ハッピーハロウィン♪イベント会話ログ [edit]

魔法のほうき [edit]

アップタウン [edit]

魔法ギルドのおちこぼれ少年:
 なんだ、おまえ?

 おれは世界一の大魔法使い!(予定)
 気安く声かけて欲しくないねっ!
いいかえせ!:
(僕は世界一の冒険者だ!(予定))
(私は世界一の冒険者よ!(予定))

魔法ギルドのおちこぼれ少年:
 ……へへへっ!

 なんか、お前面白いな!
 おれと友達になろうぜ!

 おれの名前はヘンピコ。
 ノーザンシティの魔法ギルド総本山で
 修行してる魔法使いだ。

 お前の名前は?

 ……ふんふん。
 (キャラクターの名前)っていうのか。
 よろしくな!

 そーだ、どっかでお茶飲もうぜ。
 おいしいお店知ってるんだけど……。

 ちょっと、遠いんだよな。

 あ、安心しろよ。
 おれの魔法で瞬間移動させてやるよ!

 そ~れっ!
魔法ギルドのおちこぼれ少年:
 れ?

 喫茶店じゃないよなぁ。

 ここって、確か。
 魔法ギルド総本山だよっ!
 おっかしいなぁ!

 なんでだ、なんでだ~!?

 うっわ……、大導師様。

:
 お前、また掃除をサボったじゃろう。
 しばらくそこで反省してなさい!

魔法ギルドのおちこぼれ少年:
 イタッ!

 ちょ……、うっそ。
 大導師様、おれの友達もいるんだけど!
 ねえ、聞いてますか!

 ねえってばー!!

 ……反応なし!

 あー、ゴメン。
 なんだか、巻き込んじゃったね

 さっきの、オレのお師匠様なんだけど
 年のわりに、頭に血が上りやすく
 まわりが見えなくなるタイプでさぁ。

 おれの魔法で出れないかな……。

 そ~れっ!
 そ~れっ!
 そ~~~~れっ!

 ……。

 ちっ、結界張りやがったな!
 (キャラクターの名前)だけでも
 飛ばせるといいんだけど……。

 そ~~~~~~れっ!

女王謁見の間 [edit]

:
 ……あなたの友達は、まだあの部屋に
 閉じ込められています。

 さあ、あなたが選ぶ道は2つ。
 友を助けるか、見捨てるか。
 どちらを選んでも、かまいません。
好きなほうを選びなさい:
 (友を助ける)

:
 魔法ギルド総本山に向かいなさい。
 そこで、きっと何か
 手がかりをつかむことでしょう。

 魔法ギルド総本山は蒼と金の色で
 彩られた装飾豊かな建物です。

 道に迷ったり、どうしていいか
 わからないときは僧兵に聞きなさい。

 彼らに案内させましょう……。

魔法ギルド総本山ロビー [edit]

見習いの少年:
 結界をやぶる『破結界石』が
 あればいいんでしょうけどね。

 いや、さすがにそんなの
 都合よく持ってないですよ。

ノーザン魔法店 [edit]

魔法屋店員:
 破結界石?

 珍しいものをお探しね……。

 あれは、軍が管理している
 貴重なアイテムよ。

 私たちのような一般人が
 やすやす入手できるものではないわ。

 ふふふ……。
 そんなに悲しい顔をしないで

 軍の人からもらえばいいじゃない。

 あそこの人たちは、異性に弱いのよ。

 なにか、プレゼントすれば
 すぐに言うことを聞いてくれるはず。

 そうね、この街に詳しい人なら
 彼らの好みも
 把握してるんじゃなくって?

ノーザンプロムナード [edit]

ハニー:
 酒屋で作ってもらって
 自分で作ったことにしちゃったら
 どうでしゅ?

 別に、ばれたりしないでしゅ!
 (要領よく生きなきゃでしゅー!)

ノーザン王国軍詰め所 [edit]

手作り風サンド(イベント)所持
女性キャラの場合

男僧兵:
 で、どうしたんだい?

 悩みがあるなら、お兄さんが
 なんでも聞いちゃうぞ♪

 破結界石?
 んー、本当は一般人にあげちゃ
 ダメなんだけど、君ならいっか!

 はい!

魔法ギルド総本山ロビー [edit]

破結界石(イベント)所持

 破結界石が砕け散った!

大導師の部屋 [edit]

大導師:
 ヘンピコのことで
 ここにきたのじゃろう?

 巻き込んでしまったようですな。

 ふぅ……。
 迷惑をかけてすまなかったね。

 ヘンピコは本当は
 すごい力を秘めた子なのじゃが
 あの通りの性格でなぁ。

 修行もさぼってばかり。
 ちゃんと、育つか心配で心配で。

 まぁ、今回はよいとしようか。

 おぬしのような友達が出来たのならば
 あの子も、きっと
 よい方向にかわるじゃろう。

 さあ、あの子のもとに
 行ってあげておくれ。

 結界は解除したから
 あの子の力でもあそこから
 出ることが出来るはずだ……。

[edit]

魔法ギルドのおちこぼれ少年:
 あーあ…。
 せっかく友達が出来たのにさぁ。
 ひどいよ、大導師様……。

 ……ふんふん。
 結界を破って助けに来てくれたの?
 ありがとう。

 ごめんな、変なことに巻き込んだうえ
 助けてもらっちゃってさ。

 あの、くそじじい何考えてるんだか
 ほんっとにむかつく!

 ……???

 え、大導師様が俺を心配?

 ……やばい!
 おれ、なんかすごい恥ずかしいじゃん。
 なんだろ、照れてなんかないんだぜ!
 たださ、なんていうかさ!

 そっか、心配してくれてたんだ……。
 そっか、そうだよな。

 あはは!
 今日は、迷惑かけてごめんな。
 そろそろアクロポリスに送るよ

 え~いっ!
魔法ギルドのおちこぼれ少年:
 ふぅ、なんだか
 お茶に誘ったのが嘘みたいだな。

 これ、掃除をサボろうと思って
 作った自動清掃用『魔法のほうき』

 やっぱり、いらないから
 (キャラクターの名前)が貰ってくれ。

 おれは自分で掃除することにする!

 (キャラクターの名前)には
 本当に世話になったよ

 ほんっと、感謝するよ!

かぼちゃマスク [edit]

ダウンタウン [edit]

ハロウィンの使者:
ヒーヒッヒッヒッヒ!
ハロウィンは使者の祭りだ。

怖いだろう、恐ろしいだろう!
悪霊が子どもをさらいに来るぞ!
お前のたましいにいたずらするぞ!

悪霊から身を守るのはただ一つ
『秘密のキャンディ』を食べるのだ。

1つ、このおかしをあげよう。
気に入った子どもにあげるといい。

アップタウン [edit]

千姫:
 こないだそこの公園に
 お化けがいるのを見たぞよ!

 こわかったぞよ~!

(『秘密のキャンディ』を渡す)

千姫:
 そ、それは『秘密のキャンディ』
 これを食べるとお化けが
 近寄らぬという不思議なおかし!

 ありがとうなのじゃ!
 もう、お化けなぞ怖くないぞ!

 そうじゃ、これをそなたに譲ろう
 わらわが作った『かぼちゃマスク』

 これで変装してお化けから
 逃げようと思っていたのじゃが
 もう必要ないからな

Last-modified: 2014-11-05 (水) 22:58:16