イベントログ記録へ戻る
※このページは未完成です。追記をお願いします。

アミス先生の空飛ぶ教室「アルマたちと絆の樹」 ログ
11時間目「こころのありか」 [edit]

アップタウン [edit]

中央西噴水前に守護魔・シモツキ。

名声が足りない場合 [edit]

守護魔・シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る

守護魔・シモツキ[/話す]:
 こんにちは、冒険者さん!
 あたしは守護魔・シモツキ。
 学校と子供たちを守るために
 力を貸……
 ……って、言ってはみたけど、
 あなたちょっとまだ、なーんか
 頼りないのよね?
 よーっし!
 この頼りになる天才・シモツキ様が
 あなたにピッタシ適切な
 アドバイスをしてあげる!
 
 あなたは……むむむ。
 ダウンタウンとか
 アクロニア平原にある酒屋さんで
 クエストを受けて、
 もっと人助けをしてきて!
 
 そうすれば、あなたも今より
 ずっと頼りがいが出てくるわ!
 待ってるわよ!

前年イベント「ヒトトセのフシギな卵」経験時 [edit]

前年イベント「ヒトトセのフシギな卵」未経験時 [edit]

守護魔・シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る

守護魔・シモツキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 こんにちは、冒険者さん!
 あたしは守護魔・シモツキ。
 学校と子供たちを守るために
 力を貸して欲しいのよ!

続く→

今までのイベントに参加している場合 [edit]

→続く

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あなた、冒険者でしょ!
 あたし、知ってるわ!
 ○○ね?
 天才守護魔たるシモツキ様は
 見ただけでわかるのよ!
 え、それは当然アミス先生に
 顔と名前を聞いてたからよ。
 アミス先生はあたしみたいな天才では
 無いけど、ちゃんと努力して
 結果を出す秀才ちゃんだもの。
 あたしの天才性をいち早く見抜いて
 くるあたり、なかなかデキる人よ?
 でも、アミス先生は忙しくて、
 色々と困っちゃうことも多いの。
 この天才のあたしがぱぱっと
 解決する予定ではあるんだけど……
 正直、人手がちっとも足りてないの。
 だから、あなたにも
 手伝ってもらう事に決めたわ!
 このあたしが! 今!
 
 忙しいなら後でいいけど、
 あなたも学校の一員なんだから、
 後で手伝ってね?

選択肢

アミスの飛空庭にのぼる?
 >今はやめておく
 >アミスの飛空庭にのぼる

>今はやめておく↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 しょうがないわね!
 待っててあげるから、早いところ
 用事をパパパのパーッと
 終わらせてくるのよ?

>アミスの飛空庭にのぼる↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 ちょっとだれかー!
 飛空庭のひもをおろして
 ちょうだーい!

台詞終了後、シモツキが「バイバイ」モーション。
→アミスの飛空庭へ移動。

※誰かに憑依されている場合
>アミスの飛空庭にのぼる↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あら?
 誰か憑依してない?
 ふふん、このシモツキ様の目は
 フシアナよりも鋭いのよ!
 憑依を解いてから来なさいよね♪

再度シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あっ、来たわね!
 忙しいんだから、
 早く学校に行きましょ?
 
 ……え、あたし?
 天才には適度な休憩が必要なのよ!

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

先月までにイベントに参加していない場合 [edit]

→続く

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あなた、冒険者でしょ?
 天才守護魔たるシモツキ様は
 見ただけでわかるのよ!
 この上に、アミス先生っていう
 あたしみたいな天才じゃないけど、
 なかなか努力家の秀才が作った
 学校があるのよ。
 
 そこには色々と面白い子たちが
 勉強したりしていて、あたしも今は
 そこの生徒にしてもらっているの。
 でも、アミス先生は忙しくて、
 色々と困っちゃうことも多いの。
 この天才のあたしがぱぱっと
 解決する予定ではあるんだけど……
 正直、人手がちっとも足りてないの。
 だから、あなたにも
 手伝ってもらう事に決めたわ!
 このあたしが! 今!
 
 ……忙しいなら後でいいけど、
 冒険者なら見逃す手はないわよ?

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはシモツキのみ。

黒板に話しかける↓

黒板:
 日直:シモツキ
 私みたいな天才に
 なればいいわよ!

先月までにイベントに参加していない場合 [edit]

守護魔・シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る。
暗転。明けると、アミスがいる。
シモツキがアミスに向き直る。

アミス[教鞭を持って説明する]:
 あら、
 シモツキちゃんの
 お友達ね?
 ようこそ、
 わたしの飛空庭へ!
 わたしはアミス。
 この飛空庭を学校にして、
 勉強を教えてるの。
 体育はちょっと苦手だけど、
 国語、算数、理科、社会、
 なんでも教えてあげるわ。
 今は外に行ってるけど、
 シモツキちゃん以外にも
 生徒は32人いるわ。
 きっと、あなたとも
 いいお友達になれると思うの。
アミス[教鞭を持って説明する]:
 それと、街の人たちには
 まだ秘密なんだけど……
 この学校の生徒には、
 人と同じ優しい心を持ってて、
 人と同じ姿になれるけれど、
 元々はモンスターだった
 子たちもいるの。
 わたしは、
 あの子たちが人の社会で
 生きられるようにしてあげたい。
 いやなことや苦しいことがあっても
 人として乗り越えられる強さを、
 あの子たちに教えたいの。
 もしよかったら、
 あの子たちと
 友達になってくれないかしら?
アミス[教鞭を持って説明する]:
 ……あ、いけない。
 今からお出かけするんだったわ。
 今日、ようやく来年からの
 学校の許可申請が出る予定なの。
 申し訳ないけど、わたしはこれから
 アップタウンに出てくるわね。

アミスが操舵輪まで歩き、消える。
暗転。

→今までのイベントに参加している場合の展開につながります。

今までのイベントに参加している場合 [edit]

守護魔・シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る。
暗転。明けると、飛空庭にはシモツキと、樹の傍にぷるぷるのみ。
ぷるぷるは、絆の樹の方を向いている。

守護魔・シモツキ[絆の樹側に向き直る /話す]:
 あら、ぷるぷる。
 あなたまたその樹の所にいたの?

シモツキが1歩ぷるぷるに近づく。
ぷるぷるがピアノの傍へ。
シモツキがぷるぷるに向き直る。
ぷるぷるが操舵輪に向き直る。

ぷるぷる:
 ぷるぷるっ♪
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ふぅん……そういうものなんだ。
 天才守護魔のシモツキ様でも、
 植物と話すのは難しいわね。
 サツキを翻訳機代わりにすれば……

校舎から山吹ハートが出てきて、「はっ」エモーションを出しながらこちらへ歩いてくる。

???[歩く]:
 おー、なんや、ぷるぷるはん
 こんなとこにおったんか。
 ……お、あんさんが
 ○○はんやな?
 あぁ、姉やんたちや妹たちから
 いろいろきーとるさかい、その辺は
 気にせんと。ウチの名前は……

シモツキが???(山吹ハート)に向き直る。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あら、ミカじゃない?
 一体全体どうしたの?

???(山吹ハート)がシモツキに向き直る。

???[/*怒り1 /話す]:
 だーかーらー!
 うちの名前は
 サー・ミルドレッド・カルヴァドス
 やってゆーとるやろ!
 せっかくお金持ちそうなゴージャスな
 名前にしたっちゅーのに、台無しやん!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そんな長ったらしい名前、
 誰も覚えてらんないわよ。
 ミカの方が覚えやすくていいじゃない?
ミカ[/*怒り1 /話す]:
 なんやて!?
守護魔・シモツキ[/*怒り1 /話す]:
 なによ!?

ぷるぷるが人間形態になる。

ぷるぷる[ミカに向き直る /話す]:
 はーい、ストップストップ!
 ケンカはだめ!
 学校での約束でしょ?

ミカとシモツキがぷるぷるに向き直る。

ミカ[ぷるぷるに向き直る /*汗1 /話す]:
 おおっと、ぷるぷるはんか。
 確かに、ちーと頭ひやさんとね。
守護魔・シモツキ[/*汗1 /話す]:
 確かに、けんか腰になるには
 あまり恰好のいい話題じゃ
 なかったものね。
 
 ……そういや、ぷるぷるも
 人の姿になることができるのよね。
ミカ[/話す]:
 そういや、なんで姿を人のかっこに
 したままにせーへんのや?
 
 そっちの方が何かと便利やと
 思うんやけど。
ぷるぷる[/話す]:
 うーん、確かにそうなんだけど、
 あたしはまだずっと人の姿で
 いられるわけじゃないから……
 
 あ、そうだ。アミスには内緒ね?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ねぇ、ぷるぷる。
 皆がアルマやこの樹について
 調べているけれど、あなたは何か
 しってるのかしら?
 
 それに、どうして人の姿に
 なれるようになったの?
ぷるぷる[/話す]:
 うーん……自分でも全部わかっている
 わけじゃないんだけど……
 
 この姿になれるようになった
 最初のきっかけは、今年の6月かな?
 みんなが「絆証明書」を持ってきて、
 仲のいい子たちで名前を書いて。
 あたしだって、アミスと絆証明書に
 名前を書いて、交換したいなーって。
 
 その時、なんだか急に「できる」って
 思えてきたんだよね。
 そのあと、みんながいないときに
 「人間の姿になりたい」って一生懸命
 思ったら……なんと、本当に
 この姿に変身できちゃったの。
 
 すっごく疲れたし、短い時間しか
 変身できなかったけど……
 すっごい楽しかった!
ミカ[/話す]:
 真面目やなぁ……。そういや、
 ぷるぷるはんは、なんでそんなに
 人間の姿になることにこだわるんや?
 
 最初の目的は果たしたし、
 一緒に遊びたいにしては最近まで
 正体を隠しとったみたいやし。
ぷるぷる[/話す]:
 あー……うん、それはね。
 まだ自分で変身できる時間を
 制御できるわけじゃないから、
 ちょっと恥ずかしくて……。
 実は、変身を自由に制御できる
 ようになったら、アミスを
 真っ先におどろかせてあげたいな、
 ……って思ってたのよ。
 
 「アミスの育てた生徒は、
  たとえモンスターだったとしても
  ちゃんとやっていけるんだよ」
 ……って。
 みんな、とっても強い心の力……
 魂の力を持ってる。それはきっと、
 誰だって持ってるし、誰にだって
 使える力なんだと思う。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 うんうん。才能が有っても
 それを磨かないと結局は
 だめになっちゃうし、ぷるぷるの
 言ってることは正しいと思うわ!
 ……そういえば、ぷるぷるは
 いつアミス先生に正体を教えるの?
 アミス以外は全員知ってるって
 聞いたんだけど?
ぷるぷる[/話す]:
 あ……えと、あのね。
 
 できれば、アミスにはあたしから
 教えたいんだ……。
 だから、まだ秘密にしておいて
 欲しいな……お願い!
ミカ[/話す]:
 なんや、水臭いなぁ。
 まーかしときぃ!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そうそう、この天才守護魔の
 シモツキ様の口はすっごーく
 固いのよ!

ぷるぷるが操舵輪に向き直る。

ぷるぷる[/話す]:
 ○○も、
 いいかな? 秘密……だよ?
 うん、ありがと。
 あたし、いい友達に恵まれてるよね。
 あなたもそう思うよね、樹さん?
ミカ[/話す]:
 あ、そや。
 いっこ聞こうとおもっとったんや。
 この絆の樹やけど、言葉喋るん?
 何か言うとんのやったら、一回くらい
 話を聞いて見たいんやけどな?

ぷるぷるがミカに向き直る。

ぷるぷる[/話す]:
 この子……絆の樹も、心をもってるの。
 ただ、この子は動けないし、
 考えている事や言葉のリズムとかが
 違うから、シャボタンやあたしみたいな
 もともと植物にちかいアルマにしか、
 今のところ言葉が届かないみたい。
 サツキちゃんは植物の守護魔だから
 樹の健康状態に関してはあたし達より
 よほど詳しいし、この子を大切にして、
 守ってくれる人なの。
 でも、この前聞いてみたら、
 樹の感じていることはなんとなく
 わかりはするんだけど、正確な
 言葉まではわからないんだって。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 もう、サツキったら頼りない……
 ……でも、ちょくちょくここに来て
 色々調べてたのはそれだったのね。
 あの子もなかなかよくやってるわね!

ぷるぷるがシモツキに向き直る。

ぷるぷる[/話す]:
 あたし、時々この子とゆっくり
 話をすることがあるんだけど、
 すごく、すごーく遠くから、
 たった一人でここに来たみたい。
ミカ[/話す]:
 なぁ、ぷるぷるはん。
 この樹……
 もうすぐ花が咲くんとちゃうかな?

3人が絆の樹に向き直る。

ぷるぷる[/話す]:
 うん。もうちょっとで
 花が咲きそうなんだけど、
 ちょっとこの子、最近元気が
 足りてないみたいなの……
 
 大きくなったからかなぁ?
 あ、みんな出てきたみたい。
 ……ふあ、ちょっと疲れちゃった。
 まだ長い時間変身するのは
 無理なのかなぁ……。

ぷるぷるがモンスター形態になる。

校舎内のシャノワール:
 おーい、ミカ。
 そっちは何の話をしてるんだ?
ミカ[/話す]:
 あーっ、姉やんたちまで
 ミカでおぼえてもーた……。
 はぁ、もうええわぁ。

校舎からヤヨイが出てきて、ミカたちのところまで歩いてくる。
ミカたちがヤヨイに向き直る。

守護魔・シモツキ[ヤヨイに向き直る /話す]:
 あ、そういえば自習中だっけ?
 どうしたの?
守護魔・ヤヨイ[/話す]:
 ええ、せっかくのいい天気なので、
 お日様の下で授業をしよう、
 という事になりまして。
 まぁ、希望者のみの自習ですが……

暗転。BGMがスノップ追分のものになる。
明けると、サラマンダー、バウ、ペペン、キクヅキ、ローキー、バルルがいる。

守護魔・ヤヨイ[/話す]:
 ですから、こうやって足腰の鍛錬を
 行って基礎体力を強化することで……

ヤヨイがサマーソルトのモーション。

キクヅキ[/話す]:
 こうやって、こう……
 ふむふむ。

キクヅキが足払い?のモーション。

ローキー[/話す]:
 むぅ……体の動きを自分で
 制御するというのは、
 簡単なようで意外と難しい
 ことなのじゃ……。
バルル[/話す]:
 ローキーさん、そこはたぶん
 こーやって……って、着物は
 やっぱり動きが制限されますね。
ペペン[?モーション]:      (メモ:通常攻撃?)
 体を動かすのは楽しいけど、
 ピタッと止めるのは難しいです。
 これはなかなか……あれれ?
バウ[走る]:
 運動は楽しいです!
 でも、走り回っちゃだめです?
サラマンダー[-]:
 お、なんかかっちょいいな!
 必殺技とか打てそうじゃない?

ガチャリとドアの開くSE。

???:
 もしもしー……
 
 アタシの声、聞こえてる……?
 ……入っても、いい?
 用が、あるから……。

BGMが元に戻る。

選択肢(一択)

来客のようだ:
 >ドアを開ける

>ドアを開ける↓
操舵輪からオートメディック・アルマが出現、全員が注目する。
オートメディック・アルマが1歩前に出て、ローキー側に向き直る。

???[/話す]:
 えー……っと。
 ここ、アルマの集まる学校……
 で、いいんだよね?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 まずはこの天才守護魔シモツキが
 あなたの質問に答えるわ!
 そうよ!
???[シモツキ側に向き直る /話す]:
 ……あ、うん。
 そうね。安心した。

???(オートメディック・アルマ)がミカに向き直る。

ミカ[/*汗1 /話す]:
 あかん、シモツキに任せとくと
 話が進まへん。
 あー、ちょいちょい。
 あんさん、どっからそれを
 聞いてきたん?
 でもって、あんさんも
 アルマなんかな?
オートメディック[/話す]:
 そう、アタシはオートメディック。
 別のアルマからここに行くように
 言われて、訪ねてきた。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 わかったわ!
 あなた、生徒にしてもらいに来たのね!
 ちょうどいいわ、アミス先生は今
 留守にしているけど、この学校は
 結構いいところよ!
バウ[-]:
 オー……トメ……?
 ええっと、トメちゃんです?

バウが「話す」モーション。

ペペン[オートメディックに向き直る]:
 キカイが見えるです。
 メカメカさんですね!
オートメディック[/*汗1 /話す]:
 え……?
 トメ……メカ……?

オートメディックがローキーに向き直る。

ローキー[-]:
 お主の呼び名を考えておるのじゃ♪
 いずれみんなから、いろんなあだ名で
 呼ばれるようになるとおもうのじゃ~
サラマンダー[/話す]:
 メカ……メカ……
 メカゴロリとかどーだろ?
 よろしくな、メカゴロリ!
オートメディック[サラマンダー側に向き直る /*汗1 /話す]:
 メカ……ゴロリ……?
サラマンダー[/話す]:
 ん?だってそういう黒い服って
 “ゴスロリ”って言うんだろ?
 で、メカメカのゴスロリ。
 だからメカゴロリだっ!
オートメディック[/*汗1 /話す]:
 “ス”は?
 “ス”はどこに行ったの……?
 
 それに、この衣装はデータによると
 ゴスよりはパンクに近い……
守護魔・ヤヨイ[/話す]:
 みなさん、オートメディックさんの
 呼び名については一端置いて、
 まずはこの学校についての
 説明をしてあげた方がいいのでは……
:
 みんなは口々に
 学校のいいところや
 アミスや他のみんなのことを
 オートメディックに説明しだした。
オートメディック[操舵輪に向き直る /話す]:
 …………。
 ここは、にぎやかなのね……。
ミカ[/話す]:
 ちょいちょい、ちょいまちーや!
 みんなでいっぺんに話したら
 伝わるもんも伝わらんて。
オートメディック[ミカに向き直る /話す]:
 …………。
???:
 ただいま~♪
 あら、お客様?

暗転。明けると、アミスがいる。
オートメディックがアミスに向き直る。

みんな:
 『おかえりなさーい!』
アミス[オートメディック側に向き直る 教鞭を持って説明する]:
 あら、あなた……
 あなたもアルマなのかしら?

バウが「走る」モーション。

ペペン[-]:
 オートメディックさんです!
 学校に入りに来てくれたですよ!
オートメディック[/話す]:
 ああ、その……
 できれば、ここに。
アミス[教鞭を持って説明する]:
 ええ、歓迎するわよ。
 オートメディックちゃんね、
 わたしはアミス、この学校で
 先生をしているの。よろしくね。
オートメディック[/話す]:
 あ、はい……
アミス[教鞭を持って説明する]:
 来たばかりで、戸惑う事も
 多いとは思うけれど……
 自分のペースで、のんびりと慣れて
 くれれば大丈夫よ。
 
 落ち着いたら、そこから
 あなたのことを色々と
 教えてくれると嬉しいな。
オートメディック[/話す]:
 はい……よろしく。
アミス[教鞭を持って説明する]:
 オートメディックちゃんも
 新しく加わってくれたし、
 来年に向けて勢いがつくわね♪
 
 今日はもう一つ、みんなに
 嬉しいニュースがあるのよ。
守護魔・ヤヨイ[アミスに向き直る /話す]:
 ニュースですか?
 何か良いことがあったのですか?
守護魔・キクヅキ[アミスに向き直る /話す]:
 もしかして……この前聞いた
 来年からの話ってやつかな?
バルル[/話す]:
 あー……人間の子供が
 来るかもってゆーあれですね。
アミス[教鞭を持って説明する /*はっ]:
 そうなの!
 今日ようやく結果が出たんだけど、
 来年からここは正式な学校として
 認められることになったの!
ぷるぷる[/*音符]:
 ぷるっぷるっ♪
サラマンダー[/話す]:
 えぇ、すっげーじゃん!
 じゃぁじゃぁ、来年からはここに
 もっといっぱい仲間が
 増えちゃったりするわけだな?

バウが[/*はっ」エモーションを出しながら「話す」モーション。

ペペン[-]:
 という事は、ペペンは
 先輩になっちゃうんです!?
 
 がんばります……!
アミス[教鞭を持って説明する]:
 いきなりそんなにたくさん
 増えるという事はないと思うけど、
 お友達も、先生も増えていくわよ。
 さて、学校の手続きもようやく
 一区切りついたし、少し休憩したら
 午後の授業を始め……

アミスがひざをつくモーション。
ぷるぷるが「びっくり2」エモーションを出し、アミスに向き直る。
オートメディック以外の全員がアミスに向き直り、「びっくり2」エモーション。

ぷるぷる:
 ぷるぷるっ!?
 ぷるっ!?
みんな:
 『先生っ!?』

オートメディックがアミスに歩み寄り、向き直る。

オートメディック[/話す]:
 ……発熱。体温がかなり高い。
 消耗の度合いから予想すると、
 体内で炎症が起きてる。
ミカ[/話す]:
 ……前からお疲れとは聞いとったが、
 倒れるまで根詰めとったんか……
 あぁ、もう!
 誰か水枕と氷準備してーな!
 オートメディック!
 あんた、アミス先生についてて
 やってくれへんか!?
オートメディック[/話す]:
 ……わかった。
守護魔・キクヅキ[/話す]:
 先生を部屋に連れて行って、
 寝かせてあげないと!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 みんな道を開けて!
 力の強い子は先生を運ぶのよ!

ペペンとミカが道を開ける。

選択肢(一択)

:
 >アミスを運ぶ

>アミスを運ぶ↓
暗転。暗いまま話している。

:
 意識を失ったアミスを抱え、
 アミスの部屋まで運びこんだ。

→暗いまま、プライベートルームへ。

アップタウン [edit]

プライベートルームでログアウトすると、次回アップタウンにログインする。

シモツキに話しかける↓

守護魔・シモツキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 もう……アミス先生、体が弱いなら
 無理しちゃだめなのに!
 さぁ、急ぎましょ!
 ちゃちゃっと学校に行くわよ?

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

アミスの飛空庭 [edit]

アミスはおらず、操舵輪のそばにはシモツキのみ。
シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る。暗転。
明けると、飛空庭にはシモツキのみ。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 ○○!
 アミス先生が倒れちゃったわ!
 早くお見舞いに行くわよ!

→プライベートルームへ。

プライベートルーム [edit]

寝巻き姿のアミスがベッドに横たわっており、
それをぷるぷる(人間形態)、ミカ、シモツキ、オートメディックが見ている。

シモツキ、ミカ、オートメディックに話しかける↓   (アミス、ぷるぷるにはクリック判定なし)
プレイヤーが定位置に移動する。
BGMが天まで続く塔(ドミニオン)のものになる。

アミス[/ベッド]:
 ……うう、ん……
 あれ、ここは……?

ぷるぷるが「びっくり1」エモーションと共に横に1歩移動。

ぷるぷる[アミスに向き直る /話す]:
 アミス?
 大丈夫、アミス!?
アミス[/ベッド]:
 良く、みえない……
 ごめんね、この大事な時期に……
 ○○ちゃん……
 いる、かしら……?
オートメディック[/話す]:
 ……熱で意識が途切れがちになってる。
 眠らせた方が、体力の消耗を
 防ぐことができると判断。
 ○○って誰?
アミス[/ベッド]:
 ○○ちゃん……
 わたしが休んでいる間、
 みんなの先生になってあげて……。
 あなたなら、きっと、大丈夫だって
 信じられるから……
:
 アミスから
 指示棒を受け取った。
ぷるぷる[/話す]:
 アミス……眠ったみたい。
 ……あはは、ドジだよねあたし。
 この姿、アミスが見たって
 誰だかわかるわけないのに。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ……ねぇ、オートメディック。
 アミス先生の様子はどうなのかしら?
オートメディック[/話す]:
 消耗性の疾患……つまり、
 過労で体力が落ちたところで、
 何かの病気にかかったみたい。
 
 かなり消耗してる。
 このヒトは、何か持病を持っていたり
 もともと体が弱いなんてことは?

ぷるぷるがオートメディックに向き直る。

ぷるぷる[/話す]:
 オートメディック、
 お願い、アミスを助けて……!
 
 ……アミスは子供のころ、
 トンカで流行った病気で何か月も
 入院していたことがあるの。
オートメディック[/話す]:
 風土病……トンカ……
 データベース照合。
 ……あった。
 十数年に一度くらいの割合で
 広がるものがいくつかある。
 それのどれかと推測。
ぷるぷる[/話す]:
 たぶん、それで合ってる。
 それで、体力がすごく落ちて、
 アミスは体もあまり強くないの……
 
 お医者さんも、普通の生活をする
 程度なら問題ないけど、この病気は
 完治するとは限らないって……
ミカ[/話す]:
 なんやそれ……
 なんや、ほんま。
 こんな努力して、苦労して、なんで
 ……こんな目にあわなあかんねん。
オートメディック[/話す]:
 その時の症状、おしえて。
 絞り込めれば、どれかわかる、かも。
 
 わかれば……対処ができるかも。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ほんと!?
 ぷるぷる、早く思い出してっ!
ぷるぷる[/話す]:
 うん、あの時は確か……

 

:
 ぷるぷるからの説明を聞くと、
 オートメディックはしばらくの間
 目を閉じて考え込んでいたが、
 ようやく口を開いた。

 

オートメディック[/話す]:
 その時期にトンカで流行した病気は
 大きく分けて3種類。年代と、
 感染規模と、症状から判断すると、
 高い確率で特定の病気と推測できる。
 その病気は、症状が治まっても
 体内に潜伏を続けて、体力が衰えた
 時期に再発する可能性があるの。
 
 ……たぶん、同じ症状ね。
 このままだと、そのうち……
ぷるぷる[/話す]:
 オートメディック、
 アミスは助かるの!?
オートメディック[/話す]:
 本人の体力が落ちているから、
 自然治癒を望むのは難しいと思う……
 
 でも、この病気は5年ほど前に
 治療薬が作られたはずだから、
 早めに薬を与えれば、あるいは……
ミカ[オートメディックに向き直る /話す]:
 よっしゃ、薬やな!
 うちのコネですぐに買ってきたる!
 
 で、それどんな名前の薬で、
 どこで売ってんのや?
オートメディック[/話す]:
 ……長期保存ができないから、
 販売はされていない。
 一時期は良く使われたけれど、
 ここ数年その病気は流行して
 いないから、おそらくどこにも
 保管はされていないと思う。
 
 ……だから、作る。
守護魔・シモツキ[オートメディックに向き直る /*びっくり2 /話す]:
 あなた凄いじゃない!
 薬を作れるの?
 作り方も材料も分かるの?
オートメディック[シモツキに向き直る /話す]:
 別に……
 
 取得したデータの中に、人間に関する
 医療系のデータベースがあったから……
 ただ……薬を作るには、
 色々な材料が必要になる……
 集めるのは大変だけど、
 ……手伝って、くれる?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そんなのカンタンよ!
 あたしたちで集めてくれば
 ちょちょいのちょい!
 大人が手をひねるくらい簡単よ!
ミカ[/話す]:
 ○○はん、
 あんさんにも手伝ってもらいまっせ。
 後は、他のみんなにも手伝って
 もらわんとあかんね。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 じゃぁ、集めるものを確認ね?
 ○○は、
 さっき先生を運んでもらったし、
 話は聞いておいてあげるから
 少し休んでいてもいいわよ?

選択肢

どうする?:
 >少し席を外す
 >話を全部聞く

>少し席を外す↓
暗転。暗いまま話している。

:
 替えの水枕と、飲み物を持って
 部屋に戻ると、入れ替わりに
 アルマ達が出て行った。

明ける。ミカがプレイヤーに向き直る。

ミカ[/話す]:
 おぅ、いいとこに戻ってきた。
 次はうちらで、アミス先生の薬の
 最後の材料を探しに行くで!
ぷるぷる[/話す]:
 みんな……
 ありがとう……。
 ほんと、ありがと……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 すごいじゃない、みんな!
 残る材料は後一つ。
 これはこのシモツキ様の出番ね!
ミカ[/話す]:
 で、オートメディックはん、
 最後の材料はなんなんや?
オートメディック[/話す]:
 ……。
 ……教えない。

BGMがDEMチュートリアルのものになる。

シモツキとミカ[オートメディックに向き直る /*びっくり2]:
 『えっ!?』

→以降共通

>話を全部聞く↓

オートメディック[プレイヤー側に向き直る /話す]:
 全部で、必要な材料は11種。
 まず、ノーザンの万年雪を溶かした水。
 エーテルを微量含んでいるから、
 他では採れないみたい。
ミカ[/話す]:
 うわ、いきなりきっついなぁ。
 ……何とかならなくはないか?
オートメディック[/話す]:
 次は、スノップ山道の岩肌に自生する苔。
 ただ、数が少ないうえに、近くには
 良く似た苔がいっぱいあるから、
 採るのが難しい。独特の甘いにおいが
 あるのだけど、この時期はにおいが
 微かすぎて難しい……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 とりあえず根性よ!
 無理を通せばどおりでやっぱりよ!
オートメディック[/話す]:
 三つ目は……これも、難しい。
 ウテナ開拓地の砂漠で、夜明けの直前に
 数分間だけ開く花の蜜。
 広い砂漠で、見つけるだけでも大変……

BGMが軍詰め所のものになる。
部屋の入り口からダークフェザー、バウ、シャボタンが入ってくる。
ミカとシモツキがダークフェザーに向き直る。

ダークフェザー[/話す]:
 なら、一つ目は私たちが行ってくるわ!
 ノーザンなら、よく知ってるもの。
 シャノワールも、ムツキも一緒よ。
 
 ……アミス先生には、
 色んなことを教わったもの。
 ありがとうって、何度も言ったけど、
 まだまだ言いたりないの。
バウ[/話す]:
 ふたつ目の、ぼくがいくです!
 ぼくはまだばかなバウだけど、
 鼻が利くのが役に立つです!
 
 みるくちゃんも、キサラギさんも
 一緒に手伝ってくれるです!
 
 すぐ帰ってくるです!
 ぼくはちょっといいバウになるです!
シャボタン[/話す]:
 あっ、あの。三つ目なら、
 わたしが役に立てると思うの。
 ウテナ開拓地の砂漠なら、
 元々いた場所だし……
 そのお花なら、知り合いだから、
 お花の蜜も分けてもらえると思うの。
 
 アカリさんとヤヨイさんが
 守ってくれるから、大丈夫!

ダークフェザー、バウ、シャボタンが「はっ」エモーションと共に振り返り、
入り口から出ていく。

オートメディック[/話す]:
 四つ目……大陸の洞窟。
 奥で採取できる特殊な鉱石から
 抽出する成分が必要。
 見つけるのは難しくないけど、
 あそこはモンスターが多い……
 五つ目……。モーグの炭田地域に
 自生する希少な植物の地下茎。
 見つけるのも難しいし、
 地下茎が育っているかもわからない。
 ここは、正直言って厄介。
 六つ目……イストー岬や、
 ファーイースト西部の海岸の水際に
 だけ自生している珍しいハーブ。
 そのハーブのそばには、高い確率で
 厄介なモンスターがいることがある。
 水辺だから、インスマウスの監視も。

入り口から、ローキー、バルル、シーホースが入ってくる。

ローキー[/話す]:
 大陸の洞窟ならご安心めされよ!
 そこなら私がよーく知っておるのじゃ♪
 群れの皆に会えたら幸いじゃし、
 ウヅキとあさにゃーと三人なら、
 そう困ったことにはならぬのじゃ♪
 
 それに……恩義あるアミス先生の
 危機なのじゃ。多少の危険など、
 かまっておれぬのじゃ!
バルル[/話す]:
 なら、五つ目はあたしたちに
 任せてもらおうじゃねーですか。
 幸い、サツキなら植物関係は
 何でもござれですし。
 
 モーグってーのは、たしか
 泥炭とかいう土地なんでしたっけ。
 ヘタレーとあたしで、泥まみれでも
 芋ほりでも何でもやってやりますよ!
シーホース[/話す]:
 六つ目なら、わたくしたちが
 採りに行ってきます!
 海のそばなら得意ですし、
 元の姿になれば、
 海に潜ってもばれないかも
 しれませんからね♪

ローキー、バルル、シーホースが「はっ」エモーションと共に振り返り、
入り口から出ていく。

オートメディック[/話す]:
 ……なんで、なんだろう。
 いや、ともかく……次。
 これで半分は超えた……かな?
 7つ目、果物の種。ただし希少。
 妖精の祝福を受けた畑で育った
 果物の中に時折含まれている、
 淡く光っている種を、いくつか。
 地道に何件も農場を回って、
 やっと見つかるくらい……らしい。
 8つ目。ファーイーストの奥地、
 古い洞窟の中に生えている
 キノコなんだけど……
 毒キノコの中に混じっているから、
 毒に関しての知識がないと
 採取が難しいかもね。
 次……9つ目。
 熱い地域の谷の壁面に巣を作る
 鳥がいるのだけど、その巣自体。
 この辺りで候補になるのは……
 アイアンサウスの下層部から
 見える壁面が一番可能性が高い。
オートメディック[/話す]:
 次……これで10種類。
 場所は、もうわかってる。
 トンカの、マリオネット研究所。
 過去に薬を作る時に使われた、
 マリオネット・マンドラゴラの
 血清が保管されてる……。
 これがあれば、他の材料と合わせて
 薬を作る助けになる……
 でも、厳重に保管されていて、
 通常の手段ではもらえない。
 どうにか侵入して盗み出す……?

入り口からペペン、サラマンダー、ミニー、白い使い魔が入ってくる。

ペペン[/話す]:
 ふっふっふ、これを待っていました!
 食べ物! 果物! 何件も!
 ペペン、ためておいたおこづかいを
 全部使いきっても後悔しません。
 フミちゃんとマオさんも、食べる事なら
 ドーンとこいなのです!
 何件だって訪ねてくるですよ!
 絶対に、見つけてくるです!
サラマンダー[/話す]:
 よっし、そのキノコなら任せて!
 ハヅキとグリに聞いたら、二人とも
 わかるって言ってるからばっちり!
 それに、あっちならハヅキの
 友達に協力を頼めそうだしね!
 以前会ったちっこいハカセにも
 手伝ってくれるようお願いしてみる!
ミニー[/話す]:
 高いところはまっかせてくださーい!
 バランス取りや軽業は、
 ミニーとっても得意なんです!
 
 キクヅキくんも身が軽いし、
 街の人に話を通すのは
 カスミさんがやってくれるって♪
白い使い魔[/話す]:
 あ、あの……
 私、トンカに、行きます。
 カミアも、カンナも、リリアンも、
 一緒に行ってくれるって……。
 
 アミス先生はトンカの出身だし、
 ちゃんとお話すれば……きっと、
 きっと血清を分けてくれるって
 思うです……

ペペン、サラマンダー、ミニー、白い使い魔が「はっ」エモーションと共に振り返る。
ペペンたちが入り口から出ていく。
同時に、ぷるぷるがペペンたちに向き直る。

ぷるぷる[/話す]:
 みんな……
 ありがとう……。
 ほんと、ありがと……

 

守護魔・シモツキ[/話す]:
 すごいじゃない、みんな!
 残る材料は後一つ。
 これはこのシモツキ様の出番ね!
ミカ[/話す]:
 で、オートメディックはん、
 最後の材料はなんなんや?
オートメディック[/話す]:
 ……。
 ……教えない。

ぷるぷるがオートメディックに向き直る。
同時に、シモツキとミカが「びっくり2」エモーションと共にオートメディックに向き直る。
BGMがDEMチュートリアルのものになる。

シモツキとミカ[オートメディックに向き直る /*びっくり2]:
 『えっ!?』
ミカ[/話す]:
 ちょい、ちょいまち!
 それどないやっちゅーねん!?
 ここまで来てそれはないでー?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 あなた何考えてるの!?
 そもそも、いやならなんで
 10個までは材料を
 教えてくれたのよ!

DEMの場合はここで以下の会話が入る。

:
 (オートメディックがこちらを
  にらんでいるような気がする……)
オートメディック[/話す]:
 ……アンタみたいな
 “先例”が居なければ……

 ……いや、なんでもない。

オートメディック[/話す]:
 アンタ達を、
 まだ信用したわけじゃない……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 もぅ、この天才守護魔のシモツキ様が
 信じられないなんて、
 しんじられなーい!
 泥舟に乗ったつもりで、
 どーんと安心してていいのに、
 何がそんなに心配なの?
ミカ[/話す]:
 うーん、なぁ、
 オートメディックはん?
 あんさんの不安が何かはまだ
 よーわからんけど、こんな時やし、
 心を開いて話し合えば……
オートメディック[/話す]:
 ……その、ココロっていうもの。
 アンタ達は理解しているの?
 心を開くって何?
 どこか物理的に開く部分があるの?
 心ってどこにあるの?
 アタシには、わからない。
 ……理解できない。
 
 だから……
 アンタ達を、試させて。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 その勝負乗ったわ!
ミカ[/話す]:
 ええええええええっ!?
 シモツキ、おどれ勝手に
 何ゆーとんねん!?
オートメディック[/話す]:
 答えがわかったら、
 アタシに教えて……
 ギルド元宮の5Fで待ってる。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 要するに、オートメディックに
 心がどこにあるか、ってことを
 教えてあげればいいんでしょ?
 大丈夫、ミカもいるし、
 ○○もいるわ!
 このあたし達がばばーんっと
 その疑問をこっぱみじんに
 解決してあげるわ!
 
 だから、それができたら最後の
 薬の材料を教えるのよ!
ミカ[/話す]:
 なんか、ごく当たり前のよーに
 うちらも人員にはいっとるやん……
 まぁ、先生のピンチやし、
 手伝うのはやぶさかやないけど。
 ……あ、ぷるぷるはんは
 ここに残っててもらえる?
 先生とオートメディックはんだけ
 残して留守にするのも不安やし、
 あんさんがいれば安心や。
ぷるぷる[/話す]:
 ……うん、任せて!
 ミカちゃんとシモツキちゃん、
 ○○も……
 無理はしないでほしいけど……
 お願い、アミスを助けて!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ふっふっふ、このシモツキ様にかかれば
 夕飯前よ!
 
 心ってのはつまり、お話を聞いて
 ワクワクしたり、ドキドキしたり、
 ハラハラしたりする事でしょ?
 なら答えは簡単!
 お話がいっぱいあるところに行って
 お話を実際に読んだり、調べたり
 している人を捕まえて聞けばいいの!
 
 あたしったらホンっと冴えてるわ♪
ミカ[/話す]:
 ふむん……そーゆーことなら、
 他にも候補は出せそやな。
 オートメディックはんはキカイっぽい
 アルマだから、それっぽい人に
 聞くのも効果ありそうやね。
 キカイゆーたらマイマイの要塞やろ?
 なんでも最近DEMの冒険家っちゅー
 風変わりな冒険者がおるみたいやし、
 キカイつながりでそいつに聞くのも
 えーかもしれんな。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 えー!?
 絶対お話のある図書館だってば!
 
 カミアとカンナに頼めば
 割といい感じで移動できるからさ!
ミカ[/話す]:
 キカイつながりで聞く方がええて!
 
 この季節のマイマイやったら、
 知り合いのツテで安く行けるで!
ぷるぷる[プレイヤーに向き直る /話す]:
 うーん……このままじゃ
 どっちに行くか決まる前に
 日が暮れちゃいそうだね……。
 ○○、
 あなたが決めてくれない?

選択肢

どちらに行こうか?
 >お話を捜しに図書館へ
 >キカイつながりでマイマイ島へ

>お話を捜しに図書館へ↓
指示棒を入手。
シモツキ、ミカがプレイヤーに向き直る。

守護魔・シモツキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 さっすがー♪
 わかってるじゃない。
ミカ[/話す]:
 ん。あんさんが決めたんなら、
 それに乗っかるとしますか。
 図書館に文句があるわけでもないし。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 じゃぁ、さっそくだけど
 善は急いでおとどけよ!
 アップタウンに降りたら、
 アタシ達に話しかけてね!

→アップタウンへ。
→シモツキ(守護魔)ルートへ。

>キカイつながりでマイマイ島へ↓
指示棒を入手。
シモツキ、ミカがプレイヤーに向き直る。

ミカ[/話す]:
 よっしゃ、ほな早速
 ツテに値切り交渉にいかんとな。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 しょうがないわね!
 この天才守護魔のシモツキ様も
 一緒に行ってあげるわ♪
 別に、結果が出ればいいんだしね!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 じゃぁ、さっそくだけど
 善は急いでおとどけよ!
 アップタウンに降りたら、
 アタシ達に話しかけてね!

→アップタウンへ。
→ミカ(ネコマタ)ルートへ。

シモツキ(守護魔)ルート [edit]

アップタウン [edit]

中央西噴水前にシモツキとミカ。
シモツキかミカに話しかける↓
シモツキとミカがプレイヤーに向き直る。

ミカ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 さて、ほなその図書館に
 早いところいこか?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ……で、さっきも話したけど、
 色々なお話が保管された
 フシギな図書館があるのよ。
 
 カミアとカンナにお願いすれば、
 ぴゅぴゅんっと飛んで行けたんだけど、
 もうそのタイミングじゃないんだって。
 でもご安心あれ!
 おとぎ話と童話の守護魔である
 この天才守護魔のシモツキ様は、
 物語に関する場所ならば
 ぴょこんと移動できたり
 できなかったりしちゃうの!
ミカ[/話す]:
 できなかったらダメやん!?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 できないとは一言も……
 うん。できなかったり、としか
 言ってないから大丈夫!
 ……言ってないわよ!
 とりあえず……
 あたしの分と、ミカの分と、
 ○○の力を
 借りるとして、足りないのは……
 わかったわ!
 あたしにりんごを
 3つ持って来てちょうだい!
 とにかく、たりない力を補うために
 何かおいしいものが必要なのよ!
 で、この季節ならきのこだけど、
 あたしとしてはりんごが
 好きだなあ……って。
 
 そういう事よ!
 それとも学校に用事?

※ユニオンペットを装備時、選択肢が変わります。後述。

選択肢

りんごを持ってる?:
 >もってない
 >アミスの飛空庭にのぼる
 >りんごを3つ渡す

>もってない→会話終了。

>アミスの飛空庭にのぼる
→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

>りんごを3つ渡す↓
※アイテムが足りない場合

ミカ[/話す]:
 あれ、足りてないで?
 しっかりしてーな。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 これじゃ、あたしのおなか……
 じゃなかった、力が満足に
 出せないじゃないの!
 天才にはおいしい食べ物が
 必要なのよ!ほんとなのよ!
 早く持ってきなさーい!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 りんごは、タイニーアイランドの
 タイニーツリーや、ファーイースト街道
 とかの東の果物の木を叩いてもいいし、
 イストー岬のお店でも売ってるわ!

>りんごを3つ渡す↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 よーっし、準備おっけー!
 いくわよ!

→フシギな図書館へ。


※ユニオンペットを装備中の場合、※印部分で台詞と選択肢が変わります。

[/話す]:
 (△△が
  一歩進み出た)
守護魔・シモツキ[/話す]:
 あら、あなたもいるのね!
 ……あなた、強い力を感じるわ。
 強い絆の力……
 あなたの力、借りるわよ!
 れっつ・ごー!

選択肢

どうする?:
 >少し考えさせて
 >アミス先生の飛空庭にのぼる
 >フシギな図書館へ行く

>フシギな図書館へ行く↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 よーっし、準備おっけー!
 いくわよ!

→フシギな図書館へ。


※また、守護魔・シモツキかシモツキのフェイブルハートを装備中の場合、※印部分で台詞と選択肢が変わります。

[/話す]:
 そこのあたし!
 そこに気が付くとは、
 やっぱり天才ね!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そっちのあたしも、それを理解できる
 なんて、やっぱり天才ね!

 あなたがいれば百人力よ!
 一気に図書館まで飛んでいくわよ♪
シモツキ達:
 れっつ・ごー!

選択肢

どうする?:
 >少し考えさせて
 >アミス先生の飛空庭にのぼる
 >フシギな図書館へ行く

>フシギな図書館へ行く↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 よーっし、準備おっけー!
 いくわよ!

→フシギな図書館へ。

アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはシモツキのみ。
守護魔・シモツキに話しかける↓
暗転。明けると、アルマたちがいない。
シモツキがプレイヤーに向き直る。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 ○○、
 カミアとカンナが先に出かけてるのを
 忘れていたわ……!!
 
 だから、アタシの力を補給するのに
 りんご3つ持ってきてよね!
 天才守護魔のあたしは今忙しいから、
 下で待ってるミカに渡してくれれば
 受けとっておくわよ?

アップタウン [edit]

一度図書館へ行った後は台詞が変化。
シモツキ、ミカに話しかける↓
シモツキとミカがプレイヤーに向き直る。

守護魔・シモツキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 さぁ、早く図書館にいくわよ!
 
 ……あ、もしかして学校に
 何か用があったりする?

選択肢

どうする?:
 >少し考えさせて
 >アミスの飛空庭にのぼる
 >フシギな図書館へ行く

>フシギな図書館へ行く
→台詞なしで、フシギな図書館へ。

アミスの飛空庭 [edit]

一度図書館へ行った後は台詞が変化。
シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る。
暗転。明けると、アルマたちがいない。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 ○○、
 準備はできた?
 早くいきましょ?
 
 って、ミカの奴どこ行ったの?
 ……ははぁ、下ね!
 こっちから迎えに行きましょ?

フシギな図書館 [edit]

入り口すぐのところにシモツキ。
シモツキに話しかける↓
案内矢印が出る。
シモツキがプレイヤーに向き直る。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 さぁ、到着したわ!
 ここが知識のでんどー、
 フシギな図書館よ!
 え? なんでお話にそんなに
 こだわるのかって?
 
 だって、このシモツキ様は
 冬の夜長のおとぎ話から生まれた
 童話の守護魔なんだもの!
 あったり前じゃない!

右手前端の柱の陰にミカ。
ミカに話しかける↓
案内矢印が出る。
ミカがプレイヤーに向き直る。

ミカ[/話す]:
 予想外やった……
 ここまでいっぱい本があると、
 どれがお話でどれが参考書で
 どれが帳簿なのか、探すのも
 えらい手間やで……
 
 どっかに司書さんとか
 常連とかおらんのかな?

左手奥の柱の陰にホログラフ(名前表示なし)。
ホログラフに話しかける↓

[/話す]:
 ……
 (ぷいっ)
 そっぽを向いてしまった。
 話しかけても反応しない。

右手奥にDEMの冒険家。
DEMの冒険家に話しかける↓
DEMの冒険家がプレイヤーに向き直る。
暗転。明けると、シモツキとミカがいる。

DEMの冒険家[/話す]:
 ……おや、どちら様?
 この静かな図書館に場違いな
 恰好なのは許してくれよな。
 
 ……何、俺の恰好が珍しい?
 あぁ、俺はDEMだから、
 見る人が見ると目立つかもね。
ミカ[/話す]:
 いや、別にえーねんけどな。
 DEMにもええ奴もやな奴もおるのは
 一応わかっとるつもりやし。
 むしろそのけったいなかっこの方が
 気になるわぁ……
 
 あんた、何もんなんや?
DEMの冒険家[/*笑い /話す]:
 俺は冒険者、というか冒険家だな。
 まぁ色々あって、自由の身になったんで
 こうやって世界中を回ってるのさ。
 最初は言葉もうまくなかったから、
 結構苦労したんだぜ?
 普段はマイマイの奥地とか、
 ファーイーストの奥地とか、
 あまり人が立ち入らない秘境に
 探検に行ってたりするんだが……
 
 調べ物に来たところで、
 ついつい本を読みふけってる、
 ……ってところかな?
守護魔・シモツキ[/*笑い /話す]:
 あら、いい心がけじゃない♪
 あなた見どころあるわよ。
 
 で、何読んでるの?
 絵本? 童話? おとぎ話?
 あ、そうだ!
 あたし達、今ちょっと心に関して
 調べてるんだけど、あなたは
 自分で心を持っているって思う?
 
 ぶっちゃけ、あなたにもあたしにも
 心はあるんだけど、それがどこに
 有るのか調べるのよね。

DEMの冒険家が「うなずく」モーション。

DEMの冒険家[/話す]:
 はぁ、心ねぇ……。
 俺には心がある、そう信じてる。
 ただ、どう説明したもんかね?
 
 あと、今読んでるのは冒険活劇だ。
 ここではない世界を舞台にした
 いわゆるファンタジーものだな。
 すごいぜ。作者名はわからんが、
 モーグ炭じゃなくて、火をつけると
 燃える水が燃料になっている世界で
 飛んだりはねたりするのさ。
 話の展開は陳腐かもしれないけど、
 謎の暗号と追われる少女、それを追う
 悪の組織、危機一髪で現れるヒーロー。
 
 見たこともない世界、
 聞いたこともない冒険。
 そんなものに憧れて、俺はこんな
 かっこで世界を飛び回ってる。
ミカ[/話す]:
 はー……。
 偏見やとはわかっとるけど、
 改めてDEMの人からそーゆーことを
 聞くと、感慨深いなぁ。

DEMの冒険家がシモツキたちに向き直る。

DEMの冒険家[/話す]:
 俺だって、最初はなんだか
 さっぱりわからなかったさ。
 元々、俺はドミニオン世界で
 生産されたんだが、初の任務で
 誰かの忘れものらしい本を
 拾っちまってな。
 今になって思えば、子供向けの
 簡単な内容の本だったよ。
 遊びほうけている音楽家の虫と、
 真面目に働いている働く虫と
 人生について語り合ったり、
 馬鹿にしたり助けてもらったり。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 あたし、知ってるわ!
 あの本、大好きなの。
 でも、働き者の虫はもうちょっと
 音楽家の虫を苦労させてもいいんじゃ
 ないかなー、なんて思ったわね。
DEMの冒険家[/話す]:
 あぁ、それは俺も思った。
 もっと効率よくしろよ、とかね。
 
 ただ、その本を捨てることは
 できなかった。必要ないものなのに、
 なぜか捨てられなくて、次に
 出撃した時も本を探すようになった。
 本の中には、俺の知らない色々な
 奴らがいて、俺の知らないことを
 考えて、泣いて、笑っていた。
 
 友達とか、ライバルとか、
 俺が全く知らない言葉が、
 彼らの話が、頭から離れなかった。
 そんなことだから、自分が
 イレギュラーと判断されそうに
 なっていることは理解できて、
 必死こいて逃げ出して……
 色々幸運が重なって、なんとか
 今ここにいる、ってわけさ。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 うんうん♪
 そうでなくっちゃ!
 おとぎ話や、物語はそういうものなの。
 楽しいし、面白いし、それに、
 みんなを幸せな気持ちにできるしね!
 おとぎ話や童話は、人間じゃない
 動物や植物、虫や道具にも
 顔や言葉や性格をくっつけちゃうの。
 普通に考えれば、ありえないわよね?
 
 でも、お話の中ならなんでも有り。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 それはね、お話の中の動物や
 虫や道具がしゃべったり笑ったり
 するのは、あなたがそう思うから。
 音楽家の虫も働き者の虫も、
 本当は音楽家でも働き者でも
 無いのかもしれないの。
 無いかもしれないの。
 でも、あたし達はそこに「音楽家」
 とか「働き者」という姿を映し出すの。
 あの虫はきれいな音で鳴くから
 音楽家に違いない。あっちの虫は
 ずっと荷物を運んでいるから働き者。
 そんな風に、人の心を当てはめて
 まるで人であるかのように語るのが、
 物語の持つ不思議な力。

ミカがシモツキに向き直る。

ミカ[/話す]:
 なんや、シモツキ、普段とは
 ちょっと雰囲気違うなぁ。
 ……でも、その話はステキやね。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そりゃそうよ!
 あたしはおとぎ話の守護魔だもの。
 冬の長い夜。外に出られない子供たちは
 お父さんとお母さんにお話をせがむの。
 怖い話、楽しい話、怖いオオカミも
 優しいおばあさんも、みんな一緒。
 次のお話はどんなのだろう?
 この話は一体どうなっちゃうんだろう?
 心がドキドキして、不安も期待も
 ごっちゃ混ぜになって始めるような、
 そんな楽しい時間の中で、
 あたし達は自分がオオカミになったり、
 狩人になったり、主人公の女の子に
 なったりしてもいいの!
 自分は一人しかいないけど、
 そんなお話の中で色々な人になって、
 あたし達は他の人が何を考えているか、
 どんなことをされたら楽しいか、
 何をしてはいけないか、そんなことを
 なんとなーく理解していくの。
 いわば、自分が主人公の物語を
 いわば、自分が物語の主人公を
 始めるための準備運動?
 まぁ、そんな難しい事考えるのは
 ロウゲツのおっさんに任せるけどね!
DEMの冒険家[/話す]:
 準備運動ね……お嬢ちゃん、
 いいこと言うじゃないか。
 
 俺はそういう意味で言うと、
 まだまだ準備運動が必要だな。
ミカ[DEMの冒険家に向き直る /話す]:
 や、でもいー話聞けたで。
 そっちの兄さんもおおきに。
 これで、オートメディックはんの
 質問に対する答えはでたんと
 ちゃうかな?
 
 アップタウンにもどろか?

暗転。明けると、シモツキとミカはいない。
DEMの冒険家が本棚に向き直る。

DEMの冒険家に話しかける↓

DEMの冒険家[プレイヤーに向き直る /話す]:
 なんかの役に立つかはわからんが、
 物語だけじゃなくて、色々と
 知識をため込むのは楽しいな。
 
 あぁ、それにしても、色々な冒険の
 話を読んでいると、またどこか
 見知らぬ景色を見に行きたくなるね。
 まだ見たことのない景色、
 まだ会ったことがない人たち、
 良いことも悪い事もひっくるめて、
 この世界はまだ俺の知らないことで
 満ち溢れてる。
 
 ……こーいうの、楽しいよな。
 ところで、君はなんで冒険者に
 なったんだい?
 いつか、君の話を聞かせてくれよな。

ホログラフに話しかける↓

[/話す]:
 ……
 (……なんで……?)
:
 誰かの声が聞こえたような
 気がしたのだが……。
 
 そっぽを向いてしまった。
 話しかけても反応しない。

ミカに話しかける↓
ミカがプレイヤーに向き直る。

ミカ[/話す]:
ミカ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 うーん……そやな。
 いろんな人がおって、
 いろんな人生があるけど、
 お話を読む、っちゅーのは
 他人の人生を追体験するような
 気分になれるもんなんやな。
 ま、現実に戻らなあかんのは
 しゃーないけど、確かに
 小さいころ、姉やんにおとぎ話を
 せがんだこともあったなぁ……
 
 忘れとったけど、うちにも
 そんな時分があったんやなぁ。
 さて、遅れんうちに戻らんとね。

→アップタウンへ。

シモツキに話しかける↓

守護魔・シモツキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 えへへ♪
 やっぱ、お話の力はサイキョーね♪
 
 DEMには心が無い……なーんて
 誰か言ってたけど、そんなこと
 ちっともないじゃない!
 お話でワクワクドキドキできて
 幸せな気分になれるんだもの。
 きっとこれなら、大丈夫。
 
 オートメディックも納得して
 最後の材料を教えてくれるに
 違いないわ!
 さ、戻りましょ!

→アップタウンへ。

ミカ(ネコマタ)ルート [edit]

アップタウン [edit]

シモツキかミカに話しかける↓
シモツキとミカがプレイヤーに向き直る。

ミカ[/話す]:
 さて、早速やけど、
 ツテあたってみたら
 ちょーどええ感じで
 マイマイに行くやつがおったで。
 便乗させてもらうために
 色々値切ったんで、な、なんと!
 三人まとめて、往復で!
 1000ゴールドぽっちで
 マイマイ島にご案内や!
 
 ……ま、その分護衛や
 荷物運びの雑用もあるけどな。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 あ、あれーっ!?
 ミカ、どーせなら個人所有の
 すっごい飛空庭貸しきって
 優雅なクルージング……
 とかじゃないの?
ミカ[/話す]:
 そりゃー夢見すぎやで……
 1000ゴールドぽっきりで
 マイマイ島にいけるなんて、
 信じられないくらいの
 お値打ち価格なんやで?

※ネコマタ(山吹)、ユニオンペット装備又は所持時、選択肢の前に台詞変化。後述。

選択肢

どうする?
 >少し考えさせて
 >アミスの飛空庭にのぼる
 >1000G払ってマイマイ島へ行く

>少し考えさせて→会話終了。

>アミスの飛空庭にのぼる
→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」>アミスの飛空庭にのぼる に同じ。

>1000G払ってマイマイ島へ行く↓
※1000Gない場合

ミカ[/話す]:
 おおっと、まぁないもんは
 しゃーないなぁ。
 1000ゴールド必要やさかい、
 なんとかうまい事調達してきてや。
 あんじょうよろしゅうな~

>1000G払ってマイマイ島へ行く↓

ミカ[/話す]:
 よっしゃ、毎度あり!
 ……って、うちが売ってるわけや
 ないんやけど、まぁ、つい……
 さて、商売は速度や!
 マイマイ島まで早速いくで!

→マイマイ島へ。

※ネコマタ(山吹)を装備していると、上述※印部分で台詞変化があります。

:
 (△△が
  一歩進み出た)
 にゃにゃん、にゃん?
 にゃーん?
ミカ[/話す]:
 お、ほんま?
 それが本当なら、それをもとに
 もう一度交渉できそやな。
 ちょいまっとき!

暗転。明ける。

ミカ[/話す]:
 上手くいったでー♪
 値切りに値切って、荷運びの
 手伝いするだけでお値段チャラ!
 お得やでー!

選択肢

どうする?
 >少し考えさせて
 >アミスの飛空庭にのぼる
 >マイマイ島へ行く

>少し考えさせて→会話終了。

>アミスの飛空庭にのぼる
→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」>アミスの飛空庭にのぼる に同じ。

>マイマイ島へ行く↓

ミカ[/話す]:
 よっしゃ、毎度あり!
 ……って、うちが売ってるわけや
 ないんやけど、まぁ、つい……
 さて、商売は速度や!
 マイマイ島まで早速いくで!

→マイマイ島へ。

※ネコマタ(山吹)を所持(装備していない)していると、上述※印部分で追加台詞が入ります。

:
 (かばんの中で、ペットの誰かが
  もぞもぞと主張している。
  外に出たい子がいるようだ……)

→選択肢「どうする?」へ

※ユニオンペットを装備していると、上述※印部分で台詞変化があります。

:
 (△△が
  一歩進み出た)
ミカ[/話す]:
 お?
 ……あんさんが持っとるのは……
 これ、ええんか?
 
 そっかー……
 ええ相方もっとるなぁ。
 よっしゃ、まっとき!

暗転。明ける。

ミカ[/話す]:
 上手くいったでー♪
 値切りに値切って、荷運びの
 手伝いするだけでお値段チャラ!
 お得やでー!

選択肢

どうする?
 >少し考えさせて
 >アミスの飛空庭にのぼる
 >マイマイ島へ行く

→以下同様。

アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはシモツキのみ。
守護魔・シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 ○○、
 詳しくはわからないけど、
 マイマイ島への旅行のために
 1000ゴールドいるんだって!
 あたしのおこずかいじゃとても無理
 だから……まかせたわよ!

アップタウン [edit]

マイマイ島でログアウトすると、次回アップタウンにログインする。
シモツキ、ミカに話しかける↓

シモツキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 さぁ、さっそくマイマイ島へ
 出発するわよ!!
 
 ……あ、もしかして学校に
 何か用があったりする?

選択肢

どうする?:
 >少し考えさせて
 >アミスの飛空庭にのぼる
 >マイマイ島へ行く

>アミスの飛空庭にのぼる
→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

>マイマイ島へ行く
→台詞なしで、マイマイ島へ。

アミスの飛空庭 [edit]

一度マイマイ島へ行った後は台詞が変化。
守護魔・シモツキに話しかける↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 ○○、
 準備はできた?
 早くいきましょ?
 
 って、ミカの奴どこ行ったの?
 ……ははぁ、下ね!
 こっちから迎えに行きましょ?

マイマイ島 [edit]

発着場傍にミカ。
ミカに話しかける↓
ミカがプレイヤーに向き直る。案内矢印が出る。

ミカ[/話す]:
 はー、ついたついた。
 そーいや、なんか出る前に
 バルルに相談したら、
 「じゃぁ、かーちゃんに
  話しておきます」って
 ゆーとったけど……
 
 とりあえず、それっぽい人影は
 どこにも見えへんね?
 なんか森も静かやし、
 襲われる危険も低そうやから
 今のうちにどんどん進むで!

ホログラフ?(名前表示なし)に話しかける↓

:
 ……
 (ぷいっ)
 そっぽを向いてしまった。
 話しかけても反応しない。

森の最初の分かれ道にシモツキ。
シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る。案内矢印が出る。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あっつーい!
 森の中は日差しが少しは
 減るからいいけど、
 虫に刺されるし、暑いし、
 もうなんとかしなさいよー!
 はぁ……早いところ
 キカイが心を持つことを
 解き明かさないとね!
 あたしの右手がある方の先に、
 マイマイ遺跡があるみたいよ!

進んだ先、遺跡の欠片の前にDEMの冒険家。
DEMの冒険家に話しかける↓
DEMの冒険家がプレイヤーに向き直る。
暗転。明けるとミカとシモツキがいる。

DEMの冒険家[/話す]:
 ……おや、どちら様?
 この秘境マイマイ遺跡に
 ずいぶんと身軽な子が
 来てるもんだね?
 
 ……何、俺の恰好が珍しい?
 あぁ、俺はDEMだから、
 見る人が見ると目立つかもね。
ミカ[/話す]:
 お、噂をすれば何とやら。
 いきなり噂の本人にご対面や!
 
 あ、別に追手とか借金取りとか、
 そーゆー物騒なもんじゃないから
 安心してーな。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そう、あなたを探してるのは
 このあたし達よ!
 今見つけたから目的達成!
 ……あれ?
ミカ[/*怒り1 /話す]:
 終わってどうすんねん
 このあほーっ!?
DEMの冒険家[/*笑い /話す]:
 はっはっは、おいおい、
 こんな遺跡にやってきて
 コントを見るとは思わなかったよ。
 
 と言うか、君たち誰?
 ……は?
 キカイに心があるかないか?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そう、知り合いの子が
 そこで悩んでるから、
 ずばばーん!っと解決して
 あげるためにここまで来たの!
ミカ[/話す]:
 まぁ偶然なんやけど、
 DEMで冒険家なんてゆー珍しい
 人の話を聞いたんでな?
 あんさんに話きーたら、なんぞ
 ヒントになるものがわかるかな……
 とまぁ、そう考えたわけや。
 なんで、まぁ諦めてスパッと
 色々話を聞かせてもらえると
 嬉しいんやけどな?
DEMの冒険家[/話す]:
 そうだなぁ……。
 まぁ、自慢できるようなもんじゃ
 ないんだけど、聞かれたからには
 お答えしようじゃないか。
DEMの冒険家[/話す]:
 とはいっても、心とはなにかとか
 あまり小難しいことはわからないぜ?
 俺はまぁ見ての通りDEMだ。
 生まれはドミニオン世界で、
 色々あって、イレギュラーとして
 破棄される前に逃げ出したのさ。
 
 なんでイレギュラーになったか
 なんて言われても、俺だってそれは
 誰かに聞いてみたいところだ。
 まぁ、一番初めのきっかけは
 なんとなくわかる。
 一番初めの任務で、本を拾ったんだ。
 今になってみれば、子供向けの
 ちゃちな内容だったんだけど、
 そんなものを見たのが初めてでな?
 本来は任務に必要ないものだから、
 拾う必要もないし、拾う事もない。
 だけど、なんとなく捨てられなくて
 こっそり持って帰った。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 結構はしたないわね。
 でも、本を大事にするのは
 とってもいい事よ!
 ほめてあげる!
ミカ[/話す]:
 なんか役に立つかも、って考えて
 なかなか荷物が捨てられへんのは
 商売人の性やなぁ……。
 や、農家の人とかも大差ないけどな。
DEMの冒険家[/話す]:
 その後も任務の途中でこっそりと
 抜け出しては本を探したよ。
 この世界の文字は読めるように
 セットされていたから、内容を
 理解するのは簡単だった。
 
 で、俺の人生をひっくり返す本に、
 もうタイトルも覚えちゃいない。
 けれど……冒険活劇に出会った。
 一人の男の子が、冒険家だった
 父親の跡を継いで、世界で誰も
 乗り越えたことがない、でっかい
 壁みたいな山を越えるんだ。
 
 家族は心配する、友達はバカにする、
 世間知らずの未熟な男の子は
 冒険の中でいろいろ苦労もして、
 いつの間にか一人前になっていく。
 なんで読むのが止められないのか、
 俺には分からなかったよ。
 でも、残念ながら俺が見つけた本は
 途中で終わっていて、
 その結末はわからなかったんだ。
 
 ……すっげー困ったよ。
 続きが知りたい、こいつらこの後
 どうなるのかわかんないし、
 あの山の向こうに何があるのかも、
 この話の結末も、少年のその後も、
 どれもこれも分からないことばかり。
 
 だから、決めたんだ。代わりに、
 自分でその結末を見に行こうってな。
ミカ[/話す]:
 もしかして、あんさん。
 そのために……
DEMの冒険家[/話す]:
 あっはっは、なんだかもう、
 居ても立ってもいられなくってな。
 部隊から逃げ出して、追いかけられて
 色々あってこの世界に逃げてきた。
 
 今になってよく考えりゃ、
 それも大冒険だったよなぁ……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ねぇ、ミカ。
 ○○も。
 もしかして、こいつすごい奴だけど
 実は単なるおバカさんなの?
DEMの冒険家[/話す]:
 まぁまぁ、我ながらバカなことを
 しているとは思ってるんだ。
 ……しっかしなー。
 今までの話って、俺の個人的な
 体験でしかないからさ。
 心が云々ってやつにはあまり
 お役には立てないかな?
ミカ[/話す]:
 うんにゃ、そーでもないで。
 あんさんの感じたこと、
 思ったこと、その他もろもろは
 ぜーんぶ、心の話や。
 うちも心がなにかとか、
 難しい話はよーわからんけど……
 心、ちゅーのは自分の中の
 どっかからいつの間にか
 ひょっこりと顔を出してるんよ。
 うちら姉妹はネコマタいうてな、
 信じてもらえへんかもしれんけど、
 元はネコなんよ。
DEMの冒険家[/話す]:
 え?
 お、おい!
 ネコってあの記録上に残っている、
 はるか過去に絶滅したアレか?
 ……ははは、すっげぇな。
 伝説の生き物がヒトに化けて
 わざわざ会いに来るなんて、
 冒険家として本望だよ。
ミカ[/話す]:
 で、まぁもともとネコちゅーのは
 人間のかっこはしとらんねん。
 でも、相方……まぁ、ご主人と
 長い事一緒にいて、ご主人と
 もっと一緒にいたいわぁ~♪
 思うと、こんな姿にもなれるんよ。
 
 わけわからんやろ?
 でも、そんなもんなんよ。
 DEMのあんさんが、冒険したいって
 思ってたらいつの間にか脱走する
 羽目になったのも。
 うちらネコマタがご主人さんと
 一緒にいたくてこの姿になったのも、
 何かをしたい、何かになりたいって
 そう強く思ったからやんか。
 好奇心かもしれん、欲求かもしれん。
 感情かもしれんし、なんかもっと
 よーわからんもやもやしたもんかも
 しれんのやけど、それってみんな、
 自分の中から出てきたものやね。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そうね……
 本を読みたい、続きが知りたい。
 夜ふかししたい、おしゃべりしたい。
 原因は外にあるかもしれないけど、
 そうしたいって言う心は
 自分の内側から出てくるわね。
DEMの冒険家[/話す]:
 ……そうだなぁ。
 確かに、きっかけは冒険活劇を
 読んだことが一番初めだ。
 でも、それが面白いと思ったのも、
 続きが気になってたまらないのも、
 冒険に出たくなったのも、
 全部自分が感じて、
 自分で決めたこと、だな。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 うん。いいじゃない!
 これでオートメディックの
 悩みもイチコロね!
 
 さぁ、早くアップタウンに
 戻りましょ!

暗転。明けると、ミカとシモツキがいない。

DEMの冒険家に話しかける↓

DEMの冒険家[-]:
 いやはや。
 世界は本当に広いなぁ……
 まだ見たことのない景色、
 まだ会ったことがない人たち、
 良いことも悪い事もひっくるめて、
 この世界はまだ俺の知らないことで
 満ち溢れてる。
 
 ……こーいうの、楽しいよな。
 ところで、君はなんで冒険者に
 なったんだい?
 いつか、君の話を聞かせてくれよな。

シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 冒険する心、ねぇ……
 お話の中ではちょくちょく見たけど、
 本当に冒険に飛び出した人は
 あなたたちみたいな冒険者以外
 なかなか見ないわね。
 でも、素敵じゃない?
 冒険の話を読んで、
 自分で冒険したくなったんでしょ?
 それも物語の力なのよ、
 えっへん♪
 
 さぁ、ミカを待たせてるから
 とっとと帰りましょ?

→アップタウンへ。

ミカに話しかける↓
ミカがプレイヤーに向き直る。

ミカ[/話す]:
 おつかれやー♪
 や、おもろい奴やったなー。
 自分の内側から、こうしたい!
 ってー気持ちがわき出てしもたら
 まー仕方ないなぁ。
 あれもまた一つの
 心のありかたなんやねー。
 
 さって、ほな、早いところ
 アクロポリスにかえろっか?

→アップタウンへ。

ホログラフ?に話しかける↓

:
 ……
 (……なんで……?)
 誰かの声が聞こえたような
 気がしたのだが……。
 
 そっぽを向いてしまった。
 話しかけても反応しない。

アップタウン [edit]

中央西噴水前にシモツキとミカ。
シモツキかミカに話しかける↓
シモツキとミカがプレイヤーに向き直る。案内矢印が出る。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 よっし、帰ってきたわよー!
 さっそくオートメディックに……
 
 ……って、あの子どこにいるって
 言ってたんだっけ!?
ミカ[/話す]:
 ちょ!?
 シモツキ、おどれもう忘れたんかい!
 ギルド元宮や、ギ・ル・ド・元宮!
 まぁ、どの階にいるかは見当つくで。
 このミカさんに任せとき!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ん。じゃぁ、ギルド元宮に入ったら
 ミカに話を聞けばいいのね?
 なんだ、簡単じゃない♪

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはシモツキのみ。
守護魔・シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 ○○、
 ギルド元宮に行きましょ!
 オートメディックはそこにいるって
 ミカが言ってたわ!

ギルド元宮ロビー1F [edit]

ギルド元宮ガイドの反対側辺りにミカ。
ミカに話しかける↓

ミカ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 お、きたきた。
 はよ5階にあがろうやん?
 このサー・ミルドレッド……
 あれ、なんやっけ?
 あーもう、自分でも忘れてもーた!
 とにかく!
 5Fで待ってるオートメディックはんの
 とこまで、びゅーんっといくで!

選択肢

オートメディックに会いにいこう
 >あとでいい
 >すぐに行こう

>あとでいい→会話終了

>すぐに行こう↓

ミカ[/話す]:
 よっしゃ、いこか!
 待っとれよ、
 オートメディック!

→ギルド元宮ロビー5Fへ移動。

ギルド元宮ロビー5F [edit]

???の部屋入り口の向かって右側にオートメディック、シモツキ、ミカ。
シモツキ、ミカ、オートメディックに話しかける↓
オートメディックがプレイヤーに向き直る(ミカかシモツキに話しかけた場合は話しかけたキャラクターも向き直る)。

オートメディック[プレイヤーに向き直る 蔑み]:
 ……来た、のね。
 本当に、調べに行くなんて、
 思ってもいなかった……。
 
 答えの明確ではないものを探して、
 嘘をつくわけでも、ごまかすでもない。
 なんで、そんなことができるの?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 あったり前じゃない!
 約束はできる限り守るわよ!
 出来ないときは謝るけど!
ミカ[/話す]:
 商売の本道は誠実に、
 正面からあたるのが一番ええんよ。
 まぁ、ちゅーわけであんさんの
 気になっていることについて、
 色々調べてきたで~♪
オートメディック[/話す]:
 わかったわ……約束通り、
 最後の材料の場所を教えるわ。
:
 オートメディックは、そういうと
 懐から小さな一束の花束を取り出した。
 
 薄黄色と白の二色の花が、
 まるで金と銀の飾りのようにも見える。
オートメディック[/話す]:
 ……これが、最後の材料……
 来る途中に、偶然採取してた。
 
 終わったんだし、
 ……学校に戻りましょう。
ミカ[/話す]:
 ちょいまちーな!
 なんであんさん、うちらを
 試すような真似したん?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そうよそうよ!
 急ぐのは確かだけど、
 このままじゃ納得いかないわ!
オートメディック[/話す]:
 ……信じられないから、試した。
 それだけじゃ、足りない?
 それとも、アタシにわからない
 アタシのこと……
 アタシがどうしたらいいか、
 教えてくれるの……?
 
 生まれてしまった心を、
 どうしたらいいか、
 わからないの……
 わからない……
 アタシは、心や、魂が、
 何なのかわからない。
 だから、信じられない……
:
 そう言うと、オートメディックは
 ぽつりぽつりと話し始めた。

BGMが深淵のものになる。

オートメディック[/話す]:
 初めて感情というものを認識したのは
 エミルの使用している暦で言う、
 去年の12月。
 兵器として生産され、兵器として
 運用されること以外に意味を持たない
 アタシは、「ココロ」を持ち裏切った
 「イレギュラー」の存在を知り、
 ……「許せない」、と思った……。
 それが、すべての始まり。
オートメディック[/話す]:
 「敵を探知したい」「貢献したい」
 「同期を壊されたくない」
 アタシの主な役割は敵を見つけ、
 破損した仲間を修理すること。
 それ以外は考える必要もない事なのに、
 考えることを止められなかった。
 ……明確な、バグの発生。
 アタシは、イレギュラーだった。
 不良品は解体される運命。
 ……次に感じたのは「恐怖」。
 「壊されたくない」と思った。
 そして、疑問を感じた……。
 
 人型のDEMは、ヒトを模造し、
 ヒトに準じた生命とも呼べる存在。
 でも、アタシたちは違う。

オートメディックがモンスター形態になる。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 それが……あなたの元の姿?
 ……ちょっと、鳥みたいね。
ミカ[/話す]:
 ……DEM側の自律兵器。
 そん中でも、後方支援にあたる
 医療タイプの子やったんね……

オートメディックが人間形態になる。

オートメディック[人間形態になる /話す]:
 アタシは……アタシ達は、
 特化した機能を持った
 道具として作られた機械。
 「生きている」とは違うはず……
 なのに、「何が違うんだろう」
 と、思ってしまった……。
 そんなとき、アタシはこの姿になった。
 ……このカタチは、DEMとも違う。
 ほとんど生き物の部品で出来た、
 紛れも無い生き物のカラダだった。
 「嬉しい」と思った……
 なんでかは、今でもわからない……。
 役に立てるかもしれないと、
 思ったのかもしれない。
 自分はイレギュラーではないから、
 壊されないと思ったのかもしれない。
 同期も喜んでくれると、思って……。
 嬉し過ぎて、このことを報告、
 して、しまった……。

BGMがDEMチュートリアルのものになる。

オートメディック[/話す]:
 アタシは調査対象にされた。
 人型DEMと違う生産ラインから
 発見された初めての「ココロ」……
 イレギュラーの可能性だったから。
 
 心は取り外すべき危険なパーツ。
 裏切り者を生み出す、大きなリスク。
 そこまで、わかっているのに
 いくら探しても見つからなかった。
 いくら電流を流しても、
 いくら分解して探しても、
 いくら感情を掻き立てても、
 いくらパーツ単位で調べても、
 いくら痛くて辛いことをされても、
 
 どこにも、それは見つからなかった。
ミカ[/話す]:
 で、電流?
 分解!?
 い、いくら機械やからって
 そんなこと……
オートメディック[/話す]:
 アタシは貴重な研究対象だったから、
 壊さないように注意されていたけど……
 
 アタシと同時期に作られた
 オートメディック達は、比較のために
 分解され、パーツ単位で調べられ、
 全部溶かされて……それでも、
 心なんてものは見つからなかった。
 溶かされて消えた同期たちは
 何も言わずに消えていった。
 怖いとも、嫌だとも……憎いとも。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 なんで!
 なんでそんなことされて
 あなた黙ってるのよ!
 せめて逃げ出しなさいよ!
オートメディック[/話す]:
 研究が進めば、きっと
 イレギュラーが発生しなくなる。
 敵が減れば、仲間が壊されることも
 きっとなくなる……
 
 そう、考えていた。
 そう、考えていたはずなのに……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ……なんで。なんで、
 そうなっちゃったのよ……
オートメディック[/話す]:
 仲間に貢献出来ているはずなのに、
 心はそれを嬉しいと思わないで
 苦しくて、悲しくて、逃げたくて……。
 
 心なんか消えてしまえばいいって
 何度も何度も思った。
 キエロキエロ、と思うほどに
 心はどんどんうるさくなった。
 何度叫んでも掻き消えなかった。
 心はアタシを何度泣かせても
 怒らせても消えなかった。
  
 心、ココロ、こころ、それは何?
 アタシは心があるから怖く感じるの?
 仲間たちは心を持っていないから
 分解されても溶かされても
 何も感じないの?
ミカ[/話す]:
 あんさん、そんなに自分を
 責めたらあかん……
 あかんのや……
オートメディック[/話す]:
 消えてしまうのは、怖い。
 でも、心があるのも怖い。
 心なんて無くてよかった。
 
 でも、もう戻れない。
 心がどこにあるかわからないし、
 その、機械の中の幽霊を
 消し去ることもできないなら。
 アタシが消えるしかない。
 ……そこに、あの「アルマ」が
 どこからともなく現れた……。
 
 「そこまで要らぬと言うのなら
 その魂、余に預けるのはどうだ?」
 何を言っているのか、
 理解できたわけじゃなかった。
 ……楽になれるなら、
 何だっていいと思った……。
 ソイツも、アタシの同類だって
 ……アルマだって言っていた。
 ソイツから、いろいろ教わった。
 
 ソイツはアタシを外へ連れ出して、
 このエミルの世界に連れてきて、
 勝手にどこかへ行ってしまった……。
 あの学校に行ったのも、
 そこに行けって教えられたから。
オートメディック[/話す]:
 ……ねぇ、教えて。
 アンタたちは生まれたときから
 心を持っているんだろ……?
 いくら探しても、心も、魂も
 見つけることが出来なかった。
 なんでアンタ達は見えないものに
 心なんて名前を付けて、
 それを信じることができるの?
 
 アタシにはわからない。だから、
 心を信じることができない……
 教えて……教えてよ。
 心って何なの?
 ずっと、ずっとわからなくて、
 心がわからなくて、
 どこかわからない部位が
 ザワザワするの……
 不快で! 止まらなくて!
 わからないの……っ!!

BGMがウェストフォートのものになる。

ミカ[/話す]:
 ……約束やからな。
 うちらから答えとくで。
 ただ、なぁ……
 なぁ、シモツキ、
 ○○はん。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そうね……
 オートメディック、あなたは心を
 持っているわ。それは間違いないし、
 あなた、もうわかってるじゃない。
 心が、どこにあるか、ってこと。
オートメディック[/話す]:
 わかって……?
ミカ[/話す]:
 そや。
 結果はきついことになったかも
 しれんけど……あんさん、自分で
 いうたやんか。
 「嬉しい」「役に立てるかも」
 「貢献したい」「喜んでもらえる」
 これ全部、あんさんの心の中から
 出てきたもんやないか。
 あまりええもんではないかも
 しれんけど、あんさんの感じた
 「苦しい」「悲しい」ちゅー感情も
 心の中から出てきたんよ?
 
 原因は外側にあるけれど、
 「逃げたい」とか「喜んでほしい」
 なんていう心は、自分で願わなければ
 どこからも出て来やしないんや。
オートメディック[/話す]:
 感情が……心の中から、
 出てくる……?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 あと、あなた言ったわよね。
 自分のせいで仲間が……って、
 罪悪感を感じたんでしょ。
 仲間がいなくなっちゃって、
 悲しかったんでしょ。
 だから、消えたいって思ったんでしょ?
 
 それは、あなたの心が、そこに
 心を見つけていたからなの。
 そりゃ、悲しいことだし、
 正直やってらんないし、あたしが
 どうこう言っても元に戻るわけも
 無いんだけれど……
 
 あなたは、いなくなってしまった
 仲間たちが、自分と同じように
 物事を感じたら怖かっただろうな、
 辛かっただろうな、って思ってるの。
 分解されて、溶かされたのが
 あなたの仲間じゃなくて、
 街にあるごみ箱だったら、
 あなたはそんな悲しい気分になる?
オートメディック[/話す]:
 ……ゴミ箱は、仲間じゃないわ……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そう!
 あなたは、あなたの仲間に
 自分と同じように心があると思ったの。
 あなたの心はね、その時、
 あなたの仲間の所にあったの。
 
 そういう意味では、あなたの仲間には
 その時は心があったのよ。
オートメディック[/話す]:
 アタシの心が、仲間の所に?
 自分の中にあるんじゃない?
 どういうこと……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ねぇ、オートメディック。
 今あたしがバナナの皮を踏んで
 すっ転んで怪我したら、
 あなたどう思う?
ミカ[/話す]:
 まずは指さして笑う。
 そっからケガの心配する。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 もぅ!
 ミカには聞いてないわよ!
オートメディック[/話す]:
 ……くす。
 
 ええと、怪我したら……
 痛そうだな、って。
 後は、どう治療するか考える……?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そう!
 それよ、オートメディック!
 あなたやっぱり優しい子ね!
 ミカとは大違いよ!
ミカ[/話す]:
 そりゃぁ、まずは笑いを取るのが
 芸人ってもんやん?
 シモツキがちゃんとツッコミ入れたから
 オートメディックはんもちゃんと
 笑ってくれたやんか♪
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そ、それはあたしが天才守護魔だから、
 掛け合いだって完璧なのよ!
 それはともかく!
 あたしが言いたいのは、
 オートメディックが怪我をしたあたしを
 想像して「痛そう」って感じるのは、
 オートメディックがあたしに対して
 「あれが自分だったら痛いんだろうな」
 ……って感じてくれた、ってことよ!
 よく考えてみて。
 あたしはオートメディックじゃないし、
 逆もまた同じ。
 あたしが怪我しても、あなたも一緒に
 怪我をするわけじゃないわよね?
オートメディック[/話す]:
 うん……それはそう。
 でも、痛そうと思うのは事実。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そう、そうなのよ。
 そう思った時、あなたの心は
 あたしになってるの。
 
 あたしがさっきあなたの話を聞いて
 怒っちゃったのも同じ。
 あたしがあなたの立場だったら
 すごく悲しいし、辛いもの。
オートメディック[/話す]:
 ……!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 オートメディック、あなたはもっと
 おとぎ話とか、童話とか読むと
 いいと思うわよ?
 
 他人の立場になって心配したり、
 応援したりできることって、すっごく
 立派で大事なことなの!
 だから、あなたの心は立派なの。
 今まではあんまりいいことが
 無かったかもしれないけど、
 これからは別よ!
ミカ[/話す]:
 おーい、シモツキ。
 うちの出番あんまとらんでーな。
 うちかてちょっとはかっこつけて
 ええこと言っておきたいやん♪
 さっきも言ったけど、心ってのは
 自分の内側から勝手に出てくるんよ。
 一緒にいたい、旨いもん食べたい、
 冒険に出たい、本の続きが読みたい。
 
 あんさんが「許せない」って思ったのも
 自分たちを裏切った奴がいて、
 そのせいで自分の仲間が危ないって、
 そう思ったからなんやろ?
 そもそも……
 「信じられないから試す」なんて、
 不安やからそうゆーたんやろ?
 不安を感じるのは、心があるからや。
 あんさん、とっくに心の在りかを
 わかっとるんやで?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そうそう。
 不安だったのか、心配してくれたのか、
 その後ろの子をわざわざ見張りに
 つけてくるなんて心配性よね?
ミカ[/話す]:
 うちらを騙そうとしているようには
 見えへんかったからねぇ。
 で、うちらは言いたいこと言ったし、
 最後はあんさんに決めてもらおか?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 そうね♪
 ○○は
 今回いろんなところで
 頑張ってくれてるけど、
 まだオートメディックとは
 あんまり話してないものね。
 オートメディックが
 あの花を持ってきたことに関しては
 あなたにお任せするわよ♪
オートメディック[/話す]:
 え……
 花って、この薬草の事?
ミカ[/話す]:
 なんで自分がその花を持ってきてるか、
 本気で気が付いてへんのかな……?
 ま、ええわ。
 ○○は
 オートメディックに教えたってや♪

選択肢

何故、その花を?
 >花が寂しそうに見えたからでは?
 >花が薬草だと知っていたからでは?
 >花をきれいだと思ったからでは?

>花が寂しそうに見えたからでは?↓
BGMが聖堂のものになる。

オートメディック[-]:
 花を見て「さみしそう」と思えるのは、
 自分がさみしいと感じられるから、
 そして感じられたからではないか
 ……と、説明した。
オートメディック[/話す]:
 アタシが……
 これが……心……

→以下共通。

>花が薬草だと知っていたからでは?↓
BGMが聖堂のものになる。

オートメディック[-]:
 薬草だと知って摘んでいたのは、
 なおかつ今まで保管していたのは、
 自分に誰かを助けたい、役に立ちたい
 という気持ちがあるからではないか
 ……と説明した。
オートメディック[/話す]:
 アタシが……
 これが……心……

→以下共通。

>花をきれいだと思ったからでは?↓
BGMが聖堂のものになる。

オートメディック[-]:
 役に立つ、立たないなんてことを考えず
 花を見て「きれい」だと思えるのは、
 最もわかりやすい心の証明ではないか
 ……と、説明した。
オートメディック[/話す]:
 アタシが……
 これが……心……
ミカ[/話す]:
 心を持つってのは、決して
 辛い事ばっかじゃないんよ。
 ええこともいっぱいあるし、
 花を見てきれいだと思えるだけでも、
 なんか、得した気分やろ?
 ……あー、うちにはやっぱ
 似合わんなぁ、こーいうセリフ。
 
 まだどっかうろついとる姉やんに、
 悪びれずにそんなことを言えるのが
 おるんやけどね。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 普通、心は明確な形があったり、
 どこかに取り外せるものじゃないけど
 自分でわかっていれば、
 怖いだけのものじゃないのよ。
 だってあなた、学校でアミス先生の
 看病をして、みんなに感謝されて、
 ちょっと困った顔してたけど……
 嫌だったわけじゃないんでしょ?
オートメディック[友達]:
 ……なんか、くすぐったい気分だった。
 でも、そう。
 あの人が倒れた時、助けたいって、
 そう、思った。
 みんなから感謝されて、
 よくわからなかったけど、
 少し、嬉しかった。
 ……学校に、帰る。
 みんなが、材料を持ってきたら、
 薬の調合を始める。
 
 一足、先に行く……

間。

オートメディック[感謝]:
 あの……
 ……試して、「ごめんなさい」。
 そして、「ありがとう」。
 心はまだ、よくわからないけど、
 心を感じることが出来て、
 アタシは……今、
 「幸せ」だと、思う……。
 生まれてきて、
 今、ここにいることができて、
 良かった……。

オートメディックの周りに煌き舞い広がる光。
暗転。

→アップタウンへ。

アップタウン [edit]

シモツキかミカに話しかける↓
シモツキとミカがプレイヤーに向き直る。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 オートメディックのお悩みも
 ドカーンと解決したし、
 後はアミス先生が元気になれば
 全部まとめて解決ね!
 ……ちょっと急ぎましょ?

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはシモツキのみ。
守護魔・シモツキに話しかける↓
シモツキがプレイヤーに向き直る。
暗転。明けると、ミカ、オートメディック、シーホース、サラマンダーがいる。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あたしがもどったわよ!
 オートメディックとミカと
 ○○も!
 
 あ、シーホースにサラマンダー、
 戻ってたのね!
サラマンダー[-]:
 おっかえりー!
 お、そっちはメカゴロリも
 一緒だったのか!
 帰ってきて見あたらないから
 心配したよー!
オートメディック[/*汗1 /話す]:
 メカ……ゴロ……?
 ……もしかして、
 それ、アタシなの……?
シーホース[-]:
 オートメディック様、皆様、
 薬の材料を集めてきました!
 他にも何人か、お見舞いをしたり、
 休憩されたりしていますよ。
ミカ[/話す]:
 よっしゃ、ぼちぼち材料も
 集まってきたようやね。
 んー、そやな。
 シーホースはん、サラマンダーはん、
 オートメディックはんのお世話、
 あんさんたちにお任せしまっせ。
サラマンダー[-]:
 ん?
 いいよー♪
 よろしくね!
オートメディック[/話す]:
 ミカ、アタシは別に、
 世話なんて……
ミカ[/話す]:
 この子な、元が機械やったから
 ご飯とか生活とか
 まだまだ慣れとらんのや。
 みんなに早く溶け込めるよう
 なれなれしーくしたってな。
シーホース[/話す]:
 あら、そうなのですか?
 オートメディック様……
 いいえ、メディちゃん。
 これからも同じ仲間として
 仲良くしてくださいね?
オートメディック[/*汗1 /話す]:
 あ……
 
 ……うん……
 よろしく……お願い、
 しま、す……。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 心を持ったアルマどうし、
 助け合うのも重要よ!
 特に、オートメディックはまだ
 心に慣れていないから、同じように
 最近心を持ったアルマの子たちの
 方がやりやすいと思うのよ。
 
 もー、あたしったら冴えてる♪
ミカ[/話す]:
 最初の発案はうちやんか……
 まったくもー……
 ま、ええか。
:
 (外でがやがやと物音がする。
  どうやら、他の皆も
  帰ってきたようだ)
オートメディック[/話す]:
 材料がそろい次第……
 薬の調合を、始める。
 ……アタシも、この学校の
 仲間になりたい。
 もう、仲間を失いたくない。
 それが……
 アタシの、心なんだ……!

オートメディックと絆の樹それぞれを中心に煌き舞い広がる光。

ミカ[/話す]:
 なんや?
 今、あの樹がキラキラっと
 光ったような……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ミカ、それよりも薬が先よ!
 さぁ、オートメディックは
 先に中に入ってて!
オートメディック[/話す]:
 ……色々ありがとう、
 シモツキ、ミカ、あと、
 ○○。
 治療が終わったら、
 渡したいものがある。
 ……アタシは、
 アンタ達を信じるって決めた。
 だから……、
 アタシを裏切ったら、
 絶対許さない……
ミカ[/話す]:
 ……ん。
 ちょ、ちょっとなんだか、
 今のオートメディックはん、
 目ぇすわってへんかった?

→プライベートルームへ。

アップタウン [edit]

プライベートルームでログアウトすると、次回アップタウンにログインする。
シモツキに話しかける↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あ、来た来た。
 オートメディックがさがしてたわよ?
 アミス先生、早く良くなるといいわね。
 ……あーっ、もう!
 なんかこういう雰囲気苦手!
 ……ちょっと急ぎましょ?

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

アミスの飛空庭 [edit]

シモツキに話しかける↓
暗転。明けると、イベント仕様。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 ○○、
 何やってたのよ!
 さぁ、先生のお見舞いに行きましょ?

→プライベートルームへ。

プライベートルーム [edit]

シモツキ、ミカ、オートメディックに話しかける↓

ぷるぷる[-]:
 あ……おかえり。
 材料、そろったの……?
オートメディック[-]:
 今、最後の材料が集まった……
 すぐに薬の調合を始める。
ミカ[/話す]:
 みんなが頑張ってくれたおかげで、
 あっちゅーまに集まったな♪
 後は頼むでぇ、あんさんが頼りや、
 オートメディックはん!
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ぷるぷる、あなたずっとアミス先生に
 ついて看病してたの?
 あたし達が交代するから、
 少しくらい休んでなさいよ?
ぷるぷる[-]:
 うん。ありがと。
 あとちょっとしたら、
 あたしも休憩するね……
 ○○、
 もう遅いし、少し休んだらどう?
 わたしは、もう少ししたら休むからさ。

選択肢

少し休んだら?
 >まだ待つ
 >少し休む

>少し休む→※までスキップ。

>まだ待つ↓
プレイヤーが定位置に移動。
暗転。明けると、バウ、シーホース、サラマンダー、ミナヅキがいる。
BGMがアンデッド城外周のものになる。

オートメディック[-]:
 出来た……。
 これを飲ませてあげて。
 ゆっくり……そう。
 これで、たぶん大丈夫。
 薬の効果が効いてくるまで、
 1、2日はかかる。
 みんな、交代で休むといい。
サラマンダー[-]:
 やった、よかったー!
 メカゴロリ、ありがとな!
 や、すっげーなー!
 人を助けられるなんて、
 ほんっとすげーじゃん!
オートメディック[-]:
 ……ほめてくれてるのは、わかる。
 ……でも、
 メカ、ゴロリ……?
シーホース[-]:
 サラちゃん、アミス先生は
 お休みになっているんだから、
 ここで踊っちゃだめですよ。
 
 メディちゃんも、お疲れさま♪
 あとで休憩するときは、
 一緒にお茶でも飲みましょう?
オートメディック[-]:
 ……ん、うん、
 わかった、シーホース……
 じゃなくて、え、ええと……
 シ、シホ……。
バウ[-]:
 トメちゃん!
 アミス先生、元気になりますか?
 いつ元気になるですか?
 ぼく、早く授業受けたいです!
 
 材料探しで、泥んこになったけど、
 泥んこにしても先生に怒られないのは
 なんだかさみしいです……
守護魔・ミナヅキ[-]:
 浮世の縁を束ねて、紡いで……
 学び舎の糸車は、たおやかな指には
 覚悟の上でも重い……
 今は少しだけでも、穏やかに……
 そして、目覚めの刻には健やかに……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 このあたしと、みんなががんばって
 材料を集めてきたんだもの。
 ぷるぷるも一生懸命看病してるし、
 治らないわけないわよ!
 
 ……ふぁ、なんか、疲れちゃった。
 後でちょっと休憩するわね。

暗転。明けると、シモツキがおらず、バウたちの代わりに
みるく、ヘタレー、リリアン、キクヅキがいる。

みるく[-]:
 ぐす……
 アミス先生、早く元気になってね。
 ……置いて行かれるのは、やだよ?
リリアン[-]:
 お薬飲んだばかりだから、
 まだ待たなきゃいけないの……
 
 早く元気になって、
 安心させてほしいの。
 ……置いて行かれるのは、やだね。
ヘタレー[-]:
 だ、だいじょうぶだって!
 おにいちゃんがついてるし、
 絶対にアミス先生は元気になるって。
 
 ……大丈夫だよね?
 ○○も、
 大丈夫だって思うよね?
守護魔・キクヅキ[-]:
 アミス先生が、早く元気に
 なりますように……。
 アイアンサウスの時も、
 がけっぷちを走り回ったりするのは
 出来るけど、町の人と交渉して
 許可を取るのとかはカスミさんに
 まかせっきりだったし。
 
 おれ、まだまだ未熟だよなぁ……。
ミカ[/話す]:
 あー……あかん、うちも電池切れや。
 すまんけど、ちょっと休憩するわ。
 みんな無理は禁物やで?
オートメディック[-]:
 夜も遅いから、アタシも少しだけ
 仮眠をとらせてもらう。
 ……何もないとは思うけど、
 何かあったら、すぐ呼んで。

暗転。明けると、ミカとオートメディックがおらず、シモツキがいる。
みるくたちの代わりに、シャボタン、ミニー、ダークフェザー、ヤヨイがいる。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 シモツキ様復活よー……。
 って、さすがに深夜だから
 人も減って……無いわね。
守護魔・ヤヨイ[-]:
 私達は早めに休息を取っていたので
 まぁ、例外ですね。
 本当は、こんな夜更かしは
 好ましくないのですが……
シャボタン[-]:
 ○○さん、
 アミス先生、元気になるよね?
 ……わたしはこの街に来たとき、
 アカリさんに助けてもらえたけど、
 アミス先生がいてくれなかったら、
 この学校でみんなに会う事も、
 絆の樹に会う事も出来なかった。
 
 まだ、アミス先生には
 そのお礼もできてないもの……
ミニー[-]:
 え、縁起でもないこと言っちゃ
 だめですよちみっこ3号!
 レ、レ、レディーはうろたえないの!
 
 ミニーだって、まだレディーとしての
 お勉強も途中だし、ここでウィリーにも
 再会できたし、ええと、ええと……
ダークフェザー[-]:
 ……アミス先生、早く良くなって。
 私、まだ先生に教えてほしいことが
 いっぱいあるし、ありがとうも
 まだまだ全然言いたりないもの。
 
 だから、早く元気になって。
 ……ふぁ。また眠くなってきちゃった。
守護魔・ヤヨイ[-]:
 きっと、明日か、明後日には
 アミス先生も目を覚ましてくれます。
 その時に、あなたたちが風邪をひいて
 いたら、笑われてしまいますよ?
 
 さぁ、戻りましょう。
ぷるぷる[-]:
 ○○も、
 もう遅いし、少し休んだらどう?
 わたしは、もう少ししたら休むからさ。

選択肢

少し休んだら?
 >まだ待つ
 >少し休む

>少し休む→※までスキップ。

>まだ待つ↓
暗転。明けると、ミカとオートメディックがおり、
シャボタンたちの代わりにローキー、バルル、ムツキ、フミツキがいる。

守護魔・フミツキ[-]:
 フミだよー……。
 アミスせんせぇが寝てるから、
 小っちゃい声であいさつだよー。
オートメディック[-]:
 早朝から千客万来……だな。
 そんなに心配……
 なんだろうね。
ローキー[-]:
 うむ。あまり騒がしくするのも
 良くないとわかっているのじゃが、
 大恩あるアミス先生の不調で
 なかなか落ち着いてもおれんのじゃ……
 それにしても、この時、この時期に
 トメさんが学校に来てくれていて、
 本当によかったのじゃ♪
オートメディック[-]:
 ……トメさん?
 それ、アタシ……?
バルル[-]:
 あー……それは諦めた方がいーです。
 オートメディックだから、真ん中の
 トメってところだけ引っ張った
 ……ってところでしょうし。
 ウヅキっていう、あだ名をつけるのが
 好きなおせっかいな奴がいるんですよ。
 おかげさまで、あたしも今では
 「ばるるん」なんて呼ばれてます。
 ……この学校には、おせっかい焼きが
 妙に多いんですよ。たとえばそこの
 ○○とか、
守護魔・ムツキ[-]:
 ところで、オートメディックさん。
 アミス先生のご容態はいかがですか?
 ずいぶんと汗をかかれている
 ようなのですが……
ミカ[/話す]:
 濡らしたタオルでも持ってきて、
 汗ふいた方がえーやろかね?
ぷるぷる[-]:
 うん、時々汗は拭いてるよ。
 そろそろ着替えさせたほうが
 いいかもね……
 
 アミスったら、もっと色々な
 服を着てみればいいのに、
 気に入った服があると同じものを
 何着もためこんじゃうのよね……
オートメディック[-]:
 今は薬の効果が出てきてるの。
 汗をかいて、体温を下げて、
 そこからは、本人の体力次第……
守護魔・フミツキ[-]:
 だいじょーぶっ!
 みんなが不安な顔だと、
 きっとアミスせんせぇも不安なの。
 れでぃーはどーん!と構えるの。
 ……ね?
守護魔・ムツキ[-]:
 ……そうですね。
 じゃぁ、そろそろ皆さんの
 朝ごはんを準備をしましょうか。
 ローキーさん、バルルさん、
 お手伝いしていただけますか?

暗転。明けると、
ローキーたちの代わりにペペン、マオ、白い使い魔、サツキがいる。

ペペン[-]:
 アミス先生……
 少し息が苦しそうです……
 ペペン、フミちゃんとマオさんと
 アクロポリス近くのファームを
 いっぱい、いーっぱい廻ったですよ。
 
 薬の材料も見つけたですし、
 ファーマーの皆さんも、お話したら
 快くおいしい食べ物をいっぱい
 おすそ分けしてくれましたです。
マオ[-]:
 目を覚ましたら、おいしい料理で
 どかーんとお祝いしような。
 だから、早く元気になってよね。
 授業がないと、早弁もさぼりも
 出来ないんだからさ。
サツキ[-]:
 もう……体力がないのは
 わかってるのに、こんなに無理して。
 まだ仕事が残ってるんでしょ?
 わたし達だってできることは手伝うから
 早いところ元気になりなさいよね。
 妖精王を拝み倒して、無理矢理
 目標の植物を育ててもらったんだもの。
 これで元気になってくれないと
 わたし達の立つ瀬がないわ。
白い使い魔[-]:
 ……アミス先生。
 お願い、早く……
 元気になってください……。
 
 まだ、私はアミス先生から
 お祖父さまとお祖母さまの話を
 聞き終わっていないんですよ……
オートメディック[-]:
 ……そろそろ目を覚ましても
 良いころかもしれないけど、
 無理に起こすのは良くない。
 
 何度も言うけれど、
 後は本人次第……

暗転。明けると、
ペペンたちの代わりにシャノワール、ブラン、カスミ、ハヅキがいる。

カスミ[-]:
 これで、投薬から一日超えたわ。
 2日間も意識が戻らないのは、
 ちょっと不安ね……
 
 オートメディックちゃんが
 ここに来てくれていなかったら、
 本当に危なかったのね……
ブラン[-]:
 それでも、アミス先生はきっと
 元気になってくれますよ。
 
 だって、小さいころにも同じ病気で
 助かっているんでしょう?
 それに、その時よりも医学は進んで
 薬だってできている。
 それに、ぷるぷるさんという、
 身近で心配してくれる親友がいて、
 この人のために頑張ってくれる
 たくさんの生徒に慕われている。
 とても……幸運な方なんですよ♪
シャノワール[-]:
 オートメディック。
 ……本当に、ありがとう。
 来たばかりでこんなことになって
 君にとっては他人事かもしれないのに
 色々と世話を焼いてもらった。
 感謝しても、感謝しきれない。
オートメディック[-]:
 ……そうでも、ない。
 
 アタシは、助けたかった。
 この人が誰かも、あまり知らない。
 みんなから好かれているのは、
 よくわかったけど、だから助ける
 ……ってわけでもない。
 やっと、わかった。
 アタシは、誰かを助けたかった。
 ……それだけだから。
 
 でも、感謝されるのは
 ……ちょっと、嬉しい。
 クランケの体温の変動も
 落ち着いてきた。
 おそらく、峠は越えた。
守護魔・ハヅキ[-]:
 ……体表面温度の変動、安定。
 呼吸のペースも落ち着いてきた。
 栄養状態は良くないから、
 明日の朝以降は消化の良い食事を
 準備しておくことを推奨……。
 
 ……よかった。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 ハヅキ、つまり……どういうこと?
 大丈夫そうってことでいいのよね?
ミカ[/話す]:
 お、姉やんたち、
 オートメディックはんと
 ハヅキはんのお墨付き出たで♪
 これは安心できそやな。
オートメディック[-]:
 これで、容体が急変するような事は
 ……まず、無いと思う。
 みんな、少し休憩するといい。
ぷるぷる[-]:
 みんな、ありがとね。
 さぁ、少し休んで。
 あたしも休むけど、
 部屋はアミスと同じだからさ。
 ……みんな、
 本当にありがとう。
 
 おやすみ、また明日ね。

※いずれの選択肢でも、「少し休む」を選択するとここまでスキップ。

暗転。暗いまま話している。

ぷるぷる:
 ……ねぇ、アミス。
 覚えてる?
 あたし達が小さいころ、
 アミスが病気で何か月も入院して、
 リハビリ中も、ずっと退屈してたよね。
 ベッドの上で、本を読みながら
 ずっといろいろお話したよね。
 
 こんな冒険がしたい、
 こんなお話が読みたい、
 先生たちみたいに、色々な生徒に
 勉強を教えて暮らしてみたい……
 かなわなかった夢もあるけど、
 アミスの夢、先生になるっていう
 一番の夢は、ちゃんとかなったよね。
 
 みんな、すごくいい子だよね。
 アミスの育てた生徒は、
 たとえモンスターだったとしても
 ちゃんとやっていけるんだよ。
 あなたの一番最初の生徒である
 あたしが保証するよ。
 
 だから……

明ける。
→プライベートルームへ。

アップタウン [edit]

プライベートルームでログアウトすると、次回アップタウンにログインする。

シモツキに話しかける↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あ、来た来た。
 オートメディックがさがしてたわよ?
 アミス先生がもうすぐ
 目を覚ましそうなんだって!
 早くいきましょ!

→選択肢「アミス先生の飛空庭にのぼる?」へ。

プライベートルーム [edit]

ベッドに寝ているアミスの周りにシモツキ、ミカ、オートメディック、ぷるぷる。
シモツキ、ミカ、オートメディックに話しかける↓ (アミス、ぷるぷるにはクリック判定なし)

ぷるぷる[-]:
 ……あ、おはよー……。
 あはは、昨日の夜はなんか、
 あんまり寝付けなかったよ。

 

守護魔・シモツキ[/話す]:
 で、アミス先生の様子はどうなの?
 ……顔色は、昨日よりいいわね。
ミカ[/話す]:
 峠越えたってのは、間違いないな。
 後はいつ起きてくれるかやね♪
 カスミ姉やんに頼んで、おかゆの
 準備もたのんどいたで♪
オートメディック[-]:
 ……そろそろ、かな。

間。

アミス[/ベッド]:
 ……うう、ん……?

ぷるぷるが「びっくり1」エモーションと共に横に1歩移動。

ぷるぷる[アミスに向き直る]:
 !
 アミス!
 アミス、目が覚めたの!?
アミス[/ベッド]:
 ん……
 わたし……そうか、倒れて……
 オートメディックちゃん、
 シモツキちゃん、ミカちゃん、
 ○○ちゃん……
 それに……
 あなただったのね、ぷるぷる。
 ずっと看病して、わたしに
 声をかけていてくれたのは……
ミカ[/話す]:
 よっしゃ!
 アミス先生起きたで!
 みんなに教えたらな。
守護魔・シモツキ[/話す]:
 よかったぁー!
 よかったよー!
 ほんっと、心配かけて、もう!
ぷるぷる[-]:
 ……えへへ。
 本当は、もっと上手に
 変身できるようになってから、
 驚かせたかったんだけど……
 
 でも、わたし、ちょっとだけ
 無理をしすぎちゃったみたい……

ぷるぷるがモンスター形態になり、「倒れる」モーション。

アミス[/ベッド]:
 ぷるぷるっ!?
 ……。
 ……もう、ぷるぷるったら。
 すごく疲れてたのね……
 寝ちゃったみたい。
オートメディック[-]:
 ……
 ○○。
 ミカ、シモツキ。
 ちょっと、外で話がしたい。
 
 少し調べ物をしてくるから、
 先に待っていてもらえる?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 何かしら?
 じゃぁ、先に行ってるから、
 みんなちゃんと来なさいよね?

→アミスの飛空庭へ。

アップタウン [edit]

中央西噴水前にはシモツキのみ。
シモツキに話しかける↓

守護魔・シモツキ[/話す]:
 あ、来た来た。
 オートメディックがさがしてたわよ?
 なんだか、ちょっと深刻そうな
 顔してたけど……
 あの子、元からいつも深刻そうに
 見えるから、わからないのよねぇ……?

→選択肢「アミスの飛空庭にのぼる?」へ。

アミスの飛空庭 [edit]

アミスがおらず、操舵輪のそばにはシモツキのみ。
守護魔・シモツキに話しかける↓
オートメディックのヘッドギア入手。
シモツキがプレイヤーに向き直る。暗転。
明けると、ミカ、オートメディック、シーホース、サラマンダーがいる。

守護魔・シモツキ[オートメディックに向き直る /話す]:
 どうしたの?
 なんだか難しい顔しちゃって。
ミカ[/話す]:
 そやそや。
 せっかくアミス先生も元気になって、
 みんなでお祝いでもしよか、
 ……なーんて考えとったんやけど。
シーホース[-]:
 あら、みなさんお揃いですか?
 アミス先生がお目覚めと
 聞いたのですが……
 何か、気になることでも?
サラマンダー[-]:
 お、どうしたの?
 なんか深刻そうな顔してるけど
 手伝えることがあれば
 言ってほしいな。
 手伝うよ?
オートメディック[/話す]:
 うん……
 一つは、お礼。
 おかげで、少しだけ、心が
 うるさくなくなった気がする。
 いや、うるさいままなんだけど、
 なんだか……不快じゃ、ない。
 だから、せめてお礼に……
 これ、あげる。
:
 オートメディックのヘッドギア
 をもらった。
オートメディック[/話す]:
 で、もう一つ。
 これは、まずいかも。
 こんな事例、前例がないから
 確実な判断はできないけど……。
 ぷるぷる……だっけ。
 あの子、もう目覚めないかもしれない。

シモツキ、ミカ、シーホース、サラマンダーが「びっくり1」エモーション。

ミカ[/話す]:
 ちょ!?
 ちょっと、どーゆーことやねん!?
 詳しく聞かせてーな!?
守護魔・シモツキ[/話す]:
 なんで!?
 何か根拠があって言ってるのよね!?
 じゃなきゃ納得できないわよ!
オートメディック[/話す]:
 ぷるぷるは、アミス先生が倒れてから
 今までずっとあの姿だった。
 アタシが来たときは、今寝ている
 プルルの姿だったから、
 アタシ達と同様に人の姿に
 なれる子だと思ってた。
 でも、話を聞いたけど、
 あの子はもともと変身できた
 わけではない……あってる?
 アタシは、心とか魂のことは
 正直よくわかんない。
 でも、ぷるぷるの状態は確実に
 何かがおかしい。なんというか、
 何もおかしくないのに、存在が
 薄まっちゃっているみたいな……
 もしかしたら、あの子、人の姿を
 取るのにすごく何かを消費して
 いたんじゃないかな……
守護魔・シモツキ[/話す]:
 確かに、本人も言ってたわね。
 そんなに長い間変身しては
 いられないって……
ミカ[/話す]:
 そういや、ぷるぷるはん、
 アミス先生の看病で……
 うちらが材料探しに行ってる間も、
 薬飲ませてから起きるまでも、
 もしかしてずっとあの姿の
 ままだったん!?

シモツキが「びっくり1」エモーション。

守護魔・シモツキ[/話す]:
 ちょっと、それまずいんじゃない!?
 カミアとカンナに聞いた、白い使い魔の
 魔力切れと似たような状態?
 ぷるぷるは魔法生物でもないから
 何が足りないのかもわからないわよ?
オートメディック[/話す]:
 それが原因なのかも、
 他に何か要因なのかも、
 もしかしたら、取り越し苦労なのかも
 アタシにはわからない。
 
 ただ、嫌な予感だけ。
 心が、ザワザワ言ってるの……
 ……魂。
 アタシ達アルマに関して、
 今のところ最も詳しそうなやつ……
 アタシをここに連れてきたアルマ、
 デスなら、何か知っているかも……

シモツキルートの場合↓

ミカ[-]:
 ……うし、落ち着こうやないか。
 ぷるぷるはんが起きればよし。
 ただ、オートメディックはんの
 予感が当たった時に備えて、
 色々と準備はしとかんとね。
 
 うち、ちょっと出かけてくるわ。

→ロード画面へ。

ミカルートの場合↓

守護魔・シモツキ[-]:
 ちょっと、あたし出かけてくるわ。
 とにかく、何か知ってそうな相手……。
 ロウゲツのおっさんを
 早いところ呼んでこないと!

→ロード画面へ。
ロード後そのままアフター アミスの飛空庭の場面へ

アフター アップタウン [edit]

中央西噴水前にシモツキとミカ(フェイブルハートルック)。
シモツキ、ミカに話しかける↓
シモツキとミカがプレイヤーに向き直る。

守護魔・シモツキ[プレイヤーに向き直る /話す]:
 ……はぁ、もー。
 ロウゲツのおっさんったら!
 あ、○○!
 お疲れ様!

アフター アミスの飛空庭 [edit]


Last-modified: 2014-11-05 (水) 22:57:56