イベントログ記録へ戻る
イベントログ記録>転生イベントへ戻る

転生イベント(ツバキ)ログ [edit]

ナビゲーション情報4『白き世界にある「白い本」を覗いてみよう、において

 『我は究極を生み出しモノ……。』
 
 『広大なる無から創りしは
  個という生命。
  それは究極の創造なり……。』
ツバキ:
 待っていましたよ。
 ○○……。
 
 私の名はツバキ。
 (空白)
 ……あなたに新たな可能性を
 指し示す者。
 
 ……なぜあなたの名前を
 知っているのかって?
 
 ……フフ、なぜでしょうね。
 
 その話はさておき、
 あなたに秘められたその才を
 見極めましょう……。
 (空白)
 ……じっとしていてください。
 
 ……。
 
 ……ほう。
 (空白)
 素晴らしい才ですね。
 この私も少しばかり嫉妬して
 しまうぐらいだ……。
 
 いいでしょう。
 ……あなたを認めます。
 
 しかし──。
 (空白)
 あくまで内に秘められた才を
 引き出すのはあなた自身です。
 
 私はあなたに道を
 指し示してやることしか出来ない……。
 
 “我が道を辿り、その力を我に示せ”
 
 ──見せてみなさい、あなたの力を。
 
 ……。
 
 ふふ……。
 (空白)
 あなたが力を指し示す
 その日を楽しみに待っていますよ……。

(「士魂商才の証」を持たずにツバキに話しかけてみる)

ツバキ:
 あなたが力を指し示す
 その日を楽しみに待っていますよ……。

(「雲蒸竜変の証」を持ってツバキに話しかける)

ツバキ:
 ……「士魂商才の証」。
 
 ふふっ……。
 (空白)
 待っていましたよ。
 
 それがあなたが導き出した
 答えというわけですね……。
 
 ならば私もその答えに
 応じましょう……。
 
 ──あなたという才の破壊を持ってッ!
どうする?
→戦う!

(戦闘終了後)

ツバキ:
 ……。
 
 ふふ……。
 (空白)
 合格です。(ニコ)
 
 認めましょう、あなたを──
 
 古の契約により
 汝にさらなる道を示さん……。
 
 ……。
 
 私があなたに出来ることは
 ここまでです。
 
 ……今のあなたなら書の全てを
 読み解くことができるでしょう。
 (空白)
 しかし、そこから先は
 あなた自身の意思で決めなさい。
 
 私が示した道はあくまで
 可能性に過ぎないのですから……。
 
 ふふっ……。
 (空白)
 しかし、冗談抜きであなたの才には
 嫉妬してしまいます……。

(「自分探しの旅」の後、ツバキに話しかけてみる)

ツバキ:
 それがあなたの答えですか……。
 ……。
 
 ま、それもいいでしょう。(ニコ)
 ……応援させていただきますよ。

Last-modified: 2014-11-05 (水) 22:57:59