後に、アイアンシティの
 みなさんから頂いた素材を使って
 タマちゃんからもらった髪飾りと
 あいそうなリボンを作ったんです!
 上手くやれば、一つにまとまるかも、
 EXイベントチケット3枚で
 「玉藻のリボン」一つと交換しますね!
 それで、サウスの人たちに何かお返しが
 できたらいいな……って。
 
 あるいは、何かわたしに用事ですか?

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「玉藻のリボン」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

タランチュラ [/話す]:
 今回の依頼人のシエルさんは、
 今考えてみれば不思議な方でした。
 事件が起きそうだから依頼に来た、
 紙芝居の内容が再現されるかも。
 そんな、今までのロアの事件を
 知っている人ではないとわからない
 話を持ってくるなんて、考えてみれば
 出来過ぎた話だったのかもしれません。
 依頼に従って、アイアンシティで
 発生しているという、親切すぎる人の
 影響でみんなが働かなくなっている、
 という事態の調査に向かった先で
 出会ったのが、タマちゃ……いえ、
 玉藻さんでした。
 玉藻さんはとても親切な方で、
 町の中のほぼすべての人と仲良く、
 お手伝いをしたり、お話をしたり
 していました。
 町の人達は玉藻さんを信頼していて、
 わたしはそれすらもお話にあった
 悪女の狙い通りなのかもと、
 正直、混乱していました。
 そして、事件は起きました。
 ここで、紙芝居通りだったことは
 玉藻さんが物語の筋書き通りに、
 殺生石になった……というか、
 取り込まれてしまったこと。
 違ったのは、玉藻さんは悪女ではなく、
 町を滅ぼすことなんか、ちっとも
 望んでいなかったこと、ですね。
 アイアンシティのみなさんと、
 ○○さんのおかげで
 物語の結末は変わり、
 タマちゃんは無事に救出されました。
 ……本当に、よかった……
 でも、いつまた同じことが起こるか
 わからないから……ということで、
 玉藻さんはサウスから離れ、
 受付嬢さんの所に相談に来て……
 ○○さんの
 心に中に住みついた、
 というわけですね。
 本当に、すごいです。

>「玉藻のリボン」と交換したい↓

タランチュラ [/話す]:
 実はですね……調子に乗って三種類も
 作ってしまいました……
 色が三色あって、黒、赤、白の
 三種類になります。
 わたしだと上手にできないんですけど
 誰かに頼めば髪飾りと一つにまとめる
 事が出来るんじゃないかと思います!

選択肢

 >交換をやめる
 >ネコミミヴェール(黒)と交換したい
 >ネコミミヴェール(赤)と交換したい
 >ネコミミヴェール(青)と交換したい
 >ネコミミヴェール(白)と交換したい
 >ネコミミヴェール(黒・髪変更)と交換したい
 >ネコミミヴェール(赤・髪変更)と交換したい
 >ネコミミヴェール(青・髪変更)と交換したい
 >ネコミミヴェール(白・髪変更)と交換したい
 >「玉藻のリボン(黒)」と交換したい
 >「玉藻のリボン(赤)」と交換したい
 >「玉藻のリボン(白)」と交換したい

※EXイベントチケットがたりなかった場合

タランチュラ [/話す]:
 チケットが足りません……

ベアと会話 [edit]

  • パターン1
    ベア [/話す]:
     いいこと思いついたぞ!
     おまえ、あたしをひざまくらするんだ!
     きっとねごこちがよさそうだ。
     え、なんでかって?
     ○○は、
     いっしょにいるといい気分なんだ。
     だから、ひざまくらしてもらって
     お昼寝できたら、そりゃー
     気分よくねむれるだろう?
  • パターン2
    ベア [/話す]:
     もぐもぐ。
     ほ、はんだ?
     ほはえほたへほほは……ごっくん。
     なんだ?
     ○○、
     おまえも食べ物がほしいのか?
     うーん、これ食べるか?
  • パターン3
    ベア [/話す]:
     今日はおつかいにはいかないぞっ!
     ……あれ、ちがうのか?
     
     なら、何のもんだいもないな!
     いっしょに遊ぼう!

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

7月のイベント終了後 [edit]

ベア [/話す]:
 ライちゃんのお歌は、
 何度聞いてもいいんだぞ。
 もうなんというか、ぞっこんだな!
 そういえば、
 ○○は、
 ライちゃんのますたーなのか?
 そんなますたーが冒険してるときに
 えらいあたしはライちゃんと
 すごいものをつくってた!
 りくつはわからないけど
 ほんとうにすごいぞ!
 と、いうことで、欲しかったら
 EXイベントチケット5枚と
 「人魚の秘宝」を交換するぞ!
 それともなにか?
 なんだ? お話か?

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >人魚の秘宝(蒼)と交換したい
 >人魚の秘宝(ピンク)と交換したい
 >人魚の秘宝(黒)と交換したい

>もっとお話ししたい↓

ベア [/話す]:
 あたしはデスのところで
 のーんびりしごとしてたんだ。
 しごとって何かって?
 しらないのか、おるすばんだ!
 たいへんなしごとだぞ?
 なんだかよくしらないけど、
 たまに知らない人が来るから、
 デスのところに案内するんだ。
 あと、デスが寝てたら起こすぞ。
 で、ひらひらの人が来たんだ。
 男で、ひらひらで、かみしばいに
 あいたいっていってた。
 あたしは後でわかったけど、
 かみしばいはあれだな、童話だな。
 絵が描いてあって、おはなしを聞く。
 そうそう、それ。
 かみしばいは見て聞くものだけど、
 ひらひらの人は会いたいっていってた。
 ことばの使い方がちがうけど、
 あたしはやさしいから気にしないぞ!
 で、だな。デスが言うには、
 かみしばいは童話の人だったんだ。
 童話の人はあたししってたから、
 お話をしてくれるところを
 あんないしてやったんだぞ。
 ○○も、
 その時いっしょにいたな。
 あたしがいなかったら、
 きっとたいへんなことに
 なっていたんだぞー。
 で、童話の人はいなくなって
 噴水にライちゃんが出てきた。
 きれいだったなー……
 そこからは知ってるよな?
 ライちゃんがお歌を歌って、
 みんながわーってなって、
 ひらひらの人の飛空庭に
 ライちゃんを取り返しに行ったんだ。
 そういえば、あのときの
 ○○も、
 けっこーかっこよかったぞ。
 おまえなら、ライちゃんをまかせても
 あんしんだな!

>「人魚の秘宝」と交換したい↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

ベア [/話す]:
 あー、だめだぞー。
 EXイベントチケットが
 足りないから、これはおまえには
 あげられないんだなー。

フライフィッシュと会話 [edit]

  • パターン1
    フライフィッシュ [/話す]:
     あーひまだよーとけちゃうよー
     ひまひますぎてフィッシュたいくつー。
     ……ん?
     ほわしゃ!
     やだー、いつきてくれたのー!
     ハニーなの!
  • パターン2
    フライフィッシュ [/話す]:
     ハニーなの!
     来てくれたのー♪
     
     フィッシュはいい子にしてるよ?
     旗あげゲームしてたの♪
     あ、これはねぇ、
     フィッシュが考えた遊びなの。
     旗をパタパタさせて、
     どっちの旗が勝つか決めるのー♪
  • パターン3
    フライフィッシュ [/話す]:
     もっとフィッシュを好きになって
     もらえるように、いっぱい、
     いーっぱいお勉強するのー♪
     でも、お勉強していると、
     気が付いたらいつも夢の中に
     入っちゃってるのー……

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

8月のイベント終了後 [edit]

フライフィッシュ [/話す]:
 ハニーなの!
 いらっしゃいなのー♪
 今お菓子を作ったから、
 大歓迎しちゃうのー♪
 フィッシュの作るお菓子はおいしーの。
 パラケルススちゃんもだいこばんだよ~。
 
 そういえば、パラケルススちゃん、
 この前フィッシュがお菓子作ってる隣で
 こんな物つくってたんだよー。
 なんだかねー、すごい物らしいの。
 
 だから、EXイベントチケット3枚で
 この「賢者の石」と交換してあげるの♪
 でも、お菓子みたいに
 何回か使うときれいさっぱり
 無くなっちゃうんだって!

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「賢者の石」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

フライフィッシュ [/話す]:
 あのねあのねー、
 たいへんだったのー!
 ミリアムさんっていう
 おべんきょうが大好きな人がね、
 べんきょうしたりないから、
 もっとすごい先生を探してほしいって
 依頼に来たの。
 その時、デスちゃん……あ、そうそう。
 デスちゃんは今もそこの受付にいる
 デスちゃんの事だよー?
 
 デスちゃんは、その前に来た
 お客さんとお話した後で、
 なんだか考え込んでたの。
 デスちゃんはミリアムさんのお仕事を
 受けたんだけど、なんだか変だったのー。
 自分で街に出るっていうし、
 先生のあても無さそうだしねー。
 でも、すごかったのー。
 デスちゃんが「先生はいないかな」って
 大きな声でつぶやいたら、すぐに
 先生になれる人が出てきたんだよー?
 それが、パラケルススちゃん。
 ほむほむちゃんのお母さんなの♪
 
 色々難しいお話をしてたから
 フィッシュにはわからないことも
 いっぱいあったけど、
 ミリアムさんはすごく感心してたの。
 それで、おうちにお邪魔したの。
 でも、突然パラケルススちゃんが
 ミリアムさんをさらっちゃったよね。
 フィッシュ、とっても驚いたのー!
 あ、でもね、でもね、
 ○○さんもいたから
 怖くなんかなかったのー♪
 実は紙芝居屋さんって人が
 パラケルススちゃんを見張ってた
 みたいで、捕まえるために一芝居
 うったんだっていってたの♪
 パラケルススちゃんが無茶して
 居なくなっちゃったんだけど、
 紙芝居屋さんがここでもう一度
 お話をしてくれたら、また
 来てくれたんだよー?
 ほむほむちゃんも寂しくないし、
 フィッシュもほむほむちゃんに会える
 から、とーってもいいことなの♪

>「賢者の石」と交換したい↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

フライフィッシュ [/話す]:
 チケットが足りません……

テンタクルと会話 [edit]

  • パターン1
    テンタクル [/話す]:
     料理をおいしいって
     食べてもらえるのが、
     この体になって知った、
     一番幸せなことですね。
  • パターン2
    テンタクル [/話す]:
     美味しい美味しいお料理さん、
     作るのも、食べるのも、
     食べてもらうのも好きなんです♪
     あ、でもですよ?
     わたしが調理している時に
     厨房に入っちゃダメですよー?
     うっかり食材と間違えて……
     ふふ、ふふふ?
  • パターン3
    テンタクル [/話す]:
     ○○さんは、
     食べ物で苦手な物って
     ありますかー?
     え、好きな物じゃないのかって?
     好きな物は食べてもらえますけど、
     苦手な物って、出てきても
     食べられないじゃないですか。
     そういうのは辛いから……
     好き嫌いは、徹底的に矯正をして
     いかないとだめだなーって、
     うふふふふふふ……

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

9月のイベント終了後 [edit]

テンタクル [/話す]:
 うふふ、
 ○○さん、
 お疲れ様です。
 お茶にします?
 それともお食事?
 そういえば、ワンコ君って意外と
 多芸でして……カクテル作れるなんて
 知りませんでした~♪
 で、お話を聞かせてもらったら、
 昔働いていたような気がする……
 って、ちっとも要領を得ないんです。
 で、もう使わないからやるよ、って。
 
 だからEXイベントチケット3枚で
 「シェイカー」と交換してあげますよ。
 きっとお似合いだと思うなぁ……?

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「シェイカー」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

テンタクル [/話す]:
 はい、依頼人のルーちゃんは
 ファーイーストにお住いの
 女の子でしたね。
 
 農家のみなさんはお忙しい時期だから、
 子供のルーちゃんがアクロポリスまで
 お使いに出てきたみたい。
 偉い子ですよねぇ……うふふふ。
 今回からなんでもカウンターの
 新しい仲間として、紙芝居屋の
 アイリスさんが加わりました。
 
 なんでも、今まではいろんなところで
 紙芝居の公演をして、ロアと呼ばれる
 方々を生み出していたみたいです。
 でも、一寸したきっかけがあって
 今はロアを生み出すことを止めている
 という事なんですよ。
 ……で、紙芝居ができないと生活費が
 稼げない……という事で、受付嬢さんが
 ここで働かせることにしたんですね♪
 それはともかく、依頼内容はなんと
 ファーイーストの役場からの正式な物。
 狼が出たので、捕まえる時の手伝いが
 3~4人欲しいという事で、
 みんなで行くことになりました。
 現地では子供たちが「夜に出歩いてると
 怖い狼に食べられちゃう」なんて言う
 噂をしていて、ほほえましいなー、
 なんて思っていたんですけどね。
 でもって、緑盾軍……みどりたてぐん、
 ……ってよむみたいですね、の本部に
 お邪魔して担当さんとお話していると
 やってきたのがワンコ君……もとい、
 リュカさんと名乗る男性でしたね。
 狼騒ぎの時に発見された、
 頭を打って記憶を無くした旅人って
 言うふれこみの方でした。
 なんか、無口なんだけどどこか押しに
 弱そうというか……いじりたくなると
 言うか……これは本人には秘密ですよ?
 相談中に、アイリスさんが狼男の物語を
 教えてくれたんですけど、そのお話では
 狼と人は和解できたんです。
 だから、きっとうまくいくよね……って
 思っていたんですけどね。
 狼男の正体は、リュカさんでした。
 リュカって名前もかりそめのもので、
 ワーウルフっていうみたいです。
 アイリスさんによれば、アイリスさんが
 生み出したのとは別のロア……だった
 みたいですね。
 ワンコ……じゃなくって、
 ワーウルフ・ロアを生み出した物語は、
 狼を狂わせる月とセットで語られて、
 ワーウルフは自分の手で月を砕いて……
 物語を、止めてしまいました。
 暴れなくなるのはいいんですけど、
 本人が消えちゃうなんて厄介だと
 思いませんかー?
 ○○さんの心に
 避難できなかったら、ワンコ君は
 消えちゃってたんです。
 ……あなたは本当に、フシギな人。
 受付嬢さんが一目置いてるのも
 よーくわかりますね。
 ええ、とっても魅力的ですよ。
 食べちゃいたいくらい。
 うふふ、ふふふふふ……

>「シェイカー」と交換したい↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

テンタクル [/話す]:
 チケットが足りませんよ?

マミーと会話 [edit]

  • パターン1
    マミー [/話す]:
     ……あ。
     ○○、
     丁度いい、本、読んで。
     マミのために。すぐ。
     ……マミにさからわないで。
  • パターン2
    マミー [/話す]:
     ……なんだよ。
     マミになんか用かよ。
     用もないなら、
     とりあえずマミを構え。
     ぎゅってしろ。
  • パターン3
    マミー [/話す]:
     ……薔薇、好き。
     もっと、マミに薔薇をちょうだい?

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

10月のイベント終了後 [edit]

マミー [/話す]:
 マミ、いい子にしてるよ?
 
 上の本、取って。
 座って、その本読んで。
 ……メフィストフェレスは、
 下のでっかいのといつも一緒。
 あれも体かと思ったら、
 あれは「げぼく」なんだって
 言ってた。
 げぼくの口が開くと、
 大きな鎌が出てきたの。
 欲しいって言ったら、
 だいしょうがあればくれるって。
 
 だから、EXイベントチケット3枚で
 「メフィストフェレスの大鎌」と
 交換できるんだって。

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「メフィストフェレスの大鎌」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

マミー [/話す]:
 うん。
 お話、する。
 もっと、近くに来て。
 紙芝居の女が、おろおろしてた。
 ロアが増えてるとか、
 私の知らないところでとか、
 なんか大変そうだったけど、
 マミ、良く知らない。
 依頼に来たのは、似合わない女装の
 男だった。楽しそうじゃなかった。
 図書館に行きたいって言ってた。
 でも、図書館に行ってもちっとも
 嬉しそうじゃなかった。
 あと、メフィストが来た。
 メフィストフェレスって言うんだって。
 悪魔だって言ってた。
 なんか、でっかいのに乗ってた。
 自分で歩けばいいのに、
 ずっと乗ってた。へんなの。
 図書館は、本がいっぱいあった。
 マミ、むつかしい字はまだ読めないから
 わからない本もあるけど、
 きれいな絵とか、お話とか
 いっぱいあって、面白い……
 あと、司書の女が自慢してたら
 灯りが消えて、真っ暗になった。
 灯りが付いたら、本が一冊
 どこかに行っちゃってた。
 ○○が
 司書の女につかまれてて、
 動けなかったから犯人じゃないって
 犯人さがしてたよね。
 見つけたよね。……えらい。
 マミは、受付の女にとうろく?
 やってもらって、本を何冊か借りた。
 帰り道に、メフィストが
 謎はまだ解けてないって。
 何言ってるのかと思った。
 でも、マミの借りた本を
 ○○が
 見せたら、メフィストは満足してた。
 で、路地裏に行ったよね。
 あと、路地裏で紙芝居の女が
 二人いた。よく似てた。
 なんか、仲悪そうにみえたけど、
 マミには関係ないかな。

>「メフィストフェレスの大鎌」と交換したい↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

マミー [/話す]:
 ……たりない。

ドラッキーと会話 [edit]

  • パターン1
    ドラッキー [/話す]:
     あ……
     小生に、何か御用です?
  • パターン2
    ドラッキー [/話す]:
     煙玉、よし。
     クナイ……あ、少しかけてる。
     後で研いでおかないとです……。
     やや!?
     ○○!?
     い、い、いつの間に小生の
     背後を取っていたですか!?
  • パターン3
    ドラッキー [/話す]:
     ふああ……。
     あ、お疲れ様です、
     ○○。
     ここの所ちょっと無理してて、
     少し眠気が……
     あ、大丈夫です。
     ご心配かけるわけにはいかないです。

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

11月のイベント終了後 [edit]

ドラッキー [/話す]:
 まぁ、一旦話を戻すです。
 何はともあれ、状況は一応
 終息した……と言うべきですか。
 本当に終わったのかは小生には
 判断がつかないですが……。
 あぁ、そうそう。そうです。
 思い出話もいいんですが、
 ルチフェロがこんなものを
 預けていったです。
 せっかくなので、複製したみたです。
 ルチフェロには許可を得たので……
 もしお気に召したら、ですが
 EXイベントチケット3枚と
 「ルチフェロのヴェール」を
 交換させていただくです。

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「ルチフェロのヴェール」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

ドラッキー [/話す]:
 小生はあまり把握できてないですが、
 紙芝居屋のそっくりさんである、
 アイリス・ロアなどと呼ばれる
 人物がここを訪れたのが、事件の
 始まりだったかと思うです。
 ロアを生み出すか、生み出さないかで
 口論となって、この場所には魔王……
 ルチフェロ・ロアが生み出され、
 大騒ぎになったです。
 アップタウンに逃げて、
 ノーザンに逃げて……
 ノーザンプロムナードで、
 階段のところから落下して
 しまったのが、転換点となったです。
 落ちた先は、過去に想いの力の研究を
 行っていた「イリス博士」と言う人物が
 かつて住んでいた家……そして、
 ○○の
 想いの力に反応したのか、
 家の中に在る、かつての住人……
 イリス博士の記憶が再生されたです。
 元々、ロアの生み出した想いの力の
 具現化の研究は、イリス博士が人を
 幸せにするために行っていたもの。
 紙芝居屋たちは目的を知らず、
 手段を目的だと思い込んでいたです。
 だから、争う理由は無くなったです。
 別にわかったこともあったですね。
 アイリス・ロアはまず間違いなく、
 紙芝居屋の噂話から生み出された、
 自然発生してしまったロアです。
 それは、つまるところ、紙芝居屋が
 儀式をしなくとも、ロアは生まれる
 可能性があるという事です。
 ……そして、紙芝居屋は、イリス博士の
 記憶をもとに生み出されたロア……
 あるいは……幽霊のような存在の
 ようなものだと思われるです。
 一番正体が不明なのは、やはり
 紙芝居屋本人なのです……
 信じたい、とは思うのですが……
 ○○は
 あの人を信じられるですか?
 
 あの部屋で、大量の想いの力を
 取り込んで倒れたあなたは、まるで……
 いえ……あれは小生の見間違いです。
 きっと……気のせいに違いないです。

>「ルチフェロのヴェール」と交換したい↓
※EXイベントチケットがたりなかった場合

ドラッキー [/話す]:
 チケットが足りない、です。

ブーフと会話 [edit]

  • パターン1
    ブーフ [/話す]:
     ……なんでわたし、同時に2冊とか
     3冊とか本を読めないんだろう……。
     あー、もっといっぱいいろんな本を
     読みたいなぁ……
     
     え?
     運動も大事……うん、わかってるけど、
     その……もうちょっと後で。
  • パターン2
    ブーフ [/話す]:
     …ひゃっ!?
     だ、誰かと思ったらキミかぁ……
     あー、びっくりした。
     え、あぁ、わたし本読んでると
     周囲が目に入らなくなっちゃって……
  • パターン3
    ブーフ [/話す]:
     ……みんなの読書傾向って
     本当にばらばらなの。
     まぁ、むつかしい字が読めない
     若い子もいるんだけど。
     ……なんでかわからないけど、
     ネクロアーマーちゃんがすごく沢山
     勉強とか資格の本を読んでるんだよね。
     少し意外だけど、勉強好きなのかな?

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

12月のイベント終了後 [edit]

ブーフ [/話す]:
 お疲れ様、キミに会えて嬉しいよ♪
 冒険ではとてもかなわないから、
 わたしはわたしなりに出来ることを
 色々やってみることにしたの。
 で……今日はどうする?
 あの日の思い出話をするのも
 素敵だし……あ、そうだ。
 あのね。ちょっといいものがあるんだ♪
 実はね、ここに居るアルマ達で
 ロアのみんなをモチーフにした
 タペストリーを作ったの♪
 もしお気に召したら、だけど
 EXイベントチケット2枚と
 ロアたちの「タペストリー」を
 交換できるんだよ。
 
 全部セットだったら、少しまけて
 EXイベントチケット20枚と
 交換するけど、どうかな?

選択肢

 >特に用事はない
 >もっとお話ししたい
 >「タペストリー」と交換したい

>もっとお話ししたい↓

ブーフ [/話す]:
 えーっとね……その。
 色々と恥ずかしいことだから、
 わたしのことはパスしていいかな?
 ね、ね?
 まず、紙芝居屋のアイリスさんたちが
 ロアを体に取り込んだ人を救うために
 とある嘘をついたの。
 一度ロアを外に出して、
 入れなおして……って。
 元々この世界に在った、
 思い出星の物語から、
 ステラ・ロアを生み出して……
 ロアを、全て流れ星にしようって。
 ロアと紙芝居屋は、全ての記憶を
 消し去って、消えてしまった。
 わたしも、みんなも、大事なお友達の
 事を忘れてしまって、何かがおかしいと
 思いながらも日常に戻ろうとしてた。
 でも、そこで一人だけ、
 諦めないでいてくれた人がいたの。
 ……キミのことだよ、とぼけちゃ
 ダメなんだからね?
 で、そこからはキミの方が
 よっぽど詳しいよね。
 タイニーアイランドに、やっぱり
 ロアのことを忘れた人が来てた。
 あれって、ステラさんが呼んできた
 ……ってことなのかな?
 で、キミはその人たちと話して、
 お互いに思い出のかけらを渡しあって
 思い出を取り戻した……
 思い出星の本当のお話って、
 そういうものだったんだね。
 そうして、キミが語りなおすことで、
 ロア達は新しい存在としてこの世界に
 生まれなおした……っていうお話。
 くやしいけど、ちょっと素敵だね♪

>「タペストリー」と交換したい↓
選択肢

 どのタペストリーにする?
 >アルカード
 >清姫
 >ル・フェイ
 >バステト
 >キャプテンキッド
 >玉藻
 >ローレライ
 >パラケルスス
 >ワーウルフ
 >メフィストフェレス
 >ルチフェロ
 >ステラ
 >アイリス
 >全部欲しい!
 >やめる

※EXイベントチケットがたりなかった場合

ブーフ [/話す]:
 チケットが足りないよ?
 これはみんなの為に使うから、
 おまけはできないの。

心象風景での対話(基本編) [edit]

※空いているところは、順次埋めていってください。埋められる方のご協力お願いします。

ロア、アルマを装備していると、追加台詞があります。

アルカードと会話 [edit]

  • パターン1
    アルカード [プレイヤーに向き直る /話す]:
     今でも、少し怖くはありますわ。
     自分の存在が消えてしまうかも
     しれないだなんて、今でも
     信じたくありませんわね。 
  • パターン2
    アルカード [プレイヤーに向き直る /話す]:
     あら、血を分けてくださるのかしら?
     ……違いますの?
     ……けち。
  • パターン3
    アルカード [プレイヤーに向き直る /話す]:
     あら、いらっしゃい
     ○○。
     ちょうど退屈していましたの、
     歓迎して差し上げますわ。

上記の台詞がランダムで出た後、以下の台詞につながります。
※特定パートナーを装備していると、追加台詞があります。ロア装備時編アルマ装備時編追加台詞ログページ参照。

アルカード登場月(1月)のイベント終了後 [edit]

アルカード[/話す]:
 何かご用時かしら?
 それとも、今日はお帰りになる?
 それならば、出口までは
 案内して差し上げますわ。

選択肢

 >用事はない
 >思い出を聞きたい
 >秘密の言葉を教える
 >今日は帰る

>思い出を聞きたい↓

アルカード[/話す] :
 

>秘密の言葉を教える

>今日は帰る↓

アルカード[/話す] :
 あちらの世界へと
 お帰りになりますのね?

選択肢

 >もう少しここに居る
 >戻る

Last-modified: 2017-09-11 (月) 05:48:45