クロスイベント ―キカイのココロ― [edit]

エミルの家に行こう(ダウンタウンにいる「DEMの少女」か「エミル」に話かけてみよう) [edit]

ダウンタウン - エミルの家 [edit]

  • DEMの少女に話しかける

  …部屋にDEMが座っている。
 
  胸の部分に大きな破損があり、
  瀕死の状態だ。
 
  それを見ていると、
  エミル族らしい少年が声をかけてきた。

【エミル】
やぁ、こんにちわ。
 
君は…?
 
…そうか、
○○さん
って言うんだね。
 
僕はエミル。
ここは僕の家だよ。
 
…というか、
酒屋のフィリップさんの家なんだけど、
下宿させてもらってるんだ。
 
…このDEMはね、
ダウンタウンの片隅で倒れていたんだ。
 
最初は僕も驚いたんだけどね、
「こんなところにDEMがいる!」って。
 
でも…何て言うのかな、
僕の知ってるDEMとは
雰囲気が違ったんだよ。
 
君も…DEMでしょ?
 
君もこのDEMと同じ感じがするよ。
 
僕らとわかりあえるかもしれない、
不思議な感じ…。
 
…。
 
あ、話がずれちゃったね!
 
僕はこのDEMを見つけて、
咄嗟に連れて帰ってきちゃったんだよ。
 
それまでは良いんだけど…
 
なにせ体が機械だからね、
どうやって直せば良いかわからないんだ。
【DEMの少女】
…私ノ「コア」ハモウ無イ…。
モウ助カリハシナイ…。

  DEMが眼を覚まし、話しかけてきた!

【エミル】
ああっ、動いちゃダメだよ!
【DEMの少女】
…オマエ、DEMダナ。
 
ココニ居ルトイウコトハ、
私ト同ジ…追ワレテイル身カ…。
 
本来、私タチガ彼ラノ輪カラ
抜ケ出スコトハ無イ…。
 
…デモ、私ハ疑問ヲ持ッテシマッタ。
 
気ガ付ケバ「マザー」ヲ裏切リ、
逃ゲ出シテイタ。
 
奴ラハ輪ヲ抜ケ出シタ私ヲ
「敵」トシテ認識シタ。
 
…当然ノコトダ。
 
ソノ後、私ハコノ町ヲ目指シ、
逃亡ヲ続ケタ。
 
逃ゲ出ス前ニ知ッタ、
カツテ私ト同ジヨウニ奴ラヲ
裏切ッタDEMノ反応ヲ目指シテ…。
 
追ッテヲ振リ払イ、
ナントカココマデ来タガ…
 
モウ体ガ動カナイ。
 
…私ハ疑問ナノダ。
 
私ハ、本当ニ「不良品」ナノカ。
 
…オマエニ頼ミガアル。
「裏切リ者」ト言ワレテイルDEM、
ソコニ行ッテキテ貰エナイダロウカ?
 
ソコニ行ケバ、私ノ疑問モ解決スル
 
…ソンナ気ガスルノダ。
 
頼ム…私ノ…最後ノ願イナンダ…。
【エミル】
この「DEMの反応」っていうのは、
アクロポリスの地下に
あるらしいんだけど…。
 
○○さん
良かったら彼女の願いを
聞き入れてあげてくれないかな?
 
アクロポリスの地下となると、
クォーク博士に聞くのが良いと思うよ。
 
最近できたカスタマイズ部屋だと
地下に通じてないから、
エレキテルラボの方に行ってみてね。
 
僕は、彼女を直す方法を探すよ。
まだ、何か方法があるかも知れない…。
  • DEMの少女に話しかける
【DEMの少女】
頼ム…私ノ…最後ノ願イナンダ…。
  • エミルに話しかける
【エミル】
アクロポリスの地下だから、
クォーク博士に聞くのが良いと思うよ。
僕は、彼女を直す方法を探してみるよ。

エレキテル・ラボラトリーに行こう(「クォーク博士」に「DEMの少女」について尋ねてみよう) [edit]

ダウンタウン - DEMカスタマイズ部屋 [edit]

  • クォーク博士に話しかける
【クォーク博士】
あら、お帰りなさい。
 
…え? 聞きたいことがある?
 
ここじゃ落ち着いて話せないから、
エレキテルラボの方で話しましょうか。
 
一旦この部屋から出て、
「ラボの案内人」にまた話しかけてね。
そこから行けるはずよ!

ダウンタウン - エレキテルラボ [edit]

  • クォーク博士に話しかける
【クォーク博士】
…………ちょっとまって
今いいところ……
 
あら、ごめんなさい。
つい熱中しちゃったわ。
いいわよねぇ
古代の文明のカケラ……
あの神秘と謎に包まれた世界。
素敵だわ!
 
……はっ!
そ、それで
今日は何の用かしら?

>DEMの少女についての話を選択

【クォーク博士】
え? アクロポリス地下にいるDEM?

  今までの経緯をクォーク博士に話した。

【クォーク博士】
…なるほどね。
 
残念だけど、それらしきものの記憶は…
 
…。
 
…あ。
 
あったわ! 思い出した!
 
あなたを回収したのが、
新しく見つかった遺跡部分なんだけど、
近くにボロボロになった
DEMの残骸があったわ!
 
とは言っても、
修復も調査も不可能なぐらいに
破壊されているようだったから、
その場に置いて来ちゃったんだけど…。
 
そこに行ってみるって言うなら、
入るのは許可するわよ。
 
こっちの方は空気もあるから、
生身で入れるわね。
 
安全だとは思うけど…
何かあってからじゃ遅いから、
セーブポイントはここにしてもらうわ。
 
そうじゃないと、
いざって時の救出作業ができないのよ。
 
準備が出来たら、また私に話しかけてね。

地下遺跡の探索(アクロポリスの地下遺跡に眠るDEMの残骸を探そう) [edit]

  • クォーク博士に話しかける
【クォーク博士】
入る準備が出来たの?
どうするの?
→まだ待って
→セーブポイントを変え、地下に進む

>まだ待ってを選択

【クォーク博士】
わかったわ。
準備が出来たら、また私に話しかけてね。

>セーブポイントを変え、地下に進むを選択

【クォーク博士】
それじゃ、
セーブポイントを変えさせてもらうわ。
 
大丈夫だとは思うけど、気をつけてね。

アクロポリス・地下遺跡 [edit]

  • 壊れたDEMに話しかける

  大破したDEMが横たわっている…。

(回想開始)

  ―指令ガ下ッタ―

  ―動作しない肉体に何の価値がある?―

  ―ボクらは、きっとわかりあえる―

  自身のメモリー内に、
  別の記憶が流れ込んでくる!

  ―悲しくなんてないよ―
 
 
  ―だって君は…ボクの大切な人だから―

マイマイ遺跡エンドマップ [edit]

  空間自体に違和感を感じる。
 
  まるで、夢の中にいるような感じだ。
 
  目の前にいる2体のDEMも、
  こちらの存在には気付いていないようだ。
 
  指令ガ下ッタ。
 
  オ前ニハ「エミル種族」ノ
  未来ノ指導者トナル者ヲ
  暗殺シテモラウ。
 
  奴ハ今ハマダ恐レル存在デハナイガ
  成長スレバ我々ノ脅威トナルト
  予測サレル。
 
  了解。
 
  この姿と言語プログラムも、
  そのためでしょうか?
 
  ソノ通リダ。
 
  オ前ノ外見ト言語プログラムヲ
  カスタマイズシテオイタ。
 
  了解。
 
  …しかし、ヒトの趣向というのは
  理解しかねます。
 
  マッタクダ。
 
  シカシ、ソノ姿ナラバ
  一般人ニ気付カレルコトナク
  潜入デキルダロウ。
 
  一般人の格好なのでしょうか?
 
  前ニ偵察ヲ行ッタトキハ、
  ソノ姿ガ溢レテイタナ。
  少シ古イカモシレナイガ、大丈夫ダロウ。
 
  目標ノデータヲ転送シテオイタ。
 
  …了解。
 
  では、任務の実行に移ります。
 
  二人が話し終えると、
  どこからともなく声が聞こえてきた。
 
  …それは、
  頭の中に直接語りかけるような声。

  「私はこうして、
  敵の本拠地へと足を進めた」
 
 
 
  「所詮、ヒトを1体殺すだけの、
  簡単な任務だ…」

エレキテルラボ [edit]

ダウンタウン [edit]

  • Event(11002204)
  嬢ちゃん、どこ見て歩いてるんだ?
  人にぶつかっておいて、挨拶も無しか?
 
  挨拶…?
  …。
  ……こんにちわ。
 
  ああ、こんにちわ。
 
  …って違う! そういう意味じゃない!
 
  こんにちわ。
  こんばんわ。
  ごきげんよう。
  おつかれさま。
  さようなら。
 
  …どうだ?
 
  どれも違う!
  ってか嫌味にしかなってねぇよ!
 
  もういい!
  とりあえず、殴らせろ!
 
  …対象に強い攻撃意思を確認。
  反撃に…。
 
  へぶっ!
 
  何だお前、邪魔しやがって!
 
  ぼ、暴力は良くないと思います…。
 
  こいつが詫びを入れないのが悪いんだよ!
  邪魔だ! どけ!
 
  痛いですけど、どかないです…。
 
  …チッ、勝手にしろ!
 
  (対象の戦意喪失を確認、
  通常モードに移行…)
 
  だ、大丈夫かい?
 
  何が?
 
  その言葉は、
  手負い状態にある者に対して
  言うのが正しい。
 
  いやまぁ…そりゃそうなんだけどね。
 
  まぁ、無事でなによりだ。
 
  理解不能…。
 
  いや、それはこっちの台詞…。
 
  まぁいいや、
  次からは気をつけたほうが良いよ。
 
  今、気が立ってる人が多いから…。
 
  ……。
 
  それじゃあね。
 
  ……。
 
  頭の中に声が響く。

  「絶好の機会だったというのに、
  攻撃すらできなかった」
 
 
 
  「理解不能な出来事の連続に、
  私の思考は混乱していたのだと思う」
 
 
 
  「何故、彼が見知らぬ私を助けたのか」
 
 
 
  「そのときはまだ、
  その行動の意味がわからなかった」

ウテナ湖 [edit]

  これでよし…っと。
 
  何をしている?
 
  …おや、君は。
 
  奇遇だね。
 
  返答になっていない。
 
  …お墓を作ってるんだよ。
 
  …戦いで、散っていった者たちの。
 
  「埋葬」と言う概念があることは
  認識している。
 
  しかし、対象に機械を
  含んでいることが理解できない。
 
  エミル種族だけならまだしも、
  お前は機械までも「埋葬」している。
 
  機械って…DEMのこと?
 
  うーん、僕は彼らのことを
  「機械」だって思ってないよ。
 
  …理解不能。
 
  そもそも、埋葬するという行為自体、
  無駄なことだ。
 
  動作しない肉体に何の価値がある?
 
  動作しないって…。
 
  亡くなった人に価値が無いと思ってたら、
  そもそもこんなことしてないよ。
 
  では、動作不能な者に
  価値があるというのか?
 
  価値があるとか無いとかじゃないよ。
 
  こうやって弔ることで、
  その人たちの魂が安らぐよう、
  願いを込めているんだよ。
 
  ……理解不能。
  ……理解…不能。
 
  …君も、DEMだよね?
 
  …!
 
  そんだけ変なこと喋ってればね、
  流石に分かるよ…。
 
  でも、僕は君と争う気は無い。
 
  さっきから、襲おうと思えば
  襲えたわけだしね。
 
  ……。
 
  僕はいつでもここにいるから、
  戦いたくなったら来れば良い。
 
  …もっとも、僕は戦う気は無いけどね。
 
  それじゃ、また。
 
  ……。

  「私はイラついていた」
 
 
 
  「理解不能なことに対して感じた、
  言語化できない気持ち悪さ」
 
 
 
  「…それの正体が知りたかった」
 
 
 
  「だから私は、彼と会うようになった」
 
 
 
  「……彼は不思議なヒトだった」
 
 
 
  「彼の行動…
  いや、ヒトの行動の何もかもが、
  不思議だった」
 
 
 
  「彼は私をDEMと…
  敵だとわかっていながら、
  私に色々なことを教えてくれた」
 
 
 
  「長い時を過ごしていくうちに、
  いつしか私もヒトの中に馴染んでいった」
 
 
 
  「……それが、私に与えられた任務」
 
 
 
  「このヒトを殺し、
  私たちの勝利を完全なものにする」
 
  ボクはね、
  僕らとDEMの和平を実現したいんだ。
 
  ボクらは、きっとわかりあえる。
 
  だって…君とわかりあえたんだから。
 
 
 
  「…何故、
  このヒトを殺さなければ
  ならないのだろう?」
 
 
 
  「……何故、
  このヒトの笑顔を消さなければ
  ならないのだろう?」
 
 
 
  「だって、このヒトは…
  私にとって大切な……」
 
 
 
  「大切な……?」
 
 
 
  「ああ…そうか」
 
 
 
  「これが、好きだってことなんだ」
 
 
 
  「彼の言葉は偽りがなく」
 
 
 
  「一緒にいる時間はかけがえなく…」

果物の森 [edit]

  あぁ、やっぱりここにいた。
 
  どうしたの?
  そんなに悲しそうな顔をして。
 
  悲しくなんてない。
 
  ただちょっと……ちょっとだけ不安。
 
  …そっか。
  無理もないよ。
 
  …こんな時代だからね。
 
  でも、さ。
 
  その…あの…。
 
  …どうしたの?
 
  えーと…あのね、
 
  確かに、DEMは僕らの敵って
  思ってる人が多い。
 
  だけど、ボクは…
  絶対に君の味方だし、
  絶対に君を裏切らない。
 
  だって君は…ボクの大切な人だから。
 
  ……?
 
  あ、いや、その…。
  ああもう!
 
  ボクは君のことが、好きなんだよっ!!
 
  …本当?
 
  ……本当。
 
  …。
 
  ……。
 
  …調子に乗るな、ばーか。
 
  ええええええっ!!?
 
  …うそ。
 
  …凄く、嬉しい。
 
  …!!
 
  そ、そうだ、草原に花が咲いたんだ。
  とてもきれいだから、見に行こう。
 
  …君に見せたいものがある。
 
  一緒にいきたいところがある。
 
  ねぇ、だから…
 
  ボクと一緒にいてくれないか?
 
  …うん。
 
 
 
  「私…笑えるんだ」
 
 
 
  「私…人を好きになれるんだ」

  殺せ

  …!!
 
  …? どうしたの?
 
  …ううん、なんでもない。

  「目を閉じると、
  私の中に誰かが語りかける」
 
 
 
  「傷つけなければいけない」
 
 
 
  「あのヒトを…傷つけなければいけない」
 
 
 
  「私は…」
 
 
 
  「ヒトではない」

どこかの廃墟 [edit]

  …酷い有様だな。
 
  …きっといつか、
  この戦いも終わるはずなんだ。
 
  エミルもDEMも、
  手を取り合って歩いていける世界が…。
 
 
 
  「傷付けなければいけない」
 
 
 
  「…でも、傷付けたくない」
 
 
 
  「だって、あのヒトは普通のヒトなのだ」
 
 
 
  「あのヒトが傷付いたら、
  悲しむヒトがいる」
 
 
 
  「だから…ッ!」

  「あのヒトはとても優しいけど、
  とても強いヒト…」
 
 
 
  「背後から襲い掛かった私は、
  彼が私だと気がつく前に、
  彼によって打ち倒されていた」
 
 
 
  「…そう、狙い通りに」
 
 
 
  「私は壊れて、彼は無事…」
 
 
 
  「それを望んで、そうなって…」
 
 
 
  「…それでいいはずなのに」
 
 
 
  「……何故、
  こんなに寂しいのだろう?」
 
 
 
  「……何故、
  この人は泣いているんだろう?」

  …なんで…なんでだよ…!
 
  私は、アナタの敵…。
 
  アナタを傷付けるのが、私の務め…。
 
  …でも、私はアナタを
  傷付けたくなかった。
 
  ただ…それだけのこと…。
 
  そんな…!!
 
  …何故、涙を流すの?
 
  アナタには…その理由が無い。
 
  私はアナタを傷付ける…敵…。
 
  だから…いなくなればいい…。
 
  でも、アナタが傷付けば、
  悲しむ人がいるから…。
 
  私が壊れても、泣く人はいないから…。
 
  何を言っているんだ!
 
  君がいなくなったら、
  僕が悲しいじゃないか!
 
  君がいなくなったら、
  僕が泣いてしまうじゃないか!
 
  私は人形だから…
 
  心なんて、持っていないのだから…。
 
  アナタが悲しむ必要なんか、無いのに。
 
  きっと、この心は誰かの落し物。
 
  偶然、私が拾ったから、
  心があるように思っていただけ…。
 
  だから、大丈夫。
 
  アナタに…。
 
  アナタに恋したこの気持ちも、
  きっと誰かの借り物だから…!
 
  だから…全部忘れて。
 
  気にすることは…ナいのだから。
 
  アナタと私は…違うモノなのダから……。
 
 
 
  「モウ、言葉も上手くツたわラない」
 
 
 
  「あのヒトの顔モヨク見えナい」
 
 
 
  「自分で望ンだコとなのニ」
 
 
 
  「これデイイはずナのニ」
 
 
 
  「今、わたシは…」
 
 
 
  「トテモ、さみシイ」
 
  誰か! 誰か! 助けてくれ!
  ボクは…ボクはこの人を失いたくない!
  この人が助かるのならば、
  どんな条件でも……!!
 
 
 
  「彼とモう会うコトは出来なイ」
 
 
 
  「彼ノ声も、モウ聞けナい」
 
 
 
  「彼ト一緒に歩くコトも、もウでキナイ」
 
 
 
  「ソシテ彼ノ笑顔モ…モウ見レナイ」
 
 
 
  「ツタエタイ…」
 
 
 
  「伝えなきゃ…」
 
  クロード…

  ア イ シ テ ル

(回想終了)

フシギなメイドさんと会話しよう(フシギなメイドさんの飛空庭で、「フシギなメイドさん」に話しかけてみよう) [edit]

フシギなメイドさんの飛空庭 [edit]

  • フシギなメイドさんに話しかける
【フシギなメイドさん】
あれ? お客さん?
珍しいわね。
 
しかも、エミルでもタイタニアでも
ドミニオンでもなくて、
DEMの人が来るなんてねぇ…。
 
ここは、
「ダンプティーアイランド」って言う、
夢の島よ。
 
で、今いるここは、私の飛空庭。
 
ふふん、オシャレでしょ?
 
でも、君の居場所はここじゃないわ。
そこにあるドアから出れば、
元の世界に戻れるはずよ。
 
…というか、君はどこから来たの?
 
突然、こんなところに現れたりして…。

  …これまでの経緯を話した。

【フシギなメイドさん】
ふむふむ、なるほどね~…。
 
…って、嘘!?
本当にそんな体験したの!!?
 
うわー…恥ずかしいなぁ、流石に…。
 
……そうよ、私も元々はDEMだったの。
 
君が見たやり取りも、
私の記憶にある出来事よ。
 
どうやら、
私の体に残っている思念にでも、
君の体が反応しちゃったんだと思うわ。
 
え? 私がDEMに見えない?
 
そりゃそうよ、
今の私は心だけの存在だからね。
 
あの後、気が付いたらここにいた…。
 
そしてここで暮らすうちに、気付いたの。
 
人形にも、魂は…心は宿るってね。
 
でも、君はまだ生きているんだから、
こんなところにずっといちゃダメよ。
 
ほら…待っている人がいるんでしょ?
 
そこにある扉から、
元の世界に戻れるはずよ。

  扉に触れると、
  眩い光が周囲を包み始めた。

エミルと会話しよう(ワープポータルに入ってアクロポリスの地下遺跡にいる「エミル」に話しかけてみよう) [edit]

アクロポリス・地下遺跡 [edit]

  • エミルに話しかける
【エミル】
○○さん!
 
どう? 手がかりは見つかった?
 
僕は…あるものを探しに来たんだよ。
 
それを見つければ、
彼女が直せるかも知れないんだ。
 
…もっとも、
まだ見つけられてないんだけどね。
 
しかも入り口の扉は閉まっちゃって、
見つけたとしてもどうやって
抜け出せば良いのやら…。
 
わわっ、敵!?
 
僕も手伝うから、一緒に倒そう!

防衛装置を倒せ!(「フォックスハウンドE200」を倒し『開錠キー』(イベント)を手に入れたら脱出しよう) [edit]

アクロポリス・地下遺跡 [edit]

  • フォックスハウンドE200を倒す

  「開錠キー」を使えば、
  ここから抜け出せるはずだよ!

   僕はまだここに残って探し続けるから、
  君は先に戻ってあげて!

  「開錠キー」を使い、出口の外に出た。

エミルの家に行こう(エミルの家にいる「DEMの少女」と会話してみよう) [edit]

ダウンタウン - エミルの家 [edit]

  • DEMの少女に話しかける
【DEMの少女】
○○…、
様子ヲ見テ来テ…クレタカ?

  アクロポリス地下で体験したことを
  DEMに話した…。

【DEMの少女】
ココロ…?
 
我々にモ、ココロガアル…トイウノカ?
 
ソウカ…コれ…が…私の、「心」…。
 
フフ…あはははは!
私みタイな人形にモ、心が宿ルのか!
 
そうか…私ハ…人形だケど、
人形じゃ…ナかった…!

  少女の声は、段々と人間味を帯びてきた。

【DEMの少女】
私は自分の意思を持って、
生きても良かったのか…。
 
だけど、私の命はもう…
すぐに無くなってしまう。
 
折角、わかったのに…
もう私はこの世界から消えてしまう…!
 
怖い…死ぬのが…怖い…。

  DEMの少女は、
  肩を震わせながら思いを吐き出す。
 
  …その言葉の羅列を、
  ただただ黙って聞いた。

【DEMの少女】
…でも、不思議なんだ。
 
「怖い」と感じれることが嬉しい…。
 
私は、私なんだ…。
 
○○、
ありがとう。
 
…少し疲れた。
 
その時が来るまで、眠ることにするよ…。

  少女は眼を閉じ、静かに眠り始めた。
 
  優しく、穏やかな表情で…。
 
  …。
 
  少女の体から、
  光輝く小さなものが飛び出した。
 
  「キカイのココロ」を入手した。

  自分の中に、
  感情が沸き起こる…
 
  EPバッテリーに
  10EPがチャージされた。

  • DEMの少女に話しかける

  DEMは穏やかな表情で眠っている。
 
  …一度、エレキテル・ラボトリーに
  戻った方が良さそうだ。

エレキテル・ラボラトリーに行こう(「クォーク博士」に報告しよう) [edit]

ダウンタウン - エレキテルラボ [edit]

【クォーク博士】
…DEMの少女の様子はどう?

  …経緯を話した。

【クォーク博士】
…そっか。
 
……人形にも、心が宿る…か。
 
最期に彼女、救われたわね。
 
…あなたが彼女の「心」を救ったのよ。
 
…さて、それじゃ通常営業に
戻るかしらね。
 
○○、
おつかれさま。

Last-modified: 2017-08-24 (木) 04:14:37