チュートリアル9「おしゃれとじつよう」 [edit]

アップタウン [edit]

関連リンク [edit]

アミス先生と話そう(アミス先生に話しかけて新しい授業を始めよう) [edit]

アップタウン [edit]

【アミス】
おかえりなさい、
○○ちゃん。
冒険もいいけど、
たまには学校にも顔を出してね♪
 
大陸の洞窟はここから、
あまり遠くはないし、
あなたの実力ならちょうどいいかな?
クエストカウンターで
お仕事を受けてから行ってみては
どうかしら?
→学校へ行く
→やめる

>学校へ行くを選択

アミスの飛空庭 [edit]

  • アミスに話しかける
【アミス】
おかえりなさい、
○○ちゃん。
そろそろあなたも二次職に転職が可能な
時期に近づいてきたけれど……、
先生としては、まだ転職はお勧めしない
でおきますね。
 
早く強くなりたいという時に、新しい
スキルを覚えやすい二次職への転職は
確かに便利なのだけど、一時職の最後に
強いスキルがあることも多いし、基礎を
大事にした方が後々いいと思うの。
 
強制するわけではないから、どうするか
選ぶのはあなただけど……先生からは、
そう教えておくわね。
 
さて、そろそろ新しい事を
教えようと思うのだけど、
授業をはじめてもいいかしら?
→はい
→いいえ

>はいを選択

【ミニー・ドゥ】
アミス先生、ただいま~!
ミニーちゃんは今日も元気ですよ♪
ねぇ、アミス先生、
今なにか素敵なお洋服の話してました?
 
わっ……お客さん!?
 
え、違う?生徒?
あっ、話に聞いていた冒険者の
○○さんって
あなたの事ですかぁーっ!
 
あたしはミニー・ドゥですよぉ♪
立派なレディーになるために
ここでお勉強してるんですよ。
【アミス】
ミニーちゃんの挨拶は
元気いっぱいでとても素敵よ♪
せっかく興味があるようだから、
一緒にお勉強しましょう。
【ミニー・ドゥ】
もっちろんですよ!
それで、お洋服やおしゃれの話だと
思うんだけど、どんなお話だったのか
ミニーちゃんはとーっても
気になりますよぉ?
【アミス】
うーん、ミニーちゃんのいう
「おしゃれ」かどうかは、
先生にはちょっとわからないけど……
職業専用のお洋服の話を
していたのよ。
【ミニー・ドゥ】
その職業専用のお洋服は、
どこにいけば手に入るんですか?
【アミス】
一部はノーザンやアイアンサウスの
ギルド商人さんが扱っているものも
あるんだけど……
 
○○ちゃんの
場合は、アップタウンにいる
サファネさんか、ソロさんか、
見習い鍛冶屋アルスさんに
お話を聞いてみたらどうかしら♪
 
バックパッカー系の装備は
サファネさんとソロさんに、
ファイター系の装備は
見習い鍛冶屋アルスさんに
お話を聞くといいわよ。
 
ただ、ファイター系の装備の
一部は、どこかのダンジョンや宝箱に
隠されているものもあるみたい。
これは、実際に冒険の中で手に入れる
しかないかしら……?
【ミニー・ドゥ】
ミニーは気になるんですけど……、
どうしてお洋服を買うだけなのに、
色々お手伝いしたり、
冒険したり……大変なんです?
【アミス】
先生も専門だから詳しいわけじゃ
ないんだけど……。
昔は職業専用のお洋服を
「誰が売ってくれるのか」は
秘密だったそうよ。
【ミニー・ドゥ】
なんで秘密にしてたの?
ミニー、良くわかんないのよぅ?
【アミス】
……うーん、そうねぇ。
これは先生の想像だけど、
誰が職業専用のお洋服を
売ってくれるか探すのも
「冒険」だったんじゃないかしら。
【ミニー・ドゥ】
んー……つまり冒険者なら
冒険をしてみつけろ、
……って、ことです?
 
…………ミニー、
田舎に帰らせていただきます。
 
あたしには無理なのよぉ!
ミニーはそんなに強くないし、
とても全部集められない……っ!
【アミス】
えっとぉ………ミニーちゃん?
全部の職業専用服を集めるなんて、
そもそも無茶なお話よ?
 
それに、今回はミニーちゃんではなく
○○ちゃんの
装備のお話なんだからね?
【ミニー・ドゥ】
あ、そっかー♪
なら、ミニーは一生懸命
○○さんを
応援しちゃいます!
 
だから、かーわいい衣装を
手に入れて、ミニーの所まで
見せに来てくださいよぉ!?
【アミス】
そうね……あなたの職業と合うとは
限らないのだけど、いずれこの大陸を
出て冒険をする必要はあるわけだし。
○○ちゃん、
そろそろファーイーストやノーザンに
お出かけしてみる気はあるかしら?
 
ノーザンは寒い所だし、モンスターも
まだまだ強いから注意が必要だけど、
ノーザンプロムナードに行くだけなら
何とかなるかもしれないわね。
 
ファーイーストまでなら問題は無いと
思うけれど、ファーイーストシティの
奥にあるダンジョンはとっても危険よ。
まだ、そこには入らない方がいいわね。
【ミニー・ドゥ】
ノーザンってすっごく寒いんですよぅ!
ホカホカにしていく必要があるから
気を付けてくださいね!
【アミス】
今ノーザンに無理に行く必要はない
けれど、ファーイーストの近くまでなら
バルルちゃんたちと行っているわよね?
 
これは自由行動だけど、一度くらいは
ファーイーストシティに行っておく事も
悪くはないわね。
……ただ、無茶なことはしないでね?
→はい
→気を付ける

>はいを選択

【アミス】
なら、これを持って行ってね。
入国許可証は、国境を超えるときに
係の人に渡すものなの。
 
……他の国に行くための許可証は、
自分で手に入れる方法を調べてね♪
【ワンポイント】
レベル35の職業専用装備品を
手に入れる事でイベントが進行します。
 
職業専用の装備品を手に入れて、
ミニー・ドゥに見せてあげましょう。
 
レベル35の職業専用服の入手は、
メニューのクエストナビインフォの
「イベントナビ」から、
「職服イベント」のナビを
開始することで目的地への案内を
受ける事ができます。
 
目的地へ行くには、
イベントナビゲーションの
「オートラン」を使用すると、
目的地までキャラクターが
自動で移動を始めます。

職業専用服をミニーに見せよう(レベル35の職業専用服を一つ手に入れてミニーに見せてあげよう) [edit]

アミスの飛空庭 [edit]

  • アミスに話しかける
【アミス】
あら、○○ちゃん
お疲れさま。
専用装備は手に入れることが
出来たかしら?
 
なかなか難しいみたいだから、
焦らずにゆっくりと、ね?
【ミニー・ドゥ】
はやくっ、はやくっ♪
ミニーの胸は期待ではちきれそーに
なっているんですよぅ!?
 
もし持っていて隠してるんなら、
隠さずに身につけて見せて
欲しいんですよぅ!

(35職服を入手して話しかける)

  • アミスに話しかける
【アミス】
○○ちゃん
お疲れさま。
職業専用のお洋服は、
手に入ったかしら?
 
あら?もしかして……
 
職業専用のお洋服を、
手に入れたのかしら!
おめでとう♪
【ミニー・ドゥ】
どれどれっ!?
これですか、ほほーっ!?
 
…………うーん。
何か想像してたのと違うのよ。
防具としては強いのかもしれない
ですけどー……。
 
ミニー的には、もっとフリフリとか
キラキラとか、こうカワイイものを
期待してました。
【アミス】
お気に入りのお洋服と、
実用的な装備品が必ず同じとは
限らないものね。
 
だから……
【ミニー・ドゥ】
でもでもーっ!
どうせ冒険するならカワイイ服を
着たいですけど、でも……!
性能を捨てるわけにもいかないし……!
 
おしゃれを取るか、
実用性をとるか悩ましいのよぉ!?
【?????】
ただいま戻りました♪
先生、お元気ですか?
 
ミニーさんもいつも通り……って、
何かお悩みですか?
【テンタクル】
あら、はじめまして。
あなたが新しく入った冒険者さん?
 
わたし、テンタクルと言います。
よろしくお願いしますね♪
【アミス】
テンタクルちゃん、お帰りなさい♪
○○ちゃんとは
初対面だったかしら?
冒険者としてお勉強をしている
○○ちゃんよ。
 
この子はテンタクルちゃん。
お料理がとっても上手なの。
先生も家事は一通りできるけど、
お料理の腕だとこの子には
ちっともかなわないのよ♪
【テンタクル】
アミス先生、今度、新作料理の
試食をお願いしてもいいですか……?
 
あ、でも、調理中に台所には
絶対に入らないでくださいね?
もし入ったら……うふふ。
 
ところで今は何のお話を、
されていたのでしょう?
ミニーさんがなんだかがっくりと
されているようですけど……
 
……え?
おしゃれをとるか実用をとるか
悩んでるんですか。
……そんなの簡単ですよ?
【ミニー・ドゥ】
えっ!?
ど、ど、どぅーゆうことなのよぉ!?
【アミス】
今教えようと思っていたところなのよ。
教えようと思ったら、
話すタイミングを逃しちゃって……。
 
せっかくだからお勉強の復習を兼ねて、
テンタクルちゃんから、
ミニーちゃんと、
○○ちゃんに
教えてあげてくれるかしら?
【テンタクル】
はい♪
 
今では職人が少なくなって
しまいましたけど、
「武具融合」という技術があるそうです。
 
普段使いたい装備品に、
見た目が気に入っている装備品を
融合して一つのアイテムにして
使えるようにする……でしたっけ?
【アミス】
はい、正解よ♪
 
おしゃれを楽しみたいなら、
「武具融合」は覚えておいたほうが
いい情報よ。
 
もし、街のゴーレム露店で、
アイコンに★のマークがついている
物をみかけたら、それは武具融合で
見た目が変更されているアイテムよ。
 
「武具融合」の技術は、
おしゃれ職人さんと呼ばれる方たちが
大事に継承してきたのだけど、
その職人さん自体が少なくなって
しまっていて……。
 
本当はこの学校の生徒のみんなにも
「武具融合」という技術を
もっと身近に感じてほしいのだけど、
なかなか先生が見つからないのよ。
【テンタクル】
そういえば、裁縫おばさまのところに、
おしゃれ職人さんが、
きているらしいですよ?
【アミス】
まぁ、それは本当に?
おしゃれ職人さんに、
武具融合をしてもらうチャンスね。
 
○○ちゃん、
せっかく職業専用のお洋服も
手に入れたんですもの
「武具融合」をしてもらったら
どうかしら?
 
なかなかお願いできるチャンスは
ないから、先生としては、
この機会に体験してほしいな
……って、思うの。
 
テンタクルちゃん、
ミニーちゃんと、
○○ちゃん、
おしゃれ職人さんのところまで、
案内してくれるかしら?
【テンタクル】
はい、もちろんです♪

武具融合をしてくれる人を探そう(アップタウンの北西にある裁縫屋の近くに行ってみよう) [edit]

アップタウン [edit]

  • ミニー・ドゥ・アルマに話しかける
【ミニー・ドゥ】
おばさまーっ、こんにちはっ!
おしゃれな職人さんは、
どこにいるんですかぁ!?
【???】
のぉぉぉぉぉーーーっ!!!
【ミニー・ドゥ】
な、なんなの!?
【???】
ここにも、僕の仕事はなかった。
……ありがとうございました。
他のところを……あたって……
みることに、しま………
うう……うっ、うぅ……。
【裁縫おばさん】
うちだってね、雇ってあげたいんだよ。
ただ、今はうちも、
人を雇える余裕がなくてねぇ。
【テンタクル】
ええと……事情が分からないので、
よろしかったら話を聞かせて
いただけませんか?
【???】
ぁあ……ああっ、ああ!!
よくぞ聞いてくれた!
僕の話を聞いてくれるというのなら、
聞いてもらおうじゃないかっ!
 
まず、僕には!
独自性とか!
オリジナリティとか!
世界で僕だけにしかできないこととか!
そんなことは一切できない!
 
良いと思ったものを真似する事は
できるけど、アレンジ改造したりとか、
コーディネイトを考えたりとか、
む・り・だ!
【ミニー・ドゥ】
フォローの隙間もなく、
才能のなさをアピールされても
ミニーにはちっともわからないですよ!
【テンタクル】
……つまりあなたは、
おしゃれ職人さんではなく、
真似が得意なあやしい人?
【あやしい人?】
のぉぉぉぉぉーーーっ!!!
 
あやしくない!あやしくないよ!?
 
ううう……。
僕はただ綺麗なものを愛し、
おしゃれを世界に広めたいだけの、
ただのおしゃれ職人なのに……。
 
あ、おしゃれ職人って知ってる?
【ミニー・ドゥ】
知ってるわよぅ!
もしかしてもしかしてっ、
あなたおしゃれ職人なの!?
そうなの? すっごーい!
【あやしい人?】
しかし、しょせんこの世は
買い切り、使い捨ての蔓延する世界。
気に入った衣装をずっと使いまわす
おしゃれ職人には、仕事があんまり
無くってねぇ……僕しょんぼり。
【テンタクル】
ううん……確かに、冒険者さんに
需要があると聞いてはいますけど……
○○さん、
なにかいい案ないでしょうか……?
【ミニー・ドゥ】
なにいってるのよぅ!
おしゃれ職人さんってすごいじゃない!
なんとしてもミニーにおしゃれで強ーい
お洋服を作ってもらうんだもん!
 
あ、そうだ!ねぇねぇ、
○○さん、
アミス先生に相談したらどうかしら?
【テンタクル】
確かに、それが一番ですね。
まだ若いって言っても、アミス先生は
ちゃんとした大人ですものね。
【あやしい人?】
もしかして僕の働き口が、
あったりするのかい!?

学校へ戻ろう(アミス先生のところへ戻ろう) [edit]

アミスの飛空庭 [edit]

  • アミスに話しかける
【アミス】
みんな、どうしたの?
息を切らせて……。
それにそちらの方は……?
【テンタクル】
アミス先生に相談が……
【ミニー・ドゥ】
あのねあのね!
先生、実は……

(ホワイトアウト開始~終了)

【テンタクル】
……と、言うわけなんです。
なんとかなりませんか?
【アミス】
なるほど。
それなら先生に名案があるわ♪
 
もしよければ、この学校で
先生をしてみませんか?
 
前々からおしゃれ職人さんを
この学校に招いて「武具融合」を
新米冒険者の生徒たちに、
もっと身近に感じてほしいって
思っていたんです。
【あやしい人?】
本当に?!僕が!!?
ここで働けるんですか!?
【アミス】
はい、ぜひ♪
お料理だけなら私でも教えて
あげられるんですけど、
この学校にはお裁縫の授業が
できる先生がいなくて困っていたんです。
 
この学校の子供たちは個性的な子が
多いから、まずは普通の事ができる
ように色々と教えてあげたいんです。
【サルト】
もちろん答えは「はい」です!
ぜひ働かせてください!
僕はサルトっていいます!
 
みんなのおかげで働き口が
見つかったよ!
本当にありがとう!
ここでおしゃれ職人として
じゃんじゃん働くから!
武具融合が必要なときは、
いつでも声をかけてよね!
 
ちなみに、武具融合にはある程度の
手数料がかかるんだ。
これは、融合する装備の必要レベルが
高い物ほど手間がかかって、
手数料が上がっていくから気を付け……
【ミニー・ドゥ】
はいはいはいはいっ!
ええとね、この防具にミニーの
お気に入りのお洋服の見た目を
ばちっとくっつけてほしいのよぅ!
これと……これっ!
 
大丈夫っ!
ミニー、おこづかい貯めてるもん!
さぁ、さぁっ!
れっつらごーなのよぉ!
【サルト】
そ、そうか。
それじゃぁいくよ。
【ミニー・ドゥ】
あーっ!?
【サルト】
あー、うん。
僕だって常に完璧じゃないよ。
武具融合だって、常に失敗する
可能性はあるんだ。
【ミニー・ドゥ】
ミニーの、ミニーのお洋服は
無事なのっ!?
あっ、無事! よかったぁ!
【サルト】
見た目をくっつける武具融合は、
失敗しても見た目の武具も
性能の武具もなくならないよ。
だから安心して試してほしい……
んだけどね、手数料だけは
帰ってこないから、要注意だね。
【ミニー・ドゥ】
ううう、ミニーのおこづかいは
もう割とピンチに近づいたのよぅ。
もう一度失敗したらどうしよう……
【酒屋店員】
そんなあなたに朗報!
お金を稼ぐなら、運搬クエストが
ここ最近のおすすめよ!
 
まぁ、ここでは扱っていないから、
他のクエストカウンターまで
行かないとダメなんだけどね。
 
討伐クエストや採取クエストよりも、
ちょっとお金が多くもらえるの。
気になるなら、ダウンタウンの
酒屋さんとか東西南北の平原に
行って見るといいわよ?
 
……って、そこの子は冒険者じゃ
ないのね。残念。
【サルト】
ええっと、たしか君は
○○クンだったね。
新米冒険者みたいだから、
もし武具融合をするなら、
ぜひとも利用しまくってくれよ!
 
なので、じゃんじゃんお金を稼いで
僕のところでじゃんじゃか武具融合を
してくれるとありがたいね!
【テンタクル】
さて、ではわたしは台所に……
じゃなくて、
ダウンタウンに戻りますね♪
では、また~♪
【ミニー・ドゥ】
ううう、ミニー負けない!
おこづかいを貯めて、強くて可愛い
レディに相応しいお洋服を作るのよぉ!
 
そうだ、忘れてました!
 
えっとね、職服を見せてって頼んで、
頼みを聞いてくれたから、
○○さんには
これをプレゼントしちゃいまーす♪
 
これ、ドゥ一族に伝わる王冠なの!
王様じゃなくても装備できるけど、
立派な王冠なのよ。
ありがたくもらってくれると、
……ちょっと、嬉しいかも?

  (ミニー・ドゥから
   『ミニー・ドゥの王冠』
   を、もらった!)

【アミス】
ふふっ、じゃあ、
今日の授業はここまでにしましょ。
おつかれさま♪
【ワンポイント】
次のチュートリアルは、
レベル35から開始する事ができます。
 
転職して手に入れた「スキル」は
メニューのキャラクターから
「スキル」を開く事で覚えられます。
 
初心者クエストカウンターで
発行されている
「大陸の洞窟に挑戦B1」や
「大陸の洞窟に挑戦B2」の
クエストをしてレベル35まで
あげましょう。
※次の話へ続く

<前の話へ 次の話へ>


Last-modified: 2017-08-22 (火) 20:55:44