イベントログ記録へ戻る

Saga8 戦歌の大地 [edit]

ナビゲーション情報1『エミルたちに話を聞こう』 [edit]

エミル:
 ドミニオンの世界がどうやら
 大変なことになっているらしいんだ。
 (空白)
 僕は彼の……
 ベリアルの力になってあげたい。
 
マーシャ:
 こんな場所から本当に行けるのかしら?
 不思議だわ。
 
ルルイエ:
 久々の帰郷が、こんな形になるとはね。
 複雑だわぁ。
 
ベリアル:
 なんでお前らまで付いてくるんだ……。
 
エミル:
 君たちの世界が大変だって聞いて
 それで僕らも力になれないかと。
 
マーシャ:
 困ったときはお互い様よ♪
 
ベリアル:
 聞いたって……?
 (空白)
 ルルイエ…お前か……。
 
ルルイエ:
 だってぇみんなで行った方が
 楽しいじゃない?
 
ベリアル:
 とにかく、お前らには関係ない。
 これはオレ達の世界の問題だ。
 (空白)
 特に女っ!
 
マーシャ:
 え?あたし?
 
ベリアル:
 女なんかがこんなところに
 来るもんじゃない。
 ましてや、戦うだなんて冗談じゃない。
 
マーシャ:
 なっ!?
 
ルルイエ&マーシャ:
 男女差別はんた~い!
 
ベリアル:
 うっ……。

(もう一度ベリアルに話しかける)

ベリアル:
 ん?なんだお前は?
なんだお前は?
→ドミニオン界で何が?
→なんでもないです
→ドミニオン界で何が?
ベリアル:
 ドミニオン界、つまり
 オレ達の故郷の戦況が
 悪化しているようなんだ……。
 (空白)
 現状を確認するためにもオレ達は
 一度ドミニオン界へと
 戻ろうと思っていたところだ。
 
ルルイエ:
 あたし達の世界はもう何年も前から
 戦争を繰り返しているの。
 (空白)
 現在、戦禍が拡大しているとも聞くわ。
 ……。
 (空白)
 嫌な予感がするのよね……。
 この予感が当たってなければ
 良いのだけれども。
 
ベリアル:
 こうしている間にも
 向こうでは戦況が悪化しているかも
 しれないんだ……。
 (空白)
 クソッ……。
 早く、早く戻らないと……。
 
ルルイエ:
 焦っても仕方が無いわ。
 先ずは向こうに行って状況を
 確認しないとね。
 
マーシャ:
 そうよ!先ずは行ってみないと
 何も始まらないわ!
 ね、エミル!
 
エミル:
 うん、僕も君の力になるよ。
→自分も力になりたい
→関わらない方がよさそうだ
→自分も力になりたい
ベリアル:
 バカかお前は……遊びで行くんじゃ
 ないんだぞ!
(→どうする?の選択肢へ)
 
→関わらない方がよさそうだ
:
 本能的に感じる……。
 この人達には関わってはいけないと。
 
 本能の命じるままに
 その場を後にすることにした。

(もう一度ベリアルに話しかける)

ベリアル:
 ん?なんだ?
なんだ?
→やっぱり協力させて
ベリアル:
 バカかお前は……遊びで行くんじゃ
 ないんだぞ!
 
→なんでもないです
どうする?
→それでも付いていく
ベリアル:
 そうか……。
 自分の身は自分で守れるくらいはしろよ。
 いいな?
 (空白)
 ……ついて来い。
 
→やっぱやめます
ベリアル:
 その方が身のためだ。

エレベータールーム
(エミルに話しかける)

エミル:
 お、おかしいな
 急に体が震えてきたよ……?
 
マーシャ:
 あら?武者震いってやつ?
 
エミル:
 今更ながらちょっと
 不安になっちゃって……。
 
マーシャ:
 本当、頼りないんだから……。

(マーシャに話しかける)

マーシャ:
 なんだかワクワクするわね、エミル!
 
エミル:
 僕はちょっと不安かな……。
 
マーシャ:
 んもぉ、男ならシャキっとしなさいよ!
 
エミル:
 ご、ごめん……。

(ルルイエに話しかける 次元転生廃止後)

ルルイエ:
 操作はあたしに任せてね。
 管理者番号はっと……。
 
ベリアル:
 いいか?ドミニオン界につくと
 使えなくなっているはずだ。
 
 エミル界とドミニオン界では
 時間の流れが多少違うんだ。
 だから身体が慣れない内は
 本来の力を発揮できないだろう。
 
ルルイエ:
 要は、世界が変わると
 弱くなっちゃうってことね。
 
ベリアル:
 オレたちもこれで身体が
 慣れるまでは力を
 抑えられちまうからな。
 気を抜くなよ。

ドミニオン界の説明を
開始します。
ドミニオン界ではリザーブスキルが
使用不可となります。

ただし、
特定の条件を満たすことで
リザーブスキルを使用可能にすることが出来ます。

(ルルイエに話しかける 次元転生廃止前)

ルルイエ:
 操作はあたしに任せてね。
 管理者番号はっと……。
 
ベリアル:
 いいか?ドミニオン界につくと
 恐らく今までどおりの力は
 出せなくなっているはずだ。
 
 エミル界とドミニオン界では
 時間の流れが多少違うんだ。
 だから身体が慣れない内は
 本来の力を発揮できないだろう。
 
ルルイエ:
 それをあたしたちは『次元転生』と
 言っているわ。
 (空白)
 要は、世界が変わると
 弱くなっちゃうってことね。
 
ベリアル:
 オレたちもこれで身体が
 慣れるまでは力を
 抑えられちまうからな。
 気を抜くなよ。
 
次元転生チュートリアル:
 次元転生チュートリアルを
 開始します。
 
 ドミニオン界ではLVも能力も
 全て初期状態に戻ってしまいます。
 (空白)
 装備品やキャパシティ
 ペイロードに十分に注意しましょう。
次元転生について
→ドミニオン界について
次元転生チュートリアル:
 ドミニオン界ではLVも能力も
 全て初期状態に戻ってしまいます。
 (空白)
 装備品やキャパシティ
 ペイロードに十分に注意しましょう。
 
→スキルについて
次元転生チュートリアル:
 習得スキルはエミル界で習得したものが
 使用可能となります。
 (空白)
 ただしドミニオン界側で
 習得JOBLVに達しなければ
 使用はできません。
 
 また、ドミニオン界での
 スキルの習得はできません。
 
 リザーブスキルは特定の条件を
 満たすことで使用可能となります。
 
→転職について
次元転生チュートリアル:
 ドミニオン界での転職は出来ません。
 (空白)
 『禁断の書』でのジョブスイッチも
 行えません。
 
→ステータス、LVについて
次元転生チュートリアル:
 ステータスとLVはエミル界に戻れば
 エミル界でのステータスとLV
 に戻ります。
 (空白)
 ドミニオン界では
 再度、LVが1へと戻るので
 ステータス振りを
 やり直すことが出来ます。
 
 振り分けしたステータスは
 ドミニオン界だけのものとなります。
 
 一度、エミル界に戻り
 再度、ドミニオン界を訪れた場合
 ステータスとLVは
 ドミニオン界で育てた状態の
 ステータスとLVに戻ります。
 
→説明を終わる

(説明終了後、再びベリアルに話しかける)

ベリアル:
 どうした?
 まだ説明が必要か?

(ここから次元転生廃止前・後共通)

ルルイエ:
 もう少し待ってね、今設定している
 ところだから、……えーっと。
 
エミル:
 うわぁっ!?
 
マーシャ:
 なにっ!?
 
ベリアル:
 チッ!こんな時に!
 ルルイエ!
 
ルルイエ:
 分かってるわよ!
 もう少し待って!
 
エミル:
 ど、どうする!?
 
マーシャ:
 決まってるじゃない!
 戦うのよ!
 
ベリアル:
 そうだな……。
 (空白)
 ここはオレ達で何とかする。
 だから、お前だけでも先に行け!
 
ルルイエ:
 そういうことみたいだから
 ここはあたし達にまかせてね。
 
ベリアル:
 お前ら、足手まといには
 なるなよ?
 
エミル:
 がんばるよ。
 
マーシャ:
 あたしを誰だと思ってるのよ!
 
ルルイエ:
 それじゃ、先に行っててね♪

ナビゲーション情報2『ウェストフォートに向かおう』 [edit]

レジスタンス本部

レジスタンスリーダー:
 ドントムーヴッ!
 
 ……初めてみるツラだな。
 いったい、何モンだ!
どうする?
→かかわらないほうがよさそうだ…
レジスタンスリーダー:
 用がないなら帰りな。
 
→自己紹介をする
レジスタンスリーダー:
 ○○?
 なんだ、エミル世界から来た奴か。
 (空白)
 銃を向けたりして悪かったな。
 オレも、敵が多くてな。
 
 おおっと、下手に動くなよ?
 (空白)
 信じてねぇワケじゃないが
 体が勝手に反応して
 撃っちまうかもしれねぇからな。
 
 それで、レジスタンスに何の用だ?
レジスタンスに何の用だ?
→特に用はない
レジスタンスリーダー:
 用がないなら帰りな。
 
→レジスタンスについて詳しく知りたい
レジスタンスリーダー:
 他のレジスタンス団員から
 聞いているかも知れねぇが……。
 (空白)
 俺たちは侵略者から
 この世界を守るために活動をしている。
 (空白)
 「DEM」って知ってるか?
「DEM」って知ってるか?
→全然、知らない
→なんとなく知っている
→知っている
(→全然、知らない)
(→なんとなく知っている)
レジスタンスリーダー:
 DEMは、侵略者たちの名前さ。
 機械で出来た人形。
 (空白)
 一人一人は意思を持たず
 ただ、命令されたことをこなすだけの
 感情のないロボット……。
 
 このドミニオン世界の
 さらに下にある
 DEMの世界から
 やってきたと言われている。
 
 やつらが現れたのは
 ずっと、ずーっと昔のことだ。
 詳しいことはわからねぇ。
 
(→知っている)
 とにかく、ヤツらは俺たちを殺し
 俺たちの街を、村を奪い
 奴らの住みやすい環境に
 作り変えることを繰り返している。
 
 中央にあったアクロポリスシティも
 奴らに乗っ取られた。
 
 ノーザンも、ファーイーストも
 アイアンサウスも、モーグも
 どことも連絡が取れない。
 見に行った奴も戻ってこねぇ。
 (空白)
 かろうじて、この都市の周りだけが
 残っている……という状態だ。
 
 まぁ、生き残った中で
 戦えそうな奴らで
 なんとかDEMに対抗しようって
 生まれたのが俺たちレジスタンスだ。
 
 興味があるのならば
 アクロポリスに行ってみるんだな。
 (空白)
 あそこはもう……奴らの陣地だ。
 おっと、必ず
 マリオネット・ベリルのスキル
 「インビジブル」を使うんだぞ。
 見つかったら殺されるからな。
レジスタンスリーダー:
 どうだ、仲間に入らないか?
 (空白)
 悪い奴じゃなさそうだし
 何より、腕が立ちそうだ……。
 
 何、普段の素行が悪いのは
 多少大目に見るぜ?
 (空白)
 俺たちレジスタンスは
 なによりも強さを重んじる。
 
 仲間になれば
 功績に応じて
 いろいろなアイテムと交換しよう。
仲間に入らないか?
→断る
レジスタンスリーダー:
 用がないなら帰りな。
 
→レジスタンスに入る
レジスタンスリーダー:
 お前を歓迎しよう。
 誓いの文章に署名してくれ。
 ……もちろん、血文字でな。
署名してください。
→間違える
レジスタンスリーダー:
 偽名とはな……。
 俺たちの情報網を甘く見るな。
 
→正解
レジスタンスリーダー:
 よし、これで俺たちは
 兄弟も同然の仲だ。
 (空白)
 俺のことは兄貴と
 思ってくれてかまわない。
 (空白)
 この街で、何かあったら俺の名前を…
レジスタンス守衛:
 (若!
  ちょっと、いいですか!)
 
レジスタンスリーダー:
 なんだ!
 今、新しい仲間をだな……。
 
レジスタンス守衛:
 (羅城門の門兵から
  門の中から人の気配がするとの
  報告がありました!)
 
レジスタンスリーダー:
 なんだと!?
 わかった、すぐ行く!
 
 すまんな、急用だ。
 しばらくここで待っていてくれ。
 
:
 ……。
 羅城門って、どこだろう?
 表の守衛さんに聞けばわかるかな?

ナビゲーション情報3『羅城門に行こう』 [edit]

ウェストフォート

レジスタンス守衛:
 ここはレジスタンス本部だ。
 
 若は、羅城門の
 様子を見に行ったよ。
 
 羅城門?
 (空白)
 ああ、この建物の裏にある
 大きな門のことさ。
 
羅城門門兵(右側):
 門の中で、何か扉を
 破壊するような音がしたんだ!
 
羅城門門兵(左側):
 若は、ここを動くなって言ったけど
 心配だな……。

羅城門通路

羅城門門兵:
 くっ……敵だと!?
 (空白)
 我々の眼を
 潜り抜けてきたとでもいうのか!?
 
仕入屋ドガ:
 な、なに、なにが起こったの……?
 
攻防戦受付・バデェラー:
 うおおぉぉぉっ!?
 なんだ、なんだぁぁぁ!?
 今の爆発はっ!!
 
攻防戦受付・バウリ:
 て、敵襲だと!?
 一体どこから……。
 
攻防戦受付・グルー:
 う、うわぁぁぁっ!!
 て、てて敵が攻めてきた!?
 (空白)
 だ、誰か助けて~!
 
攻防戦受付・エッケルト:
 ここは危ない!
 早く避難しろ!!
 
WF防衛最高責任者:
 なんだったんだ、今の爆発は……。
 (空白)
 ん?ここは危険だ!
 今すぐここから逃げ……
 (空白)
 なんだと?若を探している?
 
 若ならこの奥だが
 なんだか様子がおかしい……。
 (空白)
 様子を見に行きたい所だが
 今、私はここを離れることができない。
 (空白)
 ……すまないが
 若の様子を見てきてくれないか?
どうする?
→やめる
→頼みを聞く

羅城門通路

レジスタンスリーダー:
 うぐっ……。
 
謎の少年:
 弱いな……。
 リーダーが、この程度なのか?
 
 ……見られたか。
 
レジスタンスリーダー:
 ううっ……。
 早く…逃げ…ろ…。
 (空白)
 こいつは……ヒトじゃ…ない……。
(ネコマタ12姉弟のどれかを装備で)
ネコマタ:
  ニャ……!?
謎の少年:
 待て。
 
 ……ちょうど、いい。
 あれでは物足りないと
 思っていたところだ。
どうする!!!
→逃げる
→戦う!
(ネコマタ12姉弟のどれかを装備で)
ネコマタ:
  ニャーーーーー!!!
謎の少年:
 お前も、弱い……。
 つまらない…な……。
 
羅城門門兵:
 (こっちだ!
  若が中の様子を見に行った!
  早く来てくれ!)
 
謎のネコマタ:
 ……。
 
 ……わが主よ。
 (空白)
 すでに、目的は達されました。
 これ以上、騒ぎが大きくなるのは
 マムのお望みではないかと……。
 
謎の少年:
 母様が!?
 (空白)
 そうだね、黒。
 すべては、母様の望みのままに……。
 一旦、退却しよう……。
(ネコマタ12姉弟装備で、各自の独白が挿入)
山吹:今の、黒姉やんやったような……。
   
   ……あっ、あかん!
   なあ、ご主人!大丈夫なん!?
   だ、誰か呼ばないと……!!
杏:黒、お姉ちゃん…行っちゃった…。
  ボクに気がつかなかったのかな?
  
    ……あっ、そうだ!
  ねえ、大丈夫?
  だ、誰か呼ばないと……!!
緑:なぜ、黒ねえさんが……?
  
     ……酷い。  
     私の大事な人を……!
 緊張の糸が切れ
 意識が……薄れていった……。

ナビゲーション情報4『ベリアルたちを迎えに行こう』 [edit]

レジスタンス本部

レジスタンスリーダー:
 おう、気がついたか?
 無事で、なによりだ。
 (空白)
 座ったままで悪いな。
 怪我のせいで立つと辛いんだ……。
 
 しばらくは安静にしろ…だとさ。
 まぁ、命があっただけでも
 儲けもんだけどな。
 
 あの後、駆けつけた兵士達によると
 俺とお前が倒れていて
 他には誰もいなかったそうだ……。
 
 しかし、あいつは何だ?
 人間に……特に
 エミル種族そっくりじゃねぇか!
 
 今までのDEMじゃねぇ。
 パワーもスピードも……俺じゃ
 歯も立たなかった。
 
 ……。
 
 ……頼みがある。
 (空白)
 「ベリアル」という男を
 捜して欲しいんだ。
 
 え、知っている?
(天まで続く塔での出来事を話した)
レジスタンスリーダー:
 そうか……。
 何、大丈夫だよ。
 あいつは簡単にやられやしねぇ。
 (空白)
 必ず、このドミニオンの世界に
 無事に着いているさ。
 
 「天まで続く塔の島」まで
 迎えに行ってやってくれ。
 (空白)
 頼んだぜ!

(もう一度話しかけてみる)

レジスタンスリーダー:
 ベリアルを迎えに
 「天まで続く塔の島」まで
 行ってきてくれ。
 (空白)
 頼んだぜ!

天まで続く塔の島

レジスタンス受付:
 どうされました?
 
 ベリアル様を迎えに……?
 (空白)
 残念ですが、彼は数時間前に
 飛空庭で本土に向かわれました。
 
 ウェストフォートに向かうと
 話されていましたから
 入れ違いになったようですね。

ナビゲーション情報5『ウェストフォートに戻ろう』 [edit]

レジスタンス本部

レジスタンスリーダー:
 ん、どうした?
 
 すでに旅立った後だっただと?
 (空白)
 おかしいな……
 ベリアルはまだ来ていないぞ。
 
(→次元転生廃止後はこちらのメッセージに変更)
 もしかしたら軍艦島あたりに
 いるかもしれないな。
 
(→次元転生廃止前は)  
 ドミニオン世界に来ると
 LVが下がるからな。
  (空白)
 軍艦島あたりで
 LVでもあげてるのかな?

ナビゲーション情報6『ベリアルたちを探そう』 [edit]

難民テント

ルルイエ:
 あっ、○○!?
 無事だったのね、よかった♪
 (空白)
 私たち、さっきドミニオン世界に
 到着したばかりなのよ。
 
ベリアル:
 お前のこと、心配していたんだぜ?
 (空白)
 ふ~、ヤレヤレ。
 見つかって一安心、だな。
 
マーシャ:
 あの後、ドラゴンは
 倒すことが出来たんだけど
 ドミニオン世界を通り過ぎて
 別の世界に行っちゃってね。
 
ルルイエ:
 そうそう、半透明の体をした
 へんな人たちがいっぱいいたのよ。
 (空白)
 勝手に憑依してくるんだけど
 それが、気持ち悪くって!
 (空白)
 ゾゾゾゾ~!!!
 
ベリアル:
 誰かさんが、操作をミスるから……。
 
ルルイエ:
 あっ、その言い方傷つくなー。
 あの状況じゃ仕方がないじゃない?
 (空白)
 ねぇ、エミル。
 
エミル:
 ……。
 
ルルイエ:
 ねぇ、エミルってば!
 
エミル:
 ……あっ、ごめん!
 ちょっと、考え事してて。
 
ルルイエ:
 もうっ、しっかりしてよ。
 ここはエミル世界じゃないのよ?
 (空白)
 ぼんやりしてると痛い目みるんだから!
 
エミル:
 うん、ごめんね。ルルイエ。
 
ベリアル:
 すぐに、ウェストフォートに
 向かいたいところだが
 しばらくは、この辺りで
 LVをあげるとするか。
 
エミル:
 うん、そうしよう!
 (空白)
 ○○も
 ここで、LVをあげていたの?
ここで、LVをあげていたの?
→その通り!
エミル:
 じゃあ、僕らと一緒だね♪
 (空白)
 僕らもしばらくこの辺にいるから
 見かけたら声をかけてよ!
 一緒に、パーティを組もう!
 
→ベリアルを呼びに来た!
:
 (ウェストフォートの事を話した)
ベリアル:
 何だと?
 リーダーが
 ひどい怪我をしただって?
 (空白)
 わ、わかった……。
 
ルルイエ:
 すぐに出発しましょう!
 走り抜ければ何とかなるわよ!
 (空白)
 エミルたちは……どうする?
 
エミル:
 もちろん僕たちも行くよ!
 
マーシャ:
 あたりまえじゃない!
 
ベリアル:
 よし、すぐに出発だ!
 知らせてくれてありがとよ。
 (空白)
 あとで、その謎の男の話も聞きたい。
 すまないが、お前も
 ウェストフォートまで来てくれないか?
 
ルルイエ:
 ほら、ベリアル!
 急ぐよ!
 
ベリアル:
 わかった!
 (空白)
 じゃあ、俺たちは先に行く。
 あとで、会おう!

ナビゲーション情報7『ウェストフォートに戻ろう』 [edit]

レジスタンス本部

ベリアル:
 アニキ……。
 怪我は大丈夫なのか?
 
レジスタンスリーダー:
 ……ベリアル
 よく戻ってきてくれた!
 
 (空白)
 ○○も戻ったか。
 ご苦労だったな。
 (空白)
 これは駄賃代わりだ。
 受け取ってくれ。
WRPを50手に入れた
ベリアル:
 で、オヤジはどうしたんだ?
 
レジスタンスリーダー:
 ……オヤジさんは死んだよ。
 (空白)
 アクロポリスが奪われたときに
 みんなを逃すために
 最後まで街に残って……。
 
ベリアル:
 そうか……、オヤジが……。
 
レジスタンスリーダー:
 軍艦島にある地下神殿から
 古い地下道が発見された。
 (空白)
 司祭の話によると
 アクロポリスに通じていたらしい。
 
 昔、地震で埋まってから
 使っていなかったらしいんだ。
 
 今は、突貫作業で
 土砂を取り除く作業が
 行われている。
 (空白)
 それが終了したら……
 アクロポリスに突入する。
 
 オレはその陣頭に立つつもりだった。
 だが、もう立てない……。
 足が……動かないんだ。
 
ベリアル:
 アニキ……。
 
レジスタンスリーダー:
 頼む、俺の代わりに
 隊を率いて欲しいんだ。
 
 お前もオヤジの…
 偉大なる戦士オリアスの息子。
 (空白)
 お前なら、皆を
 まとめることが出来るだろう。
 
ルルイエ:
 でも、結界はどうするのよ?
 
エミル:
 結界?
 
ルルイエ:
 DEMたちの能力を強化する
 磁場?みたいなものかな?
 (空白)
 あいつら、侵略したら
 まず磁場を作り出す装置を
 大地に埋め込むの。
 
 その装置が完成すると
 DEMの能力が
 数倍から数十倍になっちゃうから
 もう、お手上げ状態!
 
 だから、いったん侵略されちゃうと
 その土地を取り戻すことは
 不可能に近いのよ。
 (空白)
 西アクロニア平原が
 まさしく、その状態になりつつあるわ。
 
レジスタンスリーダー:
 ま、見つからないことを祈るのみだ。
 
ルルイエ:
 いいかげんだな~。
 それで勝算はあるの?
 
レジスタンスリーダー:
 もう、後がねぇんだよ。
 オヤジさんの隊が全滅した今
 戦えそうなやつは残りわずかだ。
 (空白)
 この間、スパイがこの街に現れた。
 
ベリアル:
 エミル種族に似ているっていう?
 
レジスタンスリーダー:
 近々、この街も
 戦場になるかもしれない。
 (空白)
 この街が滅ぼされたら……。
 
ルルイエ:
 ……。
 
エミル:
 あの……。
 
レジスタンスリーダー:
 ……なんだ?
 
エミル:
 タイタニアの力を借りれば
 破壊することが可能かもしれません。
 
レジスタンスリーダー:
 タイタニアだとぉ?
 (空白)
 DEMが現れた時、いち早く
 俺たちを見捨てて
 自分たちの世界に
 閉じこもった奴らだぜ?
 (空白)
 頼りになるとは思えねぇ……。
 
エミル:
 僕の友人に、タイタスとティタという
 タイタニアの友人がいます。
 
マーシャ!
 !
 
 エミル……、あなた思い出したの?
 
エミル:
 うん……。
 (空白)
 昔、聞いたことがあるんだ。
 タイタニアの世界も
 結界で覆われた世界なんだって。
 
 タイタニアの結界は
 DEMの結界とは逆に
 敵の能力をゼロにしてしまう
 効果があって……。
 (空白)
 だから、すごく平和で
 争いのない、幸せの世界だって。
 
ベリアル:
 似ているな。
 
ルルイエ:
 同じシステムを利用しているのかもね。
 (空白)
 端末からアカシックレコードに進入し
 構造をコピーできれば
 ダイナモを模擬した装置を作って
 磁場を反転出来るかも……!
 
ベリアル:
 ……ル、ルルイエ?
 
ルルイエ:
 クスッ!大丈夫♪
 あなたたち兄弟に
 理解しろなんて言わないわ。
 (空白)
 シュタイン博士に話してみる。
 彼ならきっとわかるはず!
 
レジスタンスリーダー:
 ……ああ、そうしてくれ。
 
エミル:
 僕は、タイタスを探すよ。
 エミル世界のどこかにいるはず。
 
ルルイエ:
 私も行くわ。
 だって、私がいないと
 話が出来る人がいないじゃない!
 
ベリアル:
 俺はこっちでアニキを手伝って
 隊を率いる準備をする。
 (空白)
 マーシャは?
 
マーシャ:
 私は……。
 
 私はエミル界に戻るわ。
 でも、エミルと一緒には行かない。
 
エミル:
 ええっ、そんな!?
 
マーシャ:
 私、ギルド評議長とかけあって
 エミル界で
 協力してくれる人を探すわ。
 
レジスタンスリーダー:
 助かるよ。
 
エミル:
 マーシャ……。
 
 ○○は
 どうする?
どうする?
→考える。
エミル:
 わかった!
 しばらく待つよ。
→エミルとルルイエと共に行く
エミル:
 僕たちと一緒に来てくれるんだね!
 強い味方が出来て嬉しいよ!
 
ルルイエ:
 でも、タイタスたちって
 どこにいるのかしら?
 
エミル:
 うーん、それは……。
 
ルルイエ:
 いいわ、ルルイエさんのコネを
 甘く見ないでちょうだい。
 (空白)
 必ず探し出すわ。
 でも、しばらく時間が必要ね。
 
 (空白)
 ○○も、エミルも
 その間に修行でもしてて!
 見つけたら必ず連絡するわ!
 
エミル:
 うん、わかった!
 じゃあ、しばらくの間
 別行動だね。
 (空白)
 マーシャも、ベリアルも……。
 
ベリアル:
 何、きっとすぐだ。
 
マーシャ:
 私も、がんばるね、エミル。
 
エミル:
 マーシャも、元気で……。
→ベリアルと共に行く
ベリアル:
 俺と一緒に来てくれるのか?
 助かるぜ!
 
 俺は基本的にこの街にいるし
 まぁ、当面の間は
 修行して、体をならさねぇとな。
 (空白)
 準備が整ったら連絡するよ。
 それまで、別行動だ。
→マーシャと共に行く
マーシャ:
 私と、来てくれるの?
 嬉しい……!
 (空白)
 1人じゃ、心細かったの。
 
 おばあちゃん、普段は優しいけど
 評議長としては
 とっても厳しい人なの。
 (空白)
 簡単には説得できないと思うわ。
 
 だから、説得出来るだけの
 論証を用意しないとね……。
 
 大丈夫、私、マーチャントだもの。
 交渉技術は磨かないとね。
 (空白)
 論証がととのったら
 飛空庭であなたを迎えに行くわ。
 (空白)
 それまで、しばらくの間
 待っていてね。

(以下同じ)

ルルイエ:
 じゃあ、出発しましょう!
 次、集合した時は
 お互いいい報告が聞けるよう
 期待しているわ!
 
エミル:
 うん、しばしの別れだね!
 
マーシャ:
 ○○も
 また、会いましょう!
 
ベリアル:
 じゃあな!
 
:
 それぞれ、旅立ったようだ。
 (空白)
 ……連絡が来るまで
 しばらくの間、自分の力を磨こう!

(レジスタンスリーダーに話しかける)

(→エミルルート)
レジスタンスリーダー:
 ルルイエは、どこかに行ったよ。
 彼女にまかせておけば間違いない。
 
 エミル…とかいったかな。
 あいつは、ルルイエが戻ってくるまで
 このあたりでLVをあげるそうだ。
 (空白)
 お前もそうしたらどうだ?
(→ベリアルルート)
レジスタンスリーダー:
 ベリアルはとりあえず
 このあたりでLVをあげるそうだ。
 (空白)
 お前もそうしたらどうだ?
(→マーシャルート)
レジスタンスリーダー:
 お前が着いていくって
 言ってたマーシャって女だが、
 俺が独自に入手した情報によると
 随分と論証を揃えるのに
 手間取っているようだぞ。
 
 まぁ、論証を揃えようっても、
 どうにもならんだろうなぁ。
 
 そんなわけで、
 あの女からの話を待っていたら
 いつまで経っても話が
 進まないと思うぜ。
 
 お前から探しに行った方が
 良いんじゃないか?

 …そうだな、
 エミル界の『天まで続く塔』の
 周辺にいる奴に聞けば、
 足取りぐらいはわかるかもな。
(以下同じ)
 それはそうと!
 お前はフィールドチャンプに
 なる気はないのか?
 
  興味あるんだったら
  この本部の前にいる
  『戦の調律者』に
  話しかけてみてくれ。
  
 そうそう、ヘルサバークの
 洞窟にだけは入るなよ。
 
 かつて、このあたりに住む人々を
 恐怖と混乱におとしいれた
 最強の魔人が住んでいるからな。

Last-modified: 2016-01-23 (土) 09:22:33