イベントログ記録へ戻る

守護魔たちの祭壇での会話(ハートメイト装備時編) [edit]

※空いているところは、順次埋めていってください。ハートメイトを所有している方、ご協力お願いします。

○○にはプレイヤーの名前、△△にはパートナーの名前が入ります。
頭の[△△:]の部分には実際は名前は出ませんが、混乱防止の為にこの形式にしてあります。

守護魔・アカリ装備時 [edit]

守護魔・アカリ&ネコマタ(シャル)と会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・フェール&御魂・フロンと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・ラン&ジャバウォックと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・トワ&ゴーストと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・メイリー&ルシファーと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・フェール装備時 [edit]

守護魔・アカリ&ネコマタ(シャル)と会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・フェール&御魂・フロンと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・ラン&ジャバウォックと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・トワ&ゴーストと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・メイリー&ルシファーと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・ラン装備時 [edit]

守護魔・アカリ&ネコマタ(シャル)と会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・フェール&御魂・フロンと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・ラン&ジャバウォックと会話 [edit]

守護魔・トワ&ゴーストと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・メイリー&ルシファーと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・トワ装備時 [edit]

守護魔・アカリ&ネコマタ(シャル)と会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・フェール&御魂・フロンと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・ラン&ジャバウォックと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・トワ&ゴーストと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・メイリー&ルシファーと会話 [edit]

[/話す]:

守護魔・メイリー装備時 [edit]

守護魔・アカリ&ネコマタ(シャル)と会話 [edit]

【守護魔・アカリ】
 おや、メイリーさんでは
 ないですか。
【ネコマタ(シャル)】
 メイリー様、
 いらっしゃいませ!
 お邪魔します。
【守護魔・アカリ】
 メイリーさんは
 愛の守護魔なんですよね?
 え、しゅ、しゅごまってなんですか?
 わたしは愛の守護戦士さんに
 頼まれて愛の力を届けに来ただけ
 ですよ?
 ですよね?
 ○○さん。
【ネコマタ(シャル)】
 愛の守護戦士様と
 ○○様が愛の力で
 事件を解決したって聞いて、
 てっきりメイリー様が
 愛の守護戦士様だと思ってました。
 愛の守護戦士さんは、人々に愛を
 伝えるために各地を旅している
 そうです。
 愛を疑ったり、愛を損なう行為をする
 人の前に現れ、愛の素晴らしさを伝え
 改心させているそうです。
【ネコマタ(シャル)】
 愛の守護戦士様、すごいです!
 正体がわからないところも、
 ヒーローみたいでかっこいいです!
 愛の守護戦士さんは女性ですから、
 ヒーローじゃなくてヒロインですね。
【ネコマタ(シャル)】
 あ、そうですね。
 愛の守護戦士様、一度お会いして
 みたいです!
【守護魔・アカリ】
 シャル……。
 
 いえ……、あえて本当のことを言って
 シャルの憧れを壊すこともないですね。
 
 しかし、メイリーさん。
 どうして正体を隠すのですか?
 で、ですから、わたしは
 愛の守護戦士じゃないですから。
 今は○○さんの
 パートナーの
 わたしです。 

守護魔・フェール&御魂・フロンと会話 [edit]

 フェールさん、愛の守護戦士さんから
 伝言を預かってきました!
【守護魔・フェール】
 メイリーさん、
 ようこそ。
 一体なんでしょうか?
【御魂・フロン】
 いや、愛の守護戦士って、
 メイリーさんの
 ことでしょ?
 伝言なんて言わないで、
 直接言えばいいじゃない。
 ち、ちがいます。
 わたしは愛の守護戦士さんに
 頼まれたんです。
【守護魔・フェール】
 まあ、いいじゃないですか、
 フロンさん。
 そういうことにしておきましょう。
 それで、一体なんでしょうか?
 あ、はい。
 フェールさんは、鋼の守護魔として
 皆さんを護ってますよね。
【守護魔・フェール】
 はい。それが私の使命ですから。
 その行為に、護る相手への
 愛を感じます。
 身を以って愛を体現している
 フェールさんのことを大変
 素晴らしいと賞賛していました。
【守護魔・フェール】
 守護魔として当然のことをしている
 だけですが……。
 私の騎士道を理解して
 いただけるのは嬉しいですね。
 ありがとうございます。
 
 と、愛の守護戦士さんに
 お伝えください。
【御魂・フロン】
 え!?フェールさん?
【守護魔・フェール】
 なんですか、フロンさん?
 騒がしいですね。
【御魂・フロン】
 さっき、愛の守護戦士の
 正体について……。
【守護魔・フェール】
 正体?
 なんのことか分かりません。
 メイリーさん、
 フロンさんは一体何を言ってるんで
 しょうかね?
 ほんとですよね。
 わたしが愛の守護戦士さんだなんて、
 どうしてそんな勘違いを
 しているんでしょうか?
【御魂・フロン】
 フェールさん……。
 褒められて嬉しかったからって、
 それはあまりに単純なんじゃ……。 

守護魔・ラン&ジャバウォックと会話 [edit]

【守護魔・ラン】
 ○○さん、
 お待ちしていました!
 新しいお友達の
 メイリーさんも
 ようこそいらっしゃいました!
【ジャバウォック】
 アタシに挨拶に来たわけよね。
 褒めてあげるわ。
 お邪魔します。
【守護魔・ラン】
 メイリーさんは
 ちっちゃくて可愛らしいですよね。
 守護魔のお友達はみんなちっちゃくて
 可愛らしくて、私、とても幸せです。
 あ、あの、わたし、守護魔じゃ
 ないので……。
【守護魔・ラン】
 ええ、大丈夫です。分かってます。
 メイリーさんは
 守護魔じゃないお友達です。
 凄く適当に答えてるように聞こえます。
 本当に分かってますか?
 
 ○○さん、
 ランさんって、いつもこんな感じ
 なんでしょうか?
【ジャバウォック】
 ちょっと!
 ○○じゃなくて、
 ランと一緒にいるアタシに
 聞きなさいよ!
【守護魔・ラン】
 ジャバウォックさん、そんなに
 怒らないでください。
 ジャバウォックさんも大事な
 お友達です。
 蔑ろになんてしませんよ?
【ジャバウォック】
 そうそう。
 アタシを無視しなければいいのよ。
【守護魔・ラン】
 んふふ~。
 ジャバウォックさんも
 メイリーさんも
 ○○さんも
 みーんなお友達です!
 ランさんの友情は、一歩間違えると
 あぶない愛情になりそうで、とても
 危険です。
 要注意人物と認定します。
【守護魔・ラン】
 えー、お友達ならこれくらい
 普通だよー。 

守護魔・トワ&ゴーストと会話 [edit]

 お邪魔します。
【守護魔・トワ】
 メイリーちゃん、
 いらっしゃい。
 ○○○ちゃんも
 一緒ね。
【ゴースト】
 ようこそ。
 メイリーさん、
 駆け付けに、注射打ちますか?
 体調が悪いわけではありませんから、
 注射はいりません。
【ゴースト】
 栄養剤とか増強剤もありますよ?
 注射どうですか?
【守護魔・トワ】
 ゴーストちゃんはほんとに
 注射を打つのが好きなのねー。
【ゴースト】
 はい、毎日注射を打ちたいです。
 同じ人に何度も打ってもいいですし、
 違う人に1本ずつ打つのもいいです。
 注射に対する愛情を感じますね。
 それもまた愛です。
【ゴースト】
 注射を打つのは愛なのですね。
 
 では、1本打ちましょう。
 え!?
【ゴースト】
 愛の守護魔から認められた
 メイリーさんが
 愛を否定する行動をする訳が
 ありません。
 さあ、腕を出してください。
 分かりました!
 愛のためなら、こんなこと、
 なんでもありません!
【守護魔・トワ】
 ふふ、メイリーちゃん、
 1本取られた感じー? 

守護魔・メイリー&ルシファーと会話 [edit]

 メイリーさん、お邪魔します。
【ルシファー】
 メイリーが二人になった。
【守護魔・メイリー】
 そちらのわたし、
 ようこそ!
 ○○さんと一緒に
 各地に愛を伝える旅の途中ですが、
 寄らせてもらいました。
 最近どうです?
 愛を伝えてますか?
【守護魔・メイリー】
 はい、もちろんです!
 
 でも、こちらにいるみんなが、
 愛の守護戦士さんの正体は
 わたしなんじゃないかって
 疑ってて……。
 そんな勘違いをされているんですね。
 でも、それは仕方ないかも
 しれません。
 メイリーさんは愛の守護戦士さんが
 認める愛の心を持った人です。
 愛の守護戦士さんの正体と
 思ってしまう人もいるでしょう。
【守護魔・メイリー】
 そちらのわたし……。
 そうですね、これも愛のための
 試練だと思えば……。
 メイリーさん、その意気です!
 愛のために、お互い頑張りましょう!
【ルシファー】
 あれも愛、それも愛……。
 メイリーはなんでも愛で片づけすぎ。
【守護魔・メイリー】
 愛さえあれば、争いがなくなり、
 世界は平和になるんです!
 世界が平和になれば、
 問題は起きません。
 つまり、愛があれば問題は
 起きないんです!
【ルシファー】
 世界はもう少し複雑だと思うけど……。

守護神・オリジン装備時 [edit]

守護魔・アカリ&ネコマタ(シャル)と会話 [edit]

【ネコマタ(シャル)】
 ○○様、
 いらっしゃいませ!
 そちらの方は……?
【守護魔・アカリ】
 もしかして、守護神の……?
うん、私、オリジン。
【ネコマタ(シャル)】
 ええ!?
 でも、あの時消えてしまいましたよね?
星の守護神としての役割は終わったよ。
この姿は○○の力を
借りて、実体化してる。
【守護魔・アカリ】
 なるほど。
【ネコマタ(シャル)】
 オリジン様、
 また会えて嬉しいです!
うん。私もうれしい。
【守護魔・アカリ】
 オリジンさんの
 守護神としての使命はウルゥさんに
 引き継いだんですよね?
そうだよ。
でも、この星を守護する気持ちは
変わらない。
【守護魔・アカリ】
 そうですか。火の守護魔としては、
 火についても同じような気持ちで
 いてくれると嬉しいです。
安心して。
火の大切さ、ちゃんとわかってるよ。

 焼く、煮る、揚げる、茹でる、
蒸す、炒める。
火は料理に不可欠なもの。
【ネコマタ(シャル)】
 そうなんですけど、火加減って
 難しいです。
 お鍋があふれちゃったり、お料理が
 コゲてしまったり、なかなか
 上手くいかないです。
それはダメ。
ちゃんと火をコントロールして。
美味しい料理は火加減が大事。
【守護魔・アカリ】
 火の大切さを理解してもらえてる
 みたいですが、なぜ料理に偏ってる
 のでしょうか?
 火全体を大切に思って欲しいです……。

守護魔・フェール&御魂・フロンと会話 [edit]

【御魂・フロン】
 あれ、そっちにいるのは
 星の守護神の面影があるけど……?
【守護魔・フェール】
 ほんとですね。
そうだよ、星の守護神、
オリジンだよ。
【守護魔・フェール】
 その姿はいったいどうしたんですか?
この姿は○○の力を
借りて実体化したもの。
○○の近くに
いれば、この姿でいられる。
【御魂・フロン】
 オリジンちゃんにとって、
 ○○ちゃんは、
 私の珠魂みたいな働きをする
 ものなのかもね。
珠魂?
【御魂・フロン】
 うん。私の剣にある、この宝石みたいな
 石がそうだよ。
 私は御魂っていう存在で、
 この珠魂に宿った魂が本当の私なの。
御魂?
御魂ってなに?
【御魂・フロン】
 御魂っていうのは、武器に魂だけが
 残った存在、って言えばいいのかな?
 この珠魂に魂が封じ込められてるの。
 だから、珠魂や武器が壊れない限り、
 御魂は消滅しないんだ。
御魂はいつ生まれたの?
御魂は誰が生み出したの?
【御魂・フロン】
 うっ……、それは、えーと。
【守護魔・フェール】
 フロンさんはそういったことは
 知らないそうです。
 気が付いたら御魂になっていて、
 その前の記憶はほとんど
 ないそうですから。
【御魂・フロン】
 うん、そうなんだ。
 ごめんね。
ううん。
御魂について教えてくれてありがとう。
少しわかった。
【御魂・フロン】
 あ、ひょっとしたら
 ○○ちゃんが
 詳しいことを知ってるかも。
ほんと?
○○、
いろいろ教えて。
【守護魔・フェール】
 ……まぁ、その辺の話は後回しで、
 まずはご用件を伺います♪
 何か危険な冒険に出るのであれば
 ぜひとも私に頼ってくださいね!

守護魔・ラン&ジャバウォックと会話 [edit]

【ジャバウォック】
 ○○、
 よく来たわね!
【守護魔・ラン】
 あ、あの、そちらの方は?
 は、初めまして。
 私、守護魔のランです。
知ってるよ。
私、星の守護神だから。
【ジャバウォック】
 星の守護神ってウルゥのことよね?
 アンタ、ウルゥじゃないじゃない。
 あ、もしかして急に成長したの?
 すごいじゃない、ウルゥ!
ちがうちがう。
私はウルゥじゃない。
私はオリジン。
【守護魔・ラン】
 でも、星の守護神さんは役目を
 終えて消えてしまったのでは……?
○○の力を借りて
実体化した。
全部○○のおかげ。
【ジャバウォック】
 やるじゃない、
 ○○。
【守護魔・ラン】
 それじゃあ、これからはずっと
 こっちにいられるんですね?
 オリジンさん、
 改めてお友達になってくれますか?
うん、友達。
そんな友達のランに質問。
【守護魔・ラン】
 なんでしょうか?
肩こりって、どうやったら治る?
結構つらい。
【守護魔・ラン】
 分かります!
 肩、こりますよね!
 私の雷でほぐすとかどうでしょう?
雷?痛そうだけど、大丈夫?
【守護魔・ラン】
 やったことはないですが、
 たぶん大丈夫です!
 お友達のためです!
すごく心配……。
【守護魔・ラン】
 ああ、こんな相談ができるお友達、
 初めてです。
 さあ、私に任せてください。
【ジャバウォック】
 ちょっと!
 アタシにはそんな相談したこと
 ないじゃない!
それは仕方ないよ。
これは持っている者特有の話。
【ジャバウォック】
 ぐっ、ないのだって、
 ステータスだし……。

守護魔・トワ&ゴーストと会話 [edit]

【ゴースト】
 ○○さん、
 ようこそ。
 そちらの方はどなたですか?
私は星の守護神、
オリジン。
○○のおかげで
実体化することができた。
【守護魔・トワ】
 オリジンちゃん、
 消えちゃったわけじゃないんだねー。
 よかったー。
 お姉ちゃん、安心したわー。
おねえちゃん、って何?
【守護魔・トワ】
 お姉ちゃんはお姉ちゃんです。
 そして、オリジンちゃん
 は私の妹です。
【ゴースト】
 まったく説明になっていませんね。
 それに、トワさんのは「自称」
 お姉ちゃんですよね。
【守護魔・トワ】
 お姉ちゃんは、心の在り方なんだから、
 それでいいのよー。
?
よくわからない。
おねえちゃんは何をするの?
【守護魔・トワ】
 お姉ちゃんは、妹や弟の面倒を見たり、
 甘やかしたりするのよ。
 さあ、オリジンちゃん、
 お姉ちゃんに甘えていいのよー。
ん、やってみる。

 お姉ちゃん、私、お腹空いた。
星がささやいてるの、
高級懐石が食べたいと。
【守護魔・トワ】
 高級懐石ね。
 分かったわ。お姉ちゃんに任せて!
【ゴースト】
 高級懐石は確か、釣ったお魚で作る
 料理ですよね?
【守護魔・トワ】
 うん、今から釣ってくるから、
 ちょっと待っててくれる?
え、お姉ちゃん、でかけちゃうの?
【守護魔・トワ】
 うう、そんな顔しないで。
 お姉ちゃんだって
 オリジンちゃんと
 離れるのはつらいんだから……。
こんな感じでいい?
【守護魔・トワ】
 ええ、いいわよー。
 そんな感じで甘えてくれると
 お姉ちゃん嬉しいなー。
わかった。がんばるね。
【ゴースト】
 ……○○さん、
 お二人には何か薬を処方した方が
 いいのでしょうか?

守護魔・メイリー&ルシファーと会話 [edit]

【ルシファー】
 ○○と
 知らない人が来た。
【守護魔・メイリー】
 ○○さん、
 ようこそ。
 そちらの方は、初めまして、
 でしょうか?
ううん、前に会ってる。
私は星の守護神、
オリジン。
○○の力を借りて
実体化できるようになったの。
【守護魔・メイリー】
 そうですか!
 よかったですね!
 これも○○さんの
 愛の力ですね!
【ルシファー】
 星の守護神の役目は終わったはず。
 今は何をしてるの?
今は○○と一緒に
変わった後の世界を見て回ってる。
今まで知らなかったこと、
知ってても新しくなったこと、
いろいろ見れて、とっても新鮮で
楽しいよ。
【守護魔・メイリー】
 オリジンさんの
 世界に対する愛を感じます。
 大変すばらしいですね!
【ルシファー】
 じゃあ、こんなのは知ってる?
これは、何?
【ルシファー】
 この粉を水に入れると……。
わ、わ!
色が緑になってしゅわしゅわしてる!
なにこれ、面白い!
【ルシファー】
 ジュースのもと。
 粉のまま舐めてもいい。
 口の中がしゅわしゅわして
 面白い。
他には?
他にはないの?
【ルシファー】
 この世界にはいろんなお菓子がある。
 いろいろ教えてあげる。
ほんと?
ありがとう!
【守護魔・メイリー】
 お二人とも、お菓子が好きなんですね。
 うんうん、これもまた、愛です。

Last-modified: 2017-07-07 (金) 00:38:52