チュートリアル2 「すてきなおくりもの」 [edit]

関連リンク [edit]

アミス先生と話そう(アミス先生に話かけて新しい授業を始めよう) [edit]

アミス先生の飛空庭 [edit]

【アミス】
 おかえりなさい、
 ○○ちゃん。
 
 ステータスはちゃんとこまめに
 上げているかしら?
 レベルを上げるだけじゃなくて、
 ステータスも上げないと
 強くなれないのよ。
【ワンポイント】
 メニューの「キャラクター」から
 「ステータス」を開いて、
 こまめにステータスを上げて
 キャラクターを強化しましょう。
【アミス】
 それじゃあ、そろそろ新しい事を
 教えようと思うのだけど、
 授業をはじめてもいいかしら?

>どうする?
→ちょっと待って

→次の授業をはじめる

【アミス】
 それでは、授業を始めるわね♪
 
 今日はアクロポリスの空に
 よく浮かんでいて、
 この学校にも使われている
 「飛空庭」についてお勉強しましょう。
 
 「飛空庭」とは文字通り、
 お空に浮かんでいるお庭の事です。
 
 マイマイ島というところに
 生えているバオバブの樹の
 根っこの部分は長い年月を経ると
 空に浮かぶようになるの。
 
 これが飛空庭の大元になって
 いるのよ。
 
 長い年月を経たバオバブの樹の
 根っこの部分は放っておくと
 どんどん高い所に飛んで
 いってしまうから……
 
 決まった高さで止まるようにしたり、
 上にお家を建てられるようにするのが
 飛空庭職人さんのお仕事なのよ。
【ダークフェザー】
 どうしてバオバブの樹の根っこは
 空を飛ぶようになるの?
【アミス】
 いい質問よ、ダークフェザーちゃん。
 ……でも、まだ、
 どうして空を飛ぶようになるかは
 わかっていないの。
 
 いつか研究が進んだら、
 どうして空を飛ぶようになるか
 わかるようになるかもしれないわね。
 
 あら……?
 誰か帰ってきたみたいね。
【???】
 くんくん、知らないにおいです。
 どなたです?
【アミス】
 おかえりなさい、バウちゃん。
 ○○ちゃんよ。
【アミス】
 バウちゃん。
 ○○ちゃんと
 仲良くしてあげてね♪
【バウ】
 わう!
 ぼくはバウです。
 
 ○○さんは
 冒険者さんですか?
 アミス先生の生徒ですか?
 
 ぼくもアミス先生の生徒です!
 おともだちです、これから
 なかよくしてほしいです!
【アミス】
 うふふ、バウちゃんはずいぶんと
 ○○ちゃんの事が
 気に入ったみたいね。
 
 そうだ、ちょうどいいわ。
 今日の授業は、バウちゃんに
 道案内をしてもらいましょう♪
 
 ファーイースト街道に
 飛空庭職人さんがいるから、
 その人にお荷物を届けて欲しいのよ。
【バウ】
 あれ?
 ひくうていの職人さんのごはんは
 モーモーちゃんがもっていった
 はずじゃ……?
【アミス】
 本当はそうなんだけど……
 サンドイッチを渡す前に、
 モーモーちゃんが出て行っちゃって、
 私じゃ追いつけなかったの。
 
 バウちゃんが帰ってきたら
 お願いしようかなって
 思ってたんだけどね。
 
 ちょうど飛空庭の事を教えていたから
 ○○ちゃんも一緒に、
 飛空庭職人のところへ
 連れて行ってあげてくれる?
【バウ】
 ひくうていの職人さんなら、
 ぼく知ってるです!
 
 ○○さんと
 一緒にいくですね?
 よろしくです!
【アミス】
 はい、じゃあ、このサンドイッチは
 バウちゃんが持っていてね。
 
 もしかしたら、モーモーちゃんが
 途中で困っているかもしれないから、
 その時は一緒に行ってあげてね。
 よろしくお願いね♪
 
 今のうちにイベントナビゲーションで
 プリムラちゃんを呼び出しておくことを
 お勧めするわよ♪
 アップタウンに降りてからでもいいけど、
 しばらく来てもらったままでも
 いいかもしれないわね。
【ワンポイント】
 「すてきなおくりもの」イベントが
 開始されました。
 
 メニューのクエストナビインフォの
 「イベントナビ」から、
 ナビを開始することで、
 目的地までのナビゲーションを
 受ける事ができます。
 
 「クエストナビインフォ」から
 「イベントナビ」を開き
 「すてきなおくりもの」の
 ナビを開始してみましょう。
 
 ナビゲーションのオートランボタンを
 クリックする事で目的地まで
 自動で移動を開始します。
 アップタウンに降りて試してみましょう。

アクロニアの林へ行こう(東アクロニア平原を東に進んでアクロニアの林へモーモーを探しに行こう!) [edit]

アクロニアの林 [edit]

【???】
 ううん、これは一度戻らなきゃ
 ダメかもしれないなぁ……。
 
 かあさん、うちのドジはまだ
 なおってません……。
 
 あれ?
 どちらさまで……
【バウ】
 モーモーちゃん見つけたですーっ!
【モーモー】
 あー……
 バウさん、こんにちは……
 あはは……
【バウ】
 あれ、モーモーちゃんどうしました?
【バウ】
 あう……モーモーちゃん、
 ○○さん、
 ぼくは、ばかなバウです……
 
 モーモーちゃんに飛びついたら、
 ミルクをこぼしてしまったです……
【モーモー】
 大丈夫ですよ、バウさん。
 ミルクはまた集めればいいですし、
 どっちにせよ、うちってば、
 サンドイッチを忘れちゃったから……
 
 あっ、えっと、はじめまして。
 う……じゃなかった。
 わたしはモーモーって言います。
【バウ】
 ううう、またやってしまったです。
 なかなか飛びつくくせが
 直らないです……
 
 モーモーちゃん、
 ひくうていの職人さんに
 もっていくはずのミルクを
 こぼしてしまってごめんなさい、です。
 
 アミス先生にはミルクと、
 サンドイッチをひくうていの職人さんに
 お届けするように
 おねがいされてるです。
 
 でも、ぼくがアクロポリスまで
 ミルクをもう一度とりにいくと
 お腹を空かせた職人さんが
 困っちゃうのです。
 それはダメ、なのです。
 
 えっと、だから……
 二人にもミルク集めを
 お手伝いしてほしいです。
 ……だめですか?
【モーモー】
 いえいえ、そういう仕事なら
 任せてください!
 もちろん、お手伝いしますよ♪
 
 そういえば○○さんと
 会うのは初めてですね♪
 わたしも学校で勉強してるんですよ。
 
 ○○さんは、
 冒険者としての勉強をするために
 学校にきてるんですよね?
 
 わたしもちょっとだけ、
 クエストを冒険者さんに
 渡す仕事のお手伝いを
 しているんですよ!
【モーモー】
 ……まぁ、本格的な仕事は
 別の方にお願いしてたんですけど。
 ちょっと真似してみたいなーって。
【バウ】
 そういえば○○さんに
 渡すようにアミス先生から
 預かってるものがあるです。
 
 ぼくには良くわからないけど、
 これを使うといいことがあるって
 いってました。
(バウからレベル30以下で使える
 『経験値ふえーる50』
 を、もらった!)
【ワンポイント】
 経験値ふえーる50を使うと、
 入手できる経験値が
 50%増加します。
 
 レベル30以下で使えるアイテムは
 ECO SHOPの
 レベル30以下無料アイテムから
 いくつでも手に入れる事ができます。
 
 経験値ふえーる50以外にも
 ステータスを初期化できるものや
 戦闘を有利にしてくれる
 便利なアイテムが色々ありますので
 どんどん使ってみましょう。

バウのお願い(バウのお願いを聞いてあげよう) [edit]

アクロニアの林 [edit]

【モーモー】
 えっと、このあたりにいる
 白くて丸っこいの
 「ミルクピッチャー」って
 いうんですけど……
 
 ミルクピッチャーをぺしぺしすると、
 よく『ミルク』を落とすんです。
 
 10匹くらいぺしぺししたら、
 1個くらいは『ミルク』を
 集められると思うんです。
【モーモー】
 うちとバウさんと
 ○○さんの三人で
 手分けして『ミルク』を1個ずつ
 集めたら足りると思うんです♪
 
 それじゃあ、まずは
 「ミルクピッチャー」を10匹ほど
 ぺしぺししてくださいって
 ちゃんとお願いしますね。
(クエストを受けた!)
【モーモー】
 『ミルク』を1個あつめるために
 ミルクピッチャーを10匹
 ぺしぺししてください♪
 
 『ミルク』を1個、
 集めるのを忘れないように
 してくださいね。
 ……って、うち……じゃなくて、
 わたしも忘れないようにしなくちゃ。
【バウ】
 「ミルクピッチャー」を
 10匹ぺしぺしして、
 『ミルク』を1個あつめたら
 モーモーちゃんに声をかければ
 いいんですね。わかったです!
【ワンポイント】
 モンスターから攻撃を受けると
 HPが減ってしまいます。
 HPが「0」になるとキャラクターが
 倒れてしまいセーブポイントに
 戻ってしまいます。
 
 戦闘中はHPが「0」に、
 ならないようにこまめに座って
 回復しましょう。
 「Insert」を押すと座ることが出来ます。
 
 プルルを倒して手に入る
 『ゼリコポーション』を飲む事で
 HPを回復する事もできます。
 
 ミルクピッチャーを10匹倒したら、
 モーモーに話しかけましょう。
 クエストカウンターにクエストを
 報告してしまうと、
 イベントが進行しませんので、
 注意してください。

ミルクを集めよう(「バウのお願い」を聞いてバウにお願いされたものを集めてあげよう) [edit]

アクロニアの林 [edit]

クエスト中 [edit]

【モーモー】
 はぁ……もうちょっとで集まる。
 ○○さんも
 休憩中ですか?
 
 バウさんは足が速いから、ちょっと
 遠くまで探しに行ってたりも
 するんですよねー。
【ワンポイント】
 モンスターから攻撃を受けると
 HPが減ってしまいます。
 HPが「0」になるとキャラクターが
 倒れてしまいセーブポイントに
 戻ってしまいます。
 
 戦闘中はHPが「0」に、
 ならないようにこまめに座って
 回復しましょう。
 「Insert」を押すと座ることが出来ます。
 
 プルルを倒して手に入る
 『ゼリコポーション』を飲む事で
 HPを回復する事もできます。
 
 ミルクピッチャーを10匹倒したら、
 モーモーに話しかけましょう。
 クエストカウンターにクエストを
 報告してしまうと、
 イベントが進行しませんので、
 注意してください。

討伐クエスト完了 [edit]

【モーモー】
 はー、ようやく一息つけますよー。
【モーモー】
 そうだ、田舎者に見えない様に
 ポーズの練習とアクセントのつけ方を
 練習しておかないと……
 自分の事、ついうちって言っちゃうし。
 わたし、うちじゃなくてわたし……。
【モーモー】
 やっぱりこのポーズが
 一番落ち着くかな~
【モーモー】
 あっ、あっ、
 ミルクは集まってます?
 
 えっと、えっと……
 まずはミルクピッチャーを
 10匹ぺしぺししていただいた
 お礼をしないとですね!
(クエスト報酬を受け取った!)
【モーモー】
 お疲れ様でした♪
 それじゃあ、さっそく『ミルク』を
 受け取りたいのですが……
 
 せっかくなので、こちらも
 冒険者さんにちゃんと
 お願いする形にさせてもらいますね♪
(クエストを受けた!)
【ワンポイント】
 モーモーに話しかけて、
 『ミルク』を渡してあげましょう。

ミルクを渡そう(「バウのお願い」を聞いてバウにお願いされたものをモーモーに渡してあげよう) [edit]

アクロニア林 [edit]

【モーモー】
 それじゃあ、『ミルク』を
 いただけますか?
【モーモー】
 うーん、まだ足りないです。
 『ミルク』を集めたら、
 また、声をかけてくださいね♪
【モーモー】
 それじゃあ、『ミルク』を
 いただけますか?
【モーモー】
 はい、お疲れ様でした!
 しっかり受け取りました!
(クエスト報酬を受け取った!)
【バウ】
 ぼくもミルクを集めてきたです!
 みんなでわけっこすると早いです♪
 二人とも、ありがとうです!
【モーモー】
 じゃあ、ミルクはこぼれやすいので
 わたしが運びますね。
 
 サンドイッチは、バウさんが持って
 もらえますか?
 
 準備もできましたし、
 一緒に行きましょう。
【バウ】
 三人で一緒です♪
 ファーイースト街道は
 すぐお隣ですから、
 すぐついちゃうですね♪
 
 ひくうていの職人さんは
 お腹すかせて待ってるに
 ちがいないです。
 ぼくは急ぐバウです!
【ワンポイント】
 レベルが上がりました。
 「USEBonusPoint」を使って
 ステータスを上げてみましょう。
 
 攻撃力を上げたい場合は「STR」
 防御力を上げたい場合は「VIT」
 命中率を上げたい場合は「DEX」
 の、ステータスをあげましょう。
 
 ステータスは後から
 振り直しができます。

ファーイースト街道へ行こう(ファーイースト街道にいるバウとモーモーと話そう) [edit]

ファーイースト街道 [edit]

【バウ】
 ○○さん、
 ここから先はコッコーに注意!
 なのです。
 
 ちょっと乱暴な鳥さんで
 目が合うとつっついてくるです。
【モーモー】
 囲まれると結構痛いですし、
 危ないから気を付けていきましょう。
【ワンポイント】
 ここから先は何もしなくても
 襲ってくるアクティブモンスターが
 多く存在します。
 
 コッコーに囲まれないよう、
 倒して進みましょう。

ファーイースト街道へ行こう(ファーイースト街道にいる飛空庭職人のところへ行こう) [edit]

ファーイースト街道 [edit]

【バウ】
 あそこにいるのが、
 ひくうていの職人さんです!
【モーモー】
 お待たせしましたー!
 遅れてしまってすいません。
【飛空庭職人】
 ちょうどお腹がすいたなーって
 思い始めたところだから、
 タイミングがよかったよ。
 
 ……ん?なんだかずいぶんと
 疲れているような感じだね。
 コッコーに追いかけられちゃったかな?
【飛空庭職人】
 なんだかとっても苦労をして
 届けてくれたみたいだね。
 ありがとう。
【飛空庭職人】
 そこの君は初めて会うかな?
 アミスお嬢さんのところの
 生徒さんだと…………
 
 ……あぁ、
 冒険者見習いの生徒さんだね。
 なるほど。
【バウ】
 そうです!
 ○○さんは
 新しいお友達なのです!
【モーモー】
 ミルクとサンドイッチは
 いつものところに、
 置いておきますねー♪
【飛空庭職人】
 モーモーちゃんにはいつも
 苦労をかけてしまうね。
【モーモー】
 ウォートンさんったら、
 それは言わない約束ですよ♪
【飛空庭職人】
 おっと、紹介が遅れたね。
 僕はトンカの飛空庭職人の
 ウォートンさ。
【モーモー】
 ウォートンさんは、
 トンカではトンカマイスターの
 最高称号である『庭師』と
 呼ばれているんですよね。
【バウ】
 アミス先生のお父さんも
 ひくうていの職人さんだって
 いってました!
【飛空庭職人】
 そうそう、アミスお嬢さんの
 お父さんは僕の師匠みたいな人でね。
 
 昔のよしみで連絡した時に、
 ちょっとばかり悲しい状態だった
 僕の食生活の手助けを
 してもらっている、というわけさ。
【飛空庭職人】
 ところでモーモーちゃん
 僕のお弁当はどこかな……?
【モーモー】
 いつものところに、
 置いてありますよ♪
 もー、ちゃんと覚えてないと
 ダメですよ。めっ。
【バウ】
 あれ?そういえば、
 ウォートンさんはどうして
 ここにずっといるんです?
【飛空庭職人】
 いやぁ、恥ずかしい話なんだけど、
 トンカからノーザンに向かう途中で
 飛空庭が墜落してしまったんだ。
 無理をしなけりゃよかったなぁ。
 
 そこで飛空庭の修理のために
 必要な材料を冒険者さんに
 集めてもらっていたんだ。
 
 あっ!!!という間に、
 材料がそろったのは嬉しいんだけど、
 そのお礼に『飛空庭』を作る
 約束をしちゃったら……。
 
 ご覧のとおり、
 今はみんなの『飛空庭』を作るのに
 大忙しってわけさ。
【バウ】
 だからずっとここに居るんですね。
 なっとくです!
【飛空庭職人】
 そうだ、そういえば僕のために
 材料を集めてくれた冒険者さんが
 これもどうぞ、ってくれたんだけど
 僕じゃ使うことがないから、
 君にあげるよ。
(ウォートンから
 『バウスタンプ』をもらった!)
【バウ】
 バウのお顔のスタンプです!
 これ、なんです?
【モーモー】
 んー、なんだろう?
 ○○さんが
 持つのがいいんじゃないですか?
 ほら、冒険者さんだし。
【飛空庭職人】
 説明するよりも使ってみるほうが
 早いと思うよ。
 ちょっと使ってみてごらん。
【ワンポイント】
 『バウスタンプ』は一回しか
 もらえないので、
 間違えて捨てないように注意しましょう。
 
 アイテムをダブルクリックする事で
 バウスタンプを使うことができます。
 
 バウスタンプを使ったら
 バウかモーモーに話かけましょう。

スタンプを押してみよう(『バウスタンプ』を使ってみよう) [edit]

ファーイースト街道 [edit]

【モーモー】
 なにかにスタンプが押されましたね。
 『モンスタースタンプ帳』……?
【バウ】
 スタンプがぺったんです!
 いっぱいスタンプを押すところが
 あるですけど、今のスタンプは
 無くなっちゃったです……?
【飛空庭職人】
 それはモンスタースタンプといって
 モンスターを討伐すると、
 たまーに落とすレアアイテムだよ。
 
 使うと無くなってしまうけど、
 冒険者が持っているスタンプ帳に
 対応するモンスターのスタンプが
 押されるようになってる。
 
 なんでも、このスタンプ帳を
 スタンプでいっぱいにすると
 素敵なものがもらえるんだとか……
 
 詳しくはアップタウンの
 スタンプカウンターで聞いてみると
 いいと思うよ。
【モーモー】
 けっこういっぱいありますね、
 本当にそろうのかな……?
【バウ】
 小さいまとまりもあるです。
 うーん、ぼくはよくわからないです。
 
 わからないときは、
 知っている人に聞けばいいです。
 スタンプカウンターに
 行ってみるです!

スタンプカウンターへ行こう(スタンプカウンターへ行ってスタンプの話を聞いてみよう) [edit]

アップタウン [edit]

【バウ】
 ここがスタンプカウンターです。
 アミス先生の学校から結構近いから
 ぼくは場所を知っていました!
 えっへんです!
【モーモー】
 わたし、知らなかった……
 ○○さん、
 アップタウンとダウンタウンの
 いろんなお店の場所、わかります?
 
 ダウンタウンは何とか慣れて
 来たんですけど、アップタウンは
 まだ迷子になるんですよね……
【バウ】
 さっそく、スタンプカウンターの
 中の人に説明をしてもらうです!
 ○○さんが
 聞くのが一番いいです。
【モーモー】
 確かに、冒険者である
 ○○さんが
 聞くのが一番よさそうですね♪
【バウ】
 あれ?
 何か落ちてるみたいです。
【酒屋店員スタンプ係】
 あ~っ、すみません。
 拾ってくれてありがとうございます。
【酒屋店員スタンプ係】
 後で拾おうって思ってたのですが
 カウンターの外に落ちちゃったから
 つい面倒で……ウフフ!
 
 これは、酒屋で新しくはじめた
 「モンスタースタンプ集め」に
 便利なカードなんですよ。
【酒屋店員スタンプ係】
 ふふっ……ちょっとだけ簡単に
 説明しちゃいますね♪
【酒屋店員スタンプ係】
 私はここでスタンプ帳と景品の交換を
 しているんですよ♪
 
 『モンスタースタンプ帳』に、
 赤や黄色の色分けされた部分が
 あるのはわかりますか?
 
 例えばスタンプ帳の紫色の部分の
 スタンプを全部集めてくれたら、
 景品と交換してあげられるんですよ。
【ワンポイント】
 モンスタースタンプは、
 対応するモンスターを倒すと
 一定確率で入手する事ができます。
 
 入手したモンスタースタンプは
 ダブルクリックで使用することで、
 モンスタースタンプ帳に
 スタンプを押す事ができます。
 
 一度使用したスタンプは消費されます。
 
 スタンプを集める事で、
 可愛い衣装や家具などが手に入るので
 ぜひ遊んでみてください。
【酒屋店員スタンプ係】
 モンスタースタンプ集め初心者さんには
 平原スタンプがおすすめかな。
 スタンプ帳の紫色の部分を
 埋めてみてはどうかしら~♪
【バウ】
 バウもいっぱいあつめるです!
 ……あ、そろそろアミス先生が、
 心配しちゃうころです?
【モーモー】
 遅くなってアミス先生が心配しないうちに
 早く帰りましょう。

学校へ戻ろう(アミス先生のところへ戻ろう) [edit]

アミスの飛空庭 [edit]

【アミス】
 おかえりなさい、みんな。
 ……帰りが遅いから心配したのよ?
 どうやらお願いしていたお仕事は
 無事に終わったみたいね。
【モーモー】
 ごめんなさい、サンドイッチを
 もってない事に早く気が付けば……
【アミス】
 いいのよ、先生もうっかりして
 いたわけだし、次はお互いに
 気を付けましょうね。
 
 それに、バウちゃんや
 ○○ちゃんと一緒に
 お届け物をしてくれたんでしょ?
【モーモー】
 はいっ!
【モーモー】
 あ、そうだ……アミス先生。
 さっき飛空庭職人さんから
 スタンプをいただいたんです。
【バウ】
 スタンプカウンターのお姉さんに
 『モンスタースタンプ帳』のことを
 教えてもらいました!
【アミス】
 ふふっ、モンスタースタンプについて
 教えてもらったのね♪
【アミス】
 『モンスタースタンプ帳』は
 開いてみたかしら?
【ワンポイント】
 『モンスタースタンプ帳』は、
 メニューのキャラクターを選択して
 モンスタースタンプ帳から
 開く事ができます。
 
 正方形にカーソルをあわせて
 右クリックすると、
 どんなモンスターが落とすのか
 わかるようになっています。
 ※シークレットのスタンプは
  表示されません。
【アミス】
 そうね……。
 ○○ちゃんなら、
 コッコーやキラービー相手なら
 勝てると思うし……、
 
 まずは「平原スタンプ」を
 全部集めてみるのを目標にしてみたら
 どうかしら♪
【アミス】
 すぐに集まるようなものじゃないから
 ゆっくり集めていけばいいと思うの。
 
 「平原スタンプ」が集まったら、
 スタンプカウンターまで
 持っていくと素敵なものが
 もらえるそうよ。
【モーモー】
 そうなんですかー……。
 うち、学校のすぐ近くにその
 スタンプカウンターがある事、
 ついさっきまで知りませんでした……。
【バウ】
 ○○さん、
 今日はぼくのドジで
 困らせてしまったのです。
 
 ぼくは未熟なバウです……
 でも、助けてくれたお礼が
 したいです。
【バウ】
 えっと……うーん……
 ぼくがお礼できるの、
 これしかないですけど
 もらってほしいです!
(バウから看板をもらった!
 「この先『バウ』に注意!」と
 書いてある……)
【バウ】
 ぼくがここにくるまえに、
 よくわからなくて
 もってきちゃったです。
 
 後でごめんなさいって
 返そうとしたら、
 「気に入ったならもっていっていい」
 ってもらった
 だいじなものです。
 
 ぼくはまだもう一個もってるので
 それは○○さんに
 あげるです♪
【バウ】
 昔のぼくは、何がいいことで
 何がわるいことか、
 わからないばかなバウでした。
 
 でも、アミス先生やみんなに
 いろいろ教えてもらって、
 街の人からもありがとうって
 言われることもふえたです。
【バウ】
 ダークフェザーちゃんにも
 教えてもらったですけど、
 「ありがとう」って言うのも
 言われるのもうれしいことです。
【バウ】
 ○○さん、
 助けてくれてありがとうです!
 ぼくはもっと、
 がんばるバウになります!
【モーモー】
 バウさん、前向きでいいなぁ……
 うちなんてまだ萎縮してばっかり。
 
 気持ちって言葉にしないと
 伝わらないですもんね。
 
 うう、がんばらないと……って、
 そろそろダウンタウンの
 なんでもカウンターにデ……
 受付嬢さんのお手伝いにいかないと。
 
 では、いってきまーす♪
【ワンポイント】
 イベント「だいじなおしごと」が
 開始できるようになりました。
 
 メニューのクエストナビインフォの
 「イベントナビ」から、
 ナビを開始することで、
 目的地までのナビゲーションを
 受ける事ができます。
 
 「クエストナビインフォ」から
 「イベントナビ」を開き
 「だいじなおしごと」の
 ナビを開始してみましょう。
【アミス】
 それじゃあ、そろそろ新しい事を
 教えようと思うのだけど、
 授業をはじめてもいいかしら?

>授業進めていいかしら?
→ちょっと待って

【アミス】
 ふふっ、わかったわ。
 準備ができたら声をかけてね♪
 
 次の授業では、
 ○○ちゃんに
 冒険者としての職業について
 教えようと思ってるのよ。
 楽しみにしていてね。
 
 そうそう、レベルがあがったら
 ちゃんとステータスをあげるのよ?

→大丈夫

※次の話へ

<前の話へ 次の話へ>

コメント等 [edit]



Last-modified: 2017-08-22 (火) 20:56:03