イベントログ記録へ戻る

タイニー・かんぱにー~人材発掘編~ ログ
リトルシューター [edit]

タイ兄さんの飛空城 [edit]

【タイ兄さん】
 ああ、それやな。
 今回はファーイーストの緑盾軍からの依頼なんや。
 お化けってーのも、まぁ別に特別珍しいもんでもないが……
 
 今回、夜になるとファーイーストの町の中に
 お化けが練り歩いとるらしい。
 迷惑な話やな。
【ガイドマシーン】
 積極的に人を襲うような、凶悪なモンスターではないらしいノですが……
 流石に夜に外を出歩くのはできないでしょウね。
 
 詳細についても、まだ確定はしていないとのことでしタ。
 ただ、急いでほしいとのことで詳しいことは現地で相談
 ……トいう話になっていまス。
【タイ兄さん】
 しかしまぁ、あの辺にはアンデッド城くらいしか
 お化けの出る所なんか無いとおもっとったが、
 町中にでてくるとはなにがあったんやろな?
 盆踊りでも練習しとるんやろか?
 
 まあ、ええ。
 ○○、ここはかるーくこなしてきてや。
【ガイドマシーン】
 ファーイーストは温和な農業国家デ、アクロポリスに入ってくる食料品も
 ファーイーストから持ち込まれる物が割と多いのですヨね。
 
 過去の戦争でも、戦場になった事が無いトいう経緯から
 あそこには常備軍が他と比べて少ない……という事情モあります。
 人手不足はその影響ですネ。
【タイ兄さん】
 ガイドマシーン、案内したってや。

ファーイーストに行きましょウ
→移動開始!

ファーイーストシティ [edit]

【ガイドマシーン】
 ここが緑盾軍本拠地ですね。
 ごめんくださーイ。
【緑盾軍犬使い】
 少々お待ちください。
 担当者が来ますので……
【緑盾軍担当者】
 おーう、なんだい……って、
 お、営業に来たガイドマシーンか。
 って―ことはあんたらだな?
【緑盾軍担当者】
 さて、あんた達に来てもらったのは他でもない、
 夜になると町中をうろつくアンデッドモンスターの対処を
 手伝ってもらいたいからだ。
 聞いているかもしれないが、改めて
 現在の状況を説明させてもらうぞ。
 
 まず、原因はわからんが、いつの間にか夜になると
 アンデッドモンスターが街中をうろつくようになっちまった。
 人を襲うわけでは無いんだが、さすがに
 放置しておくわけにもいかないしな……
 本来なら、入り込む前になんとかしておくべき
 だったのはその通りなんだが、ここは平和で、
 夜も時々冒険者や行商人が通るから門の鍵を閉めてない。
 
 しかも、事件が起きる前はちょうどあっちこっちで
 家畜のお産が連続して町中総出で……
 って、まぁそれはいい。
 まぁ、要するにいつの間にか入り込まれちまったというわけだ。
 そこは言い訳もできねぇな。
【ルー】
 一応、扉は閉めたりもするけど子供でも開けることはできるし……
 あ、自己紹介忘れてました。
 改めて、お手伝いのルーです!よろしくお願いしますね!
【ガイドマシーン】
 いえいえ、こちらこソよろしク。
 私はガイドマシーン、
 こちらは○○さんデす。
【緑盾軍担当者】
 ああ、よろしく頼む。
 やるならいっせいにやらなければ意味がないからな、
 さすがに人手が足りなくなっちまった。
【ルー】
 頑張りますね!
 こんな事件滅多にないから、張り切っちゃいます!
【緑盾軍担当者】
 ルー、お前は昼間だけだって親御さんにも言われてるだろ。
 夜は家から出るなよ?
【ルー】
 えーっ!?
 ずるいー……
【緑盾軍担当者】
 いや、ずるでもなんでもないだろ。
【???】
 ああ、そうだ。
【???】
 こういう事は、専門家に任せておけ、
 ……ってことだな。
【緑盾軍担当者】
 おお、あんたも起きてきたか。
 本番は夜なんで、寝ててくれても構わなかったんだがな。
【???】
 そんなに寝てもいられないよ。
 それにあたしはプロだからな、仕事になればしっかり起きてくるさ。
 後は、一緒に作戦を行う仲間がどんな奴か気になったんだよ。
【犬たち】
 ひゃん! ひゃん!
【緑盾軍犬使い】
 こらこら、懐くのはいいけど、お客様の服を汚してはダメだよ。
【緑盾軍担当者】
 ああ、紹介しておこう。
 今回手伝ってくれる旅の冒険者で、
 ええと……
【???】
 あたしの名前は、えーと、そう。
 あれだ。
 とくめーきぼーってヤツ。
 いわゆるコードネームだから、本名はナイショだ。
【ルー】
 なんか、プロっぽい……!
【ガイドマシーン】
 おお、ヨろしくお願いします、私は……
【???】
 ああ、さっき聞いたさ。
 ガイドマシーンと、
 そこのお前は○○……だな?
 頼りにさせてもらうよ。
 
 人探しの旅の途中なんだけど、立ち寄ったここで
 アンデッド騒ぎが起きているって聞いてね。
 ……さすがに、放っておくのも気が引けた、
 ってだけだ。
【緑盾軍担当者】
 というわけで、冒険者の匿名希望だ。
 名前がわからんのはちとやりにくいが、それでもファーイーストの
 現状を知って手伝ってくれるって言ってくれてな。
 ありがたいもんだな。
 
 まぁ、いくら冒険者とはいえこんな小さな子にまで手を貸して
 もらわなければならんとは、我が軍も情けないもんだが……
【???】
 おい、小さい事は関係ないだろ?
【緑盾軍担当者】
 おっと、これは失礼。
 ちと小柄だが、腕は確かだったよ。
 
 さて、夜にならないとあいつらは出てこないし、
 どこに隠れているんだか探しても見つかりゃしなかったから、
 しばらくは待機、ってことになるな。
【ガイドマシーン】
 では、しばらくはここで待機ですカ?
【緑盾軍担当者】
 それも退屈だろう?
 町の中でも見てまわってくれていて構わんぞ。
 この町から出ないでいてくれれば迎えを出すからな。
 観光すると言っても、まぁ大して変わったものはないかもしれんがな。
【ガイドマシーン】
 ご安心ください、私はこう見えてもガイドマシーンでス。
 この町の観光名所だって立派にガイドして見せましょウ。
【緑盾軍担当者】
 ……ああ、うん。
 古びたエレキテルかガイドマシーンかどっちかにしか見えないな。
 人は見かけによらないものか……
【???】
 ……なら、ガイドマシーンの案に乗せてもらおうじゃないか。
 防衛のため、町の様子はあらかじめ詳しく知っておきたいからな。
【ルー】
 なんか、プロっぽい……!
 この人カッコイイかも……
 あたしも大きくなったらこんな風にかっこよく決められるのかなぁ……
【緑盾軍担当者】
 あ、ルー。
 お前はここで留守番な。
【ルー】
 えーっ!?
 なんでーっ!?
【緑盾軍担当者】
 お前、観光する必要ないだろ……
 それに、この人たちを迎えに行くの、誰だと思ってるんだ?
【ルー】
 あー!?
 それ、間違いなくあたしだ!
【ルー】
 とほほ、いってらっしゃーい……
【ガイドマシーン】
 ファーイーストは農業国家でス。
 この町も、町中に多くの農地や牧場を抱えていマす。
 それもあって、世界の食糧生産の半数近くはファーイースト、
 とまで言われていますネ。
【???】
 半数?
 それってすごくないか?
【ガイドマシーン】
 今は流石にそこまでではないと思いますが、
 昔は他の国での食糧生産が追いついていなかったんデすよ。
 歴史的にほとんど争い事にも関わっていない地域ですし、
 土地が農業に適しているという事もありますネ。
 
 平地が多くて、水が豊富で、気温があったかいところなんて、
 なかなか貴重なんですヨ?
【???】
 ……なるほどな。
 ……で、あれは……
【サムライ農家】
 てやぁっ!
【サムライ農家】
 ……ふぅ、決まった。
 雑草め、駆除しても駆除しても畑に侵入してきやがって……
 
 俺はいつかナイトになる人間だ、ここで畑を守れないでどうする……!
【ガイドマシーン】
 ……ナイト志望の方のようですが、ちゃんとした農家の方ですヨ?
 
 ……あれは野菜の畑のようデすね。
 案山子もちゃんとあります。
【???】
 かかし?
 あの訓練用のダミーみたいなやつか。
【ガイドマシーン】
 考え方は間違っていませんネ。
 畑に種をまいた時に、小鳥が種を食べてしまうのを防ぐために、
 人がイるように見せる事が目的です。
【???】
 ……おい。
【ガイドマシーン】
 ……まぁ、慣れてしまうと効果は薄れてしまう物ですヨ。
【サムライ農家】
 あ、この野郎!
 俺の畑を荒らしやがって!
 あっちいけ! しっしっ!
【サムライ農家】
 くっそー!
 今日こそとっ捕まえて、ヤキトリにしてやる!
【???】
 なぁ、あのトリを追い払えばいいのか?
【サムライ農家】
 すまん、よければ手伝ってくれ!
 今日こそは勘弁ならん!
【サムライ農家】
 ……!
 凄い腕前だ……
【???】
 これで、しばらくはこないだろ。
 さぁ、次の所に行こうか?
【サムライ農家】
 ……ナイト志望だけど、アーチャーもいいかもしれないな……
【ガイドマシーン】
 こちらが、ファーイーストの役場前の広場でス。
 市場もたっていて……
【??】
 イタ!
【???】
 あっ。なんでここに?
【??】
 カエル!
【ガイドマシーン】
 ……コランダム、ですネ。
 魔法生物の一種で、確かこの辺だとアンデッドの城に……
【??】
 ニンゲン、キライ!
【ガイドマシーン】
 匿名希望さん、コランダムと会話シていますね、
 モンスターの言葉で……
 
 コランダムは一緒に帰ろうと言ってテ、
 匿名希望さんはあいつをミつけるまでは帰れないっテ……
【??】
 カエル!
 スケルトンシューター!
【スケルトンシューター?】
 あっ!
 名前出したらモンスターだってバレちゃうだろ!?
 コランダムのおバカっ!
【スケルトンシューター】
 あっ、あたしは、その。
【ガイドマシーン】
 あの、差し出がましいようですガ、
 普通の方はモンスターの言葉は理解出来ないので、
 今の台詞を言わなけレばバレなかったのではないかと……
【スケルトンシューター】
 あーっ!?
 作戦にミスがっ!!
 そ、そんなことはいいんだ!
 ええと……
【ガイドマシーン】
 ああ、ご心配ナく。私も
 ○○さんもこーゆーのなれてまスから。
 
 匿名希望さんはアルマだったのですネ。
【スケルトンシューター】
 アルマ?
 なんだそれ……まぁ、いい。
 作戦は継続中だ、問題ない。
【スケルトンシューター】
 ええと、すまん。
 売り物はこれか。
 おや、横にあるそれは……?
【食料品店のおばあさん】
 とれたて新鮮な食材はいかが?
 あら、それは売り物じゃないけど、良かったら飲んでみる?
 絞りたての牛乳なのよ。
 そろそろちょうどよく冷えてきたころだろうから……
【食料品店のおばあさん】
 あら? この子はマリオネットのベリル?
 それにしてはちょっと変わってるように見えるけど……
【スケルトンシューター】
 あ、ああ!
 こいつは、コ……こいつのパートナーなんだ!
【ガイドマシーン】
 そ、ソうそう!
 ○○さんのパートナーでもある、
 ちょっと変わったベリルなんでスよ。
 
 私たちは緑盾軍のお仕事で来てまして、
 仕事が始まるまでに町中を軽く見てまわってたんでス。
【食料品店のおばあさん】
 あぁ、なるほどねぇ。
 みんな若いのに偉いわねぇ♪
 なら、これはサービスよ。
 そこのベリルちゃんも、はい、リンゴよ。
【コランダム】
 ニンゲン、キライ!
【スケルトンシューター】
 あ、リンゴいいなぁ……
 で、この牛乳ってやつは……
【スケルトンシューター】
 おおっ!?
 なんだこれ、この世の中にこんなおいしいものがあっていいのか!?
【コランダム】
 ……リンゴ、オイシイ!
【食料品店のおばあさん】
 あらあら、この子、パートナー以外には懐いてくれないのね。
 でも、リンゴのことは気に入ってくれたみたいだねぇ。
【コランダム】
 ……。
 オイシイ……。
【食料品店のおばあさん】
 お仕事、しっかりね。
 夜になるとどこかからかお化けがわいてきてねぇ……
 別に、悪さをするわけでもないのだけれど、
 やっぱり怖かったり汚れたりでちょっとねぇ。
【ルー】
 ○○さーん!
 とくめいきぼうさーん!
 ガイドマシーンさーん!
 
 そろそろ夕方だから、日がくれる前に戻ってきてくれって
 担当さんが言ってましたよ!
【緑盾軍ワン太曹長】
 ワン、ワン♪
 クーン……♪
【スケルトンシューター】
 お、なんだ曹長。
 あたしの顔に何かついてるのか?
 あー、こら、舐めるなってば。
 まったくもー。
【ルー】
 ふふ、ワン太ったらすっかりとくめいきぼうさんに懐いちゃった。
 最初、ちょっと怖い人かなー……なんて思ってたけど、
 お話してみたら意外と優しい人で良かった♪
 
 ……って、ねえ。
 そこにいる、ベリルっぽい子は?
【コランダム】
 ……リンゴ、オイシイ。
【スケルトンシューター】
 あたしの連れみたいなものだよ。
 今はリンゴに夢中みたいだ。
 そういえば、曹長以外の見習いたちはどうしたんだ?
【ルー】
 ちゃんと留守番してますよー♪
 あの子たち、仲良しだから一匹だけ連れてくるのが難しくて。
【スケルトンシューター】
 そっか、あいつらは友達って奴か。
 うん……やっぱりそうだよな。
【スケルトンシューター】
 よし、作戦が始まるんだよな。
 早いところ、ベースキャンプに戻るか!
【スケルトンシューター】
 えっ?
 退治するのか!?
 追い払うんじゃなくって?
【緑盾軍担当者】
 ああ。
 追い払うにも、結局力づくになっちまうからなぁ。
 
 それに、あいつらを放置して誰かが襲われたり
 怪我したりしちまったらまさに大ごとだし……
 まぁ、手間ではあるんだが、さすがにこれを
 町の住人にやらせるわけにはいかんだろう?
【スケルトンシューター】
 あ、いや。えーと、あのさ、
 ほら、あいつら頭空っぽでさ、攻撃とか侵略とか
 そんな事かけらほども考えちゃいないんだよ。
 
 きっと帰り道がわからなくてうろついているだけだからさ。
 だから……退治とかじゃなくて、別の追い払う方法を……
【緑盾軍担当者】
 いや、こっちとしても他にいい方法があるなら、
 試すことはやぶさかじゃないんだがなぁ……。
 とはいえ、それで俺たちやお前達が怪我をするような
 危険があるなら、それは認められないぞ。
 
 優しいのはいいことだが、俺達はこの町の住人を
 守ることに責任を負っているんだからな。
 優先するべきは、そっちさ。
【ガイドマシーン】
 私たちも、緑盾軍から依頼を受けている立場ですから、
 意見は同様デすね。
 ス……匿名希望さんのいう事も、分からなくはないのでスが……
【コランダム】
 ホットコ!
 カエロ!
【緑盾軍担当者】
 ……なんだ?
 おや、こいつはコランダムか?
 狂暴なモンスターではないが、人に懐くのは珍しいな。
 言葉も少し覚えてるし……
 
 アンデッドの城から一緒に出てきたとでもいうのか……?
【スケルトンシューター】
 たぶん正解……じゃなかった。
 ほら、こいつ懐いてるだろ。
 それと同じで害はないんだよ。
【緑盾軍担当者】
 ……いや、
 さっきは何も考えてない奴らって言ってただろう?
 本当に懐くのか?
【スケルトンシューター】
 それは言葉のあやと言うやつで、
 えーと、その、うーん……
【スケルトンシューター】
 なんとかしなくちゃ……
 同族が迷惑かけてるんだから、あたしが何とかしなくちゃ……
【コランダム】
 ……?
 カエロ?
【スケルトンシューター】
 どうすればいい?
 あいつら、何言ったってほとんどききやしないってのに……
 でも、守ってやんなきゃ……
 アイツもどこにいるかわかんないし、こんなところで
 時間かけてらんないのにどうすれば……
【コランダム】
 ネ、カエロ?
【スケルトンシューター】
 すまん、今考え事をしてるんだ。
 その話はまた後で……
【コランダム】
 ……。
 
 バカーッ!!
【スケルトンシューター】
 えっ?
 コランダム?
【緑盾軍担当者】
 ……いいのか?
 俺から見れば、あいつはモンスターだが
 あんたにとっては違うんじゃないか?
【スケルトンシューター】
 あたしが何とかしなきゃダメなのに、何とかしなきゃダメなのに……
 なのに……なにも、できない……
 
 バカみたいだ。
 居なくなった友達も見つけられないし、
 友達を傷つけて逃げられちまうし……
 同族を傷つけたくないけど、ここの人達にも迷惑をかけられない……
 
 あたし……なにも……
 どうしたらいいんだよ……
 う……
【ガイドマシーン】
 私、コランダムさんを探してきまス。
 危険はないと思いますが。
【緑盾軍担当者】
 ……ええと……
 なぁ、○○、
 状況がよく呑み込めないんだが……
スケルトンシューター・アルマの事情を説明した。
【緑盾軍担当者】
 あー……うん。
 全部信じるというのも難しいが、この町でも
 似たような事がなかったわけではないから、
 信じないとも言えないな……
 
 実際の所、緊急で町が危ないというわけでは無いから、
 いい方法があるなら叶えてやりたいところではあるが……
 お化けどもを傷つけずに追い払う方法……か。
【ガイドマシーン】
 戻りまシた。
 案外近くにいてくれて助かりましタよ。
【コランダム】
 キラワレタ……
 ウェェ……ン……
【スケルトンシューター】
 うう……
【スケルトンシューター】
 あっ、コランダム……
【ガイドマシーン】
 コランダムさん、ズっと泣いてるし、周囲に誰もいないし、
 ビックリしました。
 他の所には結構いるんですけどネ。
 
 本人が言うには、お城にいた仲間たちにも
 嫌われてしまった……と。
【緑盾軍担当者】
 ……わけが分からん……が、泣いている奴が
 二人いても困るんだが……
 ○○、なんとかならんか、これ。

何か言うべきか?
→お互いに謝るように、と伝える

スケルトンシューターも、コランダムも、
友達に戻るためにお互いにごめんなさい
と言うのがいいのではないか、と伝えた。
【ガイドマシーン】
 コランダムさんはあまり人の言葉がわからないようなのデ、
 私が通訳をさせていただきますネ。
【コランダム】
 ……ゴメン……
【スケルトンシューター】
 あたしのほうこそ、ごめん。
 自分の事ばっかりで、コランダムの事、
 もっと見てやらなきゃダメだったな。
 居なくなって、悲しかった。
【コランダム】
 ウン……

→友達なら仲良くしなさい、と伝える

二人は友達なのだから、離れ離れになるのが嫌なら
ちゃんと仲良くしなさい、と伝えた。
【ガイドマシーン】
 コランダムさんはあまり人の言葉がわからないようなのデ、
 私が通訳をさせていただきますネ。
【スケルトンシューター】
 う……うん。
 友達がいなくなって寂しいのはあたしはよく知ってたのに、
 同じような事をしてたんだな。
 ごめんな、コランダム。
【コランダム】
 ……ウン。
 イッショ。

→共通

【緑盾軍担当者】
 ……とりあえず、この二人の喧嘩は
 一件落着、ってことでいいのか?
【スケルトンシューター】
 ……ああ、かっこ悪いところ見られちゃったな。
【スケルトンシューター】
 ○○にも、ガイドマシーンにも
 借りができちまったな。
【緑盾軍担当者】
 なに、誰にだってあるさ。
 ……それにしても、そこにいるコランダムは
 一応はモンスターの仲間……だよな?
 
 なんで、そいつの周囲だけお化けたちがいなくなってたんだ?
 ガイドマシーン、何かわかるか?
【ガイドマシーン】
 私にもさっぱり……
 ただ、明らかにコランダムさんを避けているようでしタ。
【スケルトンシューター】
 ああ、そりゃかんたんだ。
 あいつら、強い光が苦手だからな。
 ほら、だから昼間はどこかに隠れててでてこないだろう?
 
 コランダムは怒ったりするとピカピカ光るから……

……それって
→それを利用できないか?

光を嫌う習性があるなら、それを使って
お化けたちを町から追い出すことができないだろうか、
と提案してみた。
【スケルトンシューター】
 ……。
 ……ああ!
 確かに、それならいける!
【コランダム】
 オマエ、
 アタマイイ!
【緑盾軍担当者】
 ふむ……何か強い光を近づければ、その分逃げてくれる、か……?
 危険は少なさそうだな……。
 よし、試してみるか?
【スケルトンシューター】
 コランダム、先ずは実験だ!
 ベースキャンプそばにいる奴らを追い散らせるか?
【コランダム】
 アイアイ!
【スケルトンシューター】
 よし、効果あり!
【緑盾軍担当者】
 後は、どうやって皆まとめて追い払うかだな……
 よし、緑盾軍の、今動かせる全員を町の各所に配置するか。
 
 そこのコランダムほどじゃないが、灯りを持たせて、
 いっせいに動けばいっぺんに追い返せるだろう。
【ガイドマシーン】
 とはいっても、この町は広いですヨ?
 タイミングがずれてしまったらどうしまス……?
【緑盾軍担当者】
 まぁ、そこはお前さん達と、
 そこの腕のいいシューターさんに期待させてもらうかね。
【スケルトンシューター】
 よし、まかせてもらう!
 これよりこの作戦を、
 オペレーション・ゴーホームと呼称するっ!
【コランダム】
 コショー!
【スケルトンシューター】
 よし、何とか町の南側に追いやったな。
 取りこぼしそうな所もあったけど、
 ○○のおかげで見落とさずに済んだよ。
【緑盾軍担当者】
 やれやれ、時間がかかったが、これで半分は終わったってところか。
 とはいえ、隠れられちまったらまた明日になっちまう。
 
 他の連中を西と東に向かわせたから、後は指示を出せば
 いっせいに南の門に向けて追い込んでいくことになる。
 ここからはさらにタイミングが大事だ。
【ガイドマシーン】
 同時に動かないといけませンね。
 合図はどうしましょウ?
 何か大きな笛でも吹きますか?
【緑盾軍担当者】
 ……あんまり大きな音が出ると、住人が起きちまうからなぁ……
 あと、家畜のほうが問題だな。
 興奮して暴れ出したら洒落にならん。
【スケルトンシューター】
 とはいえ、どうすりゃいいんだ?
 今は夜中だし、真っ暗だ。
 遠くの奴からここは見えないだろう?
【緑盾軍担当者】
 ちょっともったいないが、これを使ってくれ。
【スケルトンシューター】
 これは、光の矢……?
 ああ、そういう事か。
【緑盾軍担当者】
 二本有るから、東西の川の中に落ちるように、
 同じタイミングで撃ってくれ。
 できるか?
【スケルトンシューター】
 へへ、誰に言ってるんだ。
 あたしはそれにかけちゃプロさ、任せときな……
【スケルトンシューター】
 デュアルアローっ!
スケルトンシューターの放った二本の矢は、
大きな光の弧を描き同時に水面に落ちた。
【スケルトンシューター】
 よーっし!
 コランダム、前進だ!
【コランダム】
 ゼンシンダー!

(人材発掘編1未クリア)

【ガイドマシーン】
 実は私にも照明装置はついていて、ここでお役に立てるのです!
 行きまス!
【緑盾軍担当者】
 おおっ!?
 大丈夫なのかこいつ、爆発したぞ!?
【ガイドマシーン】
 せ、整備不良でしょうカ……!?

(人材発掘編1クリア済み)

【ガイドマシーン】
 私も行けまス!
 この前装備が追加されたのですから、光らないわけがなイのです。
【ガイドマシーン】
 あ、あラ?
 電池が切れて……

(共通)

【ガイドマシーン】
 私の事はかまいませンから、先に行ってくださイ!
【緑盾軍担当者】
 ……お、おう。
【スケルトンシューター】
 タイミングはずらせない。
 ガイドマシーンは後から合流してくれ。
 町の南門から、アンデッドの城まであいつらを追い返すぞ!
【スケルトンシューター】
 よし、漏れなく追い込んだ!
 あたし達で壁も作ったから、ここから先は気を抜かずに追い返すだけだ!
 
 さぁ、みんな、ここを出て早いとこアンデッドの城に帰るんだ!
 今なら、朝までに城に戻れるぞ!
【緑盾軍兵士】
 おお、帰っていくぞあいつら。
【緑盾軍兵士】
 けが人なし、町の被害なし。
 ……まぁ、寝不足だけは仕方ない。
【緑盾軍担当者】
 ○○、えーっと、シューターでいいか?
 お前達のおかげで、見事にこの町からアンデッド達に
 帰ってもらう事に成功したよ。
 あぁ、後はそこのコランダムもな。
【スケルトンシューター】
 なに、あたし一人じゃだめだった。
 方法がわかっても、あんた達の力が無ければ、
 あいつらを傷つけずに追い返すなんて芸当はできなかった。
 協力作戦の結果、だな。
【緑盾軍兵士】
 そっちの冒険者も大したもんだったが、
 小さい嬢ちゃんも良くやったな!
【スケルトンシューター】
 ……あん?
【緑盾軍兵士】
 小さいのに立派なもんだ。
 うちの軍に欲しいくらいだな。
【スケルトンシューター】
 ああ、くっそ!
 小さい小さいうるさいな!
 気にしてんだから言うなよ!
【コランダム】
 キニシテル!
【スケルトンシューター】
 コランダム!
 そこは復唱するなってば!
 お前意味わかってないだろ!?
【緑盾軍担当者】
 あっはっは!
 まぁ、何はともあれお疲れ様だ。
 あとはガイドマシーンを回収して、一件落着、だな。
【コランダム】
 オワッタ!
 カエロ?
【スケルトンシューター】
 アイツをまだ見つけてないから、帰るわけには……
【ガイドマシーン】
 やぁ、間に合いませんデしたか。
 皆さんお疲れ様でス。
【タイ兄さん】
 どや?
 ○○、無事に仕事は終わったようやな。
【スケルトンシューター】
 ……なんだ、お前?
【緑盾軍担当者】
 タイニー……かな?
【タイ兄さん】
 スケルトンシューター、
 話はガイドマシーンから聞かせてもろたで。
 良かったらワイのギルドにこんか?
【コランダム】
 イカナイ!
 カエロ?
【タイ兄さん】
 そこのピカピカしたのも、一緒に来ればええんや。
 りんごもくわしたるで?
【コランダム】
 リンゴ!
 ツイテク!
【スケルトンシューター】
 いや、あたしは知り合いを探してて、
 それが終わるまではどこにも行くつもりはないんだ。
【タイ兄さん】
 お前が捜しとるのがどんなやつかはわからんけど、
 うちのギルドには色々な奴や仕事の依頼がくるし、
 その分情報も多く集まるで。
 お前が探しとるやつのことも、情報がくるかもしれんで?
【スケルトンシューター】
 情報……それは、ありかもだな。
【スケルトンシューター】
 協力はしよう。
 だが、基本、あたしはこっちで人探しを続けさせてもらうよ。
 アイツがふらっと戻ってくるかもしれないしな。
 そうだな……ああ、そうだ。
 コランダム!
【コランダム】
 ?
【スケルトンシューター】
 あたしの代理で、こいつらのギルドに連絡役として行ってくれないか?
 アイツがみつかったら一緒に行くから。
【コランダム】
 ……。
【タイ兄さん】
 りんごあるで?
【コランダム】
 リンゴ!
 ガンバル!
【スケルトンシューター】
 と、言うわけで、なにか連絡があればしばらくはこいつに
 話を聞いてほしい。
 なに、アクロポリスにもちょくちょく顔を出す様にするよ。
【ガイドマシーン】
 では、一旦かんぱにーに戻りましょウ。
 緑盾軍の皆様、お疲れ様でシた。
【緑盾軍担当者】
 なんだ、もう帰っちまうのか。
 ゆっくりしてきゃいいのにとは思うが、引き止めはしないよ。
 今回は助かったよ、ありがとう。

タイ兄さんの飛空城 [edit]

【コランダム】
 ……ココドコ?
【ガイドマシーン】
 ここはタイニーかんぱにー。
 場所的には今はアクロポリスシティの上空辺りにいまスよ。
【コランダム】
 アクロ……リス?
【タイ兄さん】
 まあ、ええ。
 りんごでも食わせとくとええで。
【コランダム】
 ……リンゴ!
【ガイドマシーン】
 何はともあれ、良かったですネ。
 スケルトンシューターさんも探しているお友達がみつかれば
 来てくれるデしょうし、連絡役にコランダムさんも来てくれました。
【ガイドマシーン】
 それにしても、行方不明になったお友達の方ハ
 一体どのような方なのでしょうかネ?
 そして、友達を探すためにアルマになった……のでしょうかネ?
 聞いておけばよかっタです。
 
 でも、もしそうだとしたラ……
 私だって、トモダチを想う心を持っていればアルマに……
 おお、何か……
【ガイドマシーン】
 おお、これで私もアルマに……
 
 ア。
【ガイドマシーン】
 そうそう、忘れていまタ。
 スケルトンシューターさんからお礼の品を預かっていたんでス。
 
 ええト……どこにしまったっけ。
 あったあった、これです。
 ○○さん、はい、どうぞ。

何色にする?
→古典軍隊帽子(茶)
→古典軍隊帽子(緑)
→古典軍隊帽子(白)

「古典軍隊帽子(○)」を受け取った
【タイ兄さん】
 ……それで終わりなんか?
【ガイドマシーン】
 あ、代表にはこちらを。
 緑盾軍から、ファーイースト名産のお菓子が届いてまス。
【タイ兄さん】
 ……そか。
 うん、まあええで。
【タイ兄さん】
 ○○おつかれやで。
 今回のお駄賃な。
給料?として150Gold受け取った!

Last-modified: 2016-11-19 (土) 17:35:33