チュートリアル10「つたえたいつよさ」 [edit]

関連リンク [edit]

アミス先生と話そう(アミス先生に話しかけて新しい授業を始めよう) [edit]

アップタウン [edit]

  • アミスに話しかける
【アミス】
おかえりなさい、
○○ちゃん。
冒険もいいけど、
たまには学校にも顔を出してね♪
 
おしゃれと実用の両立は
なかなか難しいわね。
色々試して、あなただけの
コーディネイトを作ってみてね♪
→学校へ行く
→やめる

アミスの飛空庭 [edit]

  • アミスに話しかける
【アミス】
おかえりなさい、
○○ちゃん。
そろそろ新しい事を
教えようと思うのだけど、
授業をはじめてもいいかしら?
→はい
→いいえ

>はいを選択

【アミス】
それじゃあ、授業をはじめましょうか。
白い使い魔ちゃんと、マミーちゃんとは
はじめてよね?
【?????】
あ……
……の……、は……
【???】
使い魔、それ声小さくてちっとも
きこえてない。
マミにもそれくらいわかる。
 
おい、冒険者。
使い魔があいさつするから、
ちゃんと聞いてあげて。
【白い使い魔】
あ……ごめんなさい。
私、声が小さかったみたいで……
 
ええと、白い使い魔、と言います。
一緒にいるのは、マミーです。
【マミー】
マミはマミだから、わかるよな?
お前、名前は?
……ふんふん、そうか。
 
……。
○○、
マミの言うこと聞け。
絶対だぞ。……なんだよ、
お前、マミにちょっと気に入られた
からっていい気になってんじゃない。
【アミス】
マミーちゃん。
やさしくしてあげないと、
怖がられちゃうわよ?
【マミー】
優しく……?
○○、
はい、おてて、早くだせ。
 
……マミのおやつ、
半分こ、な。
【白い使い魔】
ええと……
○○様
マミーはどうやらあなたの事が
とても気に入ったようです。
マミーは優しそうな人が
好きなので……。
【マミー】
使い魔、余計なこというな。
飴あげるから、だまれ。
【白い使い魔】
ふふっ……。
では、お願いしようと思っていた
事はマミーが伝えてくれるんですね?
【アミス】
……あぁ、ご本を読んでほしいのね?
そうね、それだったら授業の後で、
○○ちゃんに
お願いしてみてはどうかしら♪
【マミー】
……おい。
○○。
本……これ読んで。
あと、マミと使い魔を抱っこしろ。
いっしょに読む。
【誰かの声】
すみませーーん。
【アミス】
あら、お客様かしら?
はい、ひもを降ろしますから
上がってきてくださいー。
【シュミード】
自分、シュミードと申しますれば、
諸国を放浪している見習いの
鍛冶屋でございます!
 
先日、我が弟がこちらの学校に
お世話になっていると伺いまして、
是非、自分もこの学校で働かせて
いただきたく参上いたしました
次第でございます!
【白い使い魔】
鍛冶職人……さん?
【マミー】
お前ばかだろ?
ここ、学校だぞ?
トンテンカンテンするのは
「こうぼう」っていうんだぞ。
マミ知ってる。
【アミス】
ええと……、
一体どなたでしょうか?
 
あ、もしかして……
【サルト】
兄さん!!
 
シュミードは僕の兄です!
身元は僕が保証できますよ!
【シュミード】
如何にも自分はサルトの兄。
見ての通り顔も瓜二つでございましょう。
 
先日、弟より「先生になる」と
便りを受け取りまして、
自分も生徒たちに何か教えられればと、
見習いの身なれど思い立った次第。
 
それにこのアクロポリスで
見習いの鍛冶屋が自分の工房を
立て直すため努力していると聞いて、
自分もまた頑張らねばと……。
【アミス】
まぁ、そうなんですか♪
鍛冶屋さんということは、
もしかして「武具強化」など、
できたりしますか?
【シュミード】
……も、もちろんでございます。
見習いなれど武具の強化など、
朝飯前でございます。
【アミス】
本当ですか!?
それならこちらからお願いしたい
くらいです。
 
シュミードさんがこちらで働いて
くれれば、武具強化をより身近に、
生徒たちに感じてもらうことが、
できます♪
 
○○ちゃん、
あとは技術の先生に話を聞いて
もらえるかしら?
私が教えるより本物の鍛冶屋さんに
教えてもらえる方が
何かと役に立つはずよ♪
  • アミスに話しかける
【アミス】
あら、あの子はどうしたの?
せっかく武具強化の授業があるのだから
一緒に授業を受けてあげてね♪
【ワンポイント】
タイニーゼロを呼び出していないため、
イベントが進行しませんでした。
 
タイニーゼロを呼び出した状態で
もう一度話しかけてみましょう。

つたえたいつよさ,新しい先生の話を聞こう(シュミードと話そう) [edit]

  • アミスに話しかける
【アミス】
シュミードさん。
私は役所に申請を出しに行くので、
少し席を外しますが、
生徒をよろしくお願いしますね♪
【サルト】
それにしてもすごいよ兄さん!
いつの間に「武具強化」なんて
高度な事ができるように、
なったのさ!
 
ど、どうしたんだい?
兄さん?
 
……ま、まさか!?
【白い使い魔】
あら……?
○○様、
あの方、なんだか汗ばんでいます。
どうしたのでしょう……?
【マミー】
わかんない。
でも、気になる。
 
おい、お前。
「ぶぐきょーか」ってなんだ?
マミに教えろ。
【シュミード】
あ、はいっ!
武具強化とは読んで字の如く、
武器や防具を強化する事でございます。
 
自分が修行したアイアンサウスで、
発達した技術とも言われており、
本場はやはりアイアンサウスで
ございましょう。
 
武具強化を行うことで、
武器や防具に本来の性能以上のものに
鍛える事ができるのでございます。
 
この時伸ばす性能は、
使用する触媒に依存いたしまする。
【白い使い魔】
なるほど、武具強化には4つの目的が
ある……と言う事ですね。
【シュミード】
さようでございます。
 
触媒についてもう少々説明を
加えるとしますれば、
使い手を守る『いのちの結晶』
攻撃力を増す『ちからの結晶』
魔力を増す『魔力の結晶』
鋭い攻撃を狙う『クリティカルの結晶』
などがございます。
 
1回の武具強化に使用できる触媒は、
一種類でございますが、
最大30回試行できる武具強化を
どのような触媒の組み合わせで
行うかは自由でございます。
【白い使い魔】
えっと、つまり……。
1回目の武具強化で『いのちの結晶』
を使っても、2回目の強化で
『ちからの結晶』が使えるという
ことですね。
【マミー】
むつかしい!
聞いてるだけだと分かんないから、
ためしにやって!マミに見せて!
【白い使い魔】
そうですね。
実際に強化する所を見てみる方が
理解が早いと思いますし、
実際に冒険する
○○様の
お役立つのではないかと思います。
【サルト】
ど、どうしたんだ兄さん!?
【シュミード】
………ない
【サルト】
え?
【シュミード】
じっ……実は!
自分、一度も武具強化を成功させた事が
ないのでございます!!
【白い使い魔】
……え、それは……
詐称、ということですか?
鍛冶屋という経歴も?
【マミー】
うそつきなのか?
アミスに嘘ついたのか?
【サルト】
ま、待ってくれ!
兄さんが鍛冶屋なのは本当だ!
実際にアイアンサウスの大工場で
修行していたんだよ!
【シュミード】
……このシュミード、
嘘だけは……嘘だけは断じて
ついてはおりませぬ!
 
武器の修理や製造ならば、
それなりにできると自負がございます。
なれど、強化は……強化だけは!
 
叩いては壊れ、叩いては壊れ……。
誰かが大事に使っていた武器や防具が
自分の手で壊れてしまうのが、
恐ろしくて……恐ろしくて……。
 
太陽に祈り、月に祈り、
次こそはこの大切にされている
武器が、防具が壊れませぬようにと……
一心にそう願いハンマーを振り下ろすも
まるで怖がる自分をあざ笑うかのように
強化に失敗し続け……。
 
師匠も兄弟子たちも、
自分を慰めてくれたのですが、
誰かに大切にされた武器や防具を
壊し続ける現実に耐え切れず、
つい先日工房を逃げ出して……
【サルト】
兄さん……可哀そう……
【白い使い魔】
○○様、
なんとかこの方に自信をつけて
もらう方法はないでしょうか?
【マミー】
嘘ついたのは変わんない。
……けど、嘘じゃなくなれば、
マミは許してやる。
 
○○、これ。
読んでもらおうと思ってた本に、
武具のなんとかって書いてある。
マミ、むつかしい字わかんないから。

  (マミーから渡された本は、
   冒険者向けの雑誌なようだ。
   表紙をめくると武具強化の
   初心者向けに成功率の高い触媒の
   開発が成功した!
   と、いう記事が書かれていた。)

【白い使い魔】
○○様、
それ、もしかしたら、
そこに書かれている触媒を
手に入れる事ができたら、
シュミードさんの自信を
取り戻せるのではないでしょうか。
 
シュミードさんが、
武具強化を成功しさえすれば、
少なくともこの学校で、
先生をする事ができるようになりますし、
アミス先生に言ったことが、
嘘では無くなるとおもうんです。
【サルト】
僕からも兄さんのために頼む!
アップタウンにいるエコナちゃんが、
前にそんな触媒をECO券と
交換してるって聞いたんだ!
【マミー】
……もらいにいこう。
○○、
マミと一緒に行け。
命令。
【白い使い魔】
エコナさん……あぁ、たしか
ECO券収集家さんですね。
アップタウン中央南側の、
家具職人さんの近くで良く
お見かけします……。
行ってみましょうか。

ECO券収集家のところへ行こう(ECO券収集家から強化結晶をわけてもらおう) [edit]

アップタウン [edit]

  • 白い使い魔・アルマに話しかける
【マミー】
おい、強化結晶ちょうだい。
【白い使い魔】
マミー、初対面の人にいきなりそれは
さすがに失礼になってしまいます。
まずはごあいさつから……
【ECO券収集家】
あら、強化結晶をご希望ですか?
ECO券と交換でしたら……
 
『ECO券』の事はご存じですか?
これはギルド評議会が
発行しているチケットで、
街を綺麗にした冒険者さんたちに
配っているものなんですよ。
 
このアクロポリスシティだったら、
デイさんとリーさんを
お手伝いされてはいかがでしょうか。
【白い使い魔】
あ……その、冒険者の
○○様は
一緒に来てもらっただけで……
【ECO券収集家】
○○さん……
あぁ、最近名をあげてきた冒険者の。
……どうしました、意外ですか?
地道に活動されている冒険者さんの
名前って結構知られているものですよ?
 
あなたも一緒という事は、なにか
わけありなのでしょうか?
【ECO券収集家】
なるほど……事情は分かりました。
あなた達も、どこかで見たことがあると
思ったら、アミスさんの学校の
生徒さん達だったんですね。
【白い使い魔】
アミス先生をご存じなのですか?
【ECO券収集家】
同じ街の住人ですし、若くして学校を
作った変わり者ではありますからね。
……時々、ダウンタウンで道に迷って
いる所を見かけます。
 
それはともかく、あなた達の先生は
この街の人達にはそれなり以上には
信頼されているんですよ?
 
実績を積んだ冒険者である
○○さんは
信頼できる人であると、
街の人達は判断するんです。
 
……事情を聴いてしまいましたし、
○○さんと
アミスさんの顔を立てて、
今回だけは、強化結晶を一つ
差し上げますね。

  (エコナから
   『∽いのちの強化結晶』1個
   を、もらった!)

【マミー】
…………ありがと。
マミ、お礼を言えるんだからな。
【白い使い魔】
本当に、よろしいんでしょうか。
それなりに高価なものだと……
いえ、それが、アミス先生や
○○様が
人々からの信頼されている
証なのですね。
【ECO券収集家】
さっきも言いましたけれど、
今回は特別ですよ。
お忘れなく。
【マミー】
○○、
学校に帰ろう。

>学校へ行くを選択

学校へ戻ろう(アミス先生のところへ戻ろう) [edit]

アミスの飛空庭 [edit]

  • アミスに話しかける
【白い使い魔】
ただいま、シュミードさん。
本に載っていた触媒も、
手に入れました。
【サルト】
ありがとう、ありがとう!
これで兄さんの自信を、
取り戻す事ができるよ!
さぁ、兄さん!武具強化に挑戦だ!
【シュミード】
うっ……ううう……。
初めて請け負った生徒たちが
自分のために用意してくれた触媒を
使っても尚失敗したらと思うと……。
【マミー】
お前の意見なんて聞いてない。
さっさとやれ。
 
……使い魔とマミと
○○が
その結晶をもらってきた。
 
そこの家庭科の先生はお前を
アミスに紹介した。
全部捨てちゃう気?
【白い使い魔】
怖い……ですよね。
今までできなかったことに
もう一度挑戦するのって。
 
でも、できなかった後悔より、
やらなかった後悔の方が、
ずっと……ずっと、痛いです。
なかなか、治らないですから。
【シュミード】
うううっ、自分は、自分は……!
生徒らにこれほど応援されて、
引きさがれるか?!否、断じてならぬ!
 
あ……
【サルト】
兄さん!よく見て!
成功してるよ!成功だよ!?
【白い使い魔】
成功……ですね。
おめでとうございます♪
【マミー】
……お前、もう嘘つきじゃないぞ。
うん、マミの言ってることはあってる。
【シュミード】
成功……した……。
はじめて、武具強化が成功した……!

(ホワイトアウト開始)

【アミス】
みんな、ただいま~♪

(ホワイトアウト終了)

【アミス】
授業の方は順調かしら?
申請書類を出してきたから、
シュミードさんはもう正式に
この学校の先生ですよ♪
【シュミード】
は……はいっ!
自分はアミスさんのため、生徒のため!
頑張らせていただく次第でございます!
【アミス】
こちらこそ♪
あらためてよろしくお願いします。
 
……そうそう、別の用事があって
ダウンタウンの酒屋さんに寄った時、
アイアンサウスから来た鍛冶屋さんに
お会いしたんですよ。
 
お話をうかがったら、
シュミードさんが修行していた工房の
親方さんでした♪
 
シュミードさんのお話をしたら
少し驚いてらっしゃいましたけど、
あいつならきっと大丈夫だ、って。
太鼓判を押されちゃいました。
 
なんでも、人探しをしてアクロポリスに
来たらしいのですけど、
もう見つかったからって、
先ほどお帰りになりましたよ。
 
学校にお誘いしたんですけれど、
お忙しいそうでまたの機会に……と。
【白い使い魔】
素敵なお師匠様ですね。
【マミー】
なんだ、せっかちな奴。
お土産でも持って来ればいいのに。
……ん?お土産?
 
お土産があるからダウンタウンに
おいで、って、受付嬢に言われてた。
マミはダウンタウンに戻る。またな。
【白い使い魔】
○○様、
今日は本当に、ありがとうございました。
私とマミーだけでは、
きっと解決できなかったと思います。
 
それに……
 
なんだかちょっとだけ
懐かしい気持ちになることが出来ました
 
……だから、その、
お手伝いしていただいたお礼に、
良ければ、これを……。
→白い使い魔のヘッドドレス(白)
→白い使い魔のヘッドドレス(黒白)
→白い使い魔のヘッドドレス(赤黒)
→白い使い魔のヘッドドレス(ピンク)
→白い使い魔のヘッドドレス(水色)

>白い使い魔のヘッドドレス(○)を選択

  (白い使い魔から
   『白い使い魔のヘッドドレス』の
   ○を、もらった!)

【シュミード】
○○さん、
武具強化に関しての相談ならば
自分がいつでも請け負います故、
気安く相談召されませ!
【アミス】
じゃあ、今日の授業はおしまいね♪
 
○○ちゃんを、
新米とは言えなくなってきたわね。
ちょっと寂しいけれど、
もうすぐこの学校も卒業に
なっちゃうのね……。
 
でもあなたの冒険は
この学校を卒業してからが本番よ。
きっと大冒険があなたを待ってるわ♪

>次の授業をはじめる

※次の話へ

<前の話へ 次の話へ>

コメント等 [edit]



Last-modified: 2017-08-22 (火) 21:03:37