イベントログ記録へ戻る

タイニー・かんぱにー~人材発掘編~ ログ
センパイのおしごと [edit]

タイ兄さんの飛空城 [edit]

【タイ兄さん】
 ああ、それやな。
 お前、あの二人には顔見せた事無かったやろ。
 ……いや、そもそもあっとらんから、あの二人ゆうてもわからんか。
 
 お前より前にこのかんぱにーに来とった奴がおるんや。
 長いことコンビくんどってな、仕事はできるんやけど、
 次々仕事受けて、ずっと現場に出ずっぱりでなかなか顔も出さん。
 たまには後輩に顔見せろって伝えてきてほしいんやで。
 
 で、なんでも今の仕事がちょっと遅れとるらしいんや。
 あいつらにしちゃ珍しいこっちゃけど、別に状況次第で仕事が伸びるのは
 そこまでおかしな話でもない。
 なんかあったら、お前も手を貸してやれや。
【タイ兄さん】
 ここも人……というか、アルマやけど……増えよったしな。
 顔を知らんのもなにかと不都合あるやろし。
【ガイドマシーン】
 ああ、あのお二人ですね。
 とても良い人たちデすよ。
 ……そういえば、ここしばらくかんぱにーには
 戻ってきていませンね。
【タイ兄さん】
 あいつらは今、南ウテナ開拓地の釣り場の水質調査にいっとる。
 なんでも、釣り場の水が濁って釣り客の足が遠のいたとかでな、
 調査して原因を見つけて解決してくれっちゅー話なんやで。
 で、あいつらに頼んだんやけど、ちと遅れとるみたいやな。
【アルケー】
 あら、あの二人のことかしら?
 少なくとも、コンビで動いてれば有能であることは保証するわ。
 片方だけだと、苦手なこともあるのだけど……二人で補い合ってるから
 滅多に困ることにはならないのよね。
【モーラン】
 アルケーさんがそんなに褒めるなんてマジヤバい……
 そんな先輩もいるんだ、ここ。
 人材の厚さマジヤバくない?
【タイ兄さん】
 ま、ちょうどええから顔見せついでに会ってくるとええで。
 でもって、仕事遅れとる理由も聞いといてや。
 あいつらのこっちゃから、さぼっとるとかはないと思うが
 なんか妙なトラブルに巻き込まれとるかもしれんし。
【ガイドマシーン】
 わかりマした。
 では、ご案内いたしまス。

南ウテナ開拓地に
→現地に向かおう

【ガイドマシーン】
 到着しましタ。
 南ウテナ開拓地は、過去にあっタけど今はもう人が住まなくなった
 場所をもう一度村にしようとしているおじいさんが作り出した
 村……と言うには、ちょっと小規模な場所でしょウか。
 土地は広いのでスけどね。
 
 さて、あのお二人は……あ、いましたいました。
 お疲れ様デす。
【釣り場の世話人ミヒラー】
 おや、君たちはどちらさまかな?
【???】
 あ!
 ガイドマシーン、久しぶりぃ!
 その人だれ? え、もしかしてかんぱにーに新人が来たの!?
 そっかー、君は新人君……ってことは、アタシの後輩かぁ~♪
【???】
 ガイドマシーンさん、どうしたんですか?
 貴方が現場に出るのは久しぶりではないかと。
 あと、そちらの方はサンドラットの言うとおり
 私たちの後輩なのでしょうか?
【ガイドマシーン】
 ええ、そうデすよ。
【サンドラット】
 あ、マタンガ!
 これから自己紹介しようと思ったのに、先にアタシの名前
 ぽろっと言っちゃうしー、もー。
【マタンガ】
 あら、ごめんなさいサンドラット。
 でも、まだ自己紹介ができているわけじゃないですから
 改めて自己紹介……としませんか?
【マタンガ】
 依頼人さん。少々待っていていただけますか?
【釣り場の世話人ミヒラー】
 ああ、かまわんかまわん。
 そこまで急ぐものでもないし、せっかくの来客だ。
 ワシはその辺でのんびりしとるよ。
 君たちもかんぱにーの人かもしれんが、まぁゆっくりしていきたまえ。
【サンドラット】
 なら、お言葉に甘えて……。
 改めて、アタシはサンドラット。キミの先輩だよ。
 君の名前教えてよ、ふんふん……
 ○○だね、よし、おぼえた!
 
 わー、メンバーが増えるなんて久しぶりだよ!
 見た感じ、結構手慣れた冒険者みたいだから
 仕事に関しては問題ないかもしれないけどさ、
 何か困ったことがあったら先輩を頼っていいからね♪
【マタンガ】
 私はマタンガと言います、よろしくお願いしますね。
 よくサンドラットと一緒に仕事をしているんですが、
 私の方がサンドラットよりちょっと後輩になりますね。
 貴方にとっては一応、私も先輩……ですね。
 
 先輩として恥ずかしくないようにしないと……
 それにしても、普通の人間の冒険者がかんぱにーに来るとは。
 正直驚きました。
【サンドラット】
 だよねー、正直びっくり。あのタイ兄さんに人間とまともに
 交渉できる能力が……って、まあ営業してるからできはするか。
【ガイドマシーン】
 アれ?
 お二人は普通の人間の冒険者さんでハ?
【サンドラット】
 何言ってんのさガイドマシーン。
 アタシたち最初っからアルマだけど。
【マタンガ】
 あ、でも、確かにガイドマシーンさんがかんぱにーに
 来た当初は既に私たちは人間の姿でしたし、当たり前のことだったから
 アルマだとわざわざ説明もしていなかったですね。
【サンドラット】
 そうだっけ?
 あれ、ってことはガイドマシーンが来たときって、
 アルケーはかんぱにーに居たっけ?
 ……ま、いいや。会えば分るだろうし。
【ガイドマシーン】
 し、知りませンでした……
 アルケーさんとも会ったことはなかったデすね。
【サンドラット】
 タイ兄さん、その辺他人に説明しないからね。
 誰がどんな理由でかんぱにーに来たかとか、知ってる人も
 少ないだろうし……あ、先に言っておくとアタシは単純に
 故郷から外の世界に出たかっただけなんだけどね。
【マタンガ】
 カーマイン砂漠の生まれでしたっけ。
 周囲に何もないって以前ぼやいてましたね。
【サンドラット】
 そうそう。あの辺広いわ出口分かんないわでさー。
 何年か前から、冒険者が入ってくるようになって。
 あれ、入ってくる人がいるって事は出られるって事じゃないの、
 と気が付いたら、もう出たくてたまらなくなってねー。
 
 この姿になったはいいけど、見事に砂漠で道に迷って行き倒れて、
 通りすがりの冒険者っぽい人に助けられて。外に出てから、
 あんな風に人助けをするのもいいかなってかんぱにーに来たんだよね。
 タイ兄さんについては、最初は気にしてなかったけど変だよねー。
 それに、何かキモいし……君はどう思う?
【マタンガ】
 サンドラット、後輩である
 ○○ちゃんにそれを聞くのは
 半分以上強制になっちゃいますよ?
【サンドラット】
 あ、確かにそう感じちゃうかも。ごめん、今のなしね。
 先輩として、後輩には優しくしなきゃねー。
【マタンガ】
 そうそう、後はちょっとだけ後輩の私にももう少しいたわりを
 持ってくれてもいいと思うんですけど。
【サンドラット】
 マタンガはいいの!
 頭脳担当なんだから、そこは任せるしかないでしょー?
 それにこの前お昼おごってあげたじゃん。
【マタンガ】
 あのお店は中々おいしかったですね。
 と言うのは置いておきまして、改めてこの二人が
 何でここに来たのか聞いてみません?
【サンドラット】
 それもそうだ、せっかく来てくれたんだからごはんでも……
 ってわけにはいかないんだよね。まだ仕事が終わってなくてさ。
【ガイドマシーン】
 あ、それですそれです。
 代表からは、何か有ったかもしれなイので、
 顔を見せるついでに状況を聞いてきてほしいト。
【サンドラット】
 うん、遅れてるのは確かだね。
 でも、そこについては依頼人さんには了解もらってる。
【釣り場の世話人ミヒラー】
 ん、呼ばれたかな?
 ああ、予定よりも遅れとるのはわかっているし、
 その事は納得しとるから問題はないよ。
 実際、こっちが考えていたよりも根が深い問題みたいでね。
 
 焦って釣り場がダメになっては意味がないからね、
 じっくりしっかり調べてくれる方が安心できるよ。
【サンドラット】
 最初は、釣り場の水が汚れたから調べてくれって言う話だったんで、
 池の底の掃除でもすれば平気かなって思ったんだけどさ。
 一部を掃除して、そこは一旦きれいになっても少し経ったら
 また元通りになるんだよね……
【マタンガ】
 物理的に掃除をするだけだとどうにもならなかった、という
 経験を基に、釣り場の水質調査を複数の場所で行っていたんです。
 他の綺麗なままの釣り場と、この濁ってしまった釣り場で何が違って
 いるんだろう……って。
【サンドラット】
 その辺で頭を使うのはマタンガの専門だから、アタシは後半は荷物持ちや
 手伝いしてるだけみたいなもんだったけど。
【マタンガ】
 いや、その。
 物事をわかりやすく他の方に伝えてもらうのは
 サンドラットの方が適任ですから。
 ……というか、私が話すと依頼人さんが混乱されますので。
 申し訳ないです……
【サンドラット】
 まあ、結果だけ言うと、
 薬作るんだよね。水をきれいにする薬。
【マタンガ】
 凝集剤などと呼ばれるのですけど、水の中に浮かんでいる細かな
 汚れをまとめて沈殿させる……簡単に言うと水をきれいにする
 ための薬を作って、この釣り場に使います。
 もちろん、お魚さんには極力影響の出ないものですね。
 で、水がきれいになればよし。
 これでだめなら、何か魔法的な原因でもあるのでしょうから
 別の手を考える……というかたちになります。
【サンドラット】
 で、○○、
 物は相談なんだけどさ。
 薬の材料集めの最中なんだけど、まだちょっと時間がかかるし、
 依頼人さんをあんまり待たせたくないから手伝ってもらえる?
 今日ごはんおごるからさ、どう?

手伝ってもらえない?
→手伝う

【サンドラット】
 決まりだね!
 いい後輩を持って幸せだよ♪
 じゃ、ちょっと南側に移動するよー!
【サンドラット】
 さて、マタンガ。
 何を集めればいいかな?
【サンドラット】
 ○○には言ってなかったかもしれないけど、
 マタンガって無茶苦茶頭いいんだよね、特に薬品関係。
 きっと今回もテキパキやってくれるよ♪
【マタンガ】
 サンドラット、後輩を前にしてハードルあげるの止めません?
 これでミスしたら恥ずかしいじゃないですか、もう……
【サンドラット】
 大丈夫大丈夫、信頼してるからさ。
 それに、アタシ達2人ならなんだってできる気がするじゃん。
【マタンガ】
 それはそうですけど、ほら。
 ○○ちゃんは私にとっても後輩なわけで、
 ちょっとくらいはいいところを見せたいなって。
【マタンガ】
 って、何言っているんだろう私!
 
 ……と、では、作業に移りましょうか。
 さて、ではそろそろ本気モードになりますよ。
【ガイドマシーン】
 本気、モード……?
 メガネを付けたんですカ?
【マタンガ】
 眼鏡は私の顔の一部です。そしてこれをつけると
 なんとなくですけど、気が引き締まるのです!
 ……ええ、まぁジンクスと言う奴ですね。
 
 ええとですね、水質浄化の薬を作るためには色々な素材が必要に
 なってくるのですが……今までに集めた材料や、最初から持っている
 素材を考えると……油分はサラダ油がまだあるし、この粉はもう既に
 持ってきてもらったし……あ、キューティクルエキスが足りないですね。
【ガイドマシーン】
 おお、薬品精製デすね?
 ファーマーの二次職であるアルケミストさん達が使うスキルに
 薬品合成と言うものがあルのですが、それですよね?
 こノように、いくつかの素材を集めて、それを加工することで別の
 アイテムを作り出す事を、合成・精製などと呼びまス。
 タタラベさん達が行う武器の作成もここに含まれまスね。
【マタンガ】
 私はアルマで、人間の冒険者さんみたいなしっかりした基礎を
 学んでいるわけでは無いのですけど……まぁ、色々な事を知りたくて
 本を読んだり親切な方に教えていただいたりして覚えたんです。
 
 この姿になれたのも、冒険者さん達が多く私の地元に来るように
 なってからですね。元の姿のままでは言葉も通じないし、
 話を聞こうにも見た目で驚かれてしまっていましたから……
 この姿になれて、色々と知ることができて本当に嬉しいんですよ♪
【サンドラット】
 その熱意をもうちょっと衣装選びにも向ければいいのに……
 マタンガはメガネを除くと着る物にほんと無頓着でさー、
 背も高いし色々な服が似合うのに、アタシとか知り合いが薦めた
 衣装ばっかり……って、あ、ごめん。今は仕事の話中だよね。
【マタンガ】
 色々な方の親切や、今までの知識を集積してくれた書物や
 図書館にはもう感謝してもしきれないくらいですが……それはともかく
 キューティクルエキスを手に入れるためには、この海岸辺りに時々ある
 「流れ着いた倒木」を何個も叩いてみてください。
 時々、キューティクルエキスが手に入るんです。
【サンドラット】
 手助け頼んでおいてよかったー。
 さて、ちゃっちゃとやろっか。
 二人でやれば時間は半分、マタンガとガイドマシーンも、
 戦いは不得意でも手伝ってよね?
 さて、いっくよー!
それから、しばらくたった後……
【サンドラット】
 案外早く集まったよね!
 これも○○のおかげかも!
【ガイドマシーン】
 サンドラットさん、体の動きがまた速くなったような……
【マタンガ】
 実質、ほとんどあの二人でやったようなものですね。
 ○○ちゃん、けっこう頼りにできそうです。
 さて、これで必要な分以上にキューティクルエキスが
 集まりましたので……早速、薬を作りましょうか♪
【マタンガ】
 ふん、ふふん♪
 これをこうして、温度を下げるのと同時に成分を分離させて……
 はい、できました♪
【サンドラット】
 なんで、いくつも違う薬っぽいのがあるの?
【釣り場の世話人ミヒラー】
 確かに。それは全部水質改善の薬なのかね?
【マタンガ】
 いえいえ、一番大きめの容器に入れてあるのが水質改善の
 薬なんですけど、この薬は作っている途中に副産物として
 別の薬ができてしまうんです。
 まぁ、こちらの方が有用な事も多いのですけど……
 疲れを取ってスタミナを回復する効果があるんですが。
 サンドラット、飲んでみます?
【サンドラット】
 お、ありがとう♪
【釣り場の世話人ミヒラー】
 ほうほう、興味深いね。ワシももらっていいかな?
【マタンガ】
 構いませんよ♪
 大した量ではないのですけど
【サンドラット】
 ぷはーっ♪
 なんか、体がホカホカしてきたぞー。
【サンドラット】
 って、あれ?
 あれれ、体が……なんだか熱く……?
【釣り場の世話人ミヒラー】
 む、何やらワシもほっかほっかに……
 これはっ!?
【ガイドマシーン】
 依頼人さんの髪の毛が!?
 サンドラットさんの色が!?
【釣り場の世話人ミヒラー】
 おお……!?
 何年も前に別れたはずのワシの髪の毛が
 こんなにふっさふっさに!?
【サンドラット】
 あーっ!?
 夜モードになってる!
【ガイドマシーン】
 え?
 夜モード?
【サンドラット】
 夜モードは……その、夜モードだよ?
 アタシは元々どっちかと言うと夜行性でさ、
 夜の方がなんとなーくテンションあがるんだよね。
 ……って、なんか効果違ってない?
【釣り場の世話人ミヒラー】
 スタミナ回復とはちがうが、これはこれで……
 ふむ、見違えたのぅ。
【ガイドマシーン】
 こんな変化があるなら、私だってこの薬の
 予期せぬ効果でアルマになれるかもしれませン!
 サラサラヘアーになるかもしれないシ、是非飲んでみたいデす!
【マタンガ】
 え、ガイドマシーンさんがですか?
 と、言ってもどこから……
【ガイドマシーン】
 背中のハッチをあけれバ、こう……
【マタンガ】
 ううん、効果あるのでしょうか……。
 止めはしませんけど。大丈夫ですか?
【ガイドマシーン】
 ……特に、変化はないようデすね。
 残念でス。
【マタンガ】
 それはそれで……というか、この薬の効果を考えると
 どうも水質浄化の薬の作成を失敗しているみたいですね……
 
 すいません、ちょっと作りなおしてみます。
【マタンガ】
 困りました……
 原因がわかりません、レシピ通りに作っているのですが。
 どこを間違えているのでしょう……?
【サンドラット】
 前にも同じようなもの作ってなかったっけ?
 何か違いはあるの?
【マタンガ】
 重要な素材は元から持っていますし、作った結果が
 合成失敗物になっているわけでもないし……
 何か間違えていると言うのが濃厚ですね。
 とはいえ、どこでミスをしているのか。
【ガイドマシーン】
 まず、レシピについては問題はなかったわけデすね?
 前に作ったことがあるとの事ですし。
【マタンガ】
 ですね。重要な素材は全て前に成功した時と同じ物なので
 ここは問題なし……今回使ったのは、キューティクルエキス、
 ゼリコ、サラダ油、卵……
【サンドラット】
 その辺、前回使ったのは何だっけ?
【マタンガ】
 キューティクルエキスは買ってきたものを使ってました。
 ゼリコは結局溶かして使うのでゼリコポーションで、
 後は油はバター系の物、卵はもらい物の高級卵を……
【サンドラット】
 うーん……その辺りのどれかが、何か違う……?
 ○○、今まで聞いてて、
 何かこの辺に違いとかあった?

何か違うものは……
→油の温度が違う?

油の温度が違ったりするのではないか……と伝えて見た。
【サンドラット】
 油の温度?
 揚げ物をしているわけでは無いと思うけど……
【マタンガ】
 あ!
 それかもしれません!
 いえ、そうです。
 ○○ちゃん凄いですね!

→植物性の油だから?

前はバターで動物性の油、今回はサラダ油で植物性の油
なので、そこが違うのではないか……と発言した。
【ガイドマシーン】
 同じ油ではないのでスか?
【サンドラット】
 うーん、パンにつけるならバターの方が
 好みかなぁ……って、そういう話じゃないか。
【マタンガ】
 ……あ、なるほど。
 ○○ちゃん、鋭いですね!

→共通

【サンドラット】
 え、どゆこと?
 ちょっとマタンガ、説明して!
【マタンガ】
 はい、実はですね、私一つ大きな見落としをしていまして。
 レシピには油としか書かれていなかったので、どちらでも同じだろうと
 思っていたのですが……この二つ、違うんです。
【サンドラット】
 どういうこと?
 台所や食卓に置いてあるバターやサラダ油って、
 塊になってるか瓶に入っているかくらいの違いじゃ?
【マタンガ】
 そこ、そこなんですよ!
 サンドラットも言っている通り、普通の状態ではバターは固体。
 サラダ油は液体、ですよね……溶ける温度が違うんです。
【サンドラット】
 そりゃ、暑い日とかなら別だけど、バターは普通固形だね。
 柔らかくなってる事も、妙に固いこともあるけど……
【マタンガ】
 そう、前回は、冷めてくるとすぐに固体になるバターを使って、
 今回は冷めても固まらないサラダ油を使った。これが、一番大きな
 条件の変化だと思います。
 だから……今使っている材料をサラダ油からバターみたいな
 通常は固形の油に変えることができれば、上手くいくと思うんです!
【サンドラット】
 んー、上手くいきますって言わないのはマタンガらしいなぁ。
 もっと自信持っていいんだよ?
【マタンガ】
 確率は高いですけど、確証ではありませんから。
 これでだめなら他の原因です、トライ&エラーですよ。
 失敗したって前に進めれば御の字です♪
【マタンガ】
 それにしても、改めて感謝しないといけませんね。
 ○○ちゃんの一言が無ければ
 ちょっと思考の迷路にはまり込んだままだったので。
【サンドラット】
 調子戻ってきたみたいだね。
【サンドラット】
 ○○、お手柄!
 今日のごはんにはデザートも付けてあげるよ♪
【サンドラット】
 で、バターだとこの辺で取れたっけ?
 ミルクピッチャーはこの辺にはいないよねぇ……
【マタンガ】
 この辺りだと、ちょうどラクダーンがバターを落としますね。
 あちらには災難ですけど、ちょっとおどかして
 バターを落とす様に仕向けましょうか。
【サンドラット】
 よし、そうと決まれば善は急げ。
 行動開始だ!
【ガイドマシーン】
 来ました、正面に……なんか、気性の荒そうな子が。
 ラクダーンって普段は大人しいモンスターなんですが。
【サンドラット】
 ふっふーん、夜モードのアタシに怖いものなし!
 本気出すよー、マタンガ、支援よろしく!
 ○○も、チャンスあったらどんどん入ってきて!
【ガイドマシーン】
 あの二人のやり取りは、こういう時はもう何を言っていルか
 分からナいんですが……お互いに通じてるみたいなんですよね。
 さて、私もスタミナ剤の影響かやる気十分ですヨ。
 頑張りましょ……
【サンドラット】
 あっちに!
【マタンガ】
 行きますよ、サンドラット。
【サンドラット】
 ん!
【マタンガ】
 えい♪
【サンドラット】
 よっし!
【サンドラット】
 バター発見!
 お疲れ様でしたー♪
【マタンガ】
 かなり最初の方に手に入るなんて運がいいですね。
 では、釣り場まで戻りましょう♪
【マタンガ】
 完成しましたー♪
 今回は平気、な、はず……
 ちょっと自分で試してみますね。
 ……これは大丈夫、ちゃんとしたスタミナ剤になってます!
 ならば、これは立派な水質浄化薬……です!
【釣り場の世話人ミヒラー】
 おお、出来たかね。
 では、早速お願いするよ。
【サンドラット】
 なら、入れるよー。
 よいしょっと、……お、水の中の濁った部分が減ってる!
 すごいすごい!
水質浄化薬を水場に投入すると、濁っていた水中の汚れが沈殿し、
見る間に水は青さを取り戻していく。
【釣り場の世話人ミヒラー】
 おお、水が、釣り場が元に戻って……ありゃ?
 何か湖底の方に……
【インスマウス】
 ありゃりゃ、誰っスか。
 これじゃ眩しくてたまらんっスよー。
【サンドラット】
 えっ?
 君、だれ?
【マタンガ】
 インスマウス……のようですが。
【釣り場の世話人ミヒラー】
 あれあれ、すまんがここは釣り場としてあんたらから
 許可をもらっている釣り場なんじゃが……
【インスマウス】
 ……えっと、っス。
 まずはっスね、ここ、どこっスかね?
 自分、里を出て旅をしてまして、行き倒れた時から
 この中で目を覚ますまでの間の記憶がないっスよ……
【ガイドマシーン】
 インスマウスはこの世界に古くから住んでいる種族で、
 大陸の洞窟の奥深くに隠れ里があると聞きまスね。
 あとは、冒険者さんと契約してマリオネットになっている
 インスマウスも多く存在しマす。
【マタンガ】
 もしかして干し魚になっていたのが、何かのきっかけで
 この釣り場に入って復活した……とか、そういうところでしょうか?
【サンドラット】
 ふむふむ。
 えーっと、そこのインスマウスの君さ、
 この釣り場にもとからいたって事じゃないよね?
 ここの水場を汚してたのは君なのかな?
【インスマウス】
 汚すというか、日差し眩しいんでちょっと過ごしやすくしていた
 感じっスねぇ……汚すと言えば、ここはそんなにひどくないけど
 時々水の中に色々とごみを捨てて行く人がいて困るっすよ。
 ここで言う事ではないっスけど……
【釣り場の世話人ミヒラー】
 確かにマナーの悪い釣り人が物を捨てていく事もあるが……
 一応、定期的に掃除はしとるよ?
【インスマウス】
 あ、でもって、ここにもとからいたわけではねっス。
 ライギョーみたいな暴れん坊と間違われると迷惑っスけど、
 こちらの方々に迷惑をかける気はねっスよ。
 とはいえ……まだ体力も戻ってないので、
 しばらくここで休ませて欲しいというのは本音っスけど。
【釣り場の世話人ミヒラー】
 ふむ、困ったときはお互い様だから、
 釣り場をダメにしなければ、多少は構わないんだけどねぇ……

であれば……
→大陸の洞窟まで案内すればいい?

【インスマウス】
 いや、そのお申し出はむっちゃありがたいっスけど
 皆さんに申し訳ないというか。
【サンドラット】
 ○○、冴えてる!
 アタシたちは、ここの水源をきれいにするのが仕事。
 そこのインスマウスの君は、ここの水源に居なくてもいいけど、
 いると水源を釣りに使えなくしちゃう。
 なら、アタシ達が仕事の一環で君を故郷まで連れて行けば
 いいんじゃないかな?
【釣り場の世話人ミヒラー】
 ああ、なるほど。
 うん、必要なことだから、それは仕事の一部として
 もらっても構わないよ。経費も請求しておくれ。
 なに、こっちも釣り場が戻らないと困るからね。
【マタンガ】
 流石サンドラット、交渉まとめるの上手いですよね。
 ○○ちゃんもお見事です。
 私、この手の交渉はあまり得意じゃなくて。
 ちょっとうらやましい。
【インスマウス】
 っかー、これはもう皆さんのご厚意に甘えるしかないっス。
 せめて、釣り場のそこにあるちょっとのゴミとかは自分が
 綺麗にしていくっす。
【マタンガ】
 インスマウスさんが干からびてしまわないように、
 日焼け止めと潤いを与える薬を作っておかないと……
【サンドラット】
 ○○は、先にかんぱにーに戻って
 タイ兄さんに報告しておいてよ。
 アタシ達も、大陸の洞窟にこの子届けたらすぐ戻るからさ!
 今日ごはんおごるからね!
【マタンガ】
 ○○ちゃん、ではまた後でお会いしましょう♪
【マタンガ】
 あ、サンドラット、待ってくださいよ。
 まだインスマウスさんが準備中ですよ?
【インスマウス】
 うっし、これでだいたいは回収したっす。
 ゴミを無くしてきれいな水場!
 今回はご迷惑おかけしましたっス。
【インスマウス】
 あれ、こんなところにエレキテルの残骸が落っこちてるっス。
 これも誰かが不法投棄するのを狙ってたんスかねぇ……よし、
 コイツも回収しておくっスよ。では、お世話になりましたっス!
【釣り場の世話人ミヒラー】
 うんうん、釣り場は元に戻ったし、ワシの頭髪は豊かになったし。
 いや、タイニーかんぱにーといったか。君たちのかんぱにーは
 本当に凄いねぇ、何か有ったら、また頼むよ。
 ありがとう、あの子たちにも伝えておいておくれ!

タイ兄さんの飛空城 [edit]

(荷物が一杯の時)

【サンドラット】
 あれれ?
 ねえ、かばんがきっちきちに
 詰まってるんだけど……
 荷物も机もお部屋も整理は基本!
 ちゃちゃっと片付けてきてね!

(通常時)

【サンドラット】
 へっへーん、やった!
 アタシ達の方が奇跡の逆転!
【マタンガ】
 お帰りなさい、○○ちゃん。
 ……まぁ、南ウテナ開拓地から大陸の洞窟までの方が
 アクロポリスより近いですからね。
 洞窟入口でインスマウスさんと別れて、
 時空の鍵で帰ってきたから早く戻ってこれました。
【サンドラット】
 後輩に報告やらせるのもなんか悪いなーって思ってさ。
 ちょうど、洞窟の入口で別のインスマウスに会ってさ、
 知り合いだったらしくて、ここでいいって言うから帰ってきたよ。
 あ、そうそう。君にもお礼を言ってくれって言われたよ♪
【マタンガ】
 今回は貴方にもずいぶん助けられてしまいましたね。
 でも、優秀な後輩の方が来てくれたのは嬉しいことね♪
 特に、私たちも時々分からなくなる人間の社会に明るい人がいるのは
 心強いことですからね。
【サンドラット】
 それにしても、かんぱにーに人増えたよねー。
 最初の頃とは大違いだよ。
【マタンガ】
 初めはこんな少数で何するんだろうって思っていましたからね。
 居場所を作ってくれたタイ兄さんには感謝していますが、
 果たしてこの居場所は長く続くんだろうかと
 不安があったのも事実でしたから……
【サンドラット】
 アタシ達、先輩とはいっても役職もちにはなりたくないし、
 君があたしたちの上役になるって言うなら歓迎するからさ!
 期待してるよ……と、そうだ!
 
 後輩も増えたことだし、しばらくは先輩として
 かんぱにーにもちょくちょく帰ってくることにするよ。
 書類仕事も結構溜めこんでるしねー。
 
 でもって、それはそれとして……
 先輩から後輩にプレゼント♪
 アタシとおそろいのシッポだよ。
 遠慮せずにアタシとおそろいにしてくれていいんだからね。

何色にする?
→サンドラットのシッポ(黄)
→サンドラットのシッポ(紺)
→サンドラットのシッポ(白)

「サンドラットのシッポ(○)」を受け取った
【ガイドマシーン】
 ただいま戻りましタ! タタタ!
 私は生まれ変わったのデす! 今までの私とは違ウのです!
 そう、これこそは進化! インスマウスの方に修理してもらい
 究極改造を施された私はまサに最強! この進化は間違いなく
 私がアルマになる前兆に違いありまセん!
【タイ兄さん】
 ……そのボタン、なんや?
(ポチッ)
【タイ兄さん】
 おお、そうや。
 ○○、お疲れやで。
 これ、お駄賃な。
 次もよろしく頼むで。
給料?として10Gold受け取った!

Last-modified: 2016-11-19 (土) 20:27:16