• 型:アクティブスキル=A、パッシブスキル=P
  • 憑依:憑依時に ◯使用可能/効果あり ×使用不可 -効果があるか検証しづらい、できないもの
  • 評価
    • 上位互換スキルがある場合は習得Lv近辺で評価
      ☆:必須クラス
      ◎:取得推奨
      ○:あると便利
      △:限定状況でのみ役に立つ
      ×:全く役に立たない
  • 無限回廊(奈落階層)でのスキル評価はこちら→無限回廊奈落でのスキル考察 #カーディナル
Job
Lv
名称
Max
Lv
消費
MP
目標

効果
備考
3デフィートA-516+
SLvx8
単体(範囲)5指定対象とその周囲に物理防御力、魔法防御力を
一定時間低下させる効果を与える。
成功率100%ディレイなし。
補助と回復に余裕があれば使っていこう。
範囲の関係でLv4推奨。反射に注意。
6M.DEFコミュニオンA-5120+
SLvx36
PT専用
×一定時間、自身を含むパーティーメンバー全員の魔法防御力を上昇させる。
このスキルはパーティーを組んでいないと使用することができない。
上昇は右M.DEF(減算)のみだが、左M.DEFの上限が50(魂&補正込み最大90)となったため優先度が高くなった。
10カーディナルA-522+
SLvx10
自分-×スキル効果中、使用するHP回復魔法の回復効果に
ボーナスを得る事ができる
デメリットなしで回復量を大幅上昇させる良スキル。
各種回復スキルほとんどに適用される。
ディレイや効果時間に注意。
13キュアアンデッドA-15単体5リボーン、ゾンビ、アンデッド状態を治療する。アンデッド状態になる事が少ない為、重要度は低い。
ノーザン地下等では使えないこともない。
20キュアオールA-578-
SLvx6
PT専用
同一マップにいるPTメンバーの一部状態異常を一定確率で治癒する。習得しているキュア系については確実に治癒する事が可能。
回復不能状態でも状態異常を治癒できる。
レベルを上げても効果は変わらないため、Lv1止めを推奨。
23神の守護P-1-自分-レジスト系スキルを自身に常時有効にする。
レジストを取得していると効果が上昇する。
レジストスキルと同様にレジスト無視の状態異常スキルを防ぐことができないため、あまり役に立たない。
25オートヒールP5-自分-自身のHPが一定のHPを下回ると一定の確率で
無詠唱ヒールを自身にかける。
Lv1ではほとんど効果を実感できないため、習得するならLv5を推奨。
発動するヒールには、カーディナルや属性など、通常使用するときと同等の補助効果がのる。
30エンジェルリングA5MP30+
SLv×6
単体(範囲)5対象の範囲に光の魔法攻撃を行う高倍率の光属性範囲攻撃スキル。
分散なし。
35ミスティックシャインA5MP40+
SLv×10
自分中心(範囲)-自分中心に聖なる力を発生させ聖域を作り出す壊滅寸前の建て直しから要塞化と万能なスキル。
ただし魔法攻撃は普通に食らうので過信は禁物。
設置スキルのため、PTの他の攻撃スキルなどに注意。
40リカバリーA5MP25/50
/75/100
/125
味方単体9対象のHPを割合回復させる。HPが高い味方の回復に有効。高LVはMP消費が大きい。
長い射程を生かして遠くの瀕死の味方を回復することができる。
憑依主体が多く宿主のHPが高い場合は◎。
45ディバインブレーカーA5MP700+
SLv×100
単体11長距離光属性魔法攻撃。魔法防御を無視する。魔法防御無視効果はボスには無効。強力ではあるが消費が莫大すぎる上に固有ディレイ有り。
サウスDDのD-ドミニオン背徳者対策に有用。長射程を生かしてボスの取り巻き釣りに使えなくもない。
47サルベイションA5MP30+
SLv×30
単体/単体を中心にした円6憑依者も含め基本的な状態異常をすべて一定確率で回復。HPも回復する。
アレス習得LVにより状態異常回復確率と回復率補正が上昇。
LV3以降は低詠唱時間、低ディレイで使いやすい。範囲も広いLV4を推奨
回復量は多め。消費MPが多いので注意。
50ゴスペルA5MP60+
SLv×15
地面を中心にした円6指定した地面を中心とした範囲に物理、魔法攻撃力、防御力上昇、HP、SP、MP増加効果を与える。
スキル効果範囲内ではHPが徐々に回復。
サークル系設置と干渉。
カーディナルと併用すれば多くのHP回復が見込める。
ステータス上昇は持続時間が長く維持しやすい。

Last-modified: 2016-02-13 (土) 13:42:56