メインストーリー 「動き出す世界2~ベリアルルート~」 [edit]

関連リンク [edit]

レジスタンス本部で話を聞こう(レジスタンス本部で話を聞いてみよう) [edit]

ウェストフォート - レジスタンス本部 [edit]

【ベリアル】
ところでアニキ、
レジスタンスを率いて欲しいって
言われても正直どうしたら良いんだ?
【レジスタンスリーダー】
なあに、どっしり構えてれば良いさ、お前は。
難しいことは俺がやるからよ。
【ベリアル】
な!?
 
バ、バカにすんなよ!
俺だってアニキの代わりくらいには……。
【レジスタンスリーダー】
まぁその時がきたら、みっちり叩き込んでやるよ。
 
お前らは街の警備にでも行って来い。
ついでに街の外のヤツらの情報も聞いてきてくれ。
【ベリアル】
なんだかんだで元気じゃねーかよ……。
 
まぁ、ここにいてもしょうがないし、
大人しく警備に専念しようぜ。
【レジスタンスリーダー】
街の警備の情報はまずグンバールとエイダに集まる。
一度、この二人に当たってみてくれ。
ちょうど他の訓練生たちを教育しているはずだ。
【ベリアル】
あの二人か……。
ウェストフォートの中にいるはずだな。
行こうぜ、○○。

「エイダ」から情報を聞こう(ウェストフォートにいる「エイダ」に話を聞いてみよう) [edit]

ウェストフォート [edit]

  • エイダに話しかける
【エイダ】
……あたしになにか用かしら?
 
あら、あなた……。
若の弟さんよね?
【ベリアル】
あぁ、そうだが。
それより、最近の戦況はどうなっているんだ?
【エイダ】
他がどうかってのはあたしには分からないけど、
羅城門の襲撃以来、ここの周囲は問題なしよ。
 
あたしが街にいる限り、ここは絶対に落とさせないわ。
【ベリアル】
期待しているぞ。
【エイダ】
任せなさい。
【レジスタンス】
スキありッ!!
【エイダ】
きゃっ!
 
……ちょっと!空気読みなさいよね!
 
このタイミングで来るとか!
次は……許さないわよ。
【レジスタンス】
は、はいっ!
【エイダ】
最近は、街の外の動きが活発みたい。
外にいる仲間たちの方がここより良い情報が聞けると思うわ。
 
そう言えば、ヘルサバークの「難民テント」を拠点としている
レジスタンスの諜報員がいるんだけど、
彼なら何か情報を持っているかもしれないわ。

「グンバール」から情報を聞こう(ウェストフォートにいる「グンバール」に話を聞いてみよう) [edit]

  • グンバール教官に話しかける
【グンバール教官】
わたしに何かよう……!?
 
おぉ!坊ちゃん!
お戻りになられていたのですね。
【ベリアル】
あぁ、最近な。
 
どうだ、変わりないか?
【グンバール教官】
はっ!特に異常はありません!
 
ですが、ヤツら最近、定期的に
街に攻め入っては後退するを繰り返しております。
何を企んでいるのやら……。
【ベリアル】
そうか……。
何もなければ良いんだがな。
【ドミナス訓練生】
おい、あのグンバール軍曹がへこへこしてるぜ。
【モルグ訓練生】
おい、知らないのか?
あの方はリーダーの弟さんだぞ。
【マキュリー訓練生】
知らなかったわ……。
い、意外に普通の方なのね。
【グンバール教官】
貴様らー!何を見とるか!
訓練に集中しろ!
【全訓練生】
うわぁぁぁぁっ!
きゃーーーーっ!
ぐはぁぁぁぁっ!
【グンバール教官】
精進せいっ!
【全訓練生】
サ、サ~イエッサ~。
【ベリアル】
……。
 
さっきエイダが言っていた、街の外で活動している
「レジスタンス諜報員」に情報を聞きに行くか!
 
確か、「ヘルサバーク」の「難民テント」にいるって言ってたな。

ヘルサバークにいる仲間と会おう(ヘルサバークの難民テントにいる「レジスタンス諜報員」に話を聞いてみよう) [edit]

ヘルサバーク - 難民テント [edit]

  • レジスタンス諜報員に話しかける
【レジスタンス謀報員】
おぉ、これはベリアルの坊ちゃん。
こんな体勢ですがお久しぶりですね。
【ベリアル】
いや、構わない。
 
何かDEMのヤツらに関する新しい情報は無いか?
【レジスタンス謀報員】
最近、他の諜報員から新型のDEMらしきものを
見たと言う話を聞きました。
 
その情報を元に西アクロニア平原で
張っていたんですが、確認はできず……
 
夜通し見張ってて、もう限界でこの有様です……。
なので少し寝かせてください。
あっ、そういえば軍艦島のトンネル前にいる
我々の仲間も何かヤツらの情報を持っていたと思いま……
 
……。
 
Zzz……。
【ベリアル】
ねっ、寝やがった……。
 
疲れてたんだな、情報をありがとう。
 
それにしても新型のDEMか……。
……気になるな。
 
軍艦島のトンネルの前……か。
そう言えば、トンネルの中の作業は順調なのだろうか……。
 
ん、すまん。
こっちの話だ、軍艦島まで行くぞ。
【レジスタンス謀報員】
Zzz……。

軍艦島にいる仲間と会おう(軍艦島にいる「レジスタンス」に話を聞いてみよう) [edit]

軍艦島 [edit]

  • レジスタンスに話しかける
【レジスタンス】
ん? 見かけない顔だな。
 
ちょ、おい! 何言ってんだ!!
この方はリーダーの弟のベリアルさんだぞ!
 
え……マジですか?
【ベリアル】
マジだ。
【レジスタンスの二人】
し、失礼しました!
【ベリアル】
気にするな。
【レジスタンスの二人】
何かご用件がお有りでしょうか!?
【ベリアル】
で、中の状況とかはどうなっているんだ?
【レジスタンス】
はい、大分作業が進んでおりまして
問題がなければ予定通りに進むかと。
【ベリアル】
そうか、他には無いか?
【レジスタンス】
そういえば……
島の端にある墓の前にDEMが
良く現れるとか言う噂を聞いたことがあります。
 
俺も聞いたことありますよ、それ。
 
あそこは変な妖精もいたりして
あんまり近寄りたくないんですよね。
【ベリアル】
例の新型DEMに関係があるのか……?
 
とりあえず、本部に戻ってアニキに報告するか。
 
お前たち、ありがとう。

レジスタンス本部で話を聞こう(レジスタンス本部で話を聞いてみよう) [edit]

ウェストフォート - レジスタンス本部 [edit]

【レジスタンスリーダー】
おう、戻ったか。
何かヤツらに関する新しい情報はあったか?
【ベリアル】
街は今のところ問題ないようだ。
だが、街の外で新型のDEMを見たと言うやつがいた。
 
それと、軍艦島にまで、DEMが現れたって話もある。
 
どちらも夜に見たそうだ。
【レジスタンスリーダー】
……。
新型のDEMに、軍艦島に現れるDEMか……。
 
先日の襲撃といい、いよいよヤツらも
俺たちを本気で潰しに来るつもりか……。
【ベリアル】
軍艦島の地下の存在を知られるのはまずくないかアニキ……?
【レジスタンスリーダー】
ああ、分かってるよ。
 
だが、そうならない為にもお前らがいるんだろ?
【ベリアル】
……は?
どういうことだアニキ?
【レジスタンスリーダー】
夜に出るってわかってるんだ、
なら夜に調査をするしかないよな?
【ベリアル】
おい……!
まさかまた俺たちに行かせるのかよ。
【レジスタンスリーダー】
俺は動けないんだからよ
お前らが身体動かさなくてどうするんだよ?
 
ほれ、文句なんか言わずにとっとと行って来い。
【ベリアル】
はぁ……。
行こうぜ、○○

軍艦島で夜になるまで休もう(軍艦島にいる「ベリアル」に話を聞いてみよう) [edit]

軍艦島 [edit]

  • ベリアルに話しかける
【ベリアル】
よし、来たな。
しかし、思いのほか早く着いちまったな……
 
夜までまだまだ時間があるし
このところ情報収集で働きづめだったから、
このテントの中で休ませてもらったらどうだ?
 
夜まで休むのなら
テントの中にいる宿屋に声をかけるといい。
 
俺か? 俺はここで見張ってるよ。
もしかしたらヤツらがこの近くにいるかもしれないからな。
夜になったらちゃんと起きろよ?
  • ベリアルに話しかける
【ベリアル】
夜までまだ時間があるな。
テントの中に宿屋がいるから、
夜まで休ませてもらうと良いさ。
 
夜になったらちゃんと起きろよ?

ベリアルに話しかけよう(軍艦島(夜)にいる「ベリアル」に話を聞いてみよう) [edit]

軍艦島 - 難民テント [edit]

  • 宿屋に話しかける
【宿屋】
いらっしゃいませ~!
 
一泊500ゴールドで
お客さまの心と体を
リフレッシュします~!
 
ご要望とあらば、お薬なども
お譲りしますよ~!
一泊500ゴールドになります~!
→利用しない
→一泊する
→夜まで休憩する
→ショップを利用したい

>夜まで休憩するを選択

【宿屋】
夜になったらお知らせしますね。
 
ぐっすり寝てても起こしますよ~。

軍艦島(夜) [edit]

  • ベリアルに話しかける
【ベリアル】
よう、目が覚めたようだな。
ちょうど良い時間だし、そろそろDEM探しに行くぞ。
 
確かレジスタンスの話だと、
島の墓の前に新型のDEMが現れるんだったな。
 
とりあえず墓の前に行ってみようぜ。

DEMを探そう(軍艦島(夜)のお墓辺りを調べよう) [edit]

軍艦島(夜) [edit]

  • お墓に近づく
【ベリアル】
いないな……
 
!?
あれは……新型か……!?
【謎の少年】
気が済んだか、黒?
あまり長居はできないのだが。
【ネコマタ(黒)】
……。
ええ、もういいわ。
行きましょう。
【謎の少年】
いつまでも、いなくなった者の事など気にするな、黒。
【ネコマタ(黒)】
……。
(あの子の気配は感じられない……。)
【DEM】
わたし、わかる……。
黒は…さびしいんだな。
【謎の少女】
さび…しい……?
さびしいとはなんだ?
【謎の少年】
そんなこと、お前は知らないで良い。
 
お前も変なことを吹き込むな。
【DEM】
黒……おまえの探してる子は
きっと……大丈夫。
【ネコマタ(黒)】
!?
それは、本当なの?
【DEM】
黒に似た……子をつれてる奴が、助かる……言ってた。
【ネコマタ(黒)】
ほっ……。
【謎の少年】
お前……人と接触したのか?
単独行動は避けろといつも言っているだろうが。
 
戻ったら、母様に報告するからな。
【謎の少女】
話が……話が見えないんだけど。
【謎の少年】
当たり前だ!
お前は生まれたばかりなのだから
その時のメモリーが無いだけだ。
【謎の少女】
どうして……私には
その時のメモリーが無い?
【謎の少年】
……面倒くさい奴だ。
そこから説明しなければならないのか……?
【ネコマタ(黒)】
主よ、彼女はまだ経験が足りないのだ、
仕方が無いかと……。
【DEM】
あの……。
【謎の少年】
なんだ?
【DEM】
さっきの……こと。
ママには……内緒に……。
【謎の少年】
女々しい奴め……。
 
クソッ、母様はなんで
こんなヤツらのお守りを僕に任せたんだ……?
 
クッ……お前らまとめて
処分してや……ヤり……たいィ……。
【ネコマタ(黒)】
主よ、落ち着いてください。
マムの命令は絶対です、万に一つも間違いなどありません。
【謎の少年】
っ……。
そうだった、そうだね、黒。
母様の言うことに間違いは無いはずだ。
【謎の少女】
(母様のどこがそんなに良いんだろ)
【DEM】
(黒、扱いが…うまくなってる)
【謎の少年】
……。
僕は母様の下へ戻る。
お前らには任務を与えよう。
 
先ずはネズミの掃除だ。
【謎の少女】
うん、すぐそこのヤツらだよね。
【DEM】
掃除……掃除……。
【ベリアル】
チッ……そのまま喋ってれば良いものを。
行くぞ!○○!
【謎の少年】
気付いてはいたが、
お前程度の相手などいつでも処分できるのでな。
 
おい、後は任せたぞ。
行くぞ、黒。
【ネコマタ(黒)】
はい。
【謎の少女】
……私、あの人の命令に従うのはイヤだけど……
 
これ、本当に倒さなきゃいけない?
【DEM】
……わからない。
 
逃げちゃう……か。
【ベリアル】
なんなんだ、こいつら。
やる気あんのか……!?
【謎の少女】
お前たちに恨みはない……。
 
さよなら……。
【ベリアル】
な!?
【ベリアル】
クソッ!逃げられた。
 
一旦、本部に戻ってアニキに報告しよう……。

レジスタンス本部で情報報告しよう(レジスタンス本部のレジスタンスリーダーと話をしよう) [edit]

ウェストフォート - レジスタンス本部 [edit]

【レジスタンスリーダー】
おう、戻ったか。
どうだ、何かあったか?
【ベリアル】
ああ、確かに新型らしきDEMを
この目で確かめてきたんだが……。
【レジスタンスリーダー】
どうした?
かなりやばそうな相手なのか?
【ベリアル】
見たことのあるDEMもいたんだが、
他にいた2体はまるで、エミル種族のような姿をしていた……。
 
それに言葉だ……。
言葉も喋っていた。
【レジスタンスリーダー】
言葉を話すDEMか……。
確実に1体は俺を攻撃した奴だな。
 
しかし、そんな奴がもう1体出てきたのか……
こいつは相当やばいな。
【ベリアル】
……。
【ヨルン】
リーダー!
只今戻りました!
【トール】
戻りました。
【レジスタンスリーダー】
おう、戻ったか。
どうだ、調子は?
【トール】
なんら問題は無いですね。
【ヨルン】
新型のDEMとやらは
こっちでは確認できなかったです。
【レジスタンスリーダー】
ん、わかった。
ご苦労さん。
【ベリアル】
エミルに……タイタニア……だと?
アニキ、こいつらは一体……?
【レジスタンスリーダー】
おお、すまん、紹介が遅れたな。
こいつらは他世界からの援軍だ。
進んで我がレジスタンスに入ってくれたんだぞ。
【ヨルン】
どうも、ヨルンです。
世界の危機と聞きつけてやってまいりました!
因みに争い事は好きでは有りません。
【ベリアル】
何しにここへ来たんだよ、お前……
まがりなりにもDEMとの交戦中だぞ……
【トール】
トールと言います。
ヨルンとは長い付き合いで一緒にこっちへ来ました。
 
因みに防具マニアです。
【ベリアル】
最後、本当にどうでも良いな……。
【レジスタンスリーダー】
ってことだから、
まぁ新たな仲間として仲良くしてやってくれ。
【ヨルン】
リーダー、次は西アクロニアまで偵察に行ってきます!
 
では!
【トール】
失礼します。
【ベリアル】
大丈夫なのかあいつら……?
【レジスタンスリーダー】
ははは、面白いヤツらだろ?
あれで、なかなかやるんだぜ。
【ベリアル】
はぁ……。
 
俺たちも行こうぜ、
○○。
【レジスタンスリーダー】
おっと、ちょっと待てべリアル。
 
お前には常に連絡が取れるよう無線機を渡しておく。
お前はレジスタンスの重要な戦力だからな。
 
あと、ヨルンとトールな……あいつらにも
渡すつもりでいたんだが、うっかり忘れちまってな……。
 
すまんが、あいつらに届けてくれないか?
【ベリアル】
ああ、分かった。渡してくるよ。
確か西アクロニアに行くって言ってたな。
【レジスタンスリーダー】
おう、頼むぜ。

ヨルンとトールを探そう(西アクロニア平原にいる「ヨルン」「トール」に話しかけよう) [edit]

西アクロニア平原 [edit]

【ヨルン】
んー、ここに来れば、
新型の奴の手がかりでも掴める気がしたんだがな。
【トール】
ふむ、どう見てもここはまずい気がするぞ。
 
だが、俺とお前ならっ!
【ヨルン】
お前と俺ならっ!
【ヨルン&トール】
いけるッ!
【ベリアル】
盛り上がってるところ悪いんだが……。
これ、アニキから預かってたんだ。
受け取ってくれ。

  『レジスタンスの無線機』を受け渡した。

【ヨルン】
あ、どうもわざわざ。
 
しかし、この世界はすごいですね。
【トール】
見たことの無いものでいっぱいですよ。
【ヨルン】
それでは無線機もいただきましたので、
これから俺たちはこの先へ突貫したいと思います!
【トール】
心配しないでください。
必ず、何かしらの情報は掴んできます。
【ヨルン&トール】
突撃ぃー!
 
あああああああああっーーーー!!!!
【ヨルン】
トール! これマジやばいって!
【トール】
これも、計算のうちだよ! ヨルン!
【ヨルン】
……っでぇ!?
まだ、追って来てるんですけど!
【トール】
このトール、逃げ足だけは負けはせんっ!
【ヨルン】
あっ、無線機が鳴ってる。
 
……はい、あ! リーダー!
え? 何?
羅城門にDEMが現れた!?
 
分かりました!
なんとかそっちに向かいます! 生きてれば!
【トール】
あ~まずいぞ、ヨルン。
もう、限界だ……体力がもたん。
【ヨルン】
あんた、さっき『逃げ足は負けん!』
とか、言ってなかったか!?
【ヨルン&トール】
あっ!?
 
あああああぁアッー!!!
【ベリアル】
ガッツだけはありそうだな……。
 
って、傍観してる場合じゃねえ!
羅城門に敵が出たとか言っていたな?
 
俺たちも羅城門へ向かうぞ!!

羅城門に向かおう(羅城門のWF防衛最高責任者に話を聞いてみよう) [edit]

ウェストフォート - 羅城門通路 [edit]

  • WF防衛最高責任者に話しかける
【WF防衛最高責任者】
くそ、扉の先に敵の進入を許してしまうとは……!
 
他に敵が潜んでいないとも限らんし、
私はここを離れられない……!
すまないが、先に見て来てくれないか?
どうする?
→先を見に行く
【WF防衛最高責任者】
本当か!?
すまないがよろしく頼む!

羅城門の奥に向かおう(DEMたちと戦おう) [edit]

羅城門通路 [edit]

【ベリアル】
なっ!?
あいつら、いつの間に。
【DEM】
し…失敗……。
後もう少し、だったのに……。
【ヨルン】
ふはー途中、道に迷ったが何とか間に合ったな。
【トール】
うむ、何とかなるもんだな。
【ヨルン】
今まで生きてきて
こんな達成感を味わったこと無いぞ。
【トール】
奇遇だな、俺も無い。
【ベリアル】
おい!気をつけろ!
【ヨルン】
な!?
【トール】
どこからっ!?
【ベリアル】
貴様! どうしてこんなことを!
【謎の少女】
どうして?
敵を倒すのに理由なんているの……?
 
それよりも私も聞きたい。
何故こいつらは、種族の違う者たちを助けようとするの?
【ベリアル】
な、何故って……!?
【謎の少女】
ふーん、分からないんだ……あなたも私と一緒ね。
 
理解不能、こんな助け合い。
理解不能だらけで頭が痛くなる……。
【ベリアル】
ッ!?
行くぞ!○○!
行くぞ!
→一緒に戦う

>一緒に戦うを選択

※謎の少女との戦闘開始

  • ヨルンに話しかける
【ヨルン】
ぐ、油断した……。
ぐ、油断した……。
→もう、大丈夫

※謎の少女を倒す

【謎の少女】
くっ……。
どうして……お前たちはそうまでして
他者のために戦える……。
【ヨルン】
どうして、だって?
 
この世界が危ないと言うのに
自分らだけ平和に暮らしてられるかってんだよ!
【トール】
あぁ、そんなの我慢ならない。
 
それにだ、人助けに種族など関係ない!
困った時こそ協力する!
【ヨルン】
助け合って生きていく……。
それが『人』ってもんだろが!
【謎の少女】
……人!?
うぅ……。
【ベリアル】
何かを守りたいと思うからこそ強くなれる……。
お前らみたいな人形風情に人が負けてたまるか!
【謎の少女】
!?
うぅ……うああぁ。
 
わ、わからない!
理解不能!理解不能!
 
お、お前たちは私の機能を鈍らせる……!
 
うぅ……あああアあァ!!!
【ベリアル】
な、なんだ!?
【DEM】
……ま、まずい。
 
再起動……強制ブースト。
【ヨルン】
うおお!?
【トール】
なんだ!? うわああああ!!!

(ブラックアウト開始)

【DEM】
今は…一旦、引くよ……。
良いね?
【謎の少女】
うぅ……。
【ベリアル】
ま、待て!
【謎の少女】
お前……固体ナンバーはなんだ……?
【ベリアル】
ナンバー……?
番号なんかで呼ぶな!
俺は『ベリアル』だ!
【謎の少女】
ベリ……アル……。
その名、メモリーした……。
【ベリアル】
……!?
【DEM】
早く……。
行くよ。

(ブラックアウト終了)

  ……。
  …………。
 
  身体が動かない……。

(ホワイトアウト)

  …遠くから誰かの声が聞こえる。

【ベリアル】
……ぁ!
……○○!……○○!
今の攻撃でやられちまったのか……!?
 
……。
トール、ヨルン……俺はヤツらを追う。
お前たちは○○を休ませてやってくれ。

レジスタンス本部で話を聞こう(レジスタンス本部のレジスタンスリーダーと話をしよう) [edit]

レジスタンス本部 [edit]

【レジスタンスリーダー】
おお、目が覚めたか。
 
あの2人組からも話を聞いたぞ、
なかなか大変だったそうだな……。
 
俺の代わりに街を守ってくれて、ありがとよ。
 
べリアルはヤツらを追うって言って
飛び出したっきり戻らねぇ……。

  ―――誰が戻らないって?

【レジスタンスリーダー】
おお、戻ってきてたのか。
どうだ、見つかったか?
【ベリアル】
ダメだ……。
途中で見失っちまった。
【レジスタンスリーダー】
何、気にするな。
それよりだ、あんなヤツらが
今後も出てこないとは限らない……。
 
そろそろ、本腰入れて
ヤツらの本拠地を叩く作戦を考えねばならんな。
【ベリアル】
ついにか……腕が鳴るぜ。
なら俺は軍艦島の作業の指揮を取るよ。
ついでにあいつらの足取りも調査しないとな!
 
街の中のことは頼んだぜ、アニキ!
もちろん、お前にもな、
○○
 
それじゃあな!
【レジスタンスリーダー】
せっかちな奴だな、全く。
まあ、これからもよろしく頼むぜ。
 
また、何かあれば気兼ねなく
来てくれ、相談ぐらいにはのるぜ?

「動き出す世界2 ~共通ルート~」へ

コメント [edit]



Last-modified: 2017-08-23 (水) 01:52:20