イベントログ記録へ戻る
イベントログ記録>転生イベントへ戻る

転生イベント(プリーシュ)ログ [edit]

ナビゲーション情報4『白き世界にある「白い本」を覗いてみよう、において

 『我はあくなき探究心を
  持つモノ……。』
 
 『あくなきその探究心は
  新たな時代を切り拓く
  動力源なり……。』
プリーシュ:
 ……あなたを待ってたわ。
 ○○。
 
 ……何故あなたの名前を
 知っているかですって?
 
 ……。
 
 そんなことはどうでもいいわ。
 (空白)
 それより、わたしはあなたに
 言いたいことがあるの。
 
 ……。
 
 ――遅いっ!!
 
 遅いっ、遅いっ、遅いっ!!
 
 おっそ~いっ!!
 
 一体どれだけ待ったと思ってんのよっ!
 
 真っ白で何もないこの空間で
 この私を何百年、何千年待たせる
 なんて、あなた最っ低よっ!!
 
 この空間、時間の経過が
 ないからいいものの
 (空白)
 普通だったらおばあちゃんに
 なっているところだったわっ!
 
 ……。
 
 ……あなた、ボケーっとした
 顔しているけど事の重大さ
 理解してるっ!?
 
 ………………。
 
 ……。
 
 ふん、もういいわっ。
 
 あなたのその資質……。
 さっさと見極めて終わりにしましょ。
 
 動かないで、
 じっとしているのよ……。
 (空白)
 少しでも動いたら
 お仕置きしてやるからねっ!
 
 どれどれ~。
 どうせ、大した資質じゃ……。
 
 ……。
 
 ……信じられない……。
 
 ……どうして、どうして
 あなたみたいなのがこんな資質
 持ってんのよっ!
 (空白)
 本っ当に信じられないっ!
 
 ……欲しいわ、これ。
 
 ……。
 
 こんなものを見せられちゃ
 認めないわけにもいかないわね……。
 
 ……いいわ。
 (空白)
 あなたを認めてあげる。
 
 でも――
 (空白)
 あくまでその資質を
 開花させるのはあなた自身よ。
 
 わたしが出来るのは
 あなたにその道を指し示すこと……。
 
 “我が道を辿り、その力を我に示せ”
 
 ――見せてみなさい、あなたの力を。
 
 ……。
 
 あなたは力を示すその時まで       ※原文ママ
 わたしはあなたを待つとするわっ。
 (空白)
 あまり長い時間待たせたら
 ひどいんだからねっ!

(「士魂商才の証」を持ってプリーシュに話しかける)

プリーシュ:
 おっそ~いっ!!
 
 「士魂商才の証」を手に入れるのに
 どれだけ時間かかってんのよっ!
 
 ったく情けないわ。
 (空白)
 あれほどの資質を持ちながら
 このザマとは……。
 
 ふん、いいわっ。
 (空白)
 どうせあなたはこれから
 ひどい目にあうんだから……。
 
 このあたしの手でねっ!
 
 ――いただくわっ、その資質っ!
どうする?
→戦う!

(戦闘終了後)

プリーシュ:
 ……。
 
 わたしがあなたに出来ることは
 ここまでっ!
 
 ……今のあなたなら書の全てを
 読み解くことができるはずよっ。
 (空白)
 でも、そこから先は
 あなた自身の意思で決めること。
 
 わたしが示した道はあくまで
 一つの可能性……。
 
 はぁ~……。
 (空白)
 ……冗談抜きであなたの
 その資質、わたしの物にしたいわっ。

(「自分探しの旅」の後、プリーシュに話しかける)

プリーシュ:
 ふ~ん。
 (空白)
 それがあなたの出した結論ね?
 
 ま、いいんじゃない?
 (空白)
 応援してあげてもいいかなっ。

Last-modified: 2018-07-14 (土) 18:10:02