シャーマン (詳細)/ エレメンタラー (詳細)/ エンチャンター (詳細)/ アストラリスト (詳細)

エンチャンタースキル詳細 [edit]


スキル早見表 [edit]

Job
Lv
名称属性対象Max
Lv
射程効果評価コメント
Job
Lv
名称属性対象Max
Lv
射程効果評価コメント
3ポイズンマーシュA地面を中心にした円56大地の力が宿っている地面に
足にまとわり付く毒の沼を作る
威力が魔法攻撃力ではなく、術者のHPに依存
魔法防御高い相手には○
5バインドA地面を中心にした円55大地の力が宿っている地面に移動力低下地帯を作る×一定確率で鈍足化するが手間がかかりすぎる&鈍足時間が短い
7アシッドミストA地面を中心にした円56大地の力が宿っている範囲に強力な酸の霧を発生させる条件さえ揃えば燃費の良いスキル
ポイズンマーシュと違い、術者の魔法攻撃力に依存
9ファイアピラーA地面単体56炎の力が宿っている地面に炎の柱を出現させる時間当たりの火力ならラーヴァフロウより高い
11アースライズA敵単体55一定時間、対象のモンスターに大地の属性を与えるアクアブラストと組み合わせると効果大。ファシライズが効かない敵にはこちらを。
※ライズ系は主に使うスキルと相談して1つか2つだけ覚えれば良い。
三次職以降は☆、それまでは◎程度
13ウォーターライズA敵単体55一定時間、対象のモンスターに水の属性を与えるラーヴァフロウファイアブラストと組み合わせると効果大。フロスティゲイルが効かない敵はこちらを。
※ライズ系は主に使うスキルと相談して1つか2つだけ覚えれば良い。
三次職以降は☆、それまでは◎程度
15ウィンドライズA敵単体55一定時間、対象のモンスターに風の属性を与えるグラヴィティフォールと同時に使うとなお良い。
※ライズ系は主に使うスキルと相談して1つか2つだけ覚えれば良い。
三次職以降は☆、それまでは◎程度
17ファイアライズA敵単体55一定時間、対象のモンスターに火の属性を与える風属性の強力の魔法がないため二次時点ででは微妙。三次でWEを覚えたら使いやすい。
※ライズ系は主に使うスキルと相談して1つか2つだけ覚えれば良い。
三次職以降は☆、それまでは◎程度
19アースパワーサークルA地面を中心にした円56地面の広い範囲に一時的に大地の力を宿らせる土属性値の底上げに
マーシュ、アシッドとの連携で使える。エミルドラゴン戦でも有用
21ウォーターパワーサークルA地面を中心にした円56地面の広い範囲に一時的に水の力を宿らせる水属性値の底上げに
23ウィンドパワーサークルA地面を中心にした円56地面の広い範囲に一時的に風の力を宿らせる風属性値の底上げに
25ファイアパワーサークルA地面を中心にした円56地面の広い範囲に一時的に炎の力を宿らせる火属性値の底上げに
ファイアピラーとの連携で使える
27アースオーラA味方単体36一定時間、対象プレイヤーの防御力、防御率を上昇する効果がそれなりに高く有用
28ウォーターオーラA味方単体36一定時間、対象プレイヤーの魔法防御力を上昇するパートナーのマジックバリアで代用出来る
29ウィンドオーラA味方単体36一定時間、対象プレイヤーのディレイキャンセル効果時間を延長するスピードエンチャントの修正により、効果的に使える状況がほとんど無くなった
30ファイアオーラA味方単体36一定時間、対象プレイヤーの最小攻撃力、最大攻撃力を上昇する物理職や物理パートナーと組むことが多いなら覚えても良いが、パワーエンチャントで十分
32パワーエンチャントA-味方単体36一定時間、対象プレイヤーの物理攻撃力、物理防御力、魔法攻撃力、魔法防御力を上昇させる2012/8/23のアップデートにより減少効果は撤廃
以前よりずっと使いやすくなった。
攻撃力と防御力を同時に上げるには最適
34スピードエンチャントA-味方単体36一定時間、対象プレイヤーの物理攻撃速度、回避率、魔法抵抗率、魔法詠唱速度を上昇させる。2012/8/23のアップデートにより減少効果(デメリット)は撤廃
数少ない詠唱短縮可能な魔法
2012/8/23現在、ステータスによるA.SPD、C.SPDの上限値を超える事が可能
36エレメンタルボールA火水
風土
地面を中心にした円564属性の場を発生させ、属性を切り替えながらダメージを与える
憑依中使用不可 ゼン効果無し
硬直がないため使うのが難しい
40エレメンタルアディションA-自分を中心とした円1-自分を中心とした範囲内に居た者に自身にかかっている属性効果を付加させるボス戦など、複数人に素早く属性を付与したい時に便利
42エンチャントウエポンA-味方単体36対象の武器に状態異常効果を付加させるスピードエンチャントなどの修正があった為、PT狩りでも使う事はほぼなくなった
44グラヴィティフォールA地面を中心にした円56対象の周囲に地震を起こしダメージを与える
一定確率で対象は鈍足状態になる
風ライズと組み合わせることで主力級の攻撃スキルになる
50エレメンタルラースA火水
風土
地面を中心にした円56指定座標に4属性全ての力を持つ竜巻を発生させダメージを与える
憑依中使用不可
2012/8/23にクールタイムが大幅に短縮
高火力スキルとして使えるようになった
憑依時は使用不可
エレメンタルレインの威力を強化。

スキル詳細 [edit]

ポイズンマーシュ [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:3
  • 行使に必要な属性場:地
  • 大地の力が宿っている地面に足にまとわり付く毒の沼を作る
    Lv12345
    消費MP1220283644
    威力(MAX.HP比%)246810
    攻撃回数6040332820
    最大攻撃回数[約]7535302523
    攻撃間隔(s)0.5
    効果時間(s)3020161410
    詠唱時間(s)23456
    ディレイ(s)0
    射程6
    対象地面を中心にした円(3x3)
    • 自身の最大HPに依存してダメージを与える土属性の場を3*3に設置する。
    • ダメージ計算は相手の物理防御を参照する。
      • 高MDEF相手にする場合、巫女スキルの中で唯一このスキルでしかダメージを与えることが出来ない。
    • 巫女HP係数を考えるとVIT極でもまともな使用は難しい。
      • 参考[lv70:VIT15:HP712][lv70:VIT50:HP1030][lv70:VIT100:HP1759]
      • まともに使うならイリスや鎧命強化でHP増強は必須
      • Magを振らずVitとIntに回せば硬くてダメージも与えられる巫女に。支援巫女に有用?
    • 攻撃回数が多く0ダメージでも武器損傷が発生するので武器の消耗が非常に速い。
    • 対武神戦で有用。相手の魔法設置スキルを妨害し VITを確保しつつ ダメージを与えられ非常に楽になる。
    • 飛行属性のモンスターには無効

バインド [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:5
  • 行使に必要な属性場:地
  • 大地の力が宿っている地面に移動力低下地帯を作る
    Lv12345
    消費MP1426385062
    効果時間(s)1015202530
    詠唱時間(s)22.533.54
    ディレイ(s)11.31.61.92.2
    射程5
    対象地面を中心にした円(3x3)
    • 場を通過した対象を鈍足状態にする土属性の場を3x3に設置する。
    • 成功率はあまりよくなく、また、わざわざその場所に誘い込む必要があるため、いまいち信頼性にかける。
    • また、準備に手間がかかる上、確実性もないのでMPをわざわざ払って使うほとでもない。
    • これにスキルをまわすなら他に有効なものもあるので、取得しなくて問題はないだろう。

アシッドミスト [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:7
  • 行使に必要な属性場:地
  • 大地の力が宿っている範囲に強力な酸の霧を発生させる
    Lv12345
    消費MP1020304050
    威力(M.ATK比%)160170180190200
    最大攻撃回数252015105
    攻撃間隔(s)0.5
    効果時間(s)3025201510
    詠唱時間(s)0
    ディレイ(s)0
    射程6
    対象地面を中心にした円(3x3)
    • 場属性を必要とするスキルの中では最も強力な設置魔法
      レベル1の性能が非常に高いが効果時間も長いので余計な敵も引きつけやすい。
      レベル調整を調整する必要がある。
    • 攻撃タイプの設置で他の攻撃系設置と干渉する。
    • 効果範囲内に敵を留まらせる必要があるため単純なMAG型の場合ソロでの使用は厳しい。
      逆にソロでのVIT型防御重視で詠唱速度が低いなどの場面ではLv1を主力にすることもできる。
    • ダメージが0ならば攻撃回数は減らない。
    • ポイズンマーシュと違い、飛行属性のモンスターにも有効
  • 土場
    • イースト方面は土属性値が低い場所が多いため有用性が高く、さらにウインドライズで火力を高くもできる。
    • くじら岩では、サークルの設置をしなくても使用可能。サークルを設置すると威力がUPする。

ファイアピラー [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:9
  • 行使に必要な属性場:火
  • 炎の力が宿っている地面に炎の柱を出現させる
    Lv12345
    消費MP2028364452
    威力(M.ATK比%)140160180200220
    最大攻撃回数1012141618
    攻撃間隔(s)0.5
    効果時間(s)56789
    詠唱時間(s)0
    ディレイ(s)0
    射程6
    対象地面単体
    • 火属性値が存在する場所に1x1の火の柱を設置する
    • 消費MPと効果範囲は論外クラス。詠唱とディレイが無いのが利点。
    • 2008/08/21アップデートにて威力が多少上昇(50%/60%/70%/80%/90%→70%/80%/90%/100%/110%)・・・してもゴミスキル。
    • さらに2012/08/23のアップデートで威力が上昇。
      • イリスアップデートに伴い、場属性と敵の属性が一致してない場合影響しなくなったので、ファイアパワーサークルを設置しての使用でもダメージが通るように。
    • 詠唱ディレイが無いにも関わらず、ラーヴァフロウやアシッドミストと同じ間隔でそれらより高いダメージが出るため、範囲にさえ目を瞑れば3次50になるまで最強の設置魔法となった。HPの非常に多い敵に対して当て続けられればとても強い。
    • 大体火パワーサークルを置いた場所にしか置けないのでひと手間多く若干扱い難い。対象を硬直させる効果もないのでこのスキルを使う場合は敵がファイアピラーの上から動かない様にプレイヤーは逃げずに耐える様な運用が良い。
      • しかし場が天然で火属性を含んでいる場合は話が変わり、だいぶ使い勝手が変わる。詠唱なしで即座にエンチャンター最高峰のDPSを誇るスキルを対象の足元にピンポイントで設置できるので耐久力さえ確保すればかなり強力。

ライズ系 [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:11,13,15,17
  • 一定時間、対象のモンスターに各属性を付与する
    Lv12345
    消費MP58111417
    付与属性値+10+20+30+40+50
    効果時間(s)60708090100
    詠唱時間(s)2.5
    ディレイ(s)0.5
    射程6
    対象敵単体
    • 属性シールドと同系統の補助効果。ただしこちらは敵に対して使用するスキル。
      • 同属性付与なら効果が高いほうが上書きされる。
      • 別属性なら付与値に関係なく上書きされる。このため敵のライズを受けても別属性シールドで上書きでき、Lvを調整すれば効果を早く切れる。
    • 敵の元々の体属性の値にプラスする、最大値は100
      書き換えるわけではないので相手の防御属性の値と属性優先順位によって意味がないこともある。
    • 先制攻撃で使うと、使用時にこちらにタゲが来るために注意した方が良い。
    • イリスアップデートでダメージ計算が敵の属性重視になったため、有用なスキルとなった。
    • リフレクションを使う敵に反射させれば上位属性シールドとして使える。
      • 例:土ライズを反射させて防御属性を土50にすればグラヴィティフォール(GF)を反射されても100%軽減(無効化)できる。
      • リフレクション反射を使う場合、自分に弱点属性を付与してしまわないように注意。
        上記例で例えると、GFのための風ライズを自分に跳ね返し、GFも跳ね返されると本来の3~4倍近いダメージが跳ね返ってきてまず即死する。
    • 三次職終盤では高火力のウィンドエクスプロージョンとその効果を最大限に活かせるリメインエレメントの存在からファイアライズの評価が高くなる。
      • ただし、だからと言って他の属性を疎かにしているといざという時に足を引っ張るのでしっかり使い分けをしていくこと。

パワーサークル系 [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:19,21,23,25
  • 地面の広い範囲に一時的に属性を宿らせる
    Lv12345
    消費MP1820222426
    属性値50
    効果時間(s)3035404550
    詠唱時間(s)3
    ディレイ(s)0
    射程6
    対象地面を中心にした円(3x3)
    • サークルタイプの設置魔法の代表格。他のサークルタイプが設置されたポイントには設置できない。
    • 対象セルに使用した属性+50の場属性を有する状態にする
      • アシッドミスト等、特定の場属性を必要とする魔法をどこでも使用するにはこれを使う必要がある。
      • 場属性は対象の攻撃or防御の有効属性と一致するときのみそれぞれに影響を与える。
      • 例:敵の土属性値30+土パワーサークル=敵の土属性値80
      • 例:敵の土属性値30+水パワーサークル=敵の有効属性は土属性30
    • Lvによる違いは継続時間のみ。
    • 対象セルに宿っていたパワーサークルの属性以外の属性は設置前の状態を維持する
    • 属性盾と併用することにより、敵の属性攻撃を無効化(ダメージ0)することも可能
      • イリスカードによって上昇した防御属性にも影響するため、属性盾を使用せず無効化することも可能
    • 場属性は、攻撃属性にも影響するため、有利属性攻撃時の威力上昇にも使える。
    • 同属性のライズと組み合わせれば敵の防御属性を100にすることができるので有利属性攻撃時の威力を飛躍的に上昇させることができる。
  • 使い所
    • 土パワーサークル
      • 各エミドラ戦で有用(精霊の祈りで代用可)
      • ポイズンマーシュ、アシッドミストと合わせて
      • グラビティフォールの強化
    • 水パワーサークル
      • ディメンション氷結2F・海底洞窟などに(精霊の祈りで代用可)
      • リザーブ前提でラーヴァフロウの強化に
    • 風パワーサークル
      • 可能なら風ライズと合わせてグラビティフォールの強化に
      • ライオウ戦 ザ・ルーラー・オブ・タイタニア戦に
    • 火パワーサークル
      • ディメンションサウスダンジョン3F等に(精霊の祈りで代用可)
      • ファイアピラー発動のための火場用意

アースオーラ [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:27
  • 一定時間、対象プレイヤーの防御力、防御率を上昇する
    Lv123
    消費MP203040
    左DEF[除算]+7+11+15
    右DEF[減算]+20+30+40
    効果時間(s)60120180
    詠唱時間(s)234
    ディレイ(s)0
    射程6
    目標自分、味方単体
    • 高い物理防御を得る物理系支援スキル。
      • DEF上昇状態となる。バイタリティダウンなどの効果によって解除される。
      • また、バイタリティダウンなどの効果を相殺、解呪する。
    • 効果時間はそこそこ長く、自分に使う分には常時維持も容易い。効果量の高さだけなら圧倒的、とはいかなくなったものの、物理防御上昇の効果量はディバインバリア等と並びトップには違いない。
    • 習得するなら3レベル以外はない。
    • 高DEFのキャラクターへの影響は大きく、そのパフォーマンスは絶大である。
    • 12/08/23に効果時間が上方調整、効果量が下方調整

ウォーターオーラ [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:28
  • 一定時間、対象プレイヤーの魔法防御力を上昇する
    Lv123
    消費MP203040
    左M.DEF[除算]+5+10+20
    右M.DEF[減算]+20+30+40
    効果時間(s)60120180
    詠唱時間(s)234
    ディレイ(s)0
    射程6
    対象自分、味方単体
    • 強力な魔法防御を得るスキル。
    • 高MDEFのキャラクターへの影響は大きく、効果が高い。効果時間もそこそこあり使いやすい。
    • 習得するなら3レベル以外はない。
    • 魔法防御を上げる手段は少ないため、有効な手段となる。
    • 属性盾で防げる場合は属性盾を使った方が有用なことも多いが、併用できるので魔法が飛んでくる場所ならとりあえず使用するとよい。
    • 12/08/23に効果時間が上方調整、効果量が下方調整

ウィンドオーラ [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:29
  • 一定時間、対象プレイヤーのディレイキャンセル効果時間を延長する
    Lv123
    消費MP203040
    DC延長時間(s)+5+10+15
    詠唱時間(s)234
    ディレイ(s)0
    射程6
    対象自分、味方単体
    • ○○ディレイキャンセル(パートナー含む)、狂気毒、オーバーワーク、スピードエンチャント(のディレイキャンセル効果)の持続時間を延長する。
    • スピードエンチャントのディレイキャンセル効果も延長できるが、詠唱速度上昇や回避力上昇の効果は延長できない。やはり殴り巫女以外には支援専用のスキル。
    • このスキルを使用し続ければ、1度のDCを無限に繋げることができる。
    • ウィンドオーラの効果は累積し、複数回かけることで持続時間をかけた回数×15秒延長させることができる。
      • 高DEXであれば、忙しくなる前に複数回かけておくことで持続時間を拡張するのに役立つ。
    • なお、対象がDCを再度使用してしまうと、かかっていたウィンドオーラの持続時間はリセットされてしまう。
      • 混乱や使用ミスなどに要注意。
    • 効果時間の最大延長時間は不明(少なくとも3時間以上が可能であることは確認済)

ファイアオーラ [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:30
  • 一定時間、対象プレイヤーの最小攻撃力、最大攻撃力を上昇する
    Lv123
    消費MP203040
    左ATK[最小]+20+30+40
    右ATK[最大]+10+20+30
    効果時間(s)60120180
    詠唱時間(s)234
    ディレイ(s)0
    射程6
    対象自分、味方単体
    • 物理ATKを一定量増加させる効果を得る。
      • ATK上昇状態となる。パワーエンチャントとは重複せず、効果の高い方が適用される。
    • 巫女系の自己支援としては通常は不要な、支援向きのスキル。
    • 増加するATKは最小のほうが多く、主にダメージを安定させるのに向く。
    • 効果量は3レベルにおいてはマスタリー最高レベル並に相当するため、効果は高い。
    • 物理攻撃が主力となる全ての職において有効。、最低ATK上昇はパワーエンチャントに劣ることの方が多いため、併用すると最大ATK上昇しか残らないことが多々。結果的に効果量はさほどでもなくなってしまう。
    • 12/08/23に効果時間が上方調整

パワーエンチャント [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:32
  • 一定時間、対象プレイヤーの物理攻撃力、物理防御力、魔法攻撃力、魔法防御力を上昇させる
    Lv123
    消費MP323644
    左ATK上昇率[基準ステ参照,最小](%)+15+18+21
    左M.ATK上昇率[基準ステ参照,最小](%)+15+18+21
    左DEF上昇率[基準ステ参照,除算](%)+18+21+24
    左M.DEF上昇率[基準ステ参照,除算](%)+18+21+24
    効果時間(s)180
    詠唱時間(s)2
    ディレイ(s)0.5
    射程6
    対象自分、味方単体
    • 最小ATK、最小M.ATK、左DEF、左M.DEFを上昇させる。
      • 最小攻撃力上昇状態、最小魔法攻撃力上昇状態、防御率上昇状態、魔法防御率上昇状態となる。
    • 最低MATKが上昇し、確殺率が向上するため、そういった狩りには特に役に立つ。
      • 高STR、VIT型の前衛やMAG極型のSUの支援に使用するとよい。
      • 確殺狩りでなくとも、とりあえずかけておいて損はない良スキル。
    • 各従属ステータスの増値は、全て基準ステータスに対する値。
    • DEF、M.DEF、S.AVOIDに対する値は、検証データの不足のため正確に算出できていない。
    • 左DEF、左M.DEF上昇効果はアースオーラやウォータオーラに劣るものの、一度のスキルでDEF、M.DEFの両方を上昇させられるため緊急時の立て直しに便利
    • 12/08/23に効果時間が上方調整、ペナルティが全て撤廃

スピードエンチャント [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:34
  • 一定時間、対象プレイヤーの物理攻撃速度、回避率、魔法抵抗率、魔法詠唱速度を上昇させる
    Lv123
    消費MP364856
    S.AVOID上昇率[基準ステ参照](%)+8+12+16
    M.REG上昇率[基準ステ参照](%)+8+12+16
    C.SPD上昇率[基準ステ参照](%)+12+16+20
    物理ディレイ短縮率[基準ステ参照](%)-18-31-62.5
    効果時間(s)60
    詠唱時間(s)2
    ディレイ(s)0.5
    射程6
    対象自分、味方単体
    • 攻撃速度、詠唱速度、近距離回避、魔法抵抗を上昇させる。
      • 近距離回避率上昇状態、魔法抵抗率上昇状態、詠唱スピード上昇状態、ディレイキャンセル状態となる。
      • ディレイキャンセル効果はパートナーディレイキャンセルの55%などより大きい
      • 他のディレイキャンセル同様、弓・銃へのディレイキャンセル効果は7割程度に落ちる
      • ディレイキャンセルはソーサラーのオーバーワーク(魔法ディレイキャンセル)のみ共存できる。
    • また、最大の特徴として通常のC.SPD限界値であるC.SPD800を突破する効果を持つ。
      • スピードエンチャント状態でのC.SPD限界値は850まで
      • パートナーのC.SPDも限界値の775を超えて850まで到達する
      • ただし詠唱速度はいくら速くなっても0.5秒が限界速度
    • 各従属ステータスの増値は、全て基準ステータスに対する値。
      • 例)DEX82+17 (合計DEX99、C.SPD750) にスピードエンチャントLv3を使うと、以下の計算によりC.SPD876 (上限により実際はC.SPD850) となる。
        750(DEX99での値)+floor[631(DEX82での値)×20%]=750+126=876
    • S.AVOIDに対する値は、検証データの不足のため正確に算出できていない。
    • 12/08/23に効果時間が上方調整、ペナルティとASPD上昇効果が撤廃、ディレイキャンセル効果追加

エレメンタルボール [edit]

Elemental Ball [精霊の玉]

  • Active
  • 習得JOBLV:36
  • 憑依時使用不可
  • 4属性の場を発生させ、属性を切り替えながらダメージを与える
    Lv12345
    消費MP5560657075
    威力(M.ATK比%)120140160180200
    効果時間(s)7.0
    詠唱時間(s)3.544.555.5
    ディレイ(s)2.5
    射程6
    対象地面を中心とした円(7x7)
    • 範囲7*7に攻撃属性場を展開し、進入したものにダメージを与える。
    • 属性を切り替えながらLvを問わず8回攻撃。
      • 攻撃間隔はラーヴァより少し遅め。ITに近い
    • 対人、対MOB共に硬直効果はありません。
    • 魔方陣は火→水→風→土を2回繰り返されるのですが、実際の作用属性は土→火→水→風のようです。
    • 割と綺麗なエフェクトだが、音がキンキンうるさい、眼が痛いなどの意見もあるので街中では使わない方が良いだろう。

エレメンタルアディション [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:40
  • 自分を中心とした範囲内に居た者に自身にかかっている属性効果を付加させる
    効果\LvLv1
    消費MP30
    詠唱時間(s)1.5
    ディレイ(s)0.5
    対象自分を中心とした円(9x9)
    • 範囲内(9*9)のPCに、自身にかかっている属性効果を付加させる。
    • 付与できるスキルは光・闇を含めた各種属性ウエポン、属性シールド、反射した属性ライズ
      • 炎の契約、水の契約、風の契約、土の契約による追加の属性値も付与される。
      • ディアルジョブで習得できる光の従者、闇の従者、炎の従者による追加の属性値も付与される。
      • デクライズウェポン・デクライズシールドは付与できない
    • 憑依時も使用可能だが、術者に属性効果がかかっている必要があるため実質的には憑依中には使えない。
      • 一応味方や敵のリフレクに反射させれば可能だが使い所は限られる。
    • 効果時間は、スキル使用時の自身にかかっている属性効果の残り時間と同じになる。
    • 範囲はかなり広いので他PTの属性を変更してしまわないように気を付ける事。
    • なお、このスキルによってばらまかれたウェポン、シールドでは○○の従者を発動させることはできない。
      • 例:術者は従者なしで闇シールド状態でアディション使用→闇の従者取得者がアディションで闇シールドを受けた→この場合従者は発動しない

エンチャントウエポン [edit]

  • Active
  • 習得JOBLV:42
  • 対象の武器に状態異常効果を付加させる
    Lv123
    消費MP30
    付加状態異常効果鈍足凍結スタン
    状態異常成功率(%)??15%
    状態異常持続時間(s)642
    効果時間(s)120
    詠唱時間(s)2
    ディレイ(s)0.5
    射程5
    対象自分、味方単体
    • PT狩りでの近接職への支援が主な使い道。攻撃が一回ヒットする毎に判定があるのでAGI型に使うと効果的。
    • エンチャントウェポン状態のときに他のLvのエンチャントウェポンをかけた場合、後からかけたほうが適用される。
    • 状態異常に関して耐性をもつ敵にはどれだけ攻撃しても効果が出ない。
    • PvP時、レジストを無視して状態異常効果を与える。
    • スキル攻撃では状態異常効果を与えられない。スキル主体となった現在では使い所が完全になくなっている。
    • 2009/7/24のアップデートで、Lv2の凍結はファイアウェポンと併用すると溶けてしまうようになった。
    • PT狩り時、凍結効果を与えるLV2については、他の巫女麻呂さんと属性が干渉することがあるため、要相談の上決める必要がある。
      主力属性が土又は水の場合、凍結すればいかなるスキルを使っても0しかでなくなる為、注意
    • Lv2とLv3の凍結・スタンはクリティカルが発生しなくなるため、場合によっては火力が下がってしまうこともあるため注意。
    • 状態異常に関して
      • 鈍足
        耐性持ちがほぼいないので効果を実感しやすい。
        追い討ちの刃などの状態異常時ダメージアップと組み合わせやすい。
      • 凍結
        一定時間行動不能(物理攻撃回避不可)+水属性100になる(火属性を受けると解除)。
        クリティカルが発生しなくなる。
        火属性(特に単発大火力のスキル)や、闇属性と組み合わせるとダメージアップが狙える。
  • スタン
    一定時間行動不能(物理攻撃回避不可)。
    クリティカルが発生しなくなる。
    凍結とは状態異常耐性と属性により使い分けることになる

グラヴィティフォール [edit]

Gravity Fall

  • Active
  • 習得JOBLV:44
  • 対象の周囲に地震を起こしダメージを与える
    一定確率で対象は鈍足状態になる
    Lv12345
    消費MP3038465462
    威力(M.ATK比%)330410490570650
    鈍足付与率(%)20???50
    鈍足持続時間(s)6???14
    鈍足MOVE低下率(%)70
    詠唱時間(s)1.52.02.53.03.5
    ディレイ(s)0.3???1.5
    射程6
    対象地面を中心とした円(5x5)
    • シンプルな土属性範囲攻撃魔法。実質アースストームの上位魔法。
      • Lv1は低DEX帯でも詠唱速度・ディレイの短さはシャーマン系全スキルの中でも最速クラス。
        高い回転率を誇るため転生後しばらくもこのスキル一つでやっていける。
      • 非常に高いその回転率は、三次職のリメインエレメントによる範囲ライズとしての運用すらも、アースストームより優れる。
    • シャーマン系における略称の「GF」とはGravityFall。つまりこれのことを示す。
    • ダメージの分散は無く、範囲内の対象には均等にダメージを与える。
    • PvP時、鈍足効果はレジスト無視
    • 鈍足付与率は30回の試行を元に概算。更なる検証求む。

エレメンタルラース [edit]

Elemental Wrath [精霊の憤怒]

  • Active
  • 習得JOBLV:50
  • 憑依時使用不可
  • 指定座標に4属性全ての力を持つ竜巻を発生させダメージを与える
    Lv12345
    消費MP5058647280
    合計威力(M.ATK比%)56074093011101300
    火属性威力(M.ATK比%)140185232.5277.5325
    水属性威力(M.ATK比%)140185232.5277.5325
    風属性威力(M.ATK比%)140185232.5277.5325
    地属性威力(M.ATK比%)140185232.5277.5325
    詠唱時間(s)77.5
    ディレイ(s)22.5
    再使用時間(s)678910
    射程6
    対象地面を中心とした円(7x7)
    • 火、水、土、風の4属性効果を持つ範囲攻撃魔法。
    • ダメージ表記は1度だが、実際には各種属性4種1回づつの攻撃を個別に算出し、それぞれの威力を合計して表記している多段系の攻撃。
      • 各属性でそれぞれ計算される故に、四属性いずれかの属性値が無効化されるほど高いとライズ+グラヴィティフォールのほうがダメージが高かった。なんてこともありえるのがネック。
      • それでも闇以外なら場所を選ばない強力なダメージが売りで闇以外の自分の苦手な属性をカバーできるそれなりに頼もしいスキル。
      • 特に火、水、土、風全てを弱点とする光属性相手には上記計算の方法の関係でとんでもないダメージが出る。
    • 演習では多段故に一撃で騎乗パートナーもろとも中の人も粉砕できる。ただしリフレクでは1度に全て反射される。
    • スキル「強運」での回避判定は、4回の攻撃それぞれに対してある。
    • ゼンが適用されるため最大威力が高く、非常に強力なスキル
    • エフェクトが重いとか目が痛くなるとかあればスキル発動直後のディレイ中にゼンや点火を入力すると消えます。
      ラグなどで他PCには表示されてしまうこともあり
    • 09/05/28 エキストラアップデートによ憑依時使用不可に
    • 12/08/23のアップデートにより再使用時間が大幅に短縮された。
      それでもLV5では再使用時間が10秒はあるので、連発には向かない。
    • 全滅しそうな際に切り札として使用するのがベストか
      • 複数属性が混ざる場で戦闘対象の属性が混合した時はゼンとこれで仕切りなおす、という使い方が主
    • アストラリストとゼンを組み合わせれば、かなりの高火力スキルになるが、準備に手間がかかるので、主力になるかは微妙なところ。

コメント欄(Wikiの編集の苦手な方はこちらに) [edit]

コメント欄はゲーム内容を質問する場ではありません。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 修正後アースオーラlv3をかけると左DEF+15されます。効果時間は3分と長くなっています。同じくウォーターオーラlv3は左M.DEFは+20され、アースオーラと同じように3分持続します。 -- 2012-08-24 (金) 20:00:59
  • いくつかのスキルの評価を書き換えてもいいだろうか。スピエンは使い勝手が大幅向上、風オーラは性質上完全にスピエンに喰われた、エンチャントウェポンは今の主流の狩りと合っていない。 -- 2012-12-13 (木) 15:03:17
  • スピエン○→☆、風オーラ○→△、エンチャントウェポン◎→○くらいでどうだろうか。 -- 2012-12-13 (木) 15:05:08
  • 攻撃スキルの倍率が底上げされスキルで1撃か2撃で倒すのが主流だからエンチャントウェポンは×でもいいぐらい。したらばのアホが支配者気取りで私物化してるwikiだから変えたら荒らし扱いされそうだけど -- 2013-03-06 (水) 06:47:33
  • ↑低レベルのF系に支援するなら鈍足や闇武器氷結は使えるから×まではいかないんじゃね。この早見表の△の説明だと余程使い道ないと×にならんだろうけど。 -- 2013-03-30 (土) 16:47:36
  • エンチャントウェポン覚えるレベルの巫女が低レベルのFを支援する状況を態々考慮するのはどうかと。同レベルのメンバー相手に考慮すべきでしょ -- 2013-07-08 (月) 09:00:46
  • エンチャは”通常攻撃のみ”の適応だからFもスキル主体になってる以上、出番がないんだよなあ・・・ 詠唱反応だらけの狩場でのDC狩りか、三次なかった時代のクジラ岩みたいに1体ずつ封殺でもしないと。そしてJOB40台といったら氷結・サウスDD(悪くても庭園)だから尚のこと出番がない。サウスの場合はあるかもしれんけど。 あるかも知れない程度なら△でいいと思う -- 2013-07-08 (月) 10:38:55
  • 転生前は50スキルでも1~2確出来ないから、そこで初めてDC狩りも有効になることを無視したコメントがずいぶん昔にあったんだな -- 2015-10-16 (金) 15:26:58
  • 今回のアプデでパワエンの最低ATKが最大を超えても最大と同じ数値になる様に変更。 -- 2015-10-22 (木) 14:58:44
  • パートナー・ライドへのパワエンは最低ATK=最大ATKにされるけど、プレイヤーキャラクターへのパワエンは最低ATK>最大ATKの状態にできるみたいです。 -- 2015-10-22 (木) 15:55:57
お名前:

Last-modified: 2016-12-23 (金) 07:01:46