状態異常関連 [edit]

概要 [edit]

はじめに
  • このページではプレイヤー、またはモンスターに発生する状態の変化について解説しています。
    • スキル単位の細かい数値、効果時間等は記載してません。あくまでその状態がどういったものかの解説となります。
  • 一口に状態異常といっても三次職スペシャルアビリティやディレイキャンセル等の有利状態も含まれる。
    • 主に有利なものはバフ(buff)、ステータスダウンなどはデバフ(debuff)、毒などは単純に異常と呼ばれる事が多い。
状態異常の回復手段(解除方法)
  • 全ての状態異常は有利・不利問わず時間経過で治る。そのため、下記リストの回復手段から「時間経過」は除外している。
    • 効果時間は使用される相手によって異なる。
  • 戦闘不能になった場合も、全ての状態異常は解除されるため、回復手段から「戦闘不能」も除外している。
  • 多くの状態異常はマップ移動で解除される。温泉効果など、マップ移動で解除されない例外も存在する。
  • 状態異常によっては、特定のスキルやアイテムによる解除が可能。
状態異常の確認方法
  • 自プレイヤーキャラクターが状態異常にかかったことは、システムログの「◯◯状態になりました」メッセージで確認できる。
  • 現在かかっている状態異常は、情報ウィンドウで確認できる。
    • 情報ウィンドウを使えば、他のプレイヤーキャラクターやモンスターの状態異常も確認できる。
    • ただし、一部の状態異常は情報ウィンドウに表示されない。

一般不利ステータス異常・ステータスダウン系 [edit]

  • こちらでは不利になるステータス異常を明記。
    • 主にマルチコンディション、マルチサプリメントなどで解除可能なもの。(自力で解除できないものは誰かに解除してもらうか、時間一杯やり過ごしましょう。)
      • ただし、猛毒、狂戦士、基本能力低下、従属能力低下の4つはこれらのアイテムで回復できない。
  • これらは基本的にフェンサー系、アーチャー系、ウォーロック系にある追い討ち系パッシブスキルの対象になっている。
  • これらは基本的に「ヴァニッシュメント」等のスキルで解除される。
状態異常の名称効果主に発生するスキル回復手段
約2秒ごとにHPが最大値の5%ずつ減少。
与ダメージ半減
ポイズンパフューム、マジックポイズン毒消しの実、梅のど飴、キュアポイズン
猛毒約2秒ごとにHPが最大値の10%ずつ減少。
毒と違い、与ダメージ半減はしない
猛毒スロウガス、猛毒針なし
沈黙魔法系のスキルと三次職スペシャルアビリティが一時的に使用できなくなる。
物理系スキルは使用可能
サイレントグリーンのど飴、梅のど飴、ハーブのど飴、激震のど飴、キュアサイレント
混乱ランダムで以下のうち1つが発生
・行動不能(MOBの場合その場で回る)
・勝手に歩行移動
・近くの敵を攻撃力上昇状態で直接攻撃
・スキルを勝手に使用(使用後は直接攻撃に移ることが多い)
コンフュージョンブロウ、ノクシャスブラスト動物のフン、キュアコンフュージョン
氷結化行動不能になる。
同時に氷結中は水属性防御値が100として扱われる。(表示される属性値には変化はない)
(備考:水属性防御値が100の場合、火属性攻撃によるダメージは350%以上になる)
アイスフェード、氷結ガス火属性攻撃を受ける。キュアアイス
石化行動不能になる。
同時に石化中は土属性防御値が100として扱われる。(表示される属性値には変化はない)
(備考:土属性防御値が100の場合、水属性攻撃によるダメージは350%以上になる)
メデューサスキン、石化ガス水属性攻撃を受ける。キュアストーン
睡眠行動不能になる。
物理・魔法問わずダメージを受けると解除される。
自動回復を待つとすごく時間が長い。
スリープポゼション、ララバイダメージを受ける。キュアスリープ
鈍足化(スロウ)回避率が下がる。
移動速度低下と必ずセットになっている。
マジックスロウシップ、キュアスロウ
気絶(スタン)行動不能になり、攻撃が必中するようになる。
ただし、クリティカルも受けなくなる。
スタンに限らず、氷結・石化や混乱の一つなどの行動不能系の状態異常は全て被撃必中、クリティカル無効になる。
ゲーム内表記は「気絶」であり、「スタン」とはその別称、またはプレイヤー間の呼称を示す。
スタンブロウ、ワー・クライキュアスタン
基本能力低下STR低下、DEX低下、INT低下、VIT低下、AGI低下、MAG低下の6種。
基本能力が下がることにより、それに準ずる能力値も低下する。
(モンスター・パートナーは基本能力値を持たないため、基本能力低下状態にはならず、多くの場合代わりに従属能力低下状態になる。)
ディビリテイト、など対象能力上昇系のスキル(ラウズボディ等)
従属能力低下対象ステータスが上昇する。
以下の種類が存在。
最大HP、最大MP、最大SP、最小攻撃力、最大攻撃力、最小魔法攻撃力、最大魔法攻撃力、
防御率、防御力、魔法防御率、魔法防御力、近距離命中率、遠距離命中率、魔法命中率、
近距離回避率、遠距離回避率、魔法抵抗率、クリティカル率、クリティカル回避率、
HP回復率、MP回復率、SP回復率、攻撃スピード、詠唱スピード。
バイタリティダウン、など対象能力上昇系のスキル(ATK低下ならアタックバースト等)
移動速度低下移動速度が低下する。
鈍足とセットになっている場合が多い。
マジックスロウ、ヒンダーハンド点火(移動速度低下のみ治る)
狂戦士操作不能になり、近くの敵に突撃して攻撃を行う。同時に減算防御力0として扱われる。
これにかかった瞬間は攻撃力上昇の能力上昇バフが同時に付与される。
(この攻撃力上昇のバフが攻撃力2倍の理由)
モンスターが狂戦士状態になった場合、スキルの使用頻度が低下。
ライドパートナーに乗っている状態に限り、騎乗状態が何らかの形で解除されるとATK上昇バフと共に強制解除される。
バーサーク、ファナティシズム、怒なし
※バーサークコントロールで事実上の無効化可能

特殊不利ステータス異常 [edit]

  • こちらは不利になる状態異常の中でも一般的ではなく、特殊なもので、対抗手段がほとんどない。または基本的に時間経過以外で解除手段がないものを記載。
    • 敵の場合、高レベル帯の狩場に使用者が集中しているものが多い。
    • プレイヤーの場合、使用職が非常に限られているもの。
    • また、追い打ち系スキルの対象にはならないものを記載。
状態異常の名称効果主に発生するスキル回復手段
硬直行動不能になる。効果時間が短い以外は気絶と同じだが対抗手段がほとんど存在しない。ファランクス、デッドリーアタックなし
恐怖使用者から逃げるように勝手に移動する。咆哮、テラーなし
回復不可HP/MP/SPの回復ができなくなる。(自然回復もしない。)
回復スキルについてはスキルの対象に指定することさえできない。
名前のせいでわかりづらいが状態異常の回復は可能。
リカバリーブロック、リストリクトリバース、ソウルサクリファイスなし
エンチャントブロック有利・不利問わず、あらゆる状態異常にかからなくなる。
属性値上昇効果は有効。
エンチャントブロック、インバリデイトフレームなし
ダメージマーキング物理・魔法問わず、被ダメージが増加する。ダメージマーキングなし
スピリットマーキング被ダメージが一定確率で憑依者にも与えられる。スピリットマーキング
クリティカルマーキング被クリティカル率が上昇する。
ただし、クリティカル回避値に変動はない。
クリティカルマーキング
スキル封じ物理・魔法問わず全てのスキルが使用不能になる。
沈黙と違い、回復手段がないのもポイント。
アイテムの使用は可能。
マナクル、レストスキルなし
アンデッド効果中、アンデッド種族のモンスターと同じ扱いを受ける。
主にヒーリングタイプのスキルやターンアンデッドでダメージを受ける。
ネクロリザレクション(復活時)、ネクロマンシーキュアアンデッド
呪縛回復系スキルが使用できない。呪縛
封印物理スキルが使用できなくなる。封印
封魔魔法スキルが使用できなくなる。封魔
光魔法封印光魔法(回復、光属性スキルも含む)が使用できない。カオスシール
アトラクトマーチ移動以外の一切の行動が行えなくなり、アトラクトマーチ使用者について行くようになる。アトラクトマーチ
フレア持続的にダメージを受ける。効果量はスキルによって若干の誤差があるが、基本的に毒の1/2程度しか減少しない。
また、毒との差異として、フレアでの減少値には上限がある。
ダークフレア、エナジーフレア、ルミナリィノヴァ、オーバークロック等

有利ステータス異常 [edit]

  • ステータス上昇や3次職スペシャルアビリティなど、プレイヤーに有利に働くもの。
  • これらは基本的に「ヴァニッシュメント」、「ゼーレゲリヒト」、「アブソリューションジョルト」、「インバリデイトフレーム」で強制的に解除される。
    • 上記はモンスター側のスキルであり、プレイヤー側が解除するスキルは「エンチャントブロック」、「イクスパンジアーム」の2種類。
    • よってこれら解除スキルについては表記を省略する。
    • 逆に、これら解除スキルで解除されない場合は、「ヴァニッシュメントなどで解除されない。」と記載。
  • ある有利状態は他の特定の有利状態と共存できない場合もあり、その場合は先にかけた側の状態が解除され、後に新しい状態が付与される。
  • また、デメリットを伴う有利状態は、発生させたスキルを再使用することで任意で解除する事もできる。
    状態異常の名称効果主に発生するスキル回復手段
    基本能力上昇STR上昇、DEX上昇、INT上昇、VIT上昇、AGI上昇、MAG上昇の6種。
    基本能力が上がることにより、それに準ずる能力値も上昇する。
    (モンスター・パートナーは基本能力値を持たないため、基本能力上昇状態にはならず、多くの場合代わりに従属能力上昇状態になる。)
    ラウズボディ
    ラウズメンタル
    ...など
    対象能力低下系のスキル(ディビリテイト等)
    従属能力上昇対象ステータスが上昇する。
    以下の種類が存在。
    最大HP、最大MP、最大SP、最小攻撃力、最大攻撃力、最小魔法攻撃力、最大魔法攻撃力、
    防御率、防御力、魔法防御率、魔法防御力、近距離命中率、遠距離命中率、魔法命中率、
    近距離回避率、遠距離回避率、魔法抵抗率、クリティカル率、クリティカル回避率、
    HP回復率、MP回復率、SP回復率、詠唱スピード。
    アタックバースト、
    ディフェンスバースト
    ...など
    対象能力低下系のスキル(DEF上昇ならバイタリティダウン等)
    ○耐性対応する状態異常への耐性が上昇。
    耐性無視(レジスト無視)スキルには効果が無い。
    毒耐性、石化耐性、睡眠耐性、沈黙耐性、鈍足化耐性、混乱耐性、氷結化耐性、気絶耐性の8種。
    各種レジスト、プラーナ
    移動速度上昇キャラクターの移動速度が上昇する。
    点火した背負い魔を外すと効果は切れる。
    点火スロウロジック等(移動速度低下異常のスキル)
    スペシャルアビリティ職業ごとに効果が異なる。強力だが、大半は何らかの制限がついている。職業名と同じ名前のスキル職により異なるが主に、
    ・同スキルの再使用
    ・移動する
    で解除
    解除手段がない職もある
    ○○コミュニオン各三次職のコミュニオンスキルによる効果。
    スキル名に応じたステータスが上昇する。
    ヴァニッシュメントなどで解除されない。
    ○○コミュニオン術者の戦闘不能(行使者が倒れるとPTメンバー全員も解除)
    カウンター一度だけ敵の通常攻撃に反撃する。この状態ではパリィの詠唱が完了しない。カウンター
    パリィ一定確率で被弾した物理攻撃を強制的にAVOIDに置き換える。この状態ではカウンターの詠唱が完了しない。パリィ
    殺界一度だけスキルの詠唱を短縮する。殺界何らかのスキルの使用
    ディフェンス○○ディフェンス・ブロウ、ディフェンス・スタブ、ディフェンス・スラッシュ、ディフレクト・アローの4種。
    特定の物理攻撃種類を軽減する。
    対応するディフェンス~系
    ディレイキャンセル通常攻撃、物理スキルのディレイを軽減する。
    武器種が指定されている場合、その武器を使用するスキルのみ対象になる。
    例:ソードディレイキャンセルなら識別「剣」のスキルのディレイのみ軽減。
    各種ディレイキャンセル、スピードエンチャント
    透明他のプレイヤー・敵から視認されなくなる(自分にだけ名前が見える)。
    使用スキルによって解除条件や効果時間に差異がある。
    一部常時透視状態の敵には見破られる(主にボス種族など)。
    インビジブル、ハイディング、クローキング等共通:ダメージを受ける
    ハイディング:移動や行動全般、またはSP切れ
    クローキング:SP切れ、移動以外の行動
    インビジブル:時間経過
    透視上記「透明」状態のキャラを可視できる状態。クレアボヤンスなし
    オーバーワーク魔法スキルのディレイを軽減する。オーバーワーク
    リフレクション一度だけ魔法スキルを反射する。
    回復スキルなどの補助スキルも反射する。
    設置スキルは反射できない。
    リフレクション魔法スキルを反射する
    リメインエレメント直後使用の4属性攻撃魔法にその属性の弱点の「体の○属性値上昇」を付与する効果を与える。リメインエレメント4属性魔法で攻撃する
    ソリッドオーラ物理攻撃を一定回数無効化する。
    ディスペルフィールド状態とは両立できない。
    ソリッドオーラ、ソリッドコーディング規定回数の物理攻撃を阻止する。
    ディスペルフィールド状態になる
    エセリアルボディ物理攻撃を無効化する。ソリッドオーラと効果自体は同じだが阻止回数に制限がない。エセリアルボディ
    ディスペルフィールド魔法攻撃を一定回数無効化する。
    ソリッドオーラ状態とは両立できない。
    ディスペルフィールド規定回数の魔法攻撃を阻止する。
    ソリッドオーラ状態になる
    ディスペルオーラ魔法攻撃を無効化する。ディスペルフィールドと効果自体は同じだが阻止回数に制限がない。ディスペルオーラ
    ライフテイク物理攻撃でダメージを与えたとき、一定確率でHP回復。
    スタミナテイク状態とは両立できない。
    ライフテイクスタミナテイク状態になる
    スタミナテイク物理攻撃でダメージを与えたとき、一定確率でSP回復。
    ライフテイク状態とは両立できない。
    スタミナテイクライフテイク状態になる
    水中呼吸水中でのHP減少を抑制する。アクアラング
    熱波防御火中でのHP減少を抑制する。インテンスヒートシールド
    寒波防御寒中でのHP減少を抑制する。ヒーティング
    ホーリーフェザーSPとMPが町中と同様に自然回復する。ホーリーフェザー
    リヴァイブ戦闘不能時に一定確率で復活。リヴァイブ
    竜眼開放あらゆる与ダメージが増加する。竜眼開放
    亀の構え物理攻撃による被ダメージを軽減。亀の構え
    温泉効果HPが自然回復する。
    マップ切り替えで解除されない。
    温泉にしばらく入っている
    経験値上昇モンスター討伐時やクエスト報告時の取得経験値が上昇。エキスパンド(シダンのペンダント)
    パッシング自分よりLV25以下のアクティブモンスターに見つからない。パッシング(タイガーアイ)
    ソリッドボディノックバックしない。ソリッドボディ
    ブラッディウエポン攻撃するたびにHPを消費する代わりに追加ダメージを与える。ブラッディウエポン
    オーバーレンジ攻撃の射程が長くなり、命中率が低下するオーバーレンジ
    精密射撃攻撃が必ず命中する。(MISS,AVOID,GURAD,Criticalが発生しない。)精密射撃
    警戒クリティカルを受けない。警戒
    オラトリオHPが自然回復する。
    (回復量はオラトリオスキルLVで決まる固定量。)
    オラトリオ
    イビルソウル闇属性の物理・魔法の効果量が上昇する。イビルソウル
    フレイムハート物理攻撃による与ダメージが増加。フレイムハート
    エンチャントウエポン通常攻撃時に状態異常効果を一定確率で与える。エンチャントウエポン
    ダメージチャージ効果時間中、一定値までのダメージを蓄積。許容量を超過した途端に蓄積したダメージを周囲に与えるダメージチャージ規定回数発動
    エクヴィリー最小攻撃力が最大攻撃力に近づく。エクヴィリー
    鬼人の構え減算DEFが減少し、その分物理攻撃力が上昇。鬼人の構え
    流水の構え武器を用いたスキルのSP消費を軽減する。流水の構え
    イージス物理防御値と魔法防御値がそっくり入れ替わる。イージスイージスを再使用
    プロテクト憑依者のダメージを肩代わりする。プロテクト
    ソウルプロテクト憑依解除効果スキルの解除効果を無効化する。ソウルプロテクト
    ブロッキング一定確率でダメージを規定割合減少させ、攻撃者にスタン判定を与えるブロッキング
    見切り一定確率で物理・魔法攻撃を回避する。見切り
    エフィカス敵を倒す(とどめを刺す)ごとに与ダメージ増加。
    与ダメージ増加には上限有り。
    エフィカス
    フィットアロー弓スキルの詠唱時間を短縮。フィットアロー弓スキルを使用
    クイックシュート一定確率で2回攻撃。クリティカルを受けない。クイックシュート
    ウィークネスショット通常攻撃時に状態異常効果を一定確率で与える。ウィークネスショット
    サーチウィークポイントクリティカルと命中率が上昇。サーチウィークポイント
    バリアシールド魔法ダメージを0にするが、MPを毎秒消費する。
    除算DEFが減少。
    バリアシールドバリアシールドの再使用
    幽玄の契約:剣武器への属性付加ができない。
    デクライズウエポンには効果が無い。
    幽玄の契約:剣
    アドバンスアビリティー最小魔法攻撃力が最大魔法攻撃力に近づく。アドバンスアビリティー
    ゼン魔法攻撃による与ダメージと魔法スキルのMP消費が増加。ゼン
    トランスボディ「火」「水」「土」「風」属性の攻撃を受けると、その属性の耐性を得る。
    (対応する体の○属性値上昇効果を得る。)
    トランスボディ「火」「水」「土」「風」属性の攻撃を受ける
    アンプリーエレメントキャラクターの持つ「火」「水」「土」「風」属性値が高くなる。
    攻撃属性値と防御属性値の両方に効果がある。
    アンプリーエレメント
    パクティオ契約した属性の与ダメージが上昇し、被ダメージが減少する。
    但し、契約をしていない属性の与ダメージは減少し、被ダメージは上昇する。
    パクティオ
    コラプス・オブ・ロウ物理攻撃力と魔法攻撃力がそっくり入れ替わる。
    A.SPDとC.SPDも入れ替わる。
    コラプス・オブ・ロウコラプス・オブ・ロウを再使用
    ウエポンエンハンス武器攻撃力が上昇する。クリティカル発生率上昇?ウエポンエンハンス武器を外す(持ち替えも)
    黒薔薇の棘残りHPより大きなダメージを受けた際に一度だけ反射する。黒薔薇の棘効果が発生する
    植物寄生被寄生者の最大HPの数%分のダメージを肩代わりしてくれる有利異常。ツイステッドプラント規定HP分のダメージが肩代わりされる
    ライフリターン被ダメージ時、一定確率で受けたダメージの半分だけHPを回復。ライフリターン(ネコグルミ(紫))
    マジックリターン被ダメージ時、一定確率で受けたダメージの半分だけMPを回復。マジックリターン(ネコグルミ(青))
    スタミナリターン被ダメージ時、一定確率で受けたダメージの半分だけSPを回復。スタミナリターン(ネコグルミ(橙))
    マテリアルバインド装備変更が行えない。マテリアルバインド
    知識の書知識スキルの効果が上昇。(アイテムドロップ率が変化する。)知識の書
    アートフルトラップ被ダメージ時、一定確率で効果が発動。
    効果は、アートフルトラップのスキルLVごとに異なる。
    アートフルトラップ
    レトリック悪運、または強運の効果レトリック
    メデューサスキン近接(射程1)の通常攻撃を受けたとき、攻撃者に石化判定を与える。
    スキルで攻撃された場合は石化判定を与えない。
    メデューサスキン
    オールターゼロ無属性以外の属性攻撃を無効化する。
    デクライズウェポンで武器属性無効化状態になっていても元々が属性を含んでいるならば無効化する。
    オールターゼロ
    ソーマミラージュ無属性攻撃を無効化する。
    デクライズウェポンで武器属性無効化状態になっていても元々が属性を含んでいるならば無効化されない。
    ソーマミラージュ

属性操作系 [edit]

  • プレイヤーや敵の属性値を変動させるもの。
  • 一概に有利・不利と言えないため、別枠。
    このページの属性操作系の項はあくまで「○○状態」がどういう状態なのかの解説にとどめる。
  • 属性の詳しい仕様については、こちらを参照→属性
状態異常の名称効果主に発生するスキル回復手段
武器の○属性値上昇「火」「水」「土」「風」「光」「闇」の6種。
対象の攻撃属性値が上昇した状態。
あくまで上昇した状態なので、その属性値が他の属性値(同値の場合は優先度)を上回っていなければ効果はない
例:武器の火属性値が30で武器の水属性値上昇状態(スキル最大効果の25を想定)にかかっても、被状態変化者の攻撃属性は変化していない
いずれかの1属性しか同時に存在できない。
ヴァニッシュメントなどで解除されない。
各種属性ウェポン系魔法、各種属性ゲイン
体の○属性値上昇「火」「水」「土」「風」「光」「闇」の6種。
対象の防御属性値が上昇した状態。
あくまで上昇した状態なので、その属性値が他の属性値(同値の場合は優先度)を上回っていなければ効果はない
例:防具の火属性値が30で体の水属性値上昇状態(スキル最大効果の25を想定)にかかっても、被状態変化者の攻撃属性は変化していない
いずれかの1属性しか同時に存在できない。
ヴァニッシュメントなどで解除されない。
各種属性シールド系・ライズ系魔法
武器属性無効化与ダメージの計算において、属性によるダメージ変動が起きなくなる。
ダメージが大幅に落ちることが多い不利状態。
効果時間も共通してかなり長い
デクライズウェポン、デクライズインパクトヴァニッシュメント
防御属性無効化被ダメージの計算において、属性によるダメージ変動が起きなくなる。(氷結化・石化の属性値100化も無効)
どちらかといえば有利状態
効果時間も共通してかなり長い
デクライズシールド、デクライズインパクトヴァニッシュメント

コメント欄 [edit]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「気絶(スタン)行動不能になり、攻撃が必中するようになる。」状態異常側に起こる効果の説明とするなら必中より回避不可の方がいいかと。 -- 2014-07-20 (日) 16:31:40
  • 一般的な状態異常とリカブロやスキル封印のような特殊なものを分けてみました。 -- 2014-07-20 (日) 18:36:31
  • スキル詳細ページ見ると、硬直には追い打ち系が乗らないらしいので、硬直も特殊の方かな。猛毒は分からなかった。 -- 2014-07-20 (日) 19:54:15
  • 硬直はフォローアップの方には乗るらしいので、通常枠にしました。追い打ちの刃、矢とフォローアップでは対象となる異常が違うとのことなので通常欄に入れてます -- 2014-07-20 (日) 21:17:27
  • 訂正、見落としてた。硬直には乗らないですね。 -- 2014-07-20 (日) 21:19:03
  • バーサーク(狂戦士)を修正。狂戦士状態そのものにATK2倍の効果はなく、それは攻撃力上昇のバフの効果によるものなので。 同時に単品で見た場合操作不能という部分だけ残るため不利ステータス異常(追い打ちが乗るため一般)に移動しました -- 2014-07-22 (火) 18:28:13
  • 特殊不利ステータス異常を少しと、有利ステータス異常をたくさん追加しました。効果はスキル詳細ページで確認したつもりですが、怪しいところもあると思うので、適宜修正しちゃってください。 -- 2014-07-22 (火) 21:20:41
  • メデューサスキン、エセリアルボディ、ディスペルオーラ、オールターゼロ、ソーマミラージュを追加。 -- 2014-07-23 (水) 00:53:11
  • 追加して頂いた異常各種で不明点があると思われる部分を加筆しました。 -- 2014-07-23 (水) 02:26:10
  • コミュニオン状態についてと、コミュニオン状態と属性系はヴァニッシュメント系で消えないこと、イクスパンジアーム(ヴァニッシュメントも?)は不利状態も消すことが必要かも? -- 2016-01-06 (水) 19:05:14
お名前:

Last-modified: 2016-12-25 (日) 22:49:18