チュートリアル7「たのしいおかいもの」 [edit]

関連リンク [edit]

アミス先生と話そう(アミス先生に話かけて新しい授業を始めよう) [edit]

アップタウン [edit]

  • アミスに話しかける
【アミス】
おかえりなさい、
○○ちゃん。
冒険もいいけど、
たまには学校にも顔を出してね♪
 
イリスカードは色んな想いが
込められていて、色々な絵柄があるわ。
額縁にいれて飾ってみてね。
あなたのお気に入りの一枚が
手に入るといいわね♪
→学校へ行く
→やめる

>学校へ行くを選択

アミスの飛空庭 [edit]

  • アミスに話しかける
【アミス】
おかえりなさい、
○○ちゃん。
荷物の整理はちゃんとしてるかしら?
荷物の重量や容量がいっぱいになると
動けなくなってしまうから、こまめに
荷物を整理しましょうね。
 
荷物の整理が終わったら
そろそろ新しい事を
教えようと思うのだけど、
授業をはじめてもいいかしら?
→次の授業をはじめる
→ちょっと待って

>ちょっと待ってを選択

【アミス】
準備ができたら、
また声をかけてね♪

>次の授業をはじめるを選択

【アミス】
じゃあ、さっそく次の授業を
はじめましょうか♪
 
……あら?
あの子はどうしたの?
【ワンポイント】
タイニーゼロを呼び出していないため、
イベントが進行しませんでした。
 
タイニーゼロを呼び出した状態で
もう一度話しかけてみましょう。
  • アミスに話しかける
【???】
アミス先生、ただいまなのです♪
ペペンはお腹が空きました!
【??】
あたしも帰ってきたんだぞ!
お腹が空いたのも一緒だぞ!
 
お?
 
なぁなぁ、お前誰だ?
なんかいいニオイするな!
ペペンはどう思う?
【???】
ベアさんの言う匂いは、
わからないですけど、
なんだか優しそうな人だと思うです。
 
アミス先生。
となりの子はペペンたちの仲間ですか?
ペペン、気になるです。
【??】
そうだそうだ!
気になるぞ!
あと、おやつの時間だぞ!
【アミス】
ペペンちゃん、ベアちゃん。
おかえりなさい♪
そうよ、新しいお友達よ。
 
おやつは少し待っていてね。
今日は○○ちゃんに
装備の大切さのお話しをしてるの。
 
それじゃ、改めて次の授業を
始めましょうか♪
 
武器や防具などの普段使っている
装備品と呼ばれるものには、
「耐久値」というものがあるの。
 
耐久値が減ってしまう……つまり、
装備品が壊れそうになったら
修理する事でまた使えるようになるわ。
 
今のあなたの装備を修理して
使えるようにする事もできるけど、
そろそろ、新しい装備品に
切り替える時期だと思うの。
 
と、いうわけで……。
 
ペペンちゃん、ベアちゃん。
○○ちゃんは
今からお買い物にいくから、
道案内してあげてくれるかしら?
【???】
はい!ペペンは案内するです♪
【ペペン】
初めまして、ペペンなのです♪
 
シーホースさんから
○○さんの事は
いろいろ聞いたです。
 
迷子にならずに街を歩けるって
本当ですか?
【??】
あたしも案内するぞ!
【ベア】
あたしはベアだぞ♪
 
あたしもタランチュラから
色々聞いたぞ!
いつもアミス先生のお手伝いを
してくれてるんだろ?

  むー! みんななんで
  ○○の事ばっかり
  言ってるのさー!
 
  ボクだって結構すごいんだぞ!
  ずばーっ!としたり
  しゃきーん!としたり!

【ベア】
何かお前、あたしと同じような
においがするぞ?
でも、ちょっとちがうような……
【ペペン】
なら、ペペンと代わるですか?
ペペン、冒険に行くのも
面白そうだと思います!

  だめーっ!
  それはだめ!
  ○○の相棒は
  ボクなのーっ!

【アミス】
喧嘩はしちゃだめよ。
みんな仲良くね?
【みんなの声】
『はーい!』
【アミス】
まずはダウンタウンの南にある
武器屋さんに行くといいわ。
 
お手紙を書いたから、
ペペンちゃん、持って行って
あげてくれる?
【ペペン】
はいです!
ペペンはお手紙を受け取ったので、
武器屋さんにお届けするです!
 
○○さんは
武器屋さんに行ったら、まずは
ペペンにお話をしてほしいです。
えっへん♪
【ベア】
よーっし、一緒に行くんだぞ!

武器を整えよう(ダウンタウンの南側にある武器屋に行こう) [edit]

武器屋 [edit]

  • ベア・アルマに話しかける
【ペペン】
あれ?
あの子はどこに行ったですか?
居ないとなんだかさみしいです……
【ワンポイント】
タイニーゼロを呼び出していないため、
イベントが進行しませんでした。
 
タイニーゼロを呼び出した状態で
もう一度話しかけてみましょう。
  • ベア・アルマに話しかける
【ペペン】
ここが武器屋さんです!
ジャンク屋さんほど熱くないので、
暑いのが苦手なペペンでも平気です!
 
武器屋さんに先生の
お手紙を……お手紙を……
 
あっ!
 
あったですー♪
ひやひやしたですけど、
はいどーぞです♪
【ベア】
お、おぅ。
一瞬大冒険の始まりかと思ったんだぞ。
 
それにしても、ここは面白いな!
キラキラでぴかぴかだ!
 
店員さんが上半身裸だぞ!?
なんでだ?
【武器屋店員】
いらっしゃい。
アミスさんのところの生徒か。
上半身裸なのは個人的なポリシーだ。
 
そこのお嬢ちゃん、
色々と興味がある武器も多いとは
思うが、武器にはそれぞれ扱える
職業っていうものがある。
 
強そうだからって、今の自分に
扱えない武器を買ってもあまり
いいことはないからな。
 
職業があっていても、今の自分の
技量が足りなければ
同じことだぞ。
【ワンポイント】
武器や防具などの装備品には、
装備可能な職業や
レベルの制限があります。
 
装備品を購入する際は、
購入したいアイテムを右クリックし
アイテム情報に書かれている
装備可能職業に注意しましょう。

  ふふーん♪
  ボクはいまのが一番気に入ってるから、
  当分はこれでいいや。
 
  だからまずは
  ○○だね。

【ペペン】
なんだか難しいですけど、
裸の理由は答えてくれたです……。
 
ちょっと怖いかと思ったけど、
案外いい人かもしれないです。
 
ええとですね。
実は○○さんの
装備を新しくするために
お買い物にきたです。
【ベア】
なんかすげーの買おう!
でっかいやつとか、
つよそうなのとか!
【武器屋店員】
ほうほう、どれどれ……ふむ。
確かに手紙にも書いてあるな。
 
と、言うことはお前さんが
○○かな?
そろそろ新米を卒業……ってところか。
 
アミスさんからの頼みもあるし、
将来いろいろ買ってくれる事を
期待して今日は特別に一つだけ、
武器を持って行っていいぞ。
【ベア】
ほんとか!?
すごいな!!
【ペペン】
すごくいい人です……!!
ペペン感激です!
【武器屋店員】
まぁ、扱いやすい武器と言う事で、
どの職業でも装備できるものから
選んでもらうとするかな。
次は自分で買ってくれよ?
→新生のハルムベルデ(ハンマー)
→新生のハルムベルデ(槍)
→新生のハルムベルデ(剣)

>新生のハルムベルデ(○)を選択

  (武器屋の店員さんから
   『新生のハルムベルデ(○)』
   を、もらった!)

【武器屋店員】
もちろんわかっているとは思うが、
武器は装備しないと意味がない。
冒険に出る前に装備の確認は
忘れないようにするんだぞ。
 
そうそう。
店の宣伝もしておくか。
ここは主にファイター系の職業用に
武器を取り揃えている。
何かあったら、また来てくれ。
 
次は防具でも買いに行くのか?
なら、ダウンタウンの中央にある
広場の南側にある露店がおすすめだな。
この店を出て、真っ直ぐ前に進めば
すぐにつくよ。
【ベア】
よし、わかったぞ!
次はそこに行ってみるんだぞ!
【ワンポイント】
装備品は装備しないと、
性能を発揮する事ができません。
 
さっそくもらった武器を
装備してみましょう。

防具を整えよう(ダウンタウン中央露店の南側にある露店へ行こう) [edit]

ダウンタウン [edit]

  • ペペン・アルマに話しかける
【ペペン】
ここが噂の露店です!
ダウンタウンの広場には露店が
いっぱいです!
外の稼動橋には冒険者さんたちが
露店を出していることがあるですね!

  ふふーん、ボクに似合う
  お洒落な奴はあるかな?
  とはいえ、今日はボクよりも
  ○○が先だね!

【ベア】
たのもうだぞ!
防具が欲しいんだぞ?
【南側の露店店員】
いらっしゃい。
あら、可愛らしいお客さんね。
好きなものを見ていってね。
【ベア】
なぁなぁ、さっき武器屋に行ったけど
職業によっていい武器とダメな武器が
あるって言ってたんだぞ?
【ペペン】
あとは、その人の技量によって
使えるけど使えないというのも
言われたです。難しいですよ!?
【ベア】
そういえば!
そーゆーのはどーなってるんだ?
【ペペン】
ペペン、気になるです!
 
今日はアミス先生のお使いで
○○さんの
新しい防具を買いにきたですけど、
疑問がいっぱいでこんがらがって
きちゃったですよ!?

  へへーん、ボクはわかるよ!
  えーっと、あのね!
  ……。
 
  お店のお姉さんに聞けばいいんだよ!
  ほら、カンタン!

【南側の露店店員】
そうね、じゃあ説明するわね。
武器と同じように、防具にも職業に
よって使えるものと使えないものが
あるのはわかってるみたいね。
 
装備の中にはレベルがある程度ないと
装備できない物があるのは武器と同じよ。
 
例えば、うちで売っている
ラウンドシールドと言う丸い盾は
職業についていない人か、
ファイター系の職業と、
スペルユーザー系のウォーロックと
言う職業の人が装備できるの。
 
でも、それらの職業になっても、
ある程度経験を積んでいないと
装備できなかったりするのよ。
【ペペン】
おー、わかりやすいです!
まずは職業で使える装備がわかって、
そのなかでも修行が足りないと
まだ使いこなせないです!
 
修行が足りない場合は
クエストをたくさんしたり、
モンスターと戦って
レベルをあげればいいのですね!
【南側の露店店員】
そういう事ね、正解よ。
ん、お嬢ちゃんたち、確かアミス先生の
学校の生徒さんよね?
……なに、手紙?
 
……ふんふん、なるほど。
○○さんってのは君?
 
なるほどね、期待してますよ♪
 
では、次回以降はお客さんに
なってくれるだろうことを期待して、
今回は一つ防具をあげるわ。
ちなみに、ロングブーツと
ショートブーツがあるんだけど、
どっちがお好みかしら?
 
ロングブーツは下半身を大きく
カバーするタイプの防具で、
下半身の衣服とまとまった物。
 
ショートブーツは膝くらいまでの靴
みたいなイメージで覚えてくれれば
いいかしらね。
 
今は、まだそんなに気にしなくて
いいと思うから、気分で選んでも
いいかもしれないわ。
 
そうそう、これはどの職業でも
装備できるから安心してね。
→ロングブーツ
→ショートブーツ

>○ブーツを選択

  (南側の露店店員から
   『若緑の○ブーツ』
   を、もらった!)

【南側の露店店員】
はい、どうぞ♪
一応、君なら使える防具もあるから
後で店の品ぞろえも見てみてね。
じゃあ、またいらしてね。

  やー、なんかいいよね。
  武器と防具を手に入れて、
  冒険者としても
  ○○が一段階
  強くなった感じ?
 
  そういえば、消耗品は足りてる?
  ポーションとか、ポーションとか……
  ええと、ポーションとか!

【ペペン】
アミス先生のお手紙にもあるです。
残りはポーションと、アクセサリー
だから……ええと、どこだっけです。
 
飲み物なら、北側の露店の人が
扱っていたかと思うです!
行ってみるですよ!
【ワンポイント】
装備品は装備しないと、
性能を発揮する事ができません。
 
さっそくもらった靴を
装備してみましょう。

冒険の準備を整えよう(ダウンタウン中央露店の北側にある露店へ行こう) [edit]

  • ベア・アルマに話しかける
【ペペン】
店員さん、おいしい飲み物
くださいです!
【北側の露店店員】
いらっしゃい!
……って、唐突だね嬢ちゃん。
今日は飲み物かい?
【ベア】
ポーションなんだぞ?
【北側の露店店員】
ポーションとはまた……
人によっては美味しいと思うかも
知れないけれど、試してみるか?
【ペペン】
いっただっきまーすです♪
……ん、ううん。
これは……どろりとして
さっぱりとしてないです……
具体的には美味しくないです……
【ベア】
どれどれだぞ……
うん、まずいぞ。
おいしいって言って呑む奴の
気持ちが分かんないぞ?
【北側の露店店員】
まぁ、薬だからなぁ。

  くぴくぴ……え?
  結構いける味だと思うんだけど?

【北側の露店店員】
なんだ、新米冒険者の案内か?
……って、そこまで新米と言うわけでも
無さそうだが、ベテランとも言えんか。
よし、記念に少しポーションを分けて
やろうじゃないか。
 
もし、荷物がいっぱいになってしまう
ようなら、俺の正面左側……北側に
向かう通路の脇にいる緑色の衣装の
おっちゃんに預けるといい。
 
あの人はギルド商人と言って、
マーチャントギルドの人なんだ。
 
倉庫を使わせてくれって言えば、
快く使わせてもらえるよ。
 
ただ、倉庫にも限界はあるから
何でもかんでも入れればいいって
ものじゃないからな。
【ペペン】
知らなかったです……!
ペペン、ずっと持っているブリを……!
いや、これは万が一の時のために
持っておいた方がいいですかね。
【ベア】
よーっし、飴がこぼれそうだったから、
半分くらい倉庫にしまっておくんだぞ♪
おっちゃーん、倉庫使うんだぞ!
【ギルド商人】
こんにちは、元気なお嬢さんたち。
 
おや?そちらのあなたは冒険者の……
○○さん、でしたね。
はっはっは、有望そうな冒険者の
噂は、我々商人には聞こえてくる
ものですよ。
 
すでにご存じかとは思いますが、
ごあいさつを兼ねてもう一度説明を
させていただきましょうか。
 
私どもはマーチャントギルドより
派遣され、冒険者の皆さまをサポート
するために色々と活動をしています。
もちろん、商売もしておりますが。
 
倉庫の管理などは私どもにお任せ
ください、ちゃーんと無くさずに
管理いたしますよ。
ただ、どこの倉庫にしまったかを
忘れることなど無い様、ご注意を。
【ベア】
ああ、あるんだぞ。
お部屋のどこかにしまったクッキー、
見つからなくなっちゃったんだぞ……
【ペペン】
食べちゃったとかはないですか……?
【ギルド商人】
まぁ、それはともかく……
私からも、お近づきのしるしに
こちらをプレゼントいたします。
たいしたものではありませんが、
そこそこ便利かと思いますよ。
【ベア】
○○、
これ、お前にだって!

  (ギルド商人から
   『若緑のポーチ』をもらった!
   ……中に何か入っている。)
 
  (『ヒールポーション』10個
   『スタミナポーション』10個
   『マジックポーション』10個
   を、手に入れた!)

【ギルド商人】
そういえば宝石店にはすでに
顔をだしましたかな?
【ペペン】
あっ。そういえば、
アクセサリーを扱ってるのは
宝石屋さんでした!
【ベア】
宝石店か!
ほうせきてんだ!
キラキラで、ぴかぴかだぞ!
よし、行くぞ行くぞ!
ペペンには飴をあげるから行くぞ!
【ペペン】
ペペンは宝石よりキャンディーの方が
好きかもしれないです……
でも、いくですか?
【ベア】
よし、案内するんだぞ!
宝石のお店は白の聖堂の
お隣さんなんだぞ!
アップタウンに戻るんだぞ!
【ワンポイント】
ギルド商人に話しかける事で、
倉庫を使うことができます。
 
「ギルド商人」は、
各東西南北の可動橋か、
アップタウンの北側、
アップタウンの中央下あたりにいます。
 
持ち物がいっぱいにならないよう
こまめにアイテムを整理しましょう。

アクセサリーを整えよう(アップタウンの北東にある宝石店へ行こう) [edit]

アップタウン - 宝石店 [edit]

  • ペペン・アルマに話しかける
    しかけてみましょう。};
  • ペペン・アルマに話しかける
【ペペン】
キラキラです……!!
【ベア】
キラキラだぞ……!!

  ぴっかぴかだぁー!!
  すごーい!

【宝石商】
ふふ、ゆっくり見て行ってね。
そこの冒険者さんは、
今日は何かお探しかしら?
 
ここは販売だけではなく、
装飾品の加工なんかもしてるのよ?
【ペペン】
キラキラ……はっ!?
いけないです、アミス先生からの
お手紙の事を忘れるところでした……
ええと、これです!
【宝石商】
あら、学校のアミスさんから?
……ふんふん、なるほど。
お使いできてえらいわねー♪
【ベア】
キラキラは大変みりょくてき
だけど、ほしくなんか……
キラキラ、ほしいぞ……?
【宝石商】
なら、今度お使いをしてくれたら
あなた達向けの可愛いペンダントを
作ってあげるわ。
そして、今日は冒険者さん用の
アクセサリなのね♪
 
そうね、新米の域からそろそろ
抜け出して、これから活躍するだろう
冒険者さんにはこれをあげようかな。
 
これを身につけて冒険してくれば
うちの宣伝にもなるし、今回は
タダでいいわよ?

  (宝石商から
   『若緑の髪飾り』
   『若緑の眼鏡』
   を、もらった!)

【ベア】
いいな!
キラキラ、いいなー!

  ちょっと羨ましくも
  ……あるかも。

【ペペン】
わー、きれいです……!
【宝石商】
気に入ってもらえると嬉しいわ。
ところで裁縫おばさんのところには
行ってみたかしら?
 
アミスさんとも仲がいいし、
おしゃれに関して興味があるなら
会っておいて損はないわよ。
【ペペン】
ふぬん! おしゃれですか!
がぜんやる気がわいてきたです!
ペペン、がんばるですよ!
【ベア】
裁縫おばさんならしってるぞ!
学校のすぐ近くの、
黒の聖堂の北側におうちがあるんだぞ!
【ペペン】
よし、いってみるですよ!
○○さん、
いそぐですよ!
【ワンポイント】
装備品は装備しないと、
性能を発揮する事ができません。
 
さっそくもらったアクセサリーを
装備してみましょう。

おしゃれをしよう(アップタウン北西にある裁縫屋へ行こう) [edit]

アップタウン - 裁縫おばさんの家 [edit]

  • ペペン・アルマに話しかける
  • ペペン・アルマに話しかける
【ペペン】
こんにちはです!
ここに来たらお洒落になれると
聞いて、海越え山越えちょっと
話を盛ってるですけど到着です!
【ベア】
こんにちはだぞ!
おしゃれがしたいんだぞ!
キラキラのフワフワなんだぞ!

  おしゃれおしゃれー!
  しゃれしゃれー♪
  しゃらららー♪

【裁縫おばさん】
おや、元気だねぇ。
あんたら、アミスちゃんの学校の
生徒さんたちだね?
 
そこのあんたは、保護者……
としても、ちょっと若いね。
 
さては、アミスちゃんの学校に
入った新人冒険者ってのはあんたかい。
頑張ってるみたいだね。

  ボクもボクも!
  ○○の相棒だから
  ボクも保護者!

【裁縫おばさん】
はいはい、わかったわよ。
そこの二人……あなたは
○○だったわね。
 
二人は詳しく知らないかもしれない
けれど、アミスちゃんの学校の
子達には、時々こっちのお手伝いも
してもらってるのよ。
 
まぁ、裁縫の仕事なんかは
まだ一部の子にしか任せらんないけど、
家庭菜園のお世話とかね。
 
さて、おしゃれねえ……
なら、こんなのはどうだい?

  (裁縫おばさんから
   『若緑のロングスカーフ』
   を、もらった!)

【ベア】
みろ!
○○!
ふわふわだ!
【ペペン】
緑色です!
スカーフです!?
ありがとうです!
【裁縫おばさん】
みんなの分も持って行って
おあげなさいね。
これは普段からお手伝いして
くれている学校のみんなへの
お駄賃、という事にしとくわ。

  わぁい!
  ありがとー!

【ベア】
あ、あ、ありがとだぞ!
【裁縫おばさん】
ふふ、みんないい返事ね。
また遊びにおいで。
 
……冒険者だったら、色々と
頼みごとをするかもしれないし、
あなたはトラブルに巻き込まれ
やすそうな顔をしているからねぇ。
何かあれば相談においで。
【ペペン】
早く学校に帰って
アミス先生に見せるです!
【ワンポイント】
装備品は装備しないと、
性能を発揮する事ができません。
 
さっそく若緑のロングスカーフを
装備してみましょう。

学校へ戻ろう(アミス先生のところへ戻ろう) [edit]

アミスの飛空庭 [edit]

  • アミスに話しかける
【ペペン】
ただいまですー♪
裁縫おばさんから、みんなに
お土産をもらったですよー!
【アミス】
みんなお帰りなさい♪
あら、よかったわね。
ちゃんとお礼は言ったかしら?
【ベア】
アミス先生聞いて!
武器や防具は、職業によって
使えるものが違うんだぞ!
 
あと、使えるはずだけど使えない
こともあって、その場合はそいつの
しゅぎょーが足りないんだぞ!
【ペペン】
ペペンはポーションを買いました!
お店の人にちょっと飲ませて
もらったですけど、あんまり……、
美味しくなかったです……。

  そうかな?
  ボクは結構いけると思うんだけど……

【アミス】
うんうん、お勉強すべきことは
いろいろわかったみたいね。
○○ちゃんは
新しい装備をそろえることはできた?
 
うん、いいわね。
とっても似合うわよ♪
 
これからあなたが成長していったら、
また、あなたにあった装備に
買い替える必要があるわよ。
 
もしその時に、今の装備の見た目が
とっても気に入っていたら……
そのお話は、また今度お勉強しましょ♪
 
あ、そうだ。
ベアちゃん、デスちゃんがあなたを
探していたけれど、何か心当たりは
ないかしら?
【ベア】
んー?
特にないぞ?
この前仕事があるって言われたけど、
いつからか聞いてないから、
呼びに来るのを待ってるんだ。
 
あ、だから呼びに来たんだな!
よーっし、いってくるぞー!
またな!
【ペペン】
いってらっしゃいですー♪
 
そうだ、おしゃれのはなしで
○○さんに一つ
プレゼントをしたいと思っていたです。
 
ベアちゃんとペペンは、実は
帽子仲間なのです。
せっかくなので、お揃いのかっこを
したいから、これをあげるのです!
 
よかったら、おんなじ帽子で
遊びたいのです♪

  (ペペンから『ペペンの帽子』
   を、もらった!)

【アミス】
ふふふ……
○○ちゃん、
良かったわね♪
実は先生からもプレゼントがあるのよ。

  (アミスから『若緑のローブ』
   を、もらった!)

【アミス】
○○ちゃんを、
驚かそうとおもって、
内緒で用意したのよ。
気に入ってもらえるかしら?
 
ふふっ……それじゃぁ、
今日の授業はこれでおしまい。
 
また新しいお仕事が入っているって
クエストカウンターのお姉さんが
言っていたから、時間がある時に
やってみるといいわよ。
※次の話へ続く

<前の話へ 次の話へ>

コメント等 [edit]



Last-modified: 2017-08-22 (火) 20:56:54